Julie

2019年2月18日 (月)

ふりかえり~⑤

Sukakuru

ふりかえりもこれで最後にしようと思います。
最後はみんながね、
見えそうで見えない・・・


ああ、ワタクシは何度かチャンスがあり
結果、足の根本付近まではかろうじて見えましたが、
その・・・いわゆるパ〇ツを目にすることはとうとうできずじまいでしたsad


catwrenchvirgo

何を思ったのかwショーンさんの格好のマネをしたくって
同じものを作ってくれと頼んで、

一着目については言及はなかったなあ。
ちゅうことは一着目はタケジさんがこれでちゅうことでやったんやろうなあ。


で、二着目ありきで、
もう一着目は腰まわりムレムレにしてもてspa
こう二着目でスッキリしてもらおうちゅう意図があったんかなあ
もうね、ほぼズボン派のワタクシどもでも、あのスッキリ感じはうらやましかったですわよ奥様ホホホホ・・・


cat壊れたかにゃ


個人的には奇跡元年みたくな
真白な王子様風衣裳がまた見てみたいんやけどなあ。
またいつものような基本スーツではなく、
もう今回のようにある意味ハメをはずしてほしいものです。




最後に(はやっw


印象に残ったことを書いてこのツアーの総括とさせていただきます


<私的best>

あましんアルカイックホール

LIVE終わって神戸戻ってからも幸福感が続いたというのは唯一でしたhappy01

番外は、SAYAKAホールちゅうことでw

<客席の温かさ>

とりぎん文化会館

地域的には規模の大きいホールながら心配しましたが、地元のスターを迎える人々の温かい拍手や声援に心温まりました

<ヤマトbest>

長崎ブリックホール

新曲前咳風邪をひいてしまって、と告白され、それ以後不思議と調子が上向き、
最後のヤマトは涙声での歌唱に、以前の高槻ヤマトと同様忘れられないなあweep



<サプライズ!>

ロームシアター京都

まさかのタローさんBD祝い&「青い鳥」歌唱

<ハプニング>

福井フェニックスプラザ

そらま・・・

高槻現代劇場

「風は知らない」のギター音に納得いかないと、ステージ上でカズさんに指示をしていたcat


三田市総合文化センター


「屋久島MAY」後の謎の笑い静止状態のcatにどうしてエエかわからず立ち位置で手をさすりさすり困惑カズさん

<MCbest>

明石市立市民会館

たまりにたまってもてたものを関西弁で一気に爆発させていたのはあん時だけやったわcoldsweats01



<客席の盛り上がりbest>

大宮ソニックシティ(楽)

最後の最後で、周りに気兼ねすることなく大いに盛り上がることができてよかったです

あとは投げキッスは、やっぱり最初の狭山より上に出るもんはないし
スカートめくれは浜松やしw

武道館の3連チャンも、貴重な経験やったし、

北海道から沖縄まで、

もう考えたらキリがおまへんsweat01




そしてワタクシ的には、
各地で呑み屋に行って、それぞれにエエ時間を楽しめたことは貴重で、
特に高岡では、何も調べず飛び込みで入ったお店がエエ雰囲気で、
隣のご夫妻や店員のおばちゃんたちとcat話を楽しくさせてもらったことは、本当にありがたかったです。


今年もこんな出会いができたらエエなあと思ってますし、
まだまだ修行やねbottle

| | コメント (4)

2019年2月16日 (土)

ふりかえり~④

20190216_230114

ツアータイトルが決まったようでhappy01

個人的にはかつて歌われた「叫び」を聴きたいんやけど無理やろなあ





さて、続き

そして、10月というのは、
結果的にドタバタ(心情的に)することになってしまいsweat01


ホンマこんなことって、
初日の時には想像もせーへんかったからね。

いつもなら写真撮影に来ているマスコミさんの姿もなくって、
もちろん報道もされなくって、
多分、要請はしたんだろうけど、catが断ったんだろうなあと。
もう爺さんなんだから、こんな爺さん撮ってもしゃあないやろ、という気持ちなんかもしれへんけどcoldsweats01

カズさんと二人きりで曲数も少ないけれども、
でもこれも大量のツアー日程をこなすためやと思うし、
ワタクシもここぞとばかりに勢いでw旅行も兼ねて楽しもうと、泊まりになるトコロでは観光もしながら参加させてもらいました。


そして10月6日の横浜アリーナ。
個人ではおやりになったことのない、大きな会場やったけれども、ほぼ入っている状態に安心し、もう姿は豆粒やったけどwこういうところで古希で歌うことができてよかったねと思いcoldsweats01
次の大きなさいたまも、まこういう調子ならなんとか埋まるだろうとw
(ワタクシ自身規模知らないんでよくわかってないということもありましたが)

次の遠征先の10月10日福井
どうでもエエことですが、ワタクシ実はこの日ずっと体調悪くて、雨も降ったりやんだりどんよりモードrain

そんな中、行われている最中、MCの途中でおっさんがやねえannoy

おっさんが騒ぎ出したのとは反対側の席やったからまったく見えれへんかった分、
そのおっさんの方に向いて微動だにせず立っていたジュリーの後ろ姿が未だに忘れられませんよweep


多分、心の中で思っていたことを酒?の勢いで暴言を吐いた感じやなあ
声というのかな、普段はきっと大人しい人なんだろうという感じの印象受けたし。


cat一般の人の感想はすごく気にするにゃ(紅白ヘソ出し不評だったことについて)のcatやからcoldsweats01

まあ、こん時はおっさん出ていった後、穏やかに丸くまとめてはったけど、きっとものすごく気にしてるやろうなあとw

で、案の定翌日の高周波のMC聞いて、気にしてたのねとw
この時くらいからヒット曲はあと1曲しかやらないとか、断り入れるようになって。
(おっさんに「時過ぎ歌え!」とか言われたこともあり)
どこかでも、ヒット曲2曲だけやったということに少々反省wしている印象もありcoldsweats01今年のツアーはホンマもうちょっとヒット曲を増やすと思われます。




そして10月17日、さいたまスーパーアリーナ
もちろんワタクシはなんの疑いもなくw東京駅から電車に乗り、初新都心駅へ

Img_4361

時間的にいうと、駅降りてこの写真撮っていた時とcatがちょうどプッツン(違w)して帰ったのと同じくらいかなあと思うんやけど
まさかこの時ねwww


この後の詳しい経緯は当時のブログに書いたので省きますが、
とにかく、ジブンが思った以上に世間的に取り上げられてしもてsweat02
catがドタキャンしたことよりそれが一番驚いたなあ。


まさかの新幹線車内ニュースにも!
(一度出てきたので、もう一度流れるかもと構えておりました)

Leawo_bluray_player_20190215_210759

そして翌日は予約していた美容院行って、
帰ってきてしばらくすると、ツイッターでcatがなんと記者会見やったということを知りもうくりびつてんぎょう!!



どういう対応するのかとは当然思いましたが、
彼のマスコミさんの前には動いた状態では出ないw姿勢はもうご存知の通りやからねcoldsweats01
ホームーページ上でのお詫び文に最後直筆の署名を入れるとか、
後の各地の公演のステージ上で謝るとかそういう感じなのだろうと思ってたから。

まさかねcoldsweats01

Leawo_bluray_player_20190215_194610


Leawo_bluray_player_20190215_195313


Leawo_bluray_player_20190215_200623

マスコミが家に来てなければ、多分さっき書いた対応で収めたいと思ったんでしょうが、
ずっと居られれば、近所にご迷惑もかけるし、この日を逃れたとしても、しばらくは追っかけられるハメになるやろし

それならそれで利用させてもろて、昨日来ていただいた方々に自分の口からお詫びをしようと決断なさって、家にある服を全部出してきて服選びからはじめてやねえcoldsweats01

普段着で出ていってしもたら、後々困るsweat01
それならば、らしくない格好をしてと
もう3年はこの服は着ないと誓い
(ま、どちらみち後日身元がバレてバレて仕方なかったんですけどねcoldsweats01

ホンマ蚊が多かったみたい・・・(よく見ると結構ブーンと飛んでます)

Leawo_bluray_player_20190215_213542

Leawo_bluray_player_20190215_213744
この後なんとこの格好で飲み会行ったってちょww

そして、注目の狭山LIVEの出発時もちゃっかり追われる身にw

Img_4398photofull



後々の話を聞いてみても、
この後の行動がごくいつもどおりというのか、
普通ならホテルに閉じこもるとか閉じこもるとかで夜外出するとかすると思うんやけど、
フツーに行きつけの食べ物屋さんに行ってるし、(開店と同時にw)
繁盛亭にも観に行ってるしね。
ハハハ・・・coldsweats01

狭山当日はもう物々しすぎて、
オモロイ状況に笑みを浮かべているアヤシイ奴でしたがww

Img_4406



異常な盛り上がりの中spa
ドタキャン以後に心の中で考えて誓ったことを口にされ、
改めて一から頑張ると宣言され。

それ以後は、なんちゅうのか、
セトリはまったく変わることなかったけど、
ジュリーとファン、お互いの気持ち的な距離がね
(実質的にはあかんえww)
本当に縮まったと思っています。

ホンマはもうちょっとバンドさん参加とか、
音も入れてーとか、セトリ増やしてーとかそらまみんな思ってるだろうけどやcoldsweats01
もうこういう時だからこそ、ジュリーを護ってあげんとなあと、
気持ち的にね。
(実質的にはあかんえww)

私も、これがあったからどうこうというのは特になく、
当初あった「お客様商売としてどうなんやろ?」という気持ちが薄まったくらいで
(※まったくもって許しているわけではありませんがw)
これからも相も変わらず、行かせていただく公演を楽しんで感想を書くかなあという作業が続けられればと。

どこかで仰っておられたけど、
これも後々「自慢話」になるように期待してね。

| | コメント (2)

2019年2月15日 (金)

ふりかえり~③

Cocolog_oekaki_2019_02_12_15_40

セトリは変わらないけど、しぐさとか表情だとか、そういうのは回数追うごとに変化してw

で、一番みんな???だったであろうが

「カサブランカ・ダンディ」終わって水吹いて、
ペットボトルを置きにいって振り返って戻る時の
全身から湧き出る笑い(演技w)

これはきっかけが長野にあって、

最初のダンディで、ペットボトルキャッチ失敗してボトッと落としてもたんやけど、
その反省なのかw曲終わりと同時の最後の水吹きが下にダラーっとタレ流すバージョンにしてはって、
そんなことしたもんやから、いつもとは違うヒダヒダつけて前部が立体的になっとるさかい、そのヒダヒダに水(よだれw)が思いっ切りかかってしもた模様ww

後ろいってタオルでそのヒダヒダを思いっ切り拭いたもんやさかい、客席大爆笑ww
で、それにつられたのかcatも立ち位置に戻って笑いがこみ上げてきた様子ww

(長野レポより)

それ以来やね、あの不自然な笑いをするようになったのww

ちなみにタオルは仙台くらいまでかなあ、ガシガシ頭拭いたりしてたのは。
最後の方は置いてあるだけで全然使わなかったし、
いくら冬でもあんな服着てたらかなり暑いハズなんやけど、
やっぱり歳とったら発汗量の減少かなあと思ったりcoldsweats01

後は今までこんなこと言わへんかった
「着替えてきます」

というね。
大宮ラストでは、「着替えてくると言うてるからまた出てくるにゃ。余計な掛け声は不要にゃ」みたいなこと言うてたけど、それはまああとからつけた理由的なw

だって今まで言うてへんしね。


清水からやったんやけど、
なんで言うてみようかなあと思ったんやろcoldsweats01
確かにあの時は後ろの方は大人しめやった印象もあるし、
正直満杯・・・ではなくちょこちょこ空席もあって、
なーんか、帰らないでぇぇ・・みたいな不安が頭をよぎったんやろかcattyphoon

こん時の口調はもうナヨナヨと(/ー\*)

カラダは袖方向に向かっているけれど、上半身だけナヨッとした風にこっち向いて苦笑いしながら(線目が垂れとるイメージやww)

「ゴニョ・・・着替えてきまぁぁす~heart04とそそくさとwww


なんやなんや、あのカワユサはっっvirgotyphoon

と、こちらが萌え&不思議に思ってしまうレベルのやねえ

以来、ほとんどの会場でやねえ。

しかも言い方も微妙に
「着替えてきます」
「着替えてきまーす!」
「着替えてくるー」
「着替えてくるぞ」


などなど、その時の気分に合わせてやねえww


でもやっぱり、一番は恥かしそうに言うた着替えてきまぁぁすかなあlovely



他にも

「(なぜか舌足らずぽくw)どういたしまして」は熊本からやったし、

マンジャーレの「ダダダ・・」を本番前に会場に歌わせ始めたのは大分からやったし、

「F.A.P.P」で最初に手拍子あおりしだしたのは北九州からやったし、

そして狭山の投げキッスkissmarkや(*´Д`*)

結構やりだしたときに立ち会っている時は多いなあという(軽く自慢w)



「核なき世界」を手拍子しだしたのは多分ドタキャン後やったと思うけど記憶があいまいcoldsweats01
手拍子裏打ちやのうて、ああ、こういう方が歌いやすいんやなあと思ったりw



逆に最初はやってたけど、次第にやらなくなってしもて残念やったのが
「グショグショワッショイ」のさあこやぁぁ~~~でストリッパーみたく指で誘う仕草heart04
あれは残してほしかったなあsadとか

番外編として唯一仙台だけ


virgo今日はエライテンション高いなあ

と思ったなあ


満員のお客様を前にしてウレシソウやったけど
喋り方とか、とにかくテンションがw


挙句の果てマンジャーレでおいっちにいしながら

Photo


こんな名物はさみながらやるって、唯一この時だけやったしcoldsweats01



そしてこの後にゃにがあったんやろかgawk

風邪をもらってしまい、次公演では声が出なくって・・・ということになってしまいました



風邪に関しては、
長崎と沖縄とたまたまcoldsweats01どちらもその場に居させてもろて、
喋っている声はそんなに変わらないんだけど、歌声が・・声量は同じでもそれに声が乗っかってこない伸びない上がりきらない
出し方にこれまで培った技術を使っていつもどおりやろう、やろうという気持ちは伝わってきましたが、ホンマ可哀想やったですweep

私は長崎で見た「あなただけでいい」の最後のマイクをズンと突き出した時のハァハァと息の音が聞こえてきそうなしんどそうな顏と、「ヤマトより愛をこめて」の感極まり泣きながらの歌唱を忘れることはないでしょうweep

今回はここまで、
ふりかえりいつまで続くかわかりませんが次は福井からはじまった「魔の10月以後」についてcoldsweats01

| | コメント (2)

2019年2月12日 (火)

ふりかえり~②

刈谷MCで思わずつぶやいた「カズさんは花咲かじいさん」

Photo

ドタキャンwくらいまでは、
二人でやることにした経緯を、いろいろ新話を加えながらw
喋っておられたcat

ここからは話を聞いた限りのワタクシの想像も混じるんだけれども、
こうやろうとしたのは二つの気持ちだと思う。


・誰もやっていないことをやってみたい(新たな試みに挑戦し続けたい)

・耳の負担軽減



人様がやらないようなことをやって世間を驚かせてこられて、
それは加瀬さんとかスタッフの力もあるんだろうけど、
その時の気持ちは一人になってからも衰えず、
CD制作や、ツアーやるにしてもスポンサーつけずにおやりになったり、
変則的なバンド編成にしたり・・
もちろんあの「ジュリー祭り」をやってみようと思ったり
素人には分からないけれども、業界的にはきっと沢田さんくらいですよ、こんなことやるの。みたいなことはまだまだあると思う。


そして60手前にして、きっかけを語られることはなかったので、きっかけがあったのか、ふと思いついたのか分かりませんが、
「大好きなギターリストと二人きりで全国を回りたい」という気持ちが膨らんで。


誰でもそうやけど、「こうやりたい!」と思いたった時、
即行動に移したい、、気持ちが収まらないみたいなspa感情が走るもんやけど、
どうしても人の顔色伺うやん。
個人的な趣味レベルならまだしも、仕事であればね。
客観的に考えることも必要で。


catにしても、そうは思ったものの、そんなことすると、観に来てくださる方々がどう思われるのか、
もちろんジブンの歌を聴きに来ているのがメインなんだろうけど、
バンドの中でずっとやってきて、バンドの奏でる音と自分の歌声が昇華されて生まれてくる世界があったんだから。
それに鉄人バンドさんたちには「ジュリー祭り」で驚異的なパフォーマンスで盛り上げてくれたという恩もある。
御本人も言うてたように、人気も出てしもて・・・ということもあったんでしょう。

60代をこれまでと同じように過ごすうち、
もうひとつの理由として挙げた「耳への負担」
これがいよいよ現実的になってきたという面もあったのではと。


ツアー中のMCでは身体的な理由はほぼ言われることはなかったんやけど、
城ホールかな、バンドの音が負担だったと。

やっぱりなあ、と
もしかしたらそれが本心なのかもなあと。


自分は長く歌い続けたい、という気持ちが根底にあって、
イヤモニもつけず、足元にスピーカーも置かず、なるべく耳に負担させたらアカン、耳が聴こえなくなったら終わりや、という怖れも持っていてやってきたけれど、
60代、歌っている中で大音量の音の中で歌うのがいよいよキツクなってこられたんだろうと。


70歳前にして(おそらく67歳頃)

これまで負担を感じながらも、いろいろ衰えていく中頑張ってきた。
しかし、あと10年歌えるかどうか、
その時間を最後は自分の望むままにやって終えたい。
よし!


と正式に決断してカズさんにちゃんと依頼をした。

そして、カズさんは花咲かじいさんとなりw
これで気持ちよく歌うことができる!
今自分は喜び一杯で武道館のステージに立てたんだ!
という初日。

という流れだったんじゃないやろか。

私はいろいろ行かせてもらって、
どれだけこの二人でやりたかったのか、と告白からこのステージに至るまでの喜びがにじみ出ている彼を感じさせてもらったから、
もう早い段階から、バンドがいない、という不満はなかったけどねcoldsweats01


もちろん色んな楽器の音の中で歌うジュリーを聴きたいのは山々だけれども、
御本人の身体的な状況や、気持ちを考えるとやっぱり尊重してあげたいなあと思っています。


もうああやって元気に歌ってくださっているだけで素晴らしいことなんですから。

そういうことをつらつら考えると、
ワタクシ的には全公演中、長野公演というのは印象に残った1位か2位だなあ。
ホンマ初めて、

ボクはこうやって歌いたいんだ!


という魂からの主張が見えた気がしたから。
そんな魂の叫びにジブンは終始オイオイと泣いていたからなあcrying

長野はワタクシ的には終わった後も幸福な時間が続いて、
今頃は検索したら、女性一人が行きやすいなあ、というお店が分かるわけ。
行かれた人のコメントを参考に。

終演後、会館前でソッコー電話してw

余韻を抱えながらbottleが楽しめました。

ひとりbottleは、いろいろ料理を頼めないという点はあるけれども、
気のむくまま、気楽に楽しめますな。



店のマスターともジュリーの話や、長野五輪の時の話もしたりして
最後はいつの間にかお客はワタクシ一人になってしもてw
わざわざ奥様と店の外に出てお見送りしていただきました。
ホンマ五臓六腑さんありがとうございました!

Img_3621




| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

ふりかえり~①

いつまで続いていつで終わるのかまったく決めておりませんが、
しばしの空白期間つなぎちゅうことでcoldsweats01

そもそも
カズさんと二人だけでやるっぽいというのは、ウワサレベルでは聞こえていて、
武道館に早く着いた人によると、リハでは「ギターの音しか聴こえない」と報告があったので、やっぱそうみたいやなあvirgo・・・
そんで、そぼ降る雨の中階段下で待って会場中入ってみて最終確認やということで、

Img_3357_3

このガラーン感がねww

ああ、やっぱりね。


的なcoldsweats01

初日は武道館3DAYSのように「OLD GUYS ROCK」 のロゴスクリーンが降りてなかったから、行かれた皆様お判りでしょうが、ホンマ呆気にとられるちゅう感じやったですsweat02


そんでも着席して、

にゃんかね、
にゃんか実は隠し事していてcatbanana

なんてかすかな望みはありましたが、

もうあのむき出しのまま以上のものはございませんでしたね。ハハハcoldsweats01

それでも曲が始まれば、やっぱり古希を迎えての初ステージで
新体制になって、緊張もいつも以上にとってもあったと思うけど、そんなことを全く思わせない堂々と歌っているジュリーが「聖なるもの」に見えたし
秀樹さんのこともあったから、しみじみとしつつ嬉しかったなあ。



初日は会場のヘンなtyphoon緊張を和らげようと加瀬さんがイタズラしたのかw
こんなことこの時だけやったんやけど、
しょっぱなから首輪が外れてもて、2曲目後のご挨拶の最後でつけようとして、なかなかつけれへんちゅうハプニングがcoldsweats01

4

つけたところで、裏を表にしてつけてしもてたとかwww


で、カズさんは突っ立っているだけだしね、
手伝ってあげたらよろしいのにぃぃぃと思ったのはジブンだけではないハズや



そして最初の頃は曲間の「無言の間(シーン)」とした時間がけっこうありましたね。

タオルで頭ガシガシする時とか、水飲む時とか、首輪取る時、金さんする時、、
で、耐えきれずに客席から笑いが起こる、ちゅうねw


リハーサルではこういう間のことまで考えてないだろうから、
本番やって、続けていくうちに、「ジブンの行動無視して次の曲に入っていいから」とカズさんに伝えたんやろうね。


そんで岡山ではこんなことがheart04

たぶん岡山だけやったと思う・・


岡山では水を飲んだ後、カズさんににゃんか声かけてから
カズさん演奏をスタートさせてたなあ。
その瞬間お互い目と目が合っとりました(*´Д`*)


(当時の岡山レポ)




そうそう、静寂の中で、
お互い目を合わせてるのね(*´Д`*)

Photo



で、もう下関では
カズさんcatの方見てるのに
cat目を合わさず無視的なww



でそのうちお互いを見ることはなくなっていってもてgawk
(ミニハプニング時とRRM最後をのぞき)

音楽的に言えば、
最初の頃はやっぱりギターだけというのに違和感があって、
正直なところ、ワタクシはあんまりギターの音って好きじゃなくって、
一番好きなのは、吹奏楽でジブンがやっていたサックスの音やなあ。
あの中音の色っぽいちゅうのか、艶のある音がエエんですよ。
せやさかい、余計にねcoldsweats01

岡山では特に「ああ、このギターの音をずーっと聞いていかないといけないのか・・・」
ホンマ、岡山はそう思うくらいギターの音が主張しすぎていて、しんどかったです。。
(カズさんスミマセン><)

んで、おやりになっていくうちに、
ジュリーカズさんスタッフさんの中でいろいろ話し合って改善していかれたんやと思う。
だんだん、ギターだけジャンジャン鳴っている、という印象が私の頭の中で薄れていったし、自然体になってきたというかね。ギターの音はギターの音なんだけれども、ギターの音という意識がないちゅうのか(どういう意味やねんsweat01)はああ、、表現難しいけど。


それは当初ほとんど笑顔のなかったカズさんが穏やかな表情になって笑顔も見せる余裕が出てきたのと並行しているかなあ、とか思ったり。



ワタクシごととして書いておくと、
武道館の日は大雨の影響で、乗る予定の新幹線が京都駅の改札をくぐった時点でまだ中国地方走っている状態でw初めて大幅な遅延の時どうすんのや、という状況の中東京に来たし、帰りもメチャ遅くなったしねcoldsweats01


そんで岡山終了後、次の下関にそのまま新幹線で前乗りしてしまうパターンちゅうのも初めてで、予約していたホテルが会館の近くやったさかい、駅から直接行ってcameraなんてことも

Img_3395

このパターンにすると、翌朝から観光ができるし、昼過ぎにちょい疲れて、ホテルで開場まで一休みできるちゅう。そんなことも学びましたとさ

とりあえず今日はここまで~

| | コメント (0)

2019年2月 6日 (水)

いよいよ大千秋楽!!

まだゴールしてへんけど、
なんとなく自分用にこんな記録を作ってcoldsweats01

Photo

そうかぁ、今まで40公演見てきたのかあ、
そして41公演見て(67公演中)ゴールや!


と、作ったこれ見ながら、あれやこれやの私的名(迷)場面でも後日書けたらと思っております。

今回はいつものツアー千秋楽と比べて、
感慨もひとしおweep



ドタキャンを中心にいろんなことがあって


いろんなこと考えたし、

いろんな人の意見も見聞きしたし、


ジュリーとファンとの信頼関係、


ジュリーの新たな決意、

いろいろ・・・いろいろ・・


嗚呼・・
短い文言ではとても表せまへん

きっと歌うジュリーを観ながら、
今ツアーあったいろんなことを思い浮かべるんやろうなあ



兎に角、明日は無事に終えられることに感謝しつつ、
精一杯声援と拍手を送ろうと思います!

| | コメント (2)

2019年1月25日 (金)

インフォ発送(早)

指をケガした労災の書類を書き直してもらいwやっと病院で全額返済してもらいましたcoldsweats01
まだキズ跡はグロいままなんですがw(まだまだ時間がかかりそう・・)

切った時はさすがにどうしよ・・と頭グルグルしましたが、ホンマなぜかケガしてマイナスなことを一切考えず、普段見ない光景が見れて(救急の現場とか、大病院の混雑さとか、整形外科とはなんぞや的なw)書類のことも含め勉強になったなあ。なんて、なんでやろw


そんな病院のついでに文春にグラビアが載っているちゅうことなので購入

もうマニアとしては、コレやねえ
コレに萌えたわさvirgoheart04

Udkqvddk

即ホッチキスで分解分解やsweat01


このモブッと抱える感じのおててがたまらんわあああ(*´Д`*)


Un5s00_


86jkuhz



そうかあ、だから武道館1日目で
「ファンに一言」とか「意気込みを」とか聞かれて
そんなん武道館で言うにゃ、みたいなこと言うてたけど、
出る時にバッチリマスコミさんがおったんやねcoldsweats01

と合点w


文春さんは某女性誌とちゃって、
あれかあ計3回取り上げてくれたけれども、
悪意ちゅうのは感じられなくて、中間的な視点から事実をきちんと述べてくれている印象で、
ま、その事実をリアルに伝えすぎる手法から、ワルイコトをやった人はとんでもない目に遭うということなんだろうけど、catはちゃんと筋踏んでやってるから堂々としてるもんね。



インフォが24日に発送され、
関東の近場の方にはもう届いたみたい。


ちょいと見せていただいて~
思案中でございますが、


もう去年ホンマアホみたいにたくさん行ったので、
今年は控えめに・・・

でも近畿圏内多くないか??


とそれはそれでウレシイ悲鳴ハハハcoldsweats01


後半の九州は節約のため行かないかなあ、
なんて考えたり。



だってさあ、
どう考えてもまだ追加ありまっせ!的なニオイがプンプンする印象やしw

cat後半の日程は変更になる場合があるにゃ

なんて書いてあるしね




正式に届くの待ちまひょloveletter

| | コメント (11)

2019年1月21日 (月)

武道館公演に参加して

仕事が明日早いので、詳細はまた仕事後になりますが、


東京から無事に京都に帰ってまいりました!

ファンになって10年ちょい、
いろんな光景を見てきましたが、
こんな濃ゆいツアーは初めてでした。


たまたまジブンがどこでも動けるような環境で、ちょうどジュリーの古希が重なった

なので、たくさん申し込んで、日本全国行ってやろうと思った
(松山は断念しましたがcoldsweats01

ツアー回っているうちに、たまたまさいアリであんなことがあって、大きく取り上げられる事態になった


騒動(世間上でのw)の渦中のジュリーから今まで、ステージ上だけですが追うことができた


そして武道館の3日間に参加できた



いろんな想い出が浮かんできます。。


ジュリーは、どんな状況下にあろうとも、
ただただファンを信じて歌うだけ。外野がガヤガヤ言うことは想定内。




さいたまの前と後と明らかに変わったこと。


ジュリーとファンとの絆が強くなった。
もっとheart01的に言えば、赤い糸が太くなった。


潜在的には太かったかもしれないけれど、どちらかというと、このやり方を押し付け気味やったcoldsweats01ジュリーでしたが、さいアリのことで直接ファンにお詫びと感謝をし、それまでしなかった部分での手拍子や、合唱をさせるなど、LIVEを少しでもファンとともに盛り上げようと変えていかれた。


こちらも、カズさんとの二人体制に、バンドの音が足りないとか、公演時間が短くて物足りないとかwもうそんなことはどうでもよくなってw
情熱の赤い旗を振りながら、新たな決意を持ってスタートしたジュリーを精一杯の声援と手拍子を送るようになった。



そういういろんな経緯を経て集大成が武道館だったわけで、
結果的に、ドタキャンwの話題で興味を持って観に来てくださった方々の評価が一応に良いものであったこと、
嬉しくもあり、誇りでもあります。



3日連続LIVEは久しぶりのことでしたし、(渋公ファイナル以来かなあ)
楽なんて特に心配ではありましたが、
みんなのスゴイエネルギーをジブンのパワーに変えて、
この3日間で最高の歌声やったと思います!


ジュリーもよくやった!!


ファンもよく通い続けた!!



兎に角、見守り続けたいな。
日本の宝を。

| | コメント (2)

2019年1月18日 (金)

明日から武道館3連チャン

実は行く新幹線の時間をロクに確認もせず、何の用意もしていない状態で日付が変わるギリギリで書いているわけですがw

さっき、面白半分でヤフーの人が取り上げたのか、トップニュースになっておりましたねcat

確かに、招待券扱いのものが出回ってしまうのは状況考えて仕方のないことやとは思いますが、
しかし、その時間を割いて観に来てくださる方がいて満員になれば、それでエエんじゃないかと思っています。

物見遊行感覚でもエエんです。70歳になってもあんな問題作w(in浜松あいさつ)だと分かっていながら、ジブンはこうやと堂々と表現されているエネルギーを受けて、ああ自分も頑張ろう、と帰ってもらえれば。

もちろん当日券で来られるのに越したことはありません。
私は想定以上に満員になった城ホールの奇跡wを信じます!!

僕には自慢の君がい~る~!




今回は3日間ということで、いつも使っているノートパソコンを持っていく予定ですので、それなりに更新できるかなあと思っていますが、
東京はやたら金がかかりますのでw2日目はほぼほぼホテルに閉じこもろうかなんぞ考えてますcoldsweats01


では、武道館で!

| | コメント (6)

2019年1月14日 (月)

心からのあけましておめでとう!

新幹線降りたら目の前に見えました

Bdfmbzn



浜松はそうそう、某Y社の本拠地やものね、
これは帰りに撮ったものですが、(確かP先生が記念写真あげていた記憶があります)
行きに通る時に、(素人の)男性の方が弾いておられましたので、空いていてそれなりに腕がある人は自由に弾いてエエみたいな感じ??

Zbc2ptwc




時間的なせいなのか、祝日のせいなのか、
ファンらしき人をのぞきw若者が多い駅前だなあと思いました。
初の浜松



Qz67vfv

久々の更新です、
日記的な部分もあるので、先に自分のことも書いておくと、
フォーラム以来ね、実はな~んとなく鬱っぽく日々を過ごしておりましたdespair
なんでかなんでかなんでか、
きっと、フォーラムが自分が立たずに誰かさんと同じ「意地」を通して座り続けたためw
みんながエエLIVEやったと誉めまくっている中、消化不良を起こしたままで、
改めてLIVE鑑賞にて立つことの効能を思い知らされcoldsweats01
それが一番の原因なのかも。


そんな矢先、その時に別にやらなくていいのに、割れたガラス瓶を素手で触ってケガをしたり、今回のジュリーのMCでないけども、仕事場でゴホゴホしている人がいて、おそらくその人からもらった風邪をひいたり・・・

そんなこんなの年末年始これまでだったので、
たぶん人生で一番年が明けた感がなかったちゅうね、
そこまで酷い鬱状態やったかもしれへんなあ。
仕事は(精神的に)しんどいしんどいと思いながらやっておりましたがcoldsweats01


なので、半ばムリムリやった新年のあいさつ以来、半月ここの更新も怠っておりました。


そして、そんな状態を浜松のcatは救ってくれるはずだと、実に20日近く耐えw
年明け最初の浜松のLIVEに趣き
終始ご機嫌で声の調子の良い素晴らしいステージで
結果、

救ってくれた!

ジュリーが「あけましておめでとうございます!」
と言うてくださって、
みんなも私も思わずお辞儀しながら「おめでとうございます!」
と返して
やっと新年を迎えた気分になれた!



最後は涙涙やったよ。ありがとうってweep
こっちはちっとも返せないのにね、恩ばかり受けてね。。



ファンの皆さんも、彼を迎える姿勢が本当に愛に溢れていてheart01
そりゃ、いつかは・・・かもしれないけれども、
この状態をできるだけ長く、

この状態を続けたいからこそ、
カズさんと2人だけでという道を選ばれたんですね。
そんなこともわかるお話もしていただけました。



本編はまた改めて

| | コメント (2)

より以前の記事一覧