書籍・雑誌

2017年4月21日 (金)

同窓生対談

今日ふとジブンの過去のブログを読んでいると2014年5月10日の大阪漫談で、catが少し田宮さんのことについてお話しされていたことがあったんやけど、そうそう、対談のことも話していたなあと。

多分この時のやね。

私はcatの雑誌記事に関してはとっても膨大になるので、集めたりはせずに先輩ファンの皆様が出していただいた記事を保存させてもろて、ジブンで作っているcat史の中に入れ込ませてもろてるんやけど、田宮さんに熱心やった頃はwオークションで関連の雑誌は集めていて、引っ越しするたびに多すぎて持っていけれへんからw今は実家に置いてあって(厳重に包装はしとるけどカビ生えてるかもしれない><)代わりにデジカメとか画像だけとっておいて、記事は書き起こして、みたいに保存しとるんやけど。
これはそういう中でオークションで落としたもの。









Logo

Logo2

同じ校舎で勉強した同窓生というのはいつ会ってもなつかしいもの。田宮さんとジュリーも、京都の名門、鴨沂高校の同窓生なんだ。キミ知ってた?

1_2

空手とバスケットの対決!

  ――場所は、NETテレビ局のそば・・・・。
 二人とも、仕事があとにひかえた忙しい対談だ――。

ジュリー 田宮さんは鴨沂を何年に卒業したんですか?

田宮 ぼくが卒業したとき、君は二年生だったろう。(笑)

ジュリー それじゃあ、虫がよすぎますよ。(笑)

田宮 正直にいうと三十年卒。君は何期生だい?

ジュリー ぼくは中退なんですよ、優等生と劣等生の顔合わせ。(笑)

田宮 芸能界にも、鴨沂の同窓生が意外といるんだねえ。

ジュリー 山本富士子さん、団令子さん・・・・。ぼくは末席をけがすふつつかもの。(笑)

田宮 沢田くんは学生時代はモテたろうねえ。

ジュリー 田宮さんほどじゃないですよ。(笑)伝説ですよ、田宮さんがモテた話は。

田宮 ぼくはバスケット部に籍をおいていたんだが、スポーツはなんでも強かったよね、あの学校は。

ジュリー 水球は国体の常連だったし。ぼくは空手をやりましたが、あまり部員はいませんでした。みんな女のコにモテるスポーツばかりやるから。(笑)

田宮 ぼくがいたころはそんな部なかったぞ。

ジュリーのハートに挑戦!

田宮 このまえ『ハーイ!ロンドン』みたよ。なかなかよかったじゃないか。2

ジュリー ありがとうございます。そういえば、田宮さんは、もう映画には出られないんですか?

田宮 いろいろありましてね。(笑)日本の映画界ではちょっと無理かもしれないな。

ジュリー でも外国との合作映画の話が、たくさんあるとききましたけど。

田宮 ウン。でも、外国では一度クランクインすると、六ヵ月はむこうにいったきりになってしまうからねえ。かわいい息子にもあえなくなるし。

ジュリー “かわいい奥さん”にじゃないんですか?(笑)ところで、『タイム・ショック』おもしろいですねえ。

田宮 こんどタイガース全員で、挑戦してみないか?

ジュリー ええ。でも答えられなくて、椅子がグルグルまわるのは、ショックですからねえ。(笑)

田宮 あなたのハートに挑戦しますハート・ショックだ!(笑)でも、沢田くんがショツクだと、沢田ファンに相当な大ショックをあたえる。これはやめたほうがいいかな。(笑)

(平凡69年10月号)

漫談ショーで、多分この時の話が出た時、catは田宮さんが「悪名」をやっていた頃、とか言うてたと思うけれども、この頃は前年に大映の上層部とモメて退社を余儀なくされ、その影響でどの映画会社にも出られなかった厳しい頃で。だから「いろいろありましてね」とcoldsweats01



でも、田宮さん「ハーイ!ロンドン」観てどう思ったんやろcoldsweats01
僕ならこうやって撮るのに・・・とか観ながらプランしてそうw

catも鴨沂の後輩ということに対しては今でもそうだろうけど、卒業したわけではないから複雑やろね。漫談ショーでもいまだに「同窓会来てくれだす~heart01」という誘いに対して応じたことない言うてたからw

| | コメント (2)

2014年12月10日 (水)

そうだ京都、行こう本 

今日は文芸春秋に健さんの遺書とも捉えられることのできる手記を求めに本屋さんへ


catsleepyしている間にw


私にはちょうど心の埋め合わせをさせてもらっている感じで、

ちょうど一カ月たつんですけど。


きっとどこかで、自分が変わろうと思っている時なので、
健さんが遺してくださった言葉って余計心に響くんですね。
ジュリーに出逢えた時もそうでしたし。

きっとまた何度か読み返すんやろな。


で、何かないかと本を見渡しておりましたならば、
20冊ほどでしょうか、平積みにされてまして

「そうだ京都、行こう。の20年」

で、パラパラめくっていて、


写真ももちろんステキなんですが、

そのたびそのたびごとのキャッチコピーに心を打たれ



皆さんもJR東海のキャンペーンポスターとして目にされておられるでしょうが、
そこまで重たい文ではなく、
ふらっとお店に入る

ふらっと旅に出るような

ふっと心に入るような


これを20年ずっと同じ女性のライターさんが綴っておられます。



きっかけは、ある雑誌に載っていた蓮華寺の紅葉の庭を書院から眺めた写真。
これを屏風絵のような感じにして東京の雑踏の中に出現させては、という案が採用され、当時バーチャルリアリティーという言葉が流行っていたこともあり、まさに東京で味わうバーチャルな京都をつくりだされ。


今の言葉で、今の気持ちを語りたい

そうすれば、決して古くない、ビビットな京都が今を生きる人に伝わるのではないかと。


かつて先輩のライターさんに、こんな完成された写真にコピーを載せるなんて怖くてできないと言われたことはありましたが、同時期にある生物学者の方から聞いた話に励まされます。
「何も言わずに学生に顕微鏡をのぞかせると、何も見えないと言う。ところが、ある指針を与えると、一気に見えてくる。見るだけでは、見えないんです」と。


同様、何か言葉を与えると、違う景色が見えてくるのではないかと。新しい感じ方をしてもらえるのではないかと、人々に何かきっかけを与えられたら、という思いで仕事をされてきたそうです。



紹介されたコピーの中で、思わずウルウルしてしまったんですが、


99年春のコピー


ここの桜のように 一年にたった一回でもいい。
人をこんなに喜ばせる仕事ができれば なんて思いました。




おそらく自分の仕事に対して納得がいってないからなんだと思います。
このライターさんも当時仕事に行き詰っていた時期だったそうです。



で、私にとってはプチ思い出もありまして、


Ryo2


2012年4月12日に龍安寺に撮りに行ったんですが、
その時ちょうどここの撮影班の方々が来られてたんですね。
けっこうスタッフさんがおられたことを記憶しております。


その時の撮影で作られたものが翌13年春のキャンペーンとなりました。

Ryo







京都っていいなあって思いますね
こういうのを読むと。
ありがたいです。




| | コメント (0)

2013年6月 4日 (火)

衣装は決まったよ

ほんとうは書き起こしたいんやけど、

今週は水曜日まで忙しいさかいsweat01

またまた女性誌で、トポさんがインタビュー受けてます。

きっと記者にとったら一番アポとれやすいんやろねcoldsweats01

いや、買ったわけやないから、かる~くしかわらかんけど、

5月22日にみんなで会って、

衣装や構成、にゃにを歌うのかいろいろ決まったらしい。

で、トポさんは、

今は5キロ痩せて、あと5キロはがんばるとw


難聴に関しては治ってないけれど(やっぱりcoldsweats01





で、ジュリーについて、
コメントの最後に



本 番 ま で に 

き ち ん と 声 を だ し て も ら わ な い と ね

やて??

やて??

さすが、トポさんaries

virgoannoyフハハハ・・・フハハハ・・・(壊)

cattyphoon←ふきだしの嵐

| | コメント (2)

2013年3月28日 (木)

産経新聞3月15日夕刊

Sankei_2

産経新聞の夕刊に探偵さんの記事が載っていたのを知って、取り寄せましてん。




最近皆様にお世話になっているばかりなのでcoldsweats01

載せさせていただきました

マキノさんとはいつまでおやりになられるご予定かとか、
紙面の3分の1は占めとるさかい、内容がけっこうありますね。

スキャナすると、ジュリーの顔がイマイチだったさかい、
デジカメで撮り直して貼りつけてやねえ


あっ、そーやってもコレイマイチか・・・

で、偶然???なのか、

いや、これは故意やと思うけれどcoldsweats01

その下にざこびっちの本出版の記事がww

Zakoba


ざこばはんの写真は、、

そのままでエエやろw

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

エエ言葉や(/_;)

Bfjtnghcqaajwge

今は九州地方の新聞のみとりあげられてますが、
きっと共同通信の取材ということで受けたと思われますので、
そのうち神戸とか京都とか載るかもしれへんねhappy01


でも、これはなんちゅーか、

ワタクシもファンになって、過去のインタビューやらにゃんやら
けっこう読んではきたけれど、


こういうダイレクトな発言heart02てメチャ珍しいちゃうやろか

オオカミ少年やないけれど、逆にこっちが戸惑うちゅうかcoldsweats01



ステージでも、言われたとしてもなんかテレちゅうか恥ずかしそうにやし、
去年のツアー楽にしても、「スタッフのおかげ」と、
た、確かにスタッフさんのおかげもあるけど

なんちゃって思ってたからcoldsweats01

で、私たちは、
彼の(エエ意味でw)ひねくれた性格を知っているつもりやから、
そうは言うても、本当はこう思ってくれてるハズだよねっ!と、
勝手に解釈してきたわけでw


たとえば、ジュリー祭りの時にしたって、
ファン以外の人に観てもらいたい。
ってファンをおいてけぼりにしたような発言をされたとしても、
席とかでもみんながみんなスタンド席ではなかったわけで、
むしろファンの人の方がアリーナは多かったんちゃう?という感じで。


終わったらば、「ファンの人が自信を持ってくれた」と
ご自身同様に、喜ばれ?(たぶんw)

このまえのたくろーさんの番組でも、
「・・・・・いちばん喜んでくれたのはファンの人たちで・・・」と
ちょっと間を置いてやねえcoldsweats01

でもなんやかんや言うてもこういうご発言はウレシイ限りですね☆




そんな気持ちで、明日観に行った日にゃ、
ウルウルしてしまうかなあ?



て、いうか、ホンマジュリーに逢いたいんやけど



weep

| | コメント (2)

2013年3月14日 (木)

こんな記事が

Okacyu



ジュリ友さんから、京都新聞にこんな記事がのっていると教えていただき、

仕事場からパクってまいりましたw

もう文章中に「沢田研二」とあるだけでドキドキするんやけどcoldsweats01

でも、先生たちは、ジュリーファンのある意味オソロシサを知らんのやろねw
地域住民の憩いの場になれば、という想いからなんやろけど、
一般の人たちもOKとわかれば、間違いなくLIVEついでにかけつけると思うよ。
今はまだしも、京都会館が新しくOPENしたあかつきにはっ。

とにかくこんなファンたちの憩いの場にもできるように、お願いたいします<(_ _)>

| | コメント (2)

2013年3月12日 (火)

朝日新聞の沢田さん

Sinsan2




ごめんね、ジュリー|ω・)

お写真見て、タイトルみたいな言葉が浮かんでしもたさかいcoldsweats01

あくまでウワサでジュリーは髪を染めてかーねるさんも道頓堀の川に放り込まれて・・・ちゃうsweat01かーねるさんとも少しお別れちて、というのが写真で確認させていただいたわけです。

ま、時代も全然ちゃったら、白髪かーねるさんでもよかったとは思うけどcoldsweats01
(いつの間にか慣れてしもてたジブンw)

強いて言うならば、もうちょっと髪が長くてもよかったかなあ。



スンマヘンcoldsweats01

ま、収録の日がいつか知らんけど、それまでに伸びてはったらエエちゅうことや(  ̄^ ̄)
(何様w)

で、この記事の中で、印象に残った言葉

“僕は立ち止まるわけにはいかない。動いている人間は動かないと”

後半は「動ける人間は動かないと」じゃないか?と思うんやけど、


これって、ジュリーと同じ活動はできないけれど、
ジブンにも心に刻める言葉だと思って。

2年前、ジブンはどうすればいいのかと、
親戚や友人が被災されている立場であれば、何かしら支援ということはできるんだろうけど、それもないし、ボランティアに行くといっても、距離的時間的にも踏ん切りはつかない。

とか、いろいろ考えたけれど、
やっぱり末は「今ジブンに与えられた仕事を精一杯すること」

ほんのほんのちっちゃいちっちゃい一マスやけれど、
必要とされていて、
その必要とされている部分に対してやれる限りは責任を果たすというか。

それが被災地に直に関わらない人間の役割なのかなあ、って。





記事にもあるように、
ジュリーも稽古中、あの時のコトがフラッシュバックすることがあって、ウウ・・・と内心思うことがあると思う、



でも、それを乗り越えなければ、おそらくココロの中で決められておられるであろう、活動できるうちは音楽劇をやり続けたい、という気持ちがストップしてしまうわけで。

栃木公演があるというのも、あくまでも想像やけれど、「あえて」やりたい、という気持ちがおありだったのかなあ、と。

昨日と今日と、少しゆっくりさせてもらったので、
明日からまた忙しい日々、
被災地に想いを馳せながら、
もちろんジュリーのことも想いながら、
日々の責任を果たしていかないとね。

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

昨日発売の2冊

昨日は元町へお出かけ~
いつも行ってるトコロ(美容室)の今月末までのチケットがあって、
休みや。行け~~っdash

ちゅうことでw


それまでに時間があったので、近くの本屋さんへ。
元は、情報を仕入れた、ざこびっち新刊目的やったんやけど、
その棚の裏を見たら(♪コーナー)に“安井かずみがいた時代”という本が。
おっ!と思ってパラパラしてみたら、危険なふたり、っていう項目があって。

これって後で知ったんですが、婦人画報で連載されていたのをまとめた本なんですってね。

連載時は興味がなかったかw全然記憶がございませぬcoldsweats01

Hon

にゃんか差のある2冊w


買おうかどうか迷ったけど、
ざこびっちはジュリーのエピソードもやけど、他もオモロそうやったし、
安井さんのは、芸能界が一番オシャレに輝いていた時代のことがたくさん書かれているようだったので、どちらも購入。

これでしばらく、最近やっていなかった「読書」という作業ができそうやわw



ざこばさんは、以前も出された本の中で、ジュリーのコトを書いてはったんやけど、
今回はそこんトコロもっと詳しく書かれたって感じで、
あの、TOMO=DACHIができたっていうのも、2008年の2月に、酔った勢いwで、明日明後日会ってくださいませんか?と沢田はんに電話をかけたらOKで、in横浜にて二日間、親交を深めたことで、お互いの絆heart01が決定的となって、
それで、ここからはワタクシの想像やけれど、ジュリーがざこびっちについての歌を作りたくなったんやな~って。



後は、ジュリワンatグランキューブの時、
ちょうどw杯のサッカーのパラグアイ戦があって、、
前日になって、ジュリーから「サッカー観戦できるお店ない?」というトコロから端を発したエピソード。




どーでもエエことやけれど、
その日ワタクシは帰りに無性にニラレバを食べたくなりw
八坂神社横の王将でニラレバと勢いでカラアゲとチャーハンを買ってしまいw(ギョーザは生でw)
帰って勢いで食べたらプクプクになりすぎた(+o+)という記憶がハッキリ残っておりますcoldsweats01

もう食べ過ぎて後悔したので、それ以後は食べておりませぬが

その頃のことやね。ハハハ

安井さんの本は、
う~む、これは深い
深いわ。

やっぱりこの方はちょうどジュリーが一番美少年キラキラしてたshine頃に、
その才を発揮されておられたから、
ジュリーと重なって、
危険なふたりの項だけやなくて、他の項にも何かしらんジュリーの名前が出てきたりして。

それでZUZUsongsなどつけてたら、そっちもじーっと見て、読書が進まないみたいなcoldsweats01

亡くなられた当時は、高校1年の頃かなあ、もちろんジュリーのこともよく知らない頃だし、
ただ、ニュースで大きく取りあげられた記憶はありますね。
それだけZUZUさんの死というのは大きかったんだなあと。



予期せぬ時に人は亡くなるものですけど、
僕も旅先でテレビを見ていたらニュースで、(逝去を知り)
エーッ・・・・


人が死ぬというのはもちろんいいものじゃありませんが、
でも、その分まで、というのはおこがましいし、傲慢かもしれないけれど、
やっぱり、頑張ろうと思いました。



こんなことしか僕にはできませんが、
お葬式に行っても、ただ涙を流すことしかできませんでしたが、
こうやってコンサートができたことは、大変嬉しく思っています。
そして皆さんにも付き合って頂いて、本当にありがとうございました。
(MC)

また後日記事にしたいと思います。

| | コメント (2)

2013年1月17日 (木)

週刊誌拝読

Image

これがプライベートやったらよかったんやけどcoldsweats01

でも東京に降りてビックリ、
あれからまる一日はたっとったのに、解けてないトコロは解けてなくって、
よっぽつ積もったんやと。。
ハマの方が降雪量多かったんですよね?
ジュリー帰ってスッテン転びせんかったやろか・・・

さて、その前日とか、
新幹線の時間つぶしに週刊誌買うたりちて

計5誌

見事にcatから直にとったインタビューはないちゅうねw


ピーセンセイがなかったのは舞台のお稽古のため、すみませんが他の人に聞いて下さい状態なんやろね。
そうでないと誰かにゃんみたいに断りはせーへんやろからcoldsweats01

でも併せたらあわせたで知らなかったこともあったしね。

武道館のステージが終わって舞台袖で
「音楽をやって売れたいとか、仕事だからやっているとかそういうのを抜きにして、純粋に音楽を楽しめた。久しぶりにこうやって学生時代からのメンバーと音楽ができて本当に楽しかった。今度はトッポも一緒に、みんなでやろう」

と言いながら涙ぐんだというジュリー

そうそう、トッポと書きながらふと思ったけれど、
正月ライヴのMCにて、
まあ毎度のように加橋さんのことを出すんやけど、
不思議というか、
ずっと呼び方が「トッポ」で、以前のようにかつみ、とか言わないの。

で、これはジュリーは意識してそう呼んでるんだろうなと思ってね。
ザ・タイガースをやるんだから、敬意を込めて、あの頃みんなが呼んでくれ愛してくれたニックネームで自分も呼ぼうと。

ま、あちらさんは「沢田」かもしれへんけどねw

戻って、この文章も感動的といえば感動モノではあるけれど、
ジュリーが言うたのかもしれへんけれど、
第一12年2月というのも間違っとるし、
舞台袖でこんなに長々と言うかしらんと。

終わって打ち上げの場であればわかりますがcoldsweats01

ホンマ純粋やのうてスミマセンsweat01

で、オモロいといってはちと失礼ですが

週刊女性さんの“ジュリーのはしゃぎっぷり”という表現ねw

これ、前のようにジュリーがコンビニで立ち読みしとって、明日の名古屋でツッこんでくれたらオモロイんやけどw

どう弟がキャッキャッしたんや?suncat

と思っておりましたらならば

本来なら2月に大々的に発表するハズが、ジュリーが楽しみすぎて1月6日のジブンのライヴで発表しちゃったというw

ホンマカイナcoldsweats01

これは当人の発言からは異なりまして、
以前からみんなに言うてエエ?言うてエエ?
と持ちかけられて

catウ~ン、エエけどまだ早いのちゃうの?

とか言っちゃって影の圧力catpouchしいとったわけ

(それでも言うたメンバーもおるけどw)

で、年末年始にかけて、最終的に固まって、
ちょうどエエ機会やし~で発表したんやないかしら?

6日、確かに口調からフンコーが伝わってまいりましたが、

はしゃいではおりませんでしたよ。オホホvirgo

あとはお忙しいはずのサリーさんもコメント寄せておられましたね。

シローさんのガリガリになってしまわれた原因が分かりました。

骨折して、寝たきり状態が続いたため、よりお痩せにになってしまわれたそうです。

リハビリにとりかかったといっても、物凄く健康的な毎日を送っておられるので、
逆に太る暇がないのかもしれませんね。

それでも気力はしっかりと。

ステージに立ちたい、武道館の時よりもっと歌いたい!という目標があって日々リハビリも頑張っておられるみたいやから、
本当の完全体のザ・タイガースを見てみたいやないですか。
シローさんだって、トッポさんがおられた頃はステージには立ってないものの、
情報を送られたり、メンバーにとっては大切な存在やったんやから。
その後トッポさんが抜けられた音楽的損失を喋りで埋めてくれたちゅう!
メンバーにとっても恩人やと思いますしね。

ま、とにかく、
週刊誌がどー書こうともや
ジュリーがこれからMCなりトークショーなりで発言してくださると思うから、
ワタシらはそれを信じて、
無事に12月が迎えられたらエエなあと
思っております!

| | コメント (0)

2012年10月31日 (水)

きかんしヨコハマ

Cocolog_oekaki_2012_10_30_23_22 誰やねんw






ちょうどライブツアーの最中やったから、
いまさらなんやけれどcoldsweats01


個人的な感想を書き残そうと。

これ読んでね、
特に最初のあたりなんて、「へえ~~っ、ここまで喋られたんやね」と
意外に思ったのが第一印象coldsweats01

あんまり私生活のことはお喋りにならない方だから。

前後いろいろあってw
東京から横浜に住まわれるようになって、
最初はマンションだったけれど、
そりゃね、ひとりで住まわれるわけではないんやから、一軒家を探そうとされたのは当然の成り行きで・・・


でもエエトコロに見つかってよかったですよね。
じゅりけんさんを聞かせてもろて、別荘の話だったか、
その時に「持ちたいとは思わない」と、
もちろん、管理が大変というのもあるんでしょうが、
今住んではる家に満足しているから、別の家がほしいとは思ってないんやろね。
引っ越す気持ちはないと文中にありますし。

“何といっても景色がいいんです”

これは、次元は違えどw
わかるよーな気がするわcoldsweats01

ワタクシめの今会社に借りてもらっているマンションでも、
ホンマ景色がよくって、
京都市内が一望できて、
ぽけーと清水寺を眺めながらラーメンをすするよーなねcoldsweats01

室内を見るまでもなく景色で決めたちゅうw


実家も田舎の町内を一望できる高台にあるし、
向こうの中学校からあがる町内の花火大会を、
バーベキューなんぞしながら見たっけーな、、




あっ、ワタクシめのはどーでもエエことやねsweat01

とにかく景色がエエちゅうことは得点が高いのよ。

仕事をするにしても、とっても便利がエエやろし、
特別扱いされない、というのもジュリーにとってはありがたいことなんやろね。




市長さんはきっと、ジュリーと対談するにあたり、
同世代として、ファンではおありやったんやろけど、
武道館DVDとか、アノ本とかw
勉強されて対談に臨まれておられる様子がわかりますhappy01

ジュリーも、「その本は・・・・cattyphoon
という気持ちを隠してcoldsweats01

率直にあの頃の迷いを語っておられますね。


ふと、思いましたが、
「ザ・スター」の時もちょうど人生のちょっとした岐路、
「我が名はジュリー」の時も芸能生活の大きな岐路で、

人間誰だってそーやろうけど、
そういう時って、いろいろ考えて、
いろいろ振り返ったり、ジブンを見つめ直したりしたくなるんやと思います。




そして今、

このあたりの文章はウレシかったなあ。
どういう気持ちで仕事と向きあっておられるのか、
お客様に向き合っているのかという気持ちを述べておられて。


“コンサートでは見に来てくれた人を驚かせたいし、喜ばせたい”


まっとうな考えだったら、
うわあ、ジュリーって最近全然テレビに出ないけれど、
こんなにスゴイ声が出てて、動き回ってて
すごいなあ。



ということなんやろけど、

いかんせん、どーしてもこんなファン目線やと|ω・)

今ツアーのNAMAHARAもそのうちのひとつの驚かせ&喜ばせなのか?

なんて思ってしまうのだすのだすのだす

catあすこは宴会芸を披露する場にゃないにゃannoy


まあ、半ば冗談は置いといてw
ジュリーらしいなと思ったのは

Kさんだと、このあたりで「見に来てくれる人々に元気を与えたい」と必ずや仰るんやろうけど、
そういうものは言うものじゃなくって、それぞれがおのずと感じるものだし、
感じる人もいれば感じない人もいるんや、というお考えだと思うので(半ばワタクシの想像も入っていますが)

そういうことはおそらくお喋りになってなくって、


ご自身がその時にせきる精一杯のパフォーマンスをすることこそがお客様に対する礼儀なんだと。

これは、ジュリーだけやなくって、どんな職業でも同じことが言えますね。



そして、今でも気持ちの中にちゃんとある

もう一度、自分が好きだと思える歌を歌って、売れたい


これは、2001年頃かな、テレビによく出ておられたころのインタビューで聞いたことがあるけれども、今でも思っておられるんやな~って嬉しくなりました。

だって、2008年には、もう新しい歌は出さないって言ってた方がですよ~


願いが叶ってほしいなってcatface

最後の部分、

なんでもかんでも新しいものにすがるんやなくて、
エエものやトコロは胸を張ってやっていたら、分かる人には分かるんだと、
ジュリーの今の立ち位置に重ね合わせたり・・・





企画をして頂いた皆様、
ホンマに充実した内容で、嬉しかったです。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧