京都歩き

2014年12月 1日 (月)

紅葉の〆は②

そしてラストは化野念仏寺
確か3、4年ほど前の同じ時期に来ました。
羅漢さん見た後はやっぱり石仏さん見ておかないと。

A1






A7


だいぶ散っておりましたが。





A2

紅葉の絨毯が朝日に当たって・・





A5





A6






A4







A3









今年もいい景色を見させてもらってありがとうございました。
来年はもうちょっと足を伸ばしてまだ行ってないトコロに行きたいなあ。


A8

| | コメント (0)

2014年11月30日 (日)

紅葉の〆は①

次のお休みは6日だからその頃やともう遅いし(下鴨とかはこれからですが)
夜だけの出勤だったので、

朝一に以前から行きたかった愛宕念仏寺に出かけてまいりましたdash

嵯峨の奥~の方ですが、バスで行くと嵐山からでもすぐといった感じです。

1

2_18




ここは羅漢の石像ですね。
後でもらったパンフ見て分かりましたが、
昔からのではなく、昭和56年から十年かけて1200人の一般の参拝者の手によって彫られた羅漢さんが置かれてるんですね。


3



4






5







6







7








8_3






9






10




どのお顔も厳しいものはなくって、
全部和み系で癒されます。
時期としては・・・う~ん、もう数日早く来たかったなあという感じですね。
ちょうどワタクシが永観堂に行った日くらいがよかったかも。



今日時点で全体的には見頃は盛りは過ぎています。






13


ああ、ライブでこんなことやってたなあと懐かしみながらwcamera





少し降りていくと嵯峨鳥居本の古い街並み
この藁葺に苔がむしって紅葉っていうのがなんともなんとも

14





まだ8時過ぎだったので、
朝日に当たって水分が蒸発してるんですね。



12



この時間帯ですと、どうしても渡月橋近辺はすでに大勢いらっしゃいますが、
このあたりだと人もまばらですし、ゆっくり見て歩けますので、
機会がございましらぜひ~

| | コメント (2)

2014年11月28日 (金)

現在のロームシアターは

C1

永観堂の上でこうやって撮っていた時、
正面にクレーン車があって、
景観的に邪魔やな~なんて思っておりましたが




実はこのクレーン車はココの建設場所だったんですね。

帰り、たまたま旧京都会館の横を通るバスに乗ったので、
車窓から今の状態を確認することができました。



これが入り口の所です。
C2





で、気になっていたのが、
会館の真裏が桜並木で建物と共に滲む紅葉も綺麗だったのですが、
それがどうなっているのかと、


C3


ああ、ありました。ちゃんと遺してくれてたんですね。


C4






沢田会館(違)もあと1年と少ししたらオープンです。

当初は個人的には反対やったけれど、
決まったことは仕方ないし、
エエものができるように思うしかないですね。


早くこのステージに立つジュリーが見たいです!

| | コメント (0)

2014年11月27日 (木)

東のほうは②

1_4


そして2度目の永観堂

開門前20分くらい待ってましたがw

もうすでに人でいっぱいcoldsweats01


ここだけなんちゅーかレベルがちゃいます。
なので、大勢の人々が足を向けるのも無理はありません。


天気が良ければさらに良かったんですが(この後晴れたw)
紅葉と落葉の割合が丁度いいギリギリセーフやなかったでしょうか?



以下は画像のみでお楽しみください

2_2









3_2









4_2









5_2









6_3









7_2



9_3










8_2






12










10_2









11_2

| | コメント (4)

東のほうは①

今日も休みやったので、西より好きな東のほうに





1_3

今週いっぱいが見頃ギリギリかなあと、近くの山を眺めながら思っておりましたが、
南禅寺は想像より落葉しておりました。

なので、こういうイチョウとモミジが同時に落葉してこんなコントラストも

2

10







3








やはり水路閣はこの時期が一番良いと思うのです。


4



で、いつもは↑の向きだけの撮影で終わってたんですが、
どこかで水路閣の奥も隠れスポット的なことを聞いたことがあったので、
行ってみることに

5

11

裏側から撮る方が紅葉がキレイやね。。



そして奥のほうへ進み、
水路閣の一番端、疎水が出てくるところに

7




朝は曇りがちだったのですが、
この時だけ陽が当たってくれました。


6_2





奥に佇む最勝院

8






行ったつもりでまだまだ行ってないところがありますね。
来年はもう少しじっくり観れたらええけど。

やはり東山は落ち着きます。

9_2

| | コメント (2)

2014年11月22日 (土)

なぜか休みが今日なので

この時期の土曜日って、
ワタクシが思い浮かぶのはやっぱりジュリーLIVEin京都会館やね。
なぜか、こんな最盛期に開催されて、
それでもそれなりに京都の紅葉とともに、思い出となっとりますがmaple



なぜか、今日休みだったので、
しかし昼間だと激混間違いないし、
朝起きて天気が良ければ動こうとw


寝る前の予報では曇りやったんですが、
空を眺めるとなんと快晴!!
これは動かねば!と
朝さっさと行ってさっさと帰ることにいたしましたcoldsweats01

1







2


そうそう、こういう感じが見たかったんです。
8時過ぎでしたが、すでににぎわっておりました。
さすが三連休w



で、ここはこの時期に行っておきたかった
天龍寺

3




このね、曹源池に映る紅葉を撮りたくって

4

9






5


嵐山を借景として見事でした。
すでに人が多くって、
今度来るとすればもうちょっとお庭でほっこりしたいものですが




最後に法輪寺に
以前も行ったことがありますが、
ここから眺める景色も良いですね

6


8







先日とはまた違う角度で眺める東山の山々


7






嵐山は今頃おそらくスゴイことになってそうですがcoldsweats01
ホンマこのあたり道が狭いんやから
車で来んとってsweat01

| | コメント (0)

2014年11月20日 (木)

西の果てに

京都もトップシーズンとなり、
今年はさてどこへ行こうか・・・


せっかく京都の西に住んでいるのだから、

遊龍の松で有名な善峯寺に行くことにしました。
わりと早い時間とはいえ、さすがトップシーズン。
行のバスも満員でしたし、
ジュリコンに行かれているミナサマと同年代かそれ以上の人たちがたくさん訪れておられました。若い人はほとんどみなかったなあ。






1

1_2




今年初のちゃんと紅葉狩りやさかい、
門をくぐり、
この景色が飛び込んできた時は、
思わず声をあげてしまいましたwobbly

10


12





2


ホンマきれいどす・・・





3


見たかった遊龍の松
イメージよりもちっちゃくてカワイイ感じがしましたが
(なんでもカワイクしすぎや(*´ω`*)

4







8





ここからは京都市街を西から一望することができまして。
まさか雲海が見えるとは思いませんでしたので、
感激しちゃいますね。


5

11


で、もうひとつの感動は、
比叡山にちょうど対峙するような感じで見えたこと。
いや、向こうの方が高いハズですが、
いつも下から見ている山の感じとはちょっと違って、
最初、ちょっと考えてしまいましたもの。コレ比叡山か?みたいなcoldsweats01





6


7








9



これから約半月、
ちょこちょこ行けたらエエですね~
せっかく京都におるんやから。

| | コメント (3)

2014年6月10日 (火)

睡蓮

004_2




睡蓮  

 

作詞/沢田研二

 

作曲/沢田研二

 

弾けて咲いちゃおう 何だっていいから
誰にもできるって ことじゃないんだよ
弾けて咲いちゃおう


思いっ切り走ろう 明日を楽しみに
誰もがやろうって ことじゃないんだよ
思いっ切り走ろう

僕らが今 出来ることは
野生の血を 燃やすことさ
水に浮く 睡蓮の花は
泥にまみれる根があるから
きっと綺麗に咲けるのだろう


思いっ切りあそぼう 明日のこと忘れ
誰にもできるって ことじゃないからさ
思いっ切りあそぼう



僕らが今 したいことは
自然の力 貰うことさ
水に咲く 睡蓮の花は
花弁は夜眠っているから
明日綺麗に咲けるのだろう


弾けて咲いちゃおう あざやか色にして
誰にもできるって ことじゃないんだよ
弾けて咲いちゃおう


転げながら行っちゃおう 惰性でいんじゃない
当たり前じゃない うれしいことだな
転げながら 行っちゃおう



京都散歩ということで、衣笠界隈を歩いてまいりました。
龍安寺に行くと池には一面とは言えないまでも睡蓮が盛りで、
家に帰って、ふと「睡蓮」の歌詞をもう一度調べたくなって。


Hasu2

裸眼では、ちっちゃくぽつぽつ咲いているのでよく分からへんかったけど、
今アップにしてみると、いろんな色の睡蓮があるんですねhappy01



ジュリーはきっとおんなじくらいの時期に、睡蓮がこうやって咲いているのを目にして歌にしたかったんやろね。


誰にでもできることじゃない
当たり前のことじゃない


‟感謝”っていう言葉が直接使われてはないけれども、
この歌の根底に流れているのは、まさしく生きていることへの感謝だよね。



今の自分の姿を、
俯瞰的に歌っているこの歌は、
彼もツアーでよく歌いはるし、
こっちはまあ、一生懸命右行ったり左行ったり・・・
ちょっと無理しすぎている感じがしてハラハラすることもあるけれどcoldsweats02
そういう自分がきっと好きなんやろね。



仕事の日はホンマちゃんとジュリーの映像や音楽を聴く暇もなく
(あっ、ストレス発散に絵を描いて寝坊ちて遅刻することはありますがw)

だから、休日はできる限りの時間を有意義に使いたいもので、
今は ジュリー祭りを観ながらまったりとやねえspa



てか、しばらく正視してるといつもウルウルきてしまうんやけどweep

続きを読む "睡蓮"

| | コメント (4)

2014年5月 7日 (水)

近所散策

Arasi


思えば6連勤やったのに、目覚ましかけんでも朝はそれほど変わらず同じ時間に起きてまうという><


天気も良すぎた、ということで、これは歩かなアカンと、
近所散策にw


夜はアレがあるっていうのにねえcatkaraoke





さすがに大型連休後や、
人がほとんどおれへんしw

(※2時間後通った時にはそれなりに観光客の方々が歩いておられましたが)


まあワタクシも京都という地にお世話になって、
いろいろなトコロに散策に出かけておりますが、
この渡月橋のあたりの景色は、やっぱり圧倒的ですね。
この嵐山(それこそ山)は、他の山々よりも群を抜いてなんちゅーか、


Arasi2




って言うんでしょうか?うまく表現できませんが、
山からオーラを感じる気がするんです。


他にもちと気になってたトコロに行ってきましたが、時間がございませんので、また後日。



また季節ごとに写真をアップできたらと思います~









さて、今宵もある意味w勉強させてもろて、
明日も歓送迎会があるので、社員同士で話させてもろて、
あさってから、気持ちを切り替えてがんばりたいと思います!

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

新緑と同棲

新緑の季節です。

002

今の時期は極端な忙しさな日が少ないさかい、
行ける時に行っとかないと。。





秋の特別公開の時、この時期にきたら、またちゃう風情なんやろな~
と思い、再び瑠璃光院へ。

003






皆さんよくご存じで、
平日にもかかわらず、けっこうな人出coldsweats01

修学旅行生は皆無でしたが、
年配のご婦人方が多かったです。

001


そう、こういう苔が生い茂ってて、
お日様が当たっている写真を撮りたかったの。



中の御庭は、秋の方がいいかなあ。
門から建物へ行くアプローチ部分が一番風情を感じました。

流れている小川に反射した日差しが側の木に当たってキラキラしているトコロとかね。



続きを読む "新緑と同棲"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧