« なまめかしい仙人 | トップページ | OLD GUYS ROCK@神戸国際会館 »

2018年9月10日 (月)

OLD GUYS ROCK@なら100年会館

またまたやってまいりました奈良

Tbioz_ok


天気悪い予報やったから、わりとギリに行ってJRからそのまま行くかぁ~と思っておりましたが、乗った市営地下鉄がたまたま急行奈良行きやったので、そのまま1時間ちょいほどかかって近鉄奈良へ。
雨もほぼ降らなかったおかげでちょこっと観光もできたしよかったっす。
やっぱり中国系の方々の姿は少ない印象はあったなあ。



裏に回ってみると、こりゃ最近では珍しい赤トラ2台

C8aoi7ry



とにもかくにも、ジブンのこれからのスケジュールを眺めるにおいて、
前LIVEから3週間空くというのはおそらく最長で、
ああ、そんなにも行ってなかったんやなあと。




やっぱりね、
おかげさまで各地方にも行かせてもらってますが、
近畿圏内の会場って落ち着くんやねspa
人々が喋っているイントネーションのせいもあるんやろけど、
こう地元感ちゅうか、ゆったりと見ることができます。


これだけ空けば多少変わっている点もあるやろうと
様子見る気持ちで、開演。



もちろんセトリは変わってないけれども、
ジブンの感覚では音響がさらに良くなった印象かなあ。
声とギターのバランスちゅうか。
今ではあんまりギターがうるさいなあと思うこともないですし。

まあ、こういう形式でお二人でやるというのは初めてやったさかい、
どれくらいの音量バランスや効果がエエのか、回数を重ねるたびにお二人、スタッフさん共々、改善されていかれたんだろうなあと。


後は随分と音が何もない「間」の時間が短くなったことかなあ。
今では「雨だれの挽歌」の前にタオルで頭をやたらガシガシと拭いて笑いを取る(違)ところと、「我が窮状」の前で片側ジャケットはだけさせるくらいで。


首輪取るのも、「ISONOMIA」の前奏が流れる中で、前を向いて立ったまま、首元のボタンを外してパッと後ろに放る感じだし、ジャケットはだけにしても前向いて立った状態でやしね。


「マンジャーレ」では、「そらいくぞ!」とか「そらいけー!」的な言葉ではじめてたんやけど、「わかることのはず」という謎の言葉で始まりww

んなん、余計レピーターやない人混乱しますしcoldsweats01




お着替えの時間も少しだけ短くなった気が、
なので、お手洗いに以前はわりと余裕で行けたと思うけど、普通に行ってたらおそらくMCはじまっとりますcoldsweats01



ほんでも、最大はやっぱ「RRM」の最後のカズさんのギターソロが長くなったことかなあ。
これまでもそこそこの魅せ場として、catが讃える中弾いてはったんやけど、その倍くらいは長くなったんちゃうやろか。


根っからのギターマン!


奈良神戸両日ともこうやってカズさんを紹介



Cocolog_oekaki_2018_09_09_23_35

ちなみにカズさんはこんな
たとえるちゅうとなんちゅうかなあ、昔の西洋の人的な?
前髪も側頭部の髪も全部後ろにもってってますみたいなw
毛先がおさまりきらずに後ろでピンとはねとるんやね


catは・・・



そんなに変わってなかったな(終)


cat描けにゃっannoy


カズさんも余裕をもってこられたのか、
もう最初に比べると笑みを浮かべる回数が多くなりまして、
たとえば最初のご挨拶でcatが「古希を迎えましたにゃ!」とか言って、みんなが拍手する時も笑みを浮かべられながら皆さんと一緒に拍手しておられますしね。
最初の頃はほんましばらくは手探りで、音づくりに精一杯やもんねsweat01

MCはちょっと長くなりましたね。
終了時間を考えると10分弱くらい。
かといって、なんか全然違う話をしているわけではなく、
カズさんとの今に至る経緯は変わらないんやけど、それぞれの裾野がちょっと広がった感じかなあ。


終始なりゆきを淡々と喋っている感じで、

やっぱり関西人としては悲しかったのは、関西弁が一切出てこなかったこと。
ホンマこんなことは初めてやったかも、
一言も発しなかった(それぽいイントネーションもなかった)のはweep
城ホールやったか、もう関西弁で喋るのはいいだろうと。(終わりという意)



なんでかなあ?
なんで喋らないようにするんかなあ。。

ワタクシにとっては、カズさんと二人だけでやる以上に謎なんやけどcoldsweats01



そうそう、ジブンがLIVEの中では初めて聞いた、
catの向かって右側にはいろんな人が応援にかけつけてくれている話ねcoldsweats01

加瀬さん、タカユキさん、ムッシュさん、ZUZUさん・・そんなことをね。


で、特に加瀬さんが時々イタズラをするちゅうことでw(in神戸)



↑はご挨拶時に言うてはったことで、

本編の内容をおおまかに書いておくと、
出てきて、


catこういう格好をしてみたかったにゃheart01

若い頃から好きなことやっていたいうけど、
本当に好きなことをやりはじめたのはつい最近。


(若い頃からの実績に対して)
人から褒められるのもイヤ、かといって自分自身で褒めるのもイヤ、
事実だけを受け止めるcoldsweats01



この世界に入る前から短気な男と言われてたけど、他方自分では我慢できる人間だと思うw


(暴行)事件などを通して周囲からcatは「ああ見えて男っぽいやつだ」と言われいつもイライラしていたcat


catボクは男にゃ。男っぽいじゃにゃくて男にゃ。
セックスチェックも間違いなく男にゃ!


イヤン(/ー\*)



61歳になったら好きなことをやりたいと思っていた。
しかも小難しいこと、人が選ばないようなことを。
自分がギターをバリバリ弾けたなら自分ひとりでやっていただろう。
でも人に聴くかせるようなギターは弾けない。これがサイワイした。


ドームで花火を打ち上げて、
やりながら、こうやってバンドのみんなと10年以上やってきたんだなあ、
ジブンの計画では来年からギターと二人だけでやるのか?と思ってたけど・・
ちょっと待てよ・・・どうすっべかなあ???



ドームを終えやや沈み気味やった人気に活力が与えられw
見に来なかった人も見にくるようになり、
かといって人気がずっと続くわけではないし、どうしようか、
そんな時に構想12年のことを思い立った気持ちがやねえ
「好きなギタリストと二人だけで全国を回る」ちゅうね。


そら、ピアノの音だとか、いろんな音を混ぜるのが普通なんやろけど、
もっと頑張らないとできないもの、一生懸命でないとできないことがコレなんだと。

これまでの人生の中で唯一続けてきたこと・・
自分で一生懸命やらないとできない仕事を選んできた、そういう自負はある。


そして、(60代の)10年をガマンし
cat10年ガマンできる短気な男にゃ


「鉄人バンド」というのも、ドームで81曲を2回演奏したから、こりゃもう鉄人でしょうということからやったんやけど、そのうち1人が病気で倒れもう1人も病気で倒れもう鉄人とは言えないなあと。

そんなことも鑑みて50周年まではこれまでの形でやるけれども、古希からは2人だけでやると決めはったんやね。



そして、淫靡なバーとホテルの話をしてw
淫靡なバーは若いおねえちゃんがウイスキーの原酒を飲ませるようなトコロで、後でよく見てみるとおばちゃんやったとw

福岡のホテルでは正式にカズさんにオハー・・・オファー



Cocolog_oekaki_2018_09_10_08_44
(口がまわらへんかったのでこうやってごまかしw)




カズさんからOKをもらい、これでボクの人生はエンドレスでこれを続けて、
倒れたらそれが終わりの時なんだと。



なぜカズさんなのか?
ジブンでもはっきりした答えは見つかっていない。

37年一緒にやってきて、彼をなんとなくみてきて
「ボクはこの人となら一緒にできる」
と思ったと。


でもカズさんがどう思っているのか分からないから、
内心コワかったと。

それまでも例えば井上バンドが解散した時にも、そのバンドのメンバーにまた一緒にやりましょうと声をかけて断られた経緯があったし



長く続けることは大事なことだし、とても意味のあるもの
それがいつかは終わってしまうのはいたしかたのないこと。

これからどんなことが起こるか分からないけど、
ジブンが思ったことを信じてやっていこう、と。



これが完璧だとは思ってない、
カズさんと二人で切磋琢磨し、皆さんにより楽しんでもらえるよう努力をしていく。


〆や、去年の〆みたく「よろしくお願いします」と深々と三方にcoldsweats01




RRMではエライクルッと回って後方からでもわりとスカートがめくりあがっとったのが分かったけど、神戸では抑えてたので、思わず回りすぎたんやねw

ちなみに、奈良ではこの最後のカズさんソロで小刻みに「ジャジャヤジャジャジャ・・・・」とギターを奏でていた時のカズさんの髪先だけ細かく揺れていたのがツボでしたw



そうそう、最後はける時に、今まではカズさんcatよりさっさとはけていってたけど、
夫唱婦随ちゅうか、catのはける動きにあわせて後ろからついていくみたいなheart01
そんな終わり方に変わっておりましたcoldsweats01

JAST A MANが一瞬かかってブチッと切れて10秒ほど鳴らなかったから、どうするんやと思ったけど、また最後はかかってよかったけどね。



神戸でも感じたことやけれども、
ジュリーは今日ある仕事を淡々とこなしていた、という感じかなあ。
別に暗かったわけではないけれども、
上機嫌ていうわけでもなかったしなあ。

関東の中心の会場ではご機嫌さんなジュリーみたいやから、
いつかそんなジュリーを見てみたいんやけどねcoldsweats01

|

« なまめかしい仙人 | トップページ | OLD GUYS ROCK@神戸国際会館 »

Live report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なまめかしい仙人 | トップページ | OLD GUYS ROCK@神戸国際会館 »