« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

なまめかしい仙人

ワタクシ次は奈良までございませんので、
それまではミナサマのツイートやレポを楽しみにしておりますが(*´Д`)

やっぱり関東の都市部の公演は盛り上がるようで、
八王子も2時間くらいやったとか(エエな~



ミナサマもご存知のとおり、
先日ふんじゃらセブンにて、
おそらく近くに居合わせた人がスマホで撮ってタレこんだんやろけどw
新大阪駅でのツーショットがやねえ

仙人になってもやっぱりとか

もやはおなじみの“仙人スタイル”のとか


その前のふんじゃら自身にも
古希迎えもはや仙人とかもあったなあ


ふんじゃら自身後にも、長野で「仙人」発言があって、
ああ、アレ見たんやなあと思ったけれども、

八王子でも早速ぶっこんできたちゅうことでwww


ワタクシ行ったわけではないので、
J友さんのツイートからしかわからへんけど、
おそらく還暦前後の説明話の中にて、

還暦は爺さん。60になったらもう誰も言わないだろうと。太っただの、シワが増えただの、白髪が増えただの、ヒゲを伸ばしてるだの、仙人みたいだの。


のあとに

こんななまめかしい仙人いますか?



発言がwww



い・・・いったいどういうおつもりで????


ちゅうのが第一印象でw



いや、ワタクシならばや、
ワタクシがなら

こんなカワイイ仙人いますか?
とか
こんなやわ肌な仙人いますか?

とか表現するやろけど、


わかるよ。
そりゃ、歌を歌っているは時にはなまめかしく感じることもあるし、
昔のあの艶やかな姿態とダブル時だってあるけどや、


でも、それをジブンで言うか?ちゅうね




エッ!?ちゅうことは、たとえばサムライとか歌っている時とか

アア~アア~歌いながら


オッ、ワシ今なまめかしいにゃん


とか思ってるちゅうことなんかなあ

ナルシストではないと思っとったんやけどなあ



ま、どーでもエエけど



どーでもエエんかにゃっ




なので、
最近では珍しく(コラコラ
この発言を聞いて即座に画欲が湧いてしもて



描いたがな


Photo




逃げろっ

| | コメント (10)

2018年8月20日 (月)

OLD GUYS ROCK@上越文化会館

新潟から2時間弱くらい特急に乗って上越へ~

ここは最寄り駅目の前くらいの位置にあるので、
アクセスはバッチリ

Y_kqftw





駅降りて気づいたんやけど、
ああ、ここは謙信さんのゆかりの地やったんですねえ。
まったくもって事前リサーチせず気づきませんだしたっ><

Ukwq5cs

なので、会館内入ったらこんな気合の入った像も作られております。

ここはちょっといけば北陸新幹線の最寄り駅やさかい、
関東からの遠征の雰囲気の人々も多かった気がします。
顏は知らないけど会話とかでなんとなくね



会場は、当日券があったかどうかわからんけど、ちらほら空席があった感じかなあ、
ワタクシの真後ろの席も2席空いていて、おかげで鑑賞しやすかったですし(コラコラ



席もサイドだと互い違い形式な感じでとても見やすかったです。


そんな中、そしてワタクシもわずかながら不安を抱えながらの開演。。


しかーし
そんな不安もなんのそのw


ワタクシは取れた瞬間は見落としてたんやけど、最前列のJ友さんによれば、カサブランカの途中で衣装のボタン上に着いている赤い玉が取れたらしいww



ワタクシが気づいたのは2曲目終わって挨拶に入った瞬間、
何かのはずみで視界が開けそれまでわりと死角やったステージ前に赤い玉が落ちていることに気づいたのね。

落ちてた場所はちょうどの立ち位置のまん前
にもかかわらず

当の本人が気づいたのはそのちょっと後、
ごあいさつ喋り出して


・・・・さわだけんじ・・(ふと少し目が下に行き玉が転がっていることに初めて気づく!!)
あっ・・・・玉が・・・とれてる

Cocolog_oekaki_2018_08_20_17_13



wwww



気付いた後、赤い玉をおもむろに取り上げ、
一瞬どうしていいかわからん感じやったけれどもw
結局ペットボトルが置いてある台に並べておいておりました。
(赤い玉は途中スタッフに持ち去られることなく、最後まで同位置に置きっぱなし)

結論から言えば、マイナス的な声ではないんやけど、
一度曲間の時に男の人が「サムライ!」とかなんとか叫んだだけで、
余計な声もなく終わることができました。

ワタクシ的にはそれもあるし、
昨日と違って眠たくなかったのでw
席は昨日よりも後ろなのにもかかわらず、集中して歌の中に入ることができた感じで、新潟の分を取り返したような気分で嬉しかったです。

あくまで想像やけれども、
もどこかしらん昨日のトラウマ的なものがあったと思うのよ。
「雨だれ」の後、新潟では首輪取ってたけれども、

上越では、静寂が生まれる同じタイミングで一瞬どうしようか迷った感じがあって、前を向いたままとりあえず金さんしやすいようにか、ピエロジャケットの前ファスナーだけおろしてました。


せやさかい、カズさんその様子をのぞき込みはせーへんけど、気持ちだけはそんな感じで若干カラダを揺らしながら、脱ぐの?脱がないの?いきまっせ。みたいなww



結局「ISONOMIA」歌い終わって首輪とり&金さんをやってはりました。




☆F.A.P.P後カズさん演技問題

ワタクシが最初に意識したのはびわ湖からなんやけど、
曲が終わった後、がカズさんの方に手を伸ばして讃えているのにカズさん気づかず、しばらくしてふとが讃えているのを見て慌てて客席にニコニコしながら礼するちゅうねww

これが演技なのか否かちゅうw


新潟と上越繰り返してみれば、分かるだろうと注目しておりましたが、
結論


カワユイ演技(やと思うw)


新潟ではこの行為が極自然に、
ああ、これはお盆で少し時間が空いたし、カズさんもここでに讃えられることを忘れて素なのかもなあと思いましたが、
さすがに、翌日だしね、また同じようにフられて同じように気づかなかったら、
こりゃ演技(ネタ)やと思った方がエエんでないかww


細かく書くと、
FAPP終わって、数秒カズさんはを見てたのよ、
でその後敢えて(と思うw)視線を下に向け、例のネタをww
新潟よりちょっと下手になってましたし(完全に演技前提www)



いずれにせよ、ハッと讃えられていることに気づいてニコニコしながらぴょこっとお辞儀をするカズさんがカワイクてカワイクてファンでなくてもエエ場面ですね
今回は全体的にそんなニコニコされないし、もう上越の玉が落ちている級じゃないとね(これにはニコニコしてたww)


で、もカズさんにちょっとした演奏以外で見せ場を作ろうとしたんやないのかしらん。


で、が物足りんかったんかどうか知らんけど、
ISONOMIAが終わった後にも、ちょうどギター交換している最中に讃えていて、
これにはカズさんマジでwハッとしてニコニコお辞儀させられていました


その後にもどこかの後で未遂に終わったのが一回w(カズさんがまったく気づかず讃えるのをやめた)


にゃにごとも何度もやると価値が下がりますし






そして、2着目登場直後
何を思ったのかww
Cocolog_oekaki_2018_08_20_18_52


チラッと見えるかもしれないにゃ


って言いながら堂々と足を振り上げてやねえ(/ー\*)(/ー\*)


ワタクシの方向からして斜めになっとりますが、
これドセンターの人なら必ずアスコが見えてますやん(*´Д`*)(*´Д`*)




もちろんワタクシの角度からはんなもの見えるわけはなくorz

声だけはキャーーッ!(変態w



サービス分(ホンマかw
その後のMCの中での淫靡なバーとホテルの話は
今までで一番はしょられておりましたが


だいたい、今まで言うてはったこととあまり変わらないちゅうことで。


ただ、この12年間ガマンしてガマンしてガマンしきれんくて、古希のこのお祝いからカズさんと二人だけでやっていくお披露目がやっとできたんだ!というウレシサをやねえ




こうして無事に終わり(はしょってスミマセン
昨日は帽子を取らずにステージを去ったも最後は帽子を取ってくれて、
(単に昨日は忘れてただけやと思うけどw
満足のいくステージが見れてよかったです





外に出てもまだまだ明るいし、
ああ、これやったら京都に帰れたなあなんてw
時間がね、間に合うか間に合わないかの微妙な時間やったから、泊まりにしたんやけど。


ちょっとブラブラして、会館の目の前にあるお寿司屋さんに入って、
一杯やってw



そして、半ばエエ気持ちで外に出てきたら奥さんっ


またまた帰途につく赤トラさんがちょうど会館のところを出発するところで!!!!

0wi3dv9p



城ホールに続いて、あまりにも出来過ぎな展開に暗闇の中一人驚いているワタクシでございました



帰りは5時間半ほどかかったけれども、
お酒もお米もお魚も美味しかった新潟県!
また行きたいです

| | コメント (2)

OLD GUYS ROCK@新潟県民会館

こんなヤバイww酒処新潟へ

Za8imban



ああ・・全部試したいところですが、
とりあえず6杯分やねえ飲みまして

翌日は荷物の多さのため諦め、残念

Nwfbqqt6




J友さんたちと県民会館へ

Tye5txr3





さて、お盆明け初回の公演。
確か以前来た時は3年前で加瀬さんsongの時やったなあ。
あん時は「元気ですねえ」と言われて、想像してへんかった(失礼w新潟の盛り上がり具合がうれしかったなあ。



席は6列のセンターブロックやったから、そりゃもう見やすかったし、周囲も濃いファンの方ばかりやったので気がねすることなかったんやけど、

イマイチワタクシ自身の集中力がやねえ
正面にが歌ってくれているのに、入る込むことがでけへんちゅうかw


目がぁぁぁ・・・・ぷに状態にwww



せやから、とりあえず手拍子はいつもより強めに、
自らの覚醒用にやねえ(コラコラ



まあ、これは自分自身の体内の問題やから、
これはエエねん。


でもやねえ、
曲の合間に気が散るような言動があるのはホンマやめてほしい
そう、つくづく思ったLIVEでした。



最初に耳にしたのは「風は知らない」が終わった後かなあ、
が後ろ向いて水飲んだり、頭ガシガシ吹くタイミングで静寂が訪れるところ。


男の人と女の人の声で、要は「座ってください」ということやね。





これに関しては、それぞれ考え方があると思いますが、
私は周囲に合わせる方なので、座った方がいいと察したら座りますし、今回に関しては上手の奥のほうからの声でしたので、立ったまま観させていただきました。

せやから、ワタクシ自身のココロん中は、
ただでさえ集中できてへんのに(コラw
あ~あ
ちゅうね、
余計気が散ってしまった感じ。


いや、ワタクシだけやないと思います。
ファンの人結構そういうやだな~という気持ちになって以後の歌声に集中でけへんかった人多いちゃいますかねえ。


つまり、新曲前まで、曲間の静寂が訪れそうになると、多分座れ的なことは言い続けているとは思うんやけど、それを打ち消すかのように、「ジュリー!!」と叫んだり、拍手が湧いたり、ちょっとでも空気を和ませようとする皆さんの気持ちを感じることができてね。


そんでももいつもどおりふるまってはいるけれども、
きっと気にしてるやろうなあ、
新曲前にもしかしたら言及するかなあと思ってましたら、


案の定言及し、


もめ事は収まったかにゃ?
ずっと気にしながら歌ってたにゃ




やっぱり・・・



他の会場でこういうことがあって、
漏れ聞いたことはあったけれども、直に聞いたのは初めてかもしれへんなあ。

要は、客席の中で解決してほしいと、
後ろの人に座ってと言われたら、状況に応じて座ったりして、後は立ったり座ったりでやりなさいと。


みんな何しに来たのかにゃ?観に来たんじゃないのかにゃ?



でもめげずに、なんか同じ人からの声が聞こえ続けたもんやさかいorz
「私が全て引き受けましょう!」とかなんとか
〇中角栄さんのモノマネなんかしてやねえ
まあこれも今思えば、場を少しでも和ませようとするの気遣いだったんやろうなあと。。



そうやって収めたにもかかわらずや、
な~んかおんなじ人でそういう声が絶えずにやねえ、、
本MC中にもぶっこんできたもんやから
あんたたち、どんだけしつこいのっ
って、ワタクシも心の中であ~あ



せっかく2着目出てきてすぐにこんなサービスしてくれたちゅうのにぃぃぃぃ


Cocolog_oekaki_2018_08_20_15_21

※クルッと一回転途中でカラダが後ろ向きになった瞬間スカートが舞い上がり、確実にこれくらいは見えたっ(*´Д`*)(*´Д`*)



図にするにゃっ





で、話を戻しw
声がまた相変わらず聞こえてきたさかいに、
いつも通りに話し始めていたも、さすがに声のする方に体を向けて、

文句あるなら表に出ろにゃ 



こういう時は、そんな大きな声で言うんやのうて、
ヒソヒソ声でエエんやと。


(前の人にヒソヒソと)アノネ、スワッテホシイノ
って言うたらエエにゃ。
言っていることが正しければエエってもんじゃないにゃ




なんだかもこんなん相手にして疲れた~言うてたし、
ホンマ全お客にもやけれどもに迷惑かけずに内輪でうまく収めてほしいと思います。
今回本当に体感してわかったけれども、
自分が正しいと思って、座って等マイナス的な言動の大声で叫ぶちゅう行為は、
歌の世界に入り込んでいた気持ちを踏みにじるし、
歌い手さんだって気持ちが削がれてしまいます。


席のつくりからして、後列は傾斜があるから、
とんとんと前の人の肩を叩いてお願いして、前列の人がお座りになれば、全身は難しいにしても、ジュリーの顔は少し自分の体を傾けるなりしたら見えるはずです。

私たちでも前に大きな人がいて半分くらいしか見えないことだってあるんやもの。


その後は、話は自慢話交じりの、淫靡なバーからホテルにてちゃんとお願いしての流れで。
もうヤジ話の言及はなかったけれども、幾分かいつもより大袈裟に話すちゅうか、フリも大きくして笑いを取るちゅうか、気のせいかもしれへんけど、気を悪くしている人たちにちょっとでも和んでもらおうとする気持ちを感じたような気がしました。




印象に残った言葉などは

・人気なんて欲しくてももらえるものではない。偶然が偶然を呼んで偶然が偶然に思うことで得られるものとかなんとか??

・ファンの人は確たる信念があって応援していると思う


・ジブンは口パクで合わせられるような器用な人間ではない

(還暦ドームの時にから「口パクだろ?」と言われたらしいww)


・世の中では短気な人間だと言われ、ジブンでも短気だと思うけど、決めたことは10年待てる人間


・(この計画に向けての)布石を打つフリw

Cocolog_oekaki_2018_08_20_17_28


・淫靡なバーでおばちゃんから勧められるウイスキーをどんどこどんどこ飲むww


・カズさんからOKもらえて、天にも昇るような気持。これでやんちゃな音楽人生を送れると確信


・今度のカズさんと二人でやるにあたり、周囲の人たちにはどうするんだ?新しいメンバー集めるのとかといろいろ聞かれた(カズさんと二人でやることはナイショで)



・タイキさんが聞いてきて、カズさんと二人だけでやるとバラした時のタイキさんの反応ww
Cocolog_oekaki_2018_08_20_17_38




・他の友人にもバラしたら「お前大丈夫か?」と返され、なんでそう言われるのかわからんと



・これだとギターもよく聴こえるし、歌もよく聴こえる(客席が)。ジブンにはもっともっとアイデアがある。






こん時は思わなかったけど、
あとでホテルに帰って考えて、
フォーラム楽のあの時は、もう歌いたくないまでにココロが追い詰められて、
本当にしんどかったんだなあと。
だから、こういうなんか言うてる人以外の大多数の人々の心にまで向ける余裕がなかったんだなあとしみじみね。

今回の口調はね、怒っている、というよりも諭しているという感じで、
自分のココロが充実していれば、
こういう時、確かにしんどいだろうけど、他の人々を気遣って和ませることもできる余裕もある。

ああ、本当に今倖せなんだはと。
それが改めて嬉しく思うんやね




ワタクシ的にはせっかくの良席やったのに、
結局最後までどこかしらん心が晴れず、
上越が余計な言葉が発せられない、エエステージになるようにと思いながら終わりを迎えましたとさ。







翌朝から昼にかけて、
新潟市内を結構歩いて、
やっぱり市内は穏やかで、京都のように人種的にゴミゴミしてへんし



ああ、これは酒が製造されている途中の酒蔵見学もしたいし、お米屋お魚もよりおいしくなるであろう冬の時期にまた来たい!と強く思ったものです。


Bq0t5k9r

蓮池もキレイでした

| | コメント (0)

2018年8月10日 (金)

8月も半ば

さて、世間はお盆休みに入ってまいりましたが、
ワタクシは相変わらずお盆も関係ないということで
新潟を迎える日まで粛々と仕事をしようと思います

先日の北とぴあでは、大勢のレピーター(熱心なファンの方々)を前に
ご機嫌なやったようで

たま~にヘンになった時に饒舌になるちゅうね


台風ネタで風に立ち向かった挙句スカートがエアめくりあがったのを抑えるマネして見えたらどうしよう?とか魅せパンとか???


ホンマは描きたいんやけどw実際に見たわけではないので
立ち位置やとかスカート抑え具合やとかパンツの見え具合とか相違があってはなんやからね。


パンツは魅せてないにゃっ



後は、コアなファンの前ならではの心境を吐露的な
エエなあ~


LIVEの形式に関しては、もう好きなようになさったらエエよと思うワタクシですが、世間様の前に出るというか、露出の面に関しては、LIVEに足を運ばないと見ることができないし、言動を知る術もない。本人はそれでエエと思ってはるやろうけどね。。
コアなファンの方がみんなLIVEに足を運べる環境だったり健康状態だとは限らないんだけどなあと、そういう視点で考えると正直思うところはあります。



ツイッターで教えてもらいましたが、
このサイトにて、会場に入ったら流れている音楽のセトリが!

【連載】Vol.052「Mike's Boogie Station=音楽にいつも感謝!=」

https://www.barks.jp/news/?id=1000158595

1.Ma Geisha De France
2.Juliana
3.julie love
4.Fou De Toi
5.Seul Avec Ma Musique
6.tu as change
7.Attens - Moi
8.Izumi
9.elle
10.when the light went out
11.ロックン・ロール・チャイルド
12.in the city
13.メモリーズ
14.キャンディー
15.ウォーキング・イン・ザ・シティ
16.恋のジューク・ボックス
17.ゴー・スージー・ゴー
18.十代のロックン・ロール
19.傷心の日々
20.悪夢の銀行強盗
21.L.A.ウーマン
22.サタデイ・ナイト
23.マンデイ・モーニング


これはありがたいです
多分開場時間に合わせて最初にかける曲が違うんでしょうが、
最後は必ずこの「マンディ・モーニング」
「Fou De Toi」とか好きやから、いつもこのセトリやのうて、ミックスしてくれるとありがたいんやけどなあ

だったらはよ入れってw

| | コメント (2)

2018年8月 5日 (日)

OLD GUYS ROCK@びわ湖ホール

いつもびわ湖は、山越えたところやし、ちゅうことで直にホールへ行って帰ってくるだけやったけれども、時間もあるので、少しはどこか行かんと・・・ちゅうことで

いつかは行きたかった三井寺に。
ああ、こんなに境内広かったんですね

Cj1tybo8



で、浜大津から電車に乗ろうと思ったけれども、
酒屋さんに寄ったら、もうすでに浜大津越えとるし、
戻るよりも歩いた方が良さそうちゅうことで


もっとも暑い時間帯にやねえ・・・・12000歩orz

Llik2rnw


もうこの頃はフラフラですわ


N8h2dn7q


いつもなら地上に止まっていたトラックもなぜかなく、
長良川と両日見れなかったのは残念やったなあ。


館内でペットボトル飲料買おうと思って受付に聞いたけれども、なんとないだすと!
こういうホールも珍しいと思うんやけど・・・
しゃーないので道路渡ったところの自販機で購入。

4xh0b1e2




書いた通りフラフラやったということと、
席が隣の人がドセンターというくらいのセンターやったので、
早めに座りましたわ


自分の席からはほぼ満入っている風に見えたんですがね、
全体的にところどころ空席があったようです。


それでもはじまれば、
全然地方ぽくなく、後ろの方までほぼ立ち上がってますし
初演から約一カ月、
いろんな想いはそりゃあるやろうけれども、
なんだかみんな割り切って、
この空間を楽しもうと、盛り上げようという気持ちが満ちていたように思います。


は連日の暑さにさすがに参っているのか、
2曲終わっていつも以上に息絶え絶えなご様子・・・
でも不思議なのは、あんな衣装来ていたら、もう汗ダラダラのそれこそグショグショなハズなんやけど、そこまでな印象がないんやね。
全国の着ぐるみマスコットがどんな対策を取っているのかわからへんけど、
そんなのを参考にして密かに涼をとってるのかしらん
(内側に扇風機つけるとか(*´罒‘*)



最初の挨拶では、カズさん呼ぶ時に

今や唯一の友
ステージ上での友



という表現でw


唯一の友ていうのも極端やし、
ステージ上での友て限定されても、じゃあ終わればもう友ちゃうの?
とも思ってしまうし


ああ、そうか。いろいろと疑惑があるから、
それを交際をすっぱぬかれてとりあえず否定したいんやね。
ボクとカズは付きおうてません! て( *´艸`)



考えすぎにゃ




ステージごとに、もちろん二人が見つめ合うことは皆無やけれどもw
無音の時間が短くなってきた感じで
テンポよくなってきたかなあ。


で、暑さとお歳のせいもあるけれども、
例えばISONOMIAでカズさんのソロを忘れて歌い出そうとしたり、
間奏をすべて待たずして歌い出そうとしたり、
例えばRRMで2番の歌詞を一番で歌ったりなどの頻度が増えましたが


カズさんが見事にカバーしてくれて、ちゃんと合わせてね、
コーラスまで一緒に間違ってくれているちゅううw




長野以来、長良川びわ湖と見て
はっきりと変わっていたのが、新曲終わった後にが即座に手拍子して煽ること。

長良川では、すっかりセトリ次なんやったっけ?と忘れている忘却のやったからw
とりあえず合わせて手拍子していると、
ああ、A・C・Bやったか。

あっ、リズムちゃうやんと自主的に修正しましたがなw


もカズさんのギター鳴りだしたら正確なリズムの手拍子になるんやけど、
最初から半拍待って~の手拍子は難しいんやろかw



これと、マンジャーレは最大に盛り上がるところやけれども、
こう聞くたびに、
ジュリーの想いというのがね、強く感じられるようになってね。
いや、勝手にやけれども。

どこでだったっけ、今回のセトリは数年前からずっと考えていたんだと。
考えていないと忘れちゃうから、って。

自分の主義主張も歌いたい、
一方で、歌を通じてみんなと一体になれる歌も歌いたい。
だったらにゃにが一番エエかなあと頭の中で考えてたんやろうなあ。


マンジャーレなんかその最たるもので、
彼の中でこれが一番ピッタシやったんやろなあ。
世間的にメジャーとかそんなの関係なく、
だから、最初からみんなに歌ってもらいすにゃ、と、ダダダダダダダーダダと歌い出せにゃ!そらいけーと煽りw

あれ、最初からお互い指さしするでしょ。
で、
僕には自慢の君がいる

僕には女神の君がいる


とまた強く指をさし合う



考えに考えてこの曲や!と選んだことを考えながら、
また互いに生きてきたジブンとファンの皆さんのがここで通じ合える感謝、
考えすぎかもしれへんけど、
そんなことを考えながら、指さし合っていると、感慨深くってね



普通なら、ヒット曲のノリのエエ奴で盛り上がればベストやと思うけれども、
そうじゃないのがであって、
それがらしいと思って、ウンウンと思ってしまうのが、
ファンなんかもしれへんなあ。





本編が終わり、
いつもどおり長めのお着替えタイム
振り返ってみれば、少しいつもより長いかなくらいやったけれども、
ああ、ワタクシは
やはりお疲れのせいかちとバテ気味
手拍子もせず、どっかりと座ってやねえ(コラコラ

正直新曲の間は座りたかったんやけど、
そういう時に限って皆さんお元気に立ちはるのね





が登場してしょっぱな


ボタンが止まらなかったにゃクリーニングしたてだからにゃ(言い訳)

これも一回落ちたにゃ(スポーランて言うらしい、あの前につけてるポシェット状のやつ)
大騒ぎだったにゃ

3_tw_2


いろいろアイテムがありますが、手抜き省略ww




覚悟は決めてるにゃ。70になったらにゃんでも平気にゃ!



で、ジブンからこういう場で喋るのがあまり関西弁でないことに言及し

違和感はにゃいかにゃ?
ま、エエにゃ



と・・・エエエエと悲しむワタクシ

やっぱり横浜暮らしが長いさかい、
どうしてもそうなっちゃうんかなあ?
そんなもんなんかなあ???


で、代わりというつもりやったのか、

まいど!(おいど)は2回やってくれましたので、
これだけは未来永劫やり続けるものやと思われますww




MCでは、私がちょっと疑問に思っていたこと、
そもそも、
そもそも、
なんでカズさんと一緒にやりたいと思ったことの根本ちゅうのか、
それを喋ってくれたのが嬉しかったなあ。


つまりやねえ、
今まで行ったトコロのMCも総合して書き留めておくと、
(ワタクシの妄想部分も入っておりますのであしからず


50代になって、60・還暦というのが見えてきて、
60というのはジ様やから、
もう60になったらあとは自分の好きなようにやっていこう。
じゃあそれなら、人がやってないようなことをやりたいなあ。
自分はそもそもギターが好きだしなあ、
ギターでもエレキギターが好きだしなあ。
大好きなギタリストと二人だけで全国回れたら最高!


そもそも、カズさんがボクに事あることにいろんなヒントをくれたんやね。

これまでキーボードなしでやるとか、
ベースなしやとか、いろいろやってきて、
確かベースがない時だったかなあ、もう忘れてしもたけど

カズさんがある曲を全部ひとりでやってくれたことがあって、

こんなことできるんだにゃあ、この人


こんなことやろうって思うんだにゃあ



って、感心して
そういうことがいくつかあってボクは恋に堕ちた



還暦前はなかなか告る機会がなくって、
それと、最後の花火のつもりでドームでやったら世間的にはどうでなくても、
ジブンにとっては意外な人気が出てしまって、ますます言いそびれ、そもそも二人でやる機会も延期せざるを得ず・・・

いつ告ろうか
いつ告ろうか・・・
そんな中、ちょうど岡山でLIVEがあった後、食事をして、飲めないカズさんがバーにまで付いてきてくれたビッグチャンスがあった。


ジブンもウイスキーを飲みながら、
スタッフ二人で盛り上がってるし、
カズさんを連れ出せるチャーンス!!
お酒の力も借りてwここで告らなければいつ告るんや(*´Д`*)
そして思い切って


(ドキドキ近い将来、カズさんと二人だけでやりたいと思ってるにゃ。
考えといてくれにゃ



と伏線を張ることに成功



この時のね、カズさんの反応ちゅうのが、どうやったんやろね。
そのことに触れたことないから、カズさんはウーロン茶傍らにただ黙ってうなずいておられただけなんかなあ?


カズさんもね、多分そん時から頭の片隅にあって、
ツアーをこなしながら、他メンバーがいなくなった時の自分のやり様というものをイメージしておられたんやないかなあ。


で、3年ほど前くらいに、福岡のホテルで正式に呼び出され、
の言うとおり、家族ともちゃんと相談しないとアカンし、
即答してもよかったんやけど、
一応ご家族ともお話し合いを持たれたんやと思う。


数日後YES
の返事をもらっての喜びたるや・・・


言葉では言い表せないくらい嬉しかったにゃ


どの会場でもやけれども、
この時のの表情がね、もう嬉しさに満ち溢れていてね。
見るたんび、
ああ、本当にうれしかったんやねと。




そこからは、結婚前の奥さんが、
家を建てることが決まって、
ま、家建てんでもエエんやけどw住むところが決まって
どんな間取りにしようか、どんな照明にしようか、どんな壁紙にしようか、どんな家具を置こうか、いろんなことを考えてウキウキする図ねw

それに近い感じで散歩しながら(*´罒‘*)ニヒヒ☆としているを想像してしまうやないのwww



ドキッ



やっぱり・・・


これマジでよっぽどやと思う実証が
請求書付インフォに「なんだか楽しそうです」ってあったやん、
もうこれに裏付けられていて、
事務所のスタッフの目からも、
今までにないルンルンな様子に見て取れたということやからねww



MCの最後にも言うてはったけれども、

温かい目で
なが~い目で見ていただきたい


ワタクシの妄想も半ば含んだw経緯を思うと、
そう思わざるをえないなあと改めて思った次第でありんす。



| | コメント (0)

2018年8月 4日 (土)

OLD GUYS ROCK@長良川国際会議場

人生初の岐阜に降り立ちw
そうや、ここは信長さんの故郷やったんやと(今更かいっ

Tk0njeis


すでに気温は39度くらい??
めでたく名古屋は40度になっておりましたが


この時はね、どこからか風が吹いていて、
意外と暑くないじゃんと余裕をぶっこいておりましたが、



ところが奥さんっ

Krc4c4o8

こんな撮ったり、ここ含め岐阜公園なぞ歩いているうちに、
やっぱりアカンわああああ


久しぶりにこんな長時間炎天下の中歩きましたしw
本当に、外でお仕事をされておられる方には頭が下がります・・・





ここもエエホールだと聞いておりましたので、
入る前に周囲を一周
さすが造りは独特っすね

Dxhmrz70

赤トラも地下に置けるようになっているのか、
まったく姿を見ることはありませんでした。


9u95i5iz

西日がキツイww





O2hjo9_


中は外より涼しかったのですが、皆さん考えることは同じw
人がいる分、涼しいとまでは



長野からそんなにたってへんのですがね、
なんだか見に行くのが久しぶりという感覚でしたよ。
せやから、びわ湖から新潟までのお盆の期間がオソロシイのでありんす



会場内は前列から段差があるので、
本当に見やすく、ジュリーもカズさんもほぼ常に全身を拝みながら観ることができました。
スピーカーがわりと近かったんやけど、
音響がエエのか?調整なのか?ワタクシの耳が慣れたのか?
ギターの音での声がかき消される感というのもなかったですし、



出てきたは、ワタクシ好みの
前髪の量が多くなっていたっちゅうか、
Cocolog_oekaki_2018_08_04_11_33


こんな感じで(なんちゅう絵ww
眉毛は丸見えなんやけど
毛先が横に流れている感じやな



ステージも見るたびにリズム感が増してきたような気がしますしね。
静寂の時間が短いちゅうか。

デリケイトの前は長野以来定番(ネタ)にしてもたのか、
暗転の中、ワッハッハと笑い顔をしてデリケイトを迎えるちゅうw
あれ、初めて見た人「何かオモロイことあったん??」って思われるやろけど、
長野で思わずウけたさかい、その延長をやっているだけやと思われ




ごあいさつMCでは、暑すぎて眠くなった人はいないかにゃ?とか言うてたなあ。
暑いと体力奪われるからね






で、本編MCでは
地元の(岐阜の)NHKを見ていたら、
名古屋で40度だの、昨日は多治見で40度とか
高温注意情報が出てますと。



で、なんでか知らんけど


ワタシなんか平温が34℃台にゃ(!!!)
半分死んでるのかにゃ?
風呂上がりに測るといつもそうにゃ
カラダがどうなっているのかにゃ?


肉体の神秘にゃ



で、無性に描きたくなりw
寝る間際に描きましたとさ。


やっぱり風呂上りちゅうことはパンツは履いているにせよ
ハダカで測るやろ((w´ω`w))


て、なんで風呂上りに測るの???

Photo




MCは今まで聞いたことばかりやったけれども、
結果的にそれが長くって、これまでのいつもよりは5分以上は遅く終わったような気がします


2着目については、
特に片足上げもクルッと魅せ回りもすることなく、
若干・・・若干やけどもソックスが長くなって膝小僧の露出が少なめにorz

RRMでクルッとするにしてもその時だけなぜか後ろに下がってあまりスカートが開かんようたどたどしく回ってるし



なんでやああ・・・



オマエらがのぞいて見るからにゃっ



最後の砦を護ってえええ

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »