« 今日は結城 | トップページ | OLD GUYS ROCK@本多の森ホール »

2018年7月24日 (火)

OLD GUYS ROCK@長野市芸術館

金沢と前後いたしますが、
記憶の新しいほうということで。


長野は以前から行きたいと思っていて、
場内の造りが木を多様してあって温かい雰囲気で、きっとcatも好きだろうと。


それとここには高校の修学旅行以来で、
上の先輩たちがそれまで九州やったんですが、
ジブンたちの代からなぜか志賀高原のスキーに変更になってしまい、
運動音痴のワタクシはとっても嫌やったんですよcoldsweats01
だってほぼ日中はスキーばかりなわけですから。。

しかも行ったのが95年の1月の末。
兵庫県ですよ、
もう神戸とかまだまだひっくり返っているいる時に、旅行なんか行ってもいいのか?という気持ちがありましたしね。。


そんなジブンが唯一楽しみにしていたのが、
この善光寺でして、
健さんがずっと善光寺詣りされておられたのになぜか憧れw
来れたんだ!という感慨があったかどうか記憶がございませんがcoldsweats01




来た当時は後は長野から団体列車に乗って帰るだけという
最後の行程の夜に(だったと思う・・・

Aeygvkz4


Ggnxrr2x


あの時からは多少はオトナになっとりますからw
じっくりゆっくりと参拝させていただきました。




長野も暑かったですが、
やっぱり湿度がちゃうんですよね。
なので善光寺にいる頃は、
適度に風が吹いて暑さが気になりませんでしたわ。
京都がやはり異常ちゅうことで><





そして、一度ホテルにチェックインして、徒歩5分ちょいくらいで会場に

Korejafz


この写真の前の道が大変渋滞しておりまして、
車で来られた方は無事に駐車場に止めて観ることができたんでしょうかcoldsweats01



9gkqpemi


ちゃんとした看板ちゅうかですか、見つけられなかったんですが?
中に入ると県知事選の投票会場でもあって、もう半ばカオス状態ww
途中で「ご自由にお持ちください」と選挙広告が入ったウチワやティッシュが置いてあったんやけど、
明らかにLIVE観に来た目的の人たちがわさわさ取ってやねえ・・・エエのかcoldsweats01


中に入ると、前のほうからわりと傾斜のある見やすそうな会場でした。
本多もそうやけどね。



さて今回は、
3列目だと思っていたのに、実は2列目やったという
サイドブロックにあるパターンのところで、
もうワタクシにとりましては6公演目にして初めて双眼鏡を使わずにすむお席をいただき、開演前から楽しみと緊張が降り交じってたんやけど、
きっと後ろで観るよりも

カワユイんやろうなあ、

萌えるやろおなあ。。(*´ω`*)


とか、そこんとこを主に期待(コラコラw

しとったんやけど



ところが奥さんっcatflair




結果からいうと、
公演中、ワタクシが
カワユイ!と思った感情ってほぼなくって


代わりに
カッコエエ!!だけでは表現しきれないほどの、
超然たる超人がそこにいて、
その人が歌うたんびに、
もうジブンの中に湧き上がる感情が抑えきれんようになって
涙がボロボロこぼれまくるちゅうcrying展開に・・・

ジブン前方席でこんな涙が出て止まらへんちゅうことなくって、
前のほうやからむしろ圧pouchで涙腺引っこむことがほとんどやったんやけどもw


これまでの後方席でも、楽しんで、納得しながら歌われておられるなあという感じは見受けられましたけれども、やっぱり肌の艶までがハッキリ見える位の前方席やとその放つ想いというのが一層のこと強くなっているようで。



もうわかるのよ。
「これでいいんだ。これが本当に自分がやりたかったんだことなんだ」

という気持ちが歌いながらビシバシとね


それがもう強烈に心に響くわけですよ。
70まで、今日のこの時まで力強く歌っておられる姿を目にして
もう何も言えないやないですか。。


武道館の初日を見て、
岡山もギターの音が結構大きかったので、
これを続けていかれるのはどんなもんか?と正直思いましたし、
これまでの終演後のワタクシの周囲の反応も決して良いものではありませんでした。


でも、そんなマイナスな気持ちは吹っ飛びましたね。
長野を境に自分の見方がはっきりした。
ああ、これが分岐点だなあと。
ちゃんと今のジュリーを受け止めて観させていただこうと。


伊勢崎にて「たとえ来年お客さんが半分になったとしても、この方が自分の歌の力が表現できる」という御言葉があったと目にしました。
もうわかっとるんですよジュリーは。覚悟の上なんですよ。

自分の歌声が芯から客席に届く術はこの方法が一番だと。
余分な音はいらない。
ただ、自分が若い頃から慣れ親しんだ一番好きな楽器。ギターだけは残したい。
そしてそのギターを、自分が一番好きな人が弾いてくれたらどれだけ幸せだろうと。。


そして、その一番好きな人が快諾してくれて、喜び溢れて
これで楽しい余生を過ごすことができる。70にもなってこれだけ元気で歌っていられる、

「幸せです!」
と最初の挨拶にて一段と大きく言葉にされたジュリー


歌声を聴きながら、頭の片隅ではこんなことを思いながら、思い正しながら、
愛おしさも増して、

そして楽しい旅行もさせてもらって、新しく経験と感動を得させてもらいながら、感謝感謝で
そんな積み重ねで、またこう書きながらウルウルしてしもてるんやけどweep



私にとって、一番好きやheart01と思っている人が、
日々を「幸せだなあ」と思いながら暮らしておられることが一番の幸せですし、
この10年、決してこういうシアワセな気持ちの中で歌っておられない時も見てきた分、
ああ、よかったんやと。




まずは感情のままに。
ご批判もあるでしょうが、
人思うことはそれぞれやから、ね。

ここからは裸眼で見た肉体の話w
やはり近くで生顏はじっくりみたいものww


ワタクシ10年ちょいLIVEでcatを見続けて
還暦くらい、
いや下手したら還暦よりもシュッとしてはるかもしれへんよsweat02


カーネルがホンマ最低限カーネルぽくある状態でしかないから(なんやそれw)
頬からアゴのラインがよくわかるのよ。
あのアゴのラインは
ホンマ大袈裟やのうて、さすがに70年代catはちと無理あるけれども、
80年代後半くらいと劣らないんやないかと。


せやから今考えるとカーネルを無造作にやたら伸ばしていた時があったけども、
pouch隠しちゅう意図もあったんかなあとcoldsweats01
あとは、その時のスカッといない心境だとか、
そんな気持ちの表れやったんちゃうかなあとか、
どうでもエエことを考えてしまうわけですvirgotyphoon

顏の艶も相変わらずよくって、肌も老化してる気wが感じられず、
目とその周りだけやなあ。お歳だなあと感じる部分は。



カラダはね
もう今回は近い席だったら
一着目、遠山の金さんをした後ww
けっこう下までシャツが開いているのが分かるから、それなりによー見えるんやけどlovely


shadow互い違いにかかっている紐がジャマ




ちゅうことでw

ばっちりガードされとりますsad



ま、2着目は
自らクルクルお回りになられるのでw
見えるひとは見えるでしょうww
残念ながら視覚的に1列目の人のカラダと重なってしもてかろうじて太もも裏15cmくらいは見えたかなあ中程度やったけれども


もっとクルクルしてもエエんやで(*´Д`*)



catwrenchvirgo



あと、70にもなってこんな格好して的な流れで、
金沢も長野も両方やったんやけど、
ひょいと左片足を曲げ上げてheart01


これもこれも自身がカワユイheart01と思ってる証拠やね

(あっ、さすがにワタクシもコレはカワエエと思ったなw)




catはまだまだ伸びしろがある言うてたけれども、
カズさんとの息も合ってて
(ま、はじめから合ってたと思うがw)
歌はちょいグタグタ気味やったんやけど、catが早く入ってしまったトコロには上手く入ってあげたり、
逆にどこか忘れたけど、カズさん音が??という珍しいシーンがあり、
そこはcat対応できなくてちょっと遅れそうになったりww



慣れゆえなのか、
こっちからすればまったく残念になってしもたのが、
確認した限りではステージ上では一度も目を合わすちゅうことがなくなってもたことsad

お互いがお互いを見ているというのもほぼないし、

そら、照れくさいのは分かるけど、
やっぱりここまでくれば魅せつけた方が・・・catheart02chick


しいて言えば「柴山和彦さん」を紹介するところとか、

RRMで最後カズさんのギターソロで終わるんやけど、
その姿をcatが体ごと左向いてずっと聴き立ってることが。



そうそう、最初のダンディで、ペットボトルキャッチ失敗してボトッと落としてもたんやけど、
その反省なのかw曲終わりと同時の最後の水吹きが水下にダラーっとタレ流すバージョンにしてはって、
そんなことしたもんやから、いつもとは違うヒダヒダつけて前部が立体的になっとるさかい、そのヒダヒダに水が思いっ切りかかってしもた模様ww

後ろいってタオルでそのヒダヒダを思いっ切り拭いたもんやさかい、客席大爆笑ww
で、それにつられたのかcatも立ち位置に戻って笑いがこみ上げてきた様子ww



客席も最初からノリがよくって、
んな後ろをグルッと振り返ることはできへんかったんやけども、
おそらくワタクシが行った地方会場4公演の中で一番立って盛り上げている率が高かったハズ。




MCは、ちょっとずつ各地で淫靡なバーについていろんな情報を小出しにしてる感じとw
金沢からは50周年みたく

cat何を話しても自慢話にゃ


発言がはじまったなあみたいなw



で、結局構想した後、すぐにカズさんに淫靡なバーで告ったんやなくて、
還暦があった後に告った感じなのか???

もうこのあたりの時期が各地で差があって、結局いつ告ったのかわからんちゅうtyphoon
長野に関しては、還暦の後人気が出てもて、しばらく様子みよう、ちゅう中で、
岡山で告った流れになってたかなあ。

淫靡なバーはその前にスタッフ数人とカズさんとどこかで食事をした後に入ったみたいで、

なんで淫靡なバーだったのかという所以を


catマスターがマスターじゃなく女だったにゃ。
メスター???シスター???それだと修道女になってしまうにゃあ


とかなんとか、
ワタクシが受けたニュアンスではオカマ??って思ってしもたけど
でも金沢ではオバチャンがカウンターの中に居たになってたしなあ。
よーわからんわcoldsweats01


あと、やたらとウイスキーの原酒が並べてあってそれに番号がふってあって、たくさん勧められると。いくら強くてもそんな呑めれへんし、全部水割りでって何みたいなw



そんな中、酒の力を借りてやねえww、告るわけさ。catheart02chick


catカズさんは飲めないからにゃ、ずっとウーロン茶にゃ



で、福岡のホテルで正式に告って。


あまり(寿命的に)先がないから、家族の人ともよく相談して、返事はどちらでもいいから自由ですからとかcoldsweats01


そして一週間もたたないうちにカズさんからOKをもらってこれで将来は順風満帆!
めでたしめでたしちゅうねw



人生の終活に入っているけれども、それで大人しくしてるつもりはなくって、まだまだやんちゃを続けていきたいというcatホンマ頼もしいことです。





最後の2曲も終え、MCがほんの数分他より長かったかなあという印象。

ワタクシも感情的になって涙涙やったけれども、
目が合ったかなあという時もあったし、目の前で歌ってくれたこともあって眼福眼福heart04



何よりもこういう時に、お客さんがノリがよくって、
ジュリーも嬉しそうだったなあ。
それが如実に現れたのが、最後の本当の去り際。
これまでは袖で軽く立ち止まってすぐに引っこむ感じやったけれども
しっかり客席を向いて帽子を手にしながら両腕あげてフリフリとしばらく・・・

うわあ、エエ客席やって思って下さった証拠やねweep
ありがとう、長野の皆様!




書き出しはなんだか感情的になってしもたけれども、
こんな感じで記録させてもらおうと思います。





33cywu_


武道館でも人が撮っているのをみてやっと撮れたけど、
これだけキチッとしたもの作っていたら、ツアー途中での曲変ってないんかなあ。。

|

« 今日は結城 | トップページ | OLD GUYS ROCK@本多の森ホール »

Live report」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます
長野地元の私が10列頂き3列wobblyですか・・・
私は武道館以来の参加でしたが、なんとNasiaさんとまったく同じ感情を受け思わずコメントさせて頂きます

新曲の時双眼鏡でガン見してジュリーのかっこよさに衝撃鳥肌たちしばらく放心状態でした。かなりお顔シュッされ10歳くらい若返った印象・・・
ピエロの衣装が片袖ぬいだ時からサムライバージョンに見えてくるんですよ また二人のバックが真っ黒の時独特の世界があらわれるんだよね

正直武道館では複雑な気持ちで帰路につきましたが、昨日のステージでジュリーのやりたかったのはこれだったのかとなっとく、感動しました。
昨日長野芸術館内で聞きたくもない言葉も耳にしましたが
そんな言葉も不安も帰り道では無になっていました

ステージ去り際のジュリーの行動私も気になり、盛り上がったお礼にもみえましたが、反面もう長野も来納めなのか?とゆう気持ちなのかなぁ・・とも取れドキッとしました。

今回のツァーは一般の方が、一公演だけでは無くせめてもう一回経験してもらえたら・・・と思いながらおそらくジュリーを迎えにきていたタクシーに心引かれながらかえりました。
そうですか来年半分になっても発言あったんですね・・・

男ですねぇ 誇らしいです
長々すみませんbearing

投稿: あおかな | 2018年7月24日 (火) 21時36分

あおかなさん

ご丁寧なコメントありがとうございます。
配席につきましては、私も京都なのに最近は後ろばかり、遠征の方々が前に居られるというのはしょっ中ですから大目に見ていただきましたら幸いですcoldsweats01

長野はLIVEでは初めて来させていただきましたが、想像以上に盛り上がっていたので驚きました! なのでジュリーも嬉しかったんやないかと思います。
あそこはきっとジュリーも全体的に木の造りで好きな会館だと思いますし、またお越しになられると思いますよhappy01


多分これが私の中で後々ずっと、この長野を境にどこかしらもやもやしていた気持ちがふっきれたLIVEだったなあと思える日であると、そう思っています。

投稿: Nasia | 2018年7月24日 (火) 22時38分

いつもは拝見しております。素敵なコンレポありがとうございます。
今回のツアーは回数を重ねて拝見するほどに感動が増幅してきます。昨年のような華やかさ シングル曲が少なく楽しく感じない方もいらっしゃるようですが。。 参加するほどに 歌に真摯に向き合う姿 歌唱 音 に思い知らされます。
これがやりたかった事なんだ。武道館で なんかなあ~ と感じた自分が恥ずかしく感じるくらいです。
でも 何でピエロの衣装なのかは何度見ても不思議です。


投稿: くーたん | 2018年7月24日 (火) 23時25分

Nasiaさん、こんにちは。

レポを読んで胸がいっぱいになりました。
Nasiaさんは長野でジュリーの気持ちに寄り添えたのですね。
羨ましいです。私は武道館と城ホールと参加しました。
初日は寂しい気持ちと不安な気持ちが入り混じった複雑な感情でした。

ギターの音に圧倒されて肝心な歌声が入ってこない時もあったし…。城ホールの時は初日ほどではないにしろ、やはり中々複雑な気持ちは払拭できておりませんでした。

こういう感情というものはファン歴の長さなど関係ないものなのですね。所々で頭ごなしの否定的な感想などを見聞きしてると、ほんとうに悲しくなるときがあります。
ファン歴の長い方だったらジュリーの性格もよくわかってるのでは?と思ったりもしてます。やはり音楽的なことが絡むと違ってくるのでしょうか。
私も今はまだ、ライブに浸りきってはできてないので
素直な気持ちで心を無にしてこれからのライブ、参加したいと思ってます。
そしてジュリーの想いに一歩でも近つけたら嬉しいです。

Nasiaさんのレポを読んでると本当にジュリーの気持ちは
その通りなんだろうなあと思えてくるから不思議です。
実際そうなんだと確信してます(笑)

投稿: れいこ | 2018年7月25日 (水) 03時28分

くーたんさん

今日、東金にてジュリーのお世話になった方々(加瀬さんやかまやつさんや井上さんなど)も来られていると、カズさんがいる逆方向のステージを指して言われたそうです。ああ、そうなんだ。この空間はそのお世話になった方々のために設けていたんだと合点がいきました。
私はこういったことは信じる人間なので、次回からジュリーの歌やカズさんのギターのみならず、彼らの魂も感じて臨めたらいいなあと思っています。

私もあの衣装を見た時点できっとこれは暑いと苦情を言いそうなのに、なぜOKを出したのかまったくわかりませんcoldsweats01

投稿: Nasia | 2018年7月25日 (水) 21時22分

れいこさん

あと数公演見ないとハッキリとは言えないのですが、岡山以降はギターの音もうまく調節しているような気も致します。長野も結構スピーカー近かったですが、ジュリーの歌もカズさんのギターもバランスよく聴こえましたし。

人それぞれ見る姿勢も違いますしね、何を求めているかでも違ってきます。これまでLIVEを通して音楽に乗ってカラダ動かして日頃のなんじゃらを発奮してきた人には消化不良でしょうし、当然マイナスな評価になります。またこれまでと同様、ほかの楽器も織り交ぜてというのが金額的なことも含めLIVEだろうと思う方もいらっしゃると思います。

私も本当はギターの音はあまり好きではないのですがcoldsweats01、もうジュリーの歌っている姿を近くで見させてもらって何も言えないと思いましたし、ストンとこのステージを受け止められた長野公演でした。

あまりにも極端な今回の展開でしたので、すぐにはなかなか難しいのかもしれませんが、融通利く範囲でファンの皆さん温かい目でこれからもジュリーを見届けてもらえたらいいなあと思っています。

投稿: Nasia | 2018年7月25日 (水) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は結城 | トップページ | OLD GUYS ROCK@本多の森ホール »