« OLD GUYS ROCK | トップページ | やっと »

2018年3月 2日 (金)

屋久島について語る

2003年3月2日から15年たったということで(偶然w)

当日のABCラジオ
catのそんなんこんなん」にて屋久島について語っておられます。
音源を贈って下さった方がおられましたので、
ご存知でない方は
今度の「屋久島MAY」を聴くにあたっての参考にどうぞ~
屋久島5月ちゅうことで、語っている内容のGW屋久島旅行時の感慨を歌にされたのでしょう。

おはようございますcatです。

catのそんなんこんなん」今週も30分間ボクcatにおつきあいください。

さて、3月になって春がそこまで来ているという感じになってですね
いや、また寒くなるかもしれませんがやsweat01
暖かくなってくるとですねやはり外に出かけてみたくなりますなあ。
花を愛でにいくとか。桃の花・・・ウーン桜にはちょっと早い・・
今月の後半には21・22・23日と3連休もございます。
学生の方にはこれから春休みもございます。
旅行などの計画を立ててる方も多いのではないでしょうか?
もちろん海外旅行もよろしいけれども、日本国内にもいいところがたくさんございますよhappy01

はい。今日は温泉ではございません。温泉もありますけど
そんないろんなある中でですよ、
この春、ボクがおススメしたいのが、ちょっとやそっとでは行けない
遠いよ~

「屋久島」

世界遺産になっている屋久島ですよ。
もう大変ですけどねえ。う~ん
ちょっと高くつきますけどねえ
屋久島をおススメします。

というわけで今日は屋久島についていろいろお話してみたいと思います。

それでは「catのそんなんこんなん」
今週もぼちぼち参りましょう!

まずは一曲。
「おまえがパラダイスnote



1008ABCラジオでお送りしている
catのそんなんこんなん」
屋久島でございますけどねえ
「どこにあるの?」
という方も多いんじゃないでしょうか?
屋久島の概略について簡単に説明しましょう。

屋久島は九州の南約60キロの所にある都道府県でいうと鹿児島県に属している
鹿児島から飛行機で約40分、フェリーで3時間45分、高速艇だと2時間半程度。
私が行ったのは飛行機
40分と3時間45分ならそら40分を選びたいなあ。みたいなねえcoldsweats01

暖かい黒潮に囲まれた島に標高2千メートル近い山が連なるという自然条件のため、
亜熱帯から亜寒帯までのすべての気候があり、
豊かな自然に恵まれている。
1993年に世界遺産に指定された。
地元に美味しい焼酎がある。

ねえ・・・大事なことですよ。ウフフheart01
(さすがcatww)


ボクが屋久島に旅行したのはですね2001年。おととしの
5月のGWに
もうなんでそんな屋久島に一番人が集まる時
旅館なんかね、旅館いうても民宿ですけどね、お願いした時もね
「切符は取れてるんですか?飛行機のチケットは取れてるんですか?
お船でいらっしゃるんならお船の切符は取れてるんですか?」

何しろこのGWという時は屋久島に一年間で一番たくさんの人が集まるって言われるぐらいやったんですよ。

私も意地になりましたからcatspa
もうJTBの人使ってね。ヘヘヘヘwww
もう1月から「切符とれ切符とれ」言うて

shadowsweat02いや沢田さん、そんなことおっしゃっても1月からは5月のやつは取れないんですよ
catannoy何言うてるねん、おまえら業界に絶対なんかルートがあるハズや

なんとか言いながらねwww

(ソレ脅しやしww)

もう忘れないうちにどんどんどんどんあと3カ月とか2カ月とか言い続けてやね
catannoyまだ取れないの?まだ取れないの?
とか言いながら
取れたんですよticket

そしたらさすがJTBですよ。
ましてね私たちの場合は東京組が7、8人。で、鹿児島の友人たちが5、6人やから全部で15、6人やったんですから。
(計算がおかしいしww)

で、それでもう大変なの。
鹿児島から飛行機で。飛行機のほうがいいでしょうと。
船だと3時間いくらかかかるんやから。
で、それで行きまして
その15、6人だというこの人数はね、またいい面もあるんですよ。
チケット取るのは大変なんやけど、民宿なんかね貸切状態になるわけやね。
だからお風呂なんかもう使いっぱなしですよヘッヘッヘッヘッみたいなね。
(なんのヘッヘッヘッヘッやねんww)


そんなこともあってね、2泊3日で行ったんですけどねえ・・・はいなぁ
もう鹿児島の友達がね、コンサートとかで行くたびに
「屋久島今度行きましょう。屋久島今度行きましょう」と
ボーイスカウトの子供たちを連れて行ってる友達もいたりね。
そういう友達が多いもんだから、
「絶対行っておかないと本当にいい所です」
って言われ続けて10年間や。

「よし。もう来年は行こう!」
ということで2000年の時に宣言してやね
ほいで「さあ行くぞ」ということで準備にかかったわけですけど
だからもうホントに1年がかりで準備・・言うなれば10年がかりで準備しているわけですよww
ですから、大変だったには大変だったんですけどね。
でもまあまた来てる人がねえ善男善女って言うんですかねえ、
またね、あの島はねえもう「GOOD SOUL」が集まってるのよ。
分かる?
「エエ気」がw
気のエエやつがもうグッと集まってる島なのよ。

ですからね、なんかねそら大変なのよ。
大変なんだけどこら行った甲斐があるというのは確かに行ってみて分かりました。

そんなわけで屋久島でどんな所に行ったのか、はたまたどんなものを食べたのかについては曲の後にじっくりお話ししましょう。
それではお聴きください。

「失われた楽園note

「失われた楽園」聴いていただきました。

さて、花粉症の人はわざわざ杉がいっぱいある屋久島に行くのか?っていう話ですけどね、
いやここはね、花粉症の私が行って全然大丈夫だったですよ。
もちろん5月といったら一峠過ぎてるのかもしれませんけどね、
ほいでね、私が体験した屋久島の魅力についてお話してみようと思うんですけども
屋久島で有名なもの
「縄文杉」ですよ。
ボクがなんで行きたかったか、もう樹齢が7200年ちゅうね・・
あ、思わずマイクkaraokeを殴ってしまいましたけどもww

あの、その縄文杉ちゅうのを見に行くためにですよ行ったわけですねえ。
でもそこまで行くのに何時間かかると思います?
それこそ時間でいうとね朝4時頃起床ですよ。
でまあ小1時間で用意してご飯食べて。ご飯食べていったほうがいいと。
でおにぎり作ってもらっておにぎり持ってね。
人それぞれ、自分の物は自分で持つということでね。
人のなんか持ったら重たいがな。
ほいで出かけるでしょ。タクシー乗って荒川口というところまで行くわけですよ。
で、そこから歩き始めてトロッコ道を行く。
何時間かかったと思います?
もう中学生の子供たちなんかさっさかさっさか行っとんのやけど、上で待っててね「寒い寒い」言うててね待ってましたけどね。
ボクなんかもうゆっくり行ってですよひちじかん以上かかってるの。ひちじかん以上
エエッ?!もう昼過ぎてたもの。

でちょうど荒川口ちゅうところから歩きだしてトロッコ道を歩きだしてですね、
それが6時すぎですよ朝のね。
だからもうすごい時間かかってるわけ。
でもう上では「これが杉なんだxmas7200年・・参ったなあ・・」と思いながら
思わずそういうところへ行くと私ボレロを踊りたくなるんですね。
ターンタカタカタカタンタカタンというやつをね。ジョルジュ・ドン並にね。
ジョルジュ・ドン並にって全然違うんですけどww踊ってみましたけどね。
(ワタクシてっきり「ボレロ」という舞踊の一種かと思ってましたが、正確に言うとバレエ音楽の「ボレロ」に合わせて踊りたくなる。ということなんやねcoldsweats01

その縄文杉を見に、その道中がまた大変なんですよsweat01
アップダウンがすごいんですよ。
のぼったと思ったらまた下るわけですよ。下ったと思ったらまたのぼるという何層にもこうアップダウンがあってね、だんだん2千メートルに近づいていくということらしいんですけどね。
途中で2カ所くらい手すりのない橋があるわけや。細い橋が。
人間二人が交差できないような。ひとりずつ渡らなアカンような。さすがに吊り橋やないけどね。

それもコワいのよ、高いトコロ好きやないから仕事以外ではshock
下を見たらキレイな水でね、「魚泳いでる」と思いながら「見たらアカン見たらアカンshock
足元から血の気がスーッと抜けていくみたいな。
そういう橋も渡りつつや。途中にトイレもあったりね。
もうなんせね、まあスゴイ人でね。
ほいでね、ウィルソン株というところまで着くとね「もうすぐや」っていう感じがしてね、下りてくる人が口々に言うことが違うのね。「いや、もうあと30分くらいですよ」って言う人。「ああそうなんだ、30分。へえ~今まで何時間かかったの?4時間くらいかかってあと30分へえ~っ」って。
今度また会う人にはね「あとね15分」って言う人がいてね、「なんで30分がまた1分もたってへんのになんで15分なんや」って言うてたら「もうすぐ」っていう人もいてね。通りすぎて5、6メートル離れた途端にね、「お父さんなんでそんなウソつくの?」って言うてる声が聞こえたりするのよ。これがもうややこしくてねtyphoon人の性格が分かるね。
正確にはそれから1時間くらいかかりましたわwまあ大変。

着いた時のこの達成感fuji
でね、休憩しておにぎり食べるでしょ。ウマイねこれが!
で見渡して、なんかこの島の気をもらってね、ひと踊りして下るんですけど
下りはじめたらすぐ気がつくことがあるんですよ。
股関節が痛いねん。
膝がガクガクになってんねん。
上りはいいんだ。上りは脚力で自分の体重をこう「さあ上るぞ」という気持ちがあるから。
下る時に「なんて自分の体重は重いんだpouchpouchpouch」って気がつくね。
それがすべて膝にかかってくるわけですよ。
だからもうね、膝ガクガクになりましたよ。
で、トロッコ道は途中までしかなかったんですけどね、トロッコ道のところに来た時にはもうさすがに歌が出ましたけどねnote
どういう歌が出たかっていうと

屋久島の~風に吹かれてホーホケキョchick
脚はガクガクホーホケキョchick


という歌ができたんですけどね。

(まさかこれが屋久島MAYの一部とかww)

なぐらいにもう大変sweat01
何が大変かって次の朝。
階段降りられへんねんshock
這って降りるちゅうか、ひとつづつ子供が降りて来るような状態でね後ろ向きに降りた方が楽なんちゃうの?みたいな感じでなりますけどね。
でも全部で13時間以上かかったなあ。
それくらい大変なんだけど行ったら行ったでホントに
いや~なかなか来れないと思うわ。
でもボクはね、もう一回行きたいと思いましたね。
それではこのへんで一曲聴いてください。

「Beautiful Worldnote


「Beautiful World」聴いていただきました。
1008ABCラジオでお送りしている
catのそんなんこんなん」
旅行といいますと泊まるところ。食事。枕と顎ですね。
重要でございますよこれは。
屋久島での宿泊はほとんど民宿。
民宿が多いですね。
ホテルは「いわさきホテル」という大きなホテルがございまして、
ボクは民宿。民宿で15、6人でございましたから、貸切状態になってて、
で、食べ物なんちゅうのも名物はほとんどなんていうんですかねえ伊豆諸島とよう似とりますわねえ。黒潮ですから黒潮の恵みが多いんですよ。
そらもう伊勢エビからカツオからマグロから
そらま魚を獲りに行ったら同じようなもん獲れるでしょう。
そらもう新鮮なもん食べられますよ。
ボクは一番好きなねえカツオの種類なんですけどね、ちょっとこれね本ガツオじゃないんでねすよ。
カツオは大体お腹のトコロが白くて縞が入ってますよねえ。横縞が。
そこにね、ドットマークも入っててね、
ボクら通称は「アイパー」と呼んでるんですけどね、
(スマのことかしらん)
これはね身は赤くないんですよ。ちょっとピンクなんですよ。色が薄いんです。
味はねウマイのよ~
これね八丈島でも食べたことがあるんですけどね。ここでも食べましたね。

それから「アサヒガニ」っていう真赤っかな、どちらかというとエビ科だと思うんですけど真赤になる茹でると。身はほとんど伊勢エビ系統の身質をしとりますね。これだとか
あと変わったところだと「亀の手」っていうのがあるんですけどね。別に「亀の手」を食べるわけじゃないんですよ。「熊の手」と違うんやから。
これはあのフジツボとかいわゆるあのイソギンチャク系統のね海岸の岩にくっついとるヤツを取って来るんですけどねルックスが亀の手に似てる。これはお味噌汁に出てきたりとか、ゆがいて味をつけて煮てあるというやつとかね。これもマメやと思う私みたいな者やとチュッチュッチュッチュッkissmark開けてね身まで食べるんですけどね。これがまたウマイ。

Kamenote6501

これをどこからチュッチュッチュッチュッするんやww



あとは「きびなご」とか鹿児島と同じですわ。あとはさつま揚げもお店で揚げてくれてはるやつとか、お刺身も大体、まあおいしいものはいっぱいありますね。
あとは焼酎。
ここの焼酎は「三岳」っていうのがあってね、
屋久島には三つの大きな山があるんですね。その三つの山を御岳っていうらしいんですけど、それでもう一つは「愛子」これ地図見ると「愛子岳」っていうのがあるんですね。
要は「三岳」って三岳酒造というところが出してるんですけどね、あったかい時に行ったから水割りで呑みましたけどね、またこういうもんていうのは地元で呑むとまた違うね。
今私は焼酎は鹿児島の「島美人」というのを横浜で手に入れてるんですけどね、それもやっぱりうまいけども、やっぱり鹿児島で呑む、地元で呑むというのがやっぱり美味いなあ。

で別にわざわざ縄文杉っていうブランドがあるやない。ミネラルウォーターの。
それじゃなくても、土地の水でも美味いなあ。なんともいえない美味さがあるね。いい意味でのいろんな成分が入っているという事ですかねえ。
はい。ま、そんなことでね、美味しものもいただき。まあ良かったなあ。
ボクはもう一回行きたいと思ってるんですけどねえ。
もう一回行けると思ってるんですよ。
でもね皆さん今回行かれる時はねえ是非ねあの屋久島についての注意事項をね。
やっぱりね、あの覚悟して行った方がいいですよ。
行きはよいよい帰りはガクガク
ってなるのをね。
できることなら上で泊まったほうがエエのかもしれないね。休めてね。
日帰りするっていうこと自体がせっかちなのかもしれないね。
あと靴はね、布のねスニーカーだとびじょびじょになるよ足。
だから皮で防水性があって足首固定っていうのがねよろし。
でやっぱりカッパは持っていかなアカン。
あとはTシャツの着替えっていうのをね綿のやつと化繊のやつを持って行ったらよろしね。
綿はカラダが冷えるから上に行ったら寒いやん。
あとはは帰り用にねちょっとした杖になるようなものをね
道中で木を折ったらアカンよsweat01
でもおっこってるから、それを帰りはちょっと確保してね。
杖なるもの。大事よこれは。
とにかく寒いのでね、その寒暖。
寒いんだけど歩いている時は汗かくのよ。だから着替えをちゃんと持って行った方がよろしな。
それからおススメするのは厄年の方。
屋久島で厄を落とそう。ヒヒヒヒww

ということでございまして是非万端準備を整えて行っていただきたいと思います。


もうお別れの時間です。
年齢制限があるらしいんですよ。あそこもね
ちっちゃい子供はのぼれないし
60以上はのぼれないちゃうかな?分からんけどね
(年齢の上制限はなさそうやね)
でもすれ違った人多かったな、60以上だと。
思しきおっちゃんおばちゃんいっぱいいましたけど・・
でも年齢制限の前に行かなアカンな。
60前くらいにはもうちょっとありますけどね、行きたいなと思っております。
それぐらいいい所ですよ。


はい。ではこれからのcatの予定ですが
映画もやっとりまして撮影も快調。アルバムも完成いたしまして、今刷っとりますCDをw
今度もデザインがちょっと凝っとりましてね、なんせ『芸能生活35年突破記念』ですからね、「明日は晴れる」。そう、屋久島に行く前には必ずこのアルバムを聴いていただくと晴れるんじゃないかと思いますよ。

今回のツアーこのアルバムのね「明日は晴れる」
パート1とパート2に分かれておりまして
パート1は全部で16公演の予定。まあ増えるかもしれないし
で関西地区は5月31日に大津市民会館。久しぶりですわ
それから6月1日の日曜日は大阪フェスティバルホール。
広いねここが、もう・・・大変や。
もうしんどいねん、足痛なるねん。
もう膝のあたりがガクガク。
もう屋久島かフェスティバルホールかっていうぐらいですよ。
はい。そんなことで、ニューアルバムを聴いて是非観に来ていただきたいと思います。
それでは「catのそんなんこんなん」
お相手はボクcatでした!



久しぶりにこんな長文タイピングしたら手痛いしww

|

« OLD GUYS ROCK | トップページ | やっと »

Julie」カテゴリの記事

コメント

いつもありがとうございます❗

投稿: | 2018年3月 2日 (金) 18時03分

そんこんのUPありがとうございます!
そして屋久島MAYって聞いたことありますよね
ずっとどのCDに入ってたか思い出せなくて
このそんこんでわかりました!
明日は晴れるのシングルCDにおまけで
ジュリーが携帯で作曲した曲が2曲入ってましたよね
もう一つは落ち葉のささやきです
あの曲がちゃんとした歌になったなんて感動〜
新曲のCDはまだ手元にないので

投稿: たゆ | 2018年3月10日 (土) 21時44分

あ、途中で投稿されてしまいました
新曲はまだ手元にないので届くのが楽しみです

投稿: たゆ | 2018年3月10日 (土) 21時46分

たゆさん

もともと明日は晴れるのシングルのおまけ曲やったというのは初耳ですear教えていただきありがとうございます!

私はシングルは持ってないので、届きましたら音源的に当時と一緒なのかアレンジされ直しているのか教えていただければ幸いですhappy01

投稿: Nasia | 2018年3月10日 (土) 21時56分

CD聴きました、メロディーは全く同じです
この曲だけ震災とも原発とも関係ない歌詞ですね

ああ、しかし、まさか、なのかしら?
桃とかAPPとかKURIOSとかNasiaさんの見解、深読みをお待ちしております

投稿: たゆ | 2018年3月11日 (日) 16時17分

たゆさん

そうでしたか、じゃあ最後はそのまま当時の音源を使いました。ということなんですね。

今回はKURIOSだけは謎ですが、もう歌詞そのままなんじゃないのかと、難解度はいつもより低い気がしますcoldsweats01

投稿: Nasia | 2018年3月12日 (月) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OLD GUYS ROCK | トップページ | やっと »