« 50周年記念LIVE解説① | トップページ | 50周年記念LIVE解説③ »

2017年8月11日 (金)

50周年記念LIVE解説②

オープニング

あなたに今夜はワインをふりかけ


ジュリーは一曲一曲、フルから基本一番のみ。
どのようにアレンジしようか、ずいぶんいろいろと考えたんやろけど
(当たり前やsweat01
頭で考えていて、バンドさんとやるとまたちゃうだろしね、
バンドさんとやっても、本番でやるとまたちゃうだろしねsweat02

66公演やると、そのうちアレンジがちゃうのも出てくるかもなあなんて思っておりますがw


このアレンジも変わってるというか、可笑しい感じでw
イクぞ!イクぞ!イクぞ!・・・・あれまだ・・・???
みたいなw

50曲外なので、サビの部分でまとめあげられております。
(いや、50曲内でもサビだけちゅうのがあるけどwwcatsnailcapricornus


選曲にあたり、
ワタクシもこんなもってこいの曲なのに、B面曲なんだよなあ・・・
と思ったものです。
でもジュリーは最初はもうこの曲で!という頭はきっとおありになったんやないかと思います。だって、今回はお客様のことを「お祝いにかけつけてくれている!」と思っておられますからねhappy01
どうなん???と半ば観にこられた方々は戸惑い気味な中、ジブンから「catお祝いしてにゃ!」とアピールしはったんですね~ catshine

1 君だけに愛を

ザ・タイガースの曲の中で、これと「僕のマリー」ははずさないやろうと思っていたのでsmile
やっぱりね。という感じでした。

たまたまジブンが居るとこらへんに指さしがこーへんせいか、指さし後の反応が薄かったようなw

Photo_13


この曲のとはちゃうけどheart01





2 自由に歩いて愛して

PYGから一曲。絶対にあると思いました。
世間的には華やかな合間の一番地味な時期ではありましたが、
ジュリーにとってはじっくりと音楽に向き合うことができた最も大事な時間
この曲か、「花・太陽・雨」
ワタクシが自由の方を選んだのは、1番、という括りから、まとめあげにくいかなあと。


タイガースの曲、PYGの曲と順番に歌って
最初のご挨拶ですcat

Pyg_2


一応PYG時代のつもりでww






3 僕のマリー

かつて、ニアトラや完トラ通じて、
やっぱりタイガースの曲にはベースがないと・・・
と思ったものでしたが、
依知川さんが戻って来られたことにより、
ほぼ昔の演奏が再現されたような気がします。

「記念すべきこの1枚!」
なんてったって、最も原点な曲なんやから

4 青い鳥

おお!なんとまあ「青い鳥」が来ましたよ!
って、予想はしてたけれども、
でも予想、というのは、ジブンが聴きたい、というよりは、ジュリーは歌いたいちゃうかなあ?という気持ちからね

タローさん最大の有名曲w
過去よく歌ってきたし、車のCMにも出たし(これは関係ないかw)

しかーし
愛着がある歌にもかかわらず
な・ぜ・か
歌詞が青い鳥よろしく飛んでいってまうことが多々coldsweats01
もう御本人も「catにゃんで??」と理解に苦しむレベルやないだろうかww

だからその分、余計に愛着がw


また、ギターのよく分からないワタクシでも、
カズさん前奏弾きにくそうにしてはるなあと思っておりましたが、
敢えてタローさんの弾き方を真似ておられたんですね
こういう時にね、ギターの知識があればエエのにぃぃぃと悔しい気持ちが湧くわけですよspa

5 greenboy


2000年代の曲の中で、ジュリーのお気に入りの一曲ちゃうかなあと思っておりますが、
ええ?なんでここで歌うの?と最初は思いましたが、
どなたかが、歌詞の中の「きれいな大人夢見てた・・・」に掛けておられるのではないかと。
なるほどflair


かつてサリーさんが公開放送で頭の古いw年配の方々に対して
「若者を全然理解しないようなのは本当の大人じゃないと思うんです。これから僕たちが何十年か先、大人になった時は、もっときれいな大人になりたいと思います」

という名言を残し、
ジュリーもこのgreenboyLong Good-by の歌詞の中に用いるなど、
永遠のテーマとして胸に刻んでおられる言葉だと思います。


そう思うと、合点がいきますね!


6 あなたへの愛

ワタクシ的には、この曲は「catショー」で裕子さんの前でギターを弾きながら歌った図ですかねcoldsweats01
ソロ初期のどの曲が50曲に入ってもおかしくない中で、この曲を選んだのは、にゃんか特別な・・・特別な思い入れがあるんやないかと|ω・)heart04
いや、単にZUZU&加瀬さんコンビの名曲!ということなのかもしれへんけどw




7 許されない愛

これはなんつったって、ソロになって初めてヒット曲!と位置づけられる曲ですからね。
以前も書いたけれども、まだジュリーのファンになる前、レコ大だったか紅白の映像でこれを歌うジュリーを見て、ルックスとか歌声置いといてpouch「なんかcatさんてメチャオーバーアクションやな」という感想を持った記憶があるという、まあ失礼極まりない印象なんですがcoldsweats01


これはね、GRACEさんのドラムが印象的で、
2年前もこんなドラムでしたっけ??忘れたけど
ダダッ ダダッ ダダッ 踏み叩くっていう表現が精いっぱいなんやけど
ああ、きっと当時の再現をされておられるんでしょうねえ。
これだけやのうて、井上さんのギターやサリーさんのベースや、
当時にできる限り近い演奏をしているような気がします。




8 追憶

そら、ニーナ!は歌いますでしょheart04
ジュリーも過去10年、何度か歌われてきたニーナですが、
サビ部分は、彼の高音の調子のバロメーターとして聴かせてもらいました。
正直、辛そうやったこともあるし、
さて、今回はどうなのか?
NHKではちょっとドキドキしながらサビ部分を待っていたものです。


そしたらあーた

「ニーナ 忘れられないー」
最近の中でキレイに出ることにビックリ!!


あなたへの愛、許されない愛など
当時よりキーを下げて歌われている曲がある一方
ジュリワンをのぞき、
当時のキーを固持している一曲
「君をのせて」
と同じ位置づけなような気がします。
高音つらいけど、これだけは下げれない的な
そういう感覚は、catにしか分からいんやろうなあ。



9 サムライ


服装の順番から言うと、
最初はもちろん、きちっとスーツ姿で蝶ネクタイもしてるんやけど、
しょっぱなから、ジャケットのボタンをはずし、
自由に歩いて・・・でもう蝶ネクタイも通称「(・  ・)隠し」にしてまうという


※今回はあろうがなかろうが効果なし(´・ω・`)↑


で、サムライでジャケットをはおり直し、
フェスではなぜかそこで笑いが起こったわけやけどcoldsweats01



今回はもう水を飲むのが精いっぱいで、
すぐ次のイントロみたいな超忙しい状態sweat01なので、
いつもなら予備のスタンドマイクとかに丁寧にかけるジャケットも
もう後ろの放りっぱなしにせざるを得んというcoldsweats01


2_3








10 君を真実に愛せなくては他の何も続けられない 

う~む
う~む


あれだけMCで勢いついたら3時間公演になる勢いなのに、

タイトルだけ歌って終わりwww


なんでこの曲に時間を費やさへんのか・・・
タローさんへの義理なのか?
タローさんがタクトで歌ってるから遠慮しているのか?
ジブンがまともに歌い上げるとタローさんが落ち込むからか?
タローさんに「これだけかーい!」とツッこまれたいのか?

もうこれは関西人独特のウケ狙いとしかww


タローさんゴメン
サリーさん・・は特になんとも思わへんやろww



だらだら続く予定coldsweats01

11 ス・ト・リ・ッ・パ・ー

気を取り直してw

依知川さんとカズさんが前に進み出て来て、3人揃ってパフォーマンスnote
そりゃcat作曲最大のヒット曲(たぶん)やもの歌われるでしょ


Photo_11







12 ヤマトより愛をこめて

ワタクシ的には、ヤマトのアニメには思い入れがないのでcoldsweats01
地味なイメージがあるんだけれども、
cat自身はおそらく好きな曲のひとつで。
この10年間よく歌ってこられました。

そして、高槻の停電事件でマイクの使えない中地声で届けてくれた歌。
私が聴くたんび、高槻のことが頭によぎるのと同様、
ジュリーもあの時の光景が目に浮かぶのではないでしょうか?


13 MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE

cat史において忘れてはならないのが、フランスに頻繁に行き来し歌を残したこと。
最近ではめでたく「パリの哀愁」の放映もありましたしkissmark
ワタクシもお陰様で、じっくりと映画を通してあの頃のジュリーを追っかけることができたのが最近の収穫です。

catフランス生活長いからにゃ

というセリフを言いたかったから、ではなくてsweat01
フランスとの関わりが深かった時期も自分の50年の中にしっかりあるという印として、
敢えてフランス語バージョン・・・なんやねshine


14 明日は晴れる

この歌の雄たけびに注目!



15 コバルトの季節の中で
2度の膀胱炎起こしてもてw
謹慎して、これからのジブンの在り方を考えてまた新たな船出ship
そんな中におつくりになられた思い入れのある曲

だいたいこの曲で腕まくりされておられます~




16 君をのせて


Cocolog_oekaki_2017_08_11_20_07

照明がこういう感じで花柄がフワフワしていてステキでした。

ちゃんと数えてないけれども、
この10年一番歌われた歌じゃないかなあ
本当に不思議なことなんだけれども、
声の調子がイマイチだった時期でも
この曲では高音が出てたなあと


ジュリーが一番好きな歌heart04


私にとっても事故後の2008年の倉敷で聴いて生きていてよかったと涙を流した一生の心に残る曲です



17
憎みきれないろくでなし

ワタクシ的にはこの歌を聴きながら、
あーこの発売頃にジブンは生まれたんやなあと思うわけでhappy01
もちろん覚えているわけないってsweat01

Photo_8




 
18 時の過ぎゆくままに 

代表曲が一番で終わりというのも・・・やっぱり虚しいもんですねえcoldsweats01
次の曲もそうやけど
Photo_10








19 勝手にしやがれ
 

2曲続けて代表曲(世間的にはw)を持ってこられましたか

フェスだったか、出だしがコレって半ば忘れておられたのか、
バンドさんの演奏を聴いて慌ててフリをしはじめるのがカワユかったですし(
*´ェ`*)

あと最後のチャンチャチャ!で両手上げポーズするのもなんだかカワユイですし(*´ェ`*)

しつこいようやけどwこれだけは2番まで歌ってほしかったなあ
地方行ったら「エーッ!もう次ぃぃ???」って不満漏れそうやcoldsweats01

2_4





20 THE FUGITIVE 愛の逃亡者


フランス生活ほどではないけれども、
全部英語で出された作品も過去出してまっせと


catイギリス生活長いからにゃ
そしてここから3曲は独立して間もないジュリー期で固めてみました的な
21 アリフ・ライラ・ウィ・ライラ 〜千夜一夜物語〜 

これより「女神」かなあと思ってたんやけど
こちらでしたかw


この曲は終わり方がちょっと強引なトコロがcoldsweats01

京都では最後の歌詞間違えから~の見事な歌詞入れ替えが立派だした!
(褒めてエエのかw)



22  STEPPIN' STONES 
これ、NHKで最初に聞いた時、前奏が「神々たちよ護れ」に似ていて、catもおいっちにいしてるしwアレ、でもあれアルバム曲やしなあ・・・なんて思った記憶がw

最初は、エー!まさかこの曲???ってビックリもしたけれども、
意外や意外、これが今回のセトリ一番熱くなる曲かもしれへんちゅうsweat01(身もココロも)



完全なるcat作詞作曲の、
歌詞を見ただけでは、なんとなくのイメージしかわかない小難しさはあるんやけど
今の彼が歌うと妙に説得力があるなあと。
なんかガンガン伝わってきて、もう通路側やったら思いっ切りに近くカラダ動かしてまう勢いやわ

で、歌っている姿はどうしてもこの発売当時よりも、「ジュリーマニア」の同曲部を思い浮かべてしまうのです。

23 
CHANCE  

・・・キー下がりすぎて、最初は???な前奏で、歌い出してエエーッ?!となりましたcoldsweats01
そ・・そこまで下げんでもエエんちゃう?とは思いましたが、声が出る出ないよりも、感覚的にこれで行こうという感じやったんではないでしょうか?

まあ、当時がキー高すぎちゅうこともありますけどcoldsweats01

今のワタクシの課題はサビに入る直前のチャチャチャを習得することですっ!! 
(普段の静かなトコロではできるけれど、本番に弱いのvirgosweat02)  




24 ラヴ・ラヴ・ラヴ
 

前半最後の曲。
ジュリー祭りを意識されたのか、あの時も第一部最終でその後テニスボール打ったんやったっけ

以前も書いたけれども歌い出してからもずっと手はフリフリしているほうが雰囲気的にはエエ感じかなあと思いますが、ま、周辺の空気に合わせるちゅうことでcoldsweats01

|

« 50周年記念LIVE解説① | トップページ | 50周年記念LIVE解説③ »

Julie」カテゴリの記事

コメント

「あなたへの愛」を聞いていると、
なぜかいつも泣けてくるのです。
還暦コンサートのCDでも、
ジュリーもちょっと泣いてはるし…。
それにしても、ほんとにいい歌が多いですね!
Nasiaさん目線の解説、とても楽しいです!!!

投稿: シンシン | 2017年8月14日 (月) 01時03分

シンシンさん

解説は備忘録的なものでもあるので???なこともあるかもしれませんが、ちゃんと読んでいただいてありがとうございますcoldsweats01

投稿: Nasia | 2017年8月14日 (月) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50周年記念LIVE解説① | トップページ | 50周年記念LIVE解説③ »