« 50周年記念LIVE@ロームシアター京都7月② | トップページ | 忘れちゃった♡ »

2017年7月26日 (水)

50周年記念LIVE@ロームシアター京都7月③

で、マイク交換でちとあったけれども、
音切れに関してはMCでもまったく触れず、
ブレずにw我が50年を振り返り~

あと10曲MC

catあと10曲で50曲にゃ。
さっきの続き覚えてるかにゃw
ソロになって売れる気はなかったけどにゃ、そんな甘いものじゃないと思っていたら売れてしもたにゃw売れるのは一番ステキなことにゃ、そういう人を探してきたらエエにゃ

国民的な人気になるんではなくて、ごく一部の人たちの中でにゃ、ふかーくあつーくspa人気が出るわけにゃ。大人たちからは「は?」って言われてにゃw
これがエネルギーになるにゃshine
「どこがエエねん?」って言われてにゃ、それでいちいちケンカしてみろにゃ・・・って2回はしてるけどにゃw5万回はすることになるにゃww

 

人気があるっていうのは羨望の的になるのと等しいことだけどにゃ、わけのわからん不可解なことでもあるにゃ。なんでこの人がエエの?と思う人もいるし、みんなおんなじに聴こえるとかおんなじ顏に見えるとかにゃ、AKBとかみんな違うにゃw
そんなこと言うならあんたの家族みんな似てるにゃw

身内の中でも戦いがあるにゃ。あいつよりエエとかにゃ。その逆もあるにゃ、あいつの方がエエとかおねえちゃんの方がエエとかお兄ちゃんのほうがエエとか、みんなそれぞれ違うにゃ。大雑把に言うんじゃにゃくてえさ、てえさってにゃんやww 
話が長くなるにゃ。続きはのちほどにゃ~

ほいで、シーサイド歌って
おまえにチェックインの時



なーんかね、靴裏を
異様に気にしてるのね。


Photo

(右の円はワタシの双眼鏡内を絵にしたちゅうことでw)

歌いながらもう地面に靴裏をなすりつけるようにww

で、取れたみたいで、別のトコロに移動した時、
そのなすりつけとったトコロが白っぽくなっとったように見えましたしww


(ちゃんと見た人によると、透明なテープが靴裏にくっついとって、
中央の立ち位置テープがはがれたんちゃうやろか?)




さて、こんな数々のハプニングがありながらでしたがcoldsweats01

MC

catわろた?
わらかしたったにゃww


これで49曲。今のは歌ってないにゃw
50周年やからにゃんかせんとなと思ってにゃ、今までの映像を片っ端から見てにゃ、冒頭のワタシの親戚の子たちがようけ出ててにゃwボクは後半だけ映ってるにゃw
後の若い子たちは全部親戚の子にゃ




shadowwww

冒頭の映像についてはまた語らせてもらうけれど
メチャ美しいcat
というよりは、素が垣間見える顏ちゅうか、
ジュリーは敢えてそういう映像を選んだのかなあって。

てか、映像はどこから仕入れて見たんやろ。
気になるわあ(*´Д`)



catワタシらしくないことも50周年やからお祝いにゃw
7000円から8000円にしたしにゃw
お金かかってるにゃーというのを見せる感じで、ワイルドワンズの皆さんにもちゃんと断りを入れてにゃ、皆さんほとんど出てこないけどにゃw
勝手にボクばかりの編集にしたったにゃww オモシロかったにゃspa

動画編集をしたことのあるvirgoとしては、
具体的にどういう感じで(*´罒`*)ニヒヒ☆しながら編集ちたのか知りたいんやけどw

cat考えてみたらにゃ、50年やるというのも生きてたら歌い続けたら可能なことなんだろうけどにゃ、ボクの場合省みるとにゃ、一本の道のように見えるけどにゃ、紆余曲折、谷あり谷あり谷ありみたいなにゃwそういうことの方が多かったと思うにゃ。

ジブンのことだからにゃ、ジブンでいろんなことを考えたり、いろんな人たちにこうしたほうがいいああしたほうがいいというのをちゃんとこなすというのが、ジブンの特徴を生かすことだと思っていたけどにゃ、歳をとってからはにゃ、ジブンの好きなことをやりたいと思うようになってにゃ、長く続けていたからそう思うようになったにゃ。
売れ続けてたらそんなことは思わなかっただろうにゃ。
売れるということはそんなに悩むことではないと思うにゃ。
他の人の話を聞いてもにゃ、売れてもジブンの好きなことができなくてにゃ、ボクらにしてもTGの頃にそういう経験をしてないわけじゃないけどにゃ、(仕事が)面白くてにゃ、まだ子供だったからにゃ、ジブンで何をやりたいか分からなかったにゃ。
みんながこっちやというと、それに付いていくのが精いっぱいだったにゃ。

でも、それは続かなくてにゃ、世の中そんなに甘くないと思い知らされたにゃ。
じゃあ何をしたかというと、ほとんど誰もしないことをやったにゃ。
業界の人たちがこうしたらエエということを全部避けて通って今に至るにゃw
なんか、じっとしていたら勝手に世の中が合う時が出てくるにゃ。そのひとつが年齢にゃ。

年齢というのは、どうしても毎年1つ歳をとるにゃ。

 

ボクが独立したのは40過ぎてから。それから七転八倒しているにゃ。
独立したからにはジブンが働かないと回らないにゃ。
じっとしていたら社員に給料が払えないしにゃ、現実的なことが起こってきて、何しようかと思った時に、一番簡単なのがテレビにゃ。
でもテレビというのはオソロシイところにゃshock
売れている人は平気で出ていけるけどにゃ、売れていない人は出ていけない・・
分かるかにゃ?

 

なんか出ていってみるけどにゃ、にゃんか違うにゃtyphoon
売れてから出ていこうと思ってもにゃ、いつ売れるかわからないにゃ。
だったら好きなことしようと思うわけにゃ。

その時にいろんな人に会ったこと、言われたこと、耳にしたこと、目にしたこと、風景、動物・・・もうすべてにゃ、すべてがジブンの今を、これからを支えて作り上げていくんだろうと思ったのが60過ぎて、ついこの間にゃ

独立され、その当時はどうやって回していこうか必死やったと思うけど、60過ぎたら、ジブンをより達観することができるようになったんやね

cat世の中良くも悪くもcatを知っている人は多いにゃ。
これを利用しない手はないにゃ。
だから還暦コンサートで60歳というのを売り出したにゃ。
ジジイって言われたかったにゃ。
若い時はエエことばかりじゃないにゃ、若気の至りなことをいっぱいしてるにゃ。
それを忘れたわけではないにゃ。それが今のジブンを作っているにゃ

あの沢田が60になった?そら観に行かんとアカンと
80曲歌う?そら無理やろw
TGもゲストに出るの?ひとりでドーム?
そらいっぱいにならへんわ。
友達までそう言うたにゃ



TGゲスト?
にゃんでにゃんで??
60になったのオレにゃ!
みんなもうなってるにゃ

(シローのぞくw)


一生に一回のことやったらもう行かへんと言うてた人が最後、どないなんか観に行こうと。80曲なんか歌えるわけがにゃいとw
そらそうにゃ、ジブンでも喉が枯れて歌えなくてもやりようがあるやろと。
60にもなったら心臓に毛も生えるにゃ。
その時に願掛けにゃ。一番好きなものを絶とうとお酒を絶ったにゃ。
半年間、生まれて初めてにゃw


いろいろ知恵絞ってにゃ、
高校中退にゃ。 鴨沂高校だけど一年途中までしか行ってないにゃ。
履歴書書く時は中卒にゃ。「岡崎中学卒業」って。
無い知恵絞ってにゃ、80曲歌うって決めてにゃ、3時からはじめて80曲歌い切ったにゃ

前も聞いたことあるけど、大阪の時はセーブしていたけど、それがかえってよかったと。
東京ドームはテレビも入ってるし緊張してしもたと。


cat大阪のほうが出来としては全然よかったにゃ

そして、無事にやり終えて、また人気が出てしもてcatshine

cat最後の花火のつもりだったにゃ。
その時思ったにゃ。
手前味噌で我田引水だけどにゃ


僕はほっとかれへん性質(たち)やね



shadowwww



catそれで好きなことをするために10年頑張ろうと思ったにゃ。
10年すぐだと思ったけどにゃ、この10年が長かったにゃsweat01
65の時はヘロヘロだったけどにゃ
69歳になったらもうこっちのもんにゃ!あと1年で70にゃ




virgoそれ、この10年みさせてもろて分かるわ・・・
今から思えば65前後って声の調子も良くなかったもん。
今よりpouchだったし

cat今もpouchにゃ(自爆w)




cat成功した人はよく言うけどにゃ、
「出会った人すべてに感謝します」って。
その気持ち分からないでもないけどにゃ、
ボクは


嫌いなこと、イヤなことも含めて、自分の経験した事すべてが
今の自分を形作っている
と思う。

だから、今まで過ごしてきたことに無駄なことってなかったと
そう思える今の69歳のcatなんだと。


catもう感謝という言葉でしか言い表せないにゃ・・・
ありがとうありがとうありがとう・・・・



ウウウ・・・weep



京都だからこそかなあ?
自分の内面をさらけ出して、
ちゃんと今の気持ちを伝えてくれた
そんなMCやったなあ


ふと思ったんやけれども、
ジュリーが音楽劇の最後に坊主になりたがったのもw
最後は役を通してみんなへ、みんなから感謝し合えるような、
そういう気持ちが強かったんやないかと。

最後は

cat呑む必要のない時は呑まないで、食べ過ぎないときは食べ過ぎないで
いつまでも歌えるようにやっていきたいと思うにゃ




食べ過ぎない時は食べ過ぎないてどうい意味や???と思ってみたけれども

Cocolog_oekaki_2017_07_26_23_29


という行為はもうしないと解釈しましたがはてさて( 一一)



catsweat02ギクッ

最後の「いくつかの場面」では
やっぱり京都やから思うことが多かったのかなあ、
ウルウルされておられるような気がしました。


もう本MCのちょっと前で、
マイクの調子は完全に戻ってたからね
終わりよければすべてよしちゅうことでhappy01



また書き加えるかもしれませんが、
一旦レポ〆です

|

« 50周年記念LIVE@ロームシアター京都7月② | トップページ | 忘れちゃった♡ »

Live report」カテゴリの記事

コメント

ありがとう!
ありがとう!!
こんなに詳しく書いていただいて。
忘れかけていたこと、再び思い出して、
ウルウルしてます。

ジュリーと同年代の私。
若いときは、なんとなく気になっていたけど、
「ああ、ええなぁ! ええ人やなぁ!!」と思うようになったのは、60歳を過ぎてから。
今や、もう一方的に「老いらくの恋」状態(笑)。
何もないと思っていた自分の老後に、
まさかジュリーがいようとは!!
はい、幸せです!

投稿: シンシン | 2017年7月27日 (木) 00時51分

シンシンさん

生粋のファンの方がおられる一方
リアルはなんとなく知っているけれども、入れ込むまでじゃなかった人が60以降のジュリーの歌う姿勢や考え方に感化され戻られた方も多くおられたんじゃないかと思います。
ジュリーがいてよかった!!

投稿: Nasia | 2017年7月27日 (木) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50周年記念LIVE@ロームシアター京都7月② | トップページ | 忘れちゃった♡ »