« パリの哀愁③ | トップページ | パリの哀愁⑤ »

2017年6月10日 (土)

パリの哀愁④

強制送還されたジローは
地元・金沢にて悶々とした日々を送っていた・・・

Powerdvd10_20170610_100953572


てか、なんで京都やアカンかったんやろ・・・


Powerdvd10_20170610_101044758


「あの人のコトが忘れられへんのね」と伊都ちゃん



Powerdvd10_20170610_101126005

こりゃ結構重症やdespair






Powerdvd10_20170610_101251335

ジローが好きな伊都子は、
ジローに逆プロポーズ
「私があの人のコトを忘れさせてあげる!」
エライ自信や・・・


しかし今は製作しとる作品があるさかい、
それが終わらないとココロの整理がつかんと
(いや、それが理由ではないと思うけど)
やんわりと拒否るジロー





Powerdvd10_20170610_101348070

カッコウがカワエエし(=´Д`=)



Powerdvd10_20170610_101547554

じっと見ていると、どうやら
下絵をなぞるだけをジュリーにさせとるようやね

いや、別にトクベツな意味はないんやでsweat01





そしてある日なんと!



マリーがジローの実家を訪ねてきて!!

Powerdvd10_20170610_133645305

ワタシ、マリー





マリーに会せたらアカンと
ジロー除けジロー除けsweat01

Powerdvd10_20170610_133746696





マリーも精一杯の日本語で問いかけるけど、父に
ジローは旅行でいないと追い返される

Powerdvd10_20170610_133835803

ジローサン、ドコ??




伊都子もそのまま帰ったマリーをほっといたらエエんやけど・・・
追いかけたくなって外に出ていく途中

Powerdvd10_20170610_134107804

(力抜けた感じでw)どないしたん?




ジローも別に追いかけるほどの情熱はないのでw
父に呼ばれるまま家に入ってまい





一方で伊都子は、ジブンとジローは婚約している仲やから
これ以上誘惑せんといてほしいとマリーに頼む

Powerdvd10_20170610_135028885






伊都子もね、これでもうジローに言わんかったら、
日がたてばめでたく婚約・結婚でけたかもしれへんのに
アホやなあ・・・・



Powerdvd10_20170610_135239942

この表情に負けてマリーが来たことを言うてしもたんやねsweat02


金沢駅・・
すんでのところで、マリーと再会heart01

Powerdvd10_20170610_225032381



そして二人はそのまま旅館に行って一夜を過ごしheart02
(んなベッドシーンなんぞカットやカットgawk




テレビの方でも、
マリーの乳丸出しやったせいか
見事にカットされとってw
この↓シーンから


Powerdvd10_20170610_225311289


マリーは黄昏ながら、
今の二人にとってこのまま愛し合うのは良くないとジローを諭すけれども、
もちろんジローは受け入れるハズもなく


Powerdvd10_20170610_225348961

↑このカット、昔からなんやしらんよく見たなあ(*´Д`*)






そんな時、夫から電話があって、
日本までちゃんと夫の組織が手を伸ばしているんだすとsign01


夫のもとへ帰らなアカンと告げられ、


Powerdvd10_20170610_225557835



shockshockshock






なぜかサスペンス劇場のラストみたく
海岸に来たがるんやね・・・



ジャケット着とるちゅーことは、
一度家に帰ったんやろか?
いや帰っている間にマリーはもう旅立ってまうから
絶対マリーの側は離れてないと思うし
途中で買ったちゅうても
そのまま家から飛び出してきとるさかい
金持ってへんやろ・・・



これもどうでもエエ謎やtyphoon

Powerdvd10_20170610_230632208


Powerdvd10_20170610_230711103


すがるジローの願いも届かず・・・









たぶんその日のうちに
マリーは夫と帰国の途に・・・


Powerdvd10_20170610_230904211






あ~あ・・いっちゃった・・・・sad

Powerdvd10_20170610_230842679


|

« パリの哀愁③ | トップページ | パリの哀愁⑤ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

前略
せっかくノーカット、横長の綺麗な画像なのに、肝心のベッドシーンを連続してカットするとは…。
人妻にのめり込んでいくジュリーの熱い思いを分かってやらないといけません。金沢の布団の上で絡みは、自らの背中に爪痕まで残す魅力的なシーンですよ。
このシーンがあるから、悲しい恋の物語になるのです。ジュリーファンにはちょっと刺激が強いかも知れませんが、人間の本質に迫ったもので絶対に欠かせません。
”カットやカット”などと言わずに、ワンカットでいいから欲しかった。みんなそう思うはず。

投稿: ぼくのマリー | 2017年6月11日 (日) 02時56分

ぼくのマリーさん

このあたりのシーンは本当に重苦しくて、
私なりに紛らわすために軽い口調で書いてしまい
スミマセン・・
軽んじているわけではありませんが、
皆様のご想像・・ということでご了承ください

投稿: Nasia | 2017年6月11日 (日) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリの哀愁③ | トップページ | パリの哀愁⑤ »