« 小川宏ショー(81年) | トップページ | ふりかえり月間2 »

2017年4月 2日 (日)

ふりかえり月間1

というわけで、予告していたとおり、
皆様にはしょうもないでしょうが、
どうしてcatにたどりついて、この10年一日たりとも飽きる・忘れることなくファンで居続けられたのか?

ワタクシ自身の記憶を呼び起こさせるためにこの場を借りて失礼いたしますm(_ _)m




以前もネタにしたことがあるんですが、改めて
2006年ですか、
ワタクシその頃、今も活躍されておられる安住アナが好きで、
(今も好きちゃ好きだけど、この頃にくらべたらかなりトーンダウンしとりますww)
ちょうど『ドリーム・プレス社』という番組があったんですね。
それで7月頃かしら、その中の一企画ということで、ザ・ベストテンを再現してみようと。
安住アナが久米さん的な感じでw

Powerdvd10_20170401_234026096

そして見事にcrown

Powerdvd10_20170401_234042263

T子が勝手にくす玉を割りww

Powerdvd10_20170401_234057468





cat「天国を見た男」の準備でお越しいただけないと。


Powerdvd10_20170401_234122824

こん時はすでにこういった類の番組には出ないcatちゅうことはこれっぽっちも知らなかったから、特に違和感なく

T子「お会いしたかったのにねえ、沢田さん」

Powerdvd10_20170401_234235027




というわけで、当時の本人映像を


Powerdvd10_20170401_234431241


Powerdvd10_20170401_234500515


今のジブンの目で見たらやねえ、ある程度理解しているから、キレイだとか一緒にフリだとかやってみるけど、
こん時はなんやろ
単に

virgoああ、エエ歌やな。いつかちゃんと聴いてみたいな


程度。
元々1960年代の歌謡曲が好きで、いろいろ聴いているうちに70年代の曲も聴くようになってその延長線的な?


つまり、ルックスがどうだこうだ・・


まるで興味が向かなかったちゅう

catゴホッゴホッ



この録画もなんでしとったかっていうと、
ただ安住さんが出ている番組だからというww
(今でもその頃の出演番組をけっこう保存しとるんやからcoldsweats01




それで、しばらくは忘れていた・・・と思う
勤めていた旅館が改装のため一カ月ほど別のところに行っていたり、冬は冬でドタバタやったから。


そして年が明け、cancerも少し落ち着いた3月の末、軽やけど新車買うて。
買い出しに行く時はその旅館の車を借りていたけれど、田舎やからやっぱりないと不便やったしね。
それで4月のはじめ、ドライブがてら神戸に行こうと。日帰りで帰ってこれるし。
どこに行ったとかもう詳しくは記憶にないんやけど、
その時にcatのあの番組で見た「ダーリング」のことが頭にあって、当時オープンして間もないミント神戸の上にあったタワーレコードへ。


で、catのCDって結構あったのよ。
今思い返すと、ポリドール時代のLPがCDになったシリーズとか、最近ぽいもんとか・・
でも、曲名がどれひとつとっても見たことのないもので、

唯一「ジュリー・マニア」だけが
212f5cmyhxl
(今思うと、2004年発売のこのCDが置いてあったのもスゴイと思うけど)
裏面に見たことがあるタイトルがあったから、じゃあこれ買おうと。


で、そのCDを早速車で聴きながら帰るでしょ
もう最初から惹きこまれていった感じやね。
なんていいCDなんや!と。
しばらくは激リピしてたなあ




まったくもっておかしなもので、
それまでにもcatの歌っている姿は過去のレコード大賞の映像やらで目にしてたんやけどね、
『許されない愛』とか、ヤケに気持ち込め込めで歌っている人やなーとか、
『危険なふたり』はなんだかナヨナヨしとるなあとか

TGに関しては、あの星の王子様的な曲にどっかで拒否反応があってw
GSといえばスパイダースやろ的なヘンな確信を持ってたしww

もう失礼極まりないsweat01


catニャ


そうそう今から思えば『謎の変奏曲』のポスターか、
P05_05nazonohensoukyoku

2004年南座でやってはるでしょ、
そん時ネット検索で南座で何かやってないかなあ?とか調べた時に目にして、
cat太ったなあ」ちゅう
ま、久しぶりに目にする一般ピーポーと変わらない印象をやねえww



だから、まあ今でもそうなんやけど、
ルックスとか見てくれとかやないわけ。
それだけなら、正直タイプじゃないしshadow

ジュリー・マニア聴いているうちに、
本当にまったくもって顔と数曲くらいしかcatのことを知らないジブンやったから。どういう人生を歩んで来られた方なのか知りたくなって
ネットで何か本とかないかと探して
中古の書店屋さんで文庫本やけれども手に入れて

1_3

これを読んでしもたのが、
ファンになる決定打やったね。


その頃、勤めていた旅館と実家が車で40分くらいで、
たまに家に帰っていたんやけど、
これが届いたタイミングと家に帰るタイミングが重なって、
初めて読んだのが、今でも覚えてるけど実家のこたつにあたりながらで
どの箇所がどうこうやのうて、
もう読んでいるうちに、
catのことがどんどん好きになってしもているheart02virgoがいてw
ひとりでいるときやったら、思わず声をあげてまうとか
ヤバイヤバイとあてもなく動き回ったりするんやろうけど←完全にアヤシイですしw

家族がいる中でそんなことでけへんから、
もう心の中の衝動を抑えるのに必死w
そして
「このまま堕ちるべきか、いやこんな人ファンになってもたらメチャdollarかかるし・・・」
とか気づかれないようにものすごい葛藤をやねえww(アホ



そして、その欲望に逆らうことなく、堕ちていきまくりtyphoon
現在に至るちゅう・・・・はいgawk


ホンマなんなんやろね。
今でも不思議に思うよ。

|

« 小川宏ショー(81年) | トップページ | ふりかえり月間2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Nasiaさまは、そんなに新しいファンの方だったんですね(^^; 
デビュー50周年に対して、10年…でしょうか。

今の調子で過去の40年を取り戻して下さいね!
今でさえ、50年追い続けている私達が、Nasiaさまに色々お尋ねしているんですから、もうとっくに追いついているのかも知れませんが…(*^^)v 

澤田さまの良い所は、Nasiaさんもお気づきのように、ぶれない所ですね!
本当に、デビューの時から今まで、ほとんど変化はないと思います(もちろん、内面のことですよ‼‼)。

ただ一つの汚点?は、エミさんと子供を置いて、別な女に走ったというところでしょうか…。

その後も自分の過去は忘れたかのように、「浮気や不倫なんてとんでもない。ただ一人の人を愛し続けなければ…。」と公言していることが、私としては、大変、気に入りませんが…。

でも、人間だから、中々、規則通りには行かないし、元より、男と女のことは、難しいですものね…。

それもこれも含め、50年間、切ることの出来ない関係なので…(>_<)、仕方ありませ~ん!!

今年、来年、ジュリーの記念すべき年を、しっかり楽しみたいと思いま~す(^^)/  

投稿: グレー | 2017年4月 2日 (日) 16時16分

グレーさん

そうですね。Jさんのブレないところと、メンタルの強さですね。ここまでやってこられたのは。
「我が名はジュリー」全般からそういった気持ちが伝わってきてスゴイわぁ~好きやわぁ~になったんやと思います(^^;

「人を好きになることは誰にも止められない」と言いますが、あのJさんが、Y子さんと出会ってそんなこんなになってまうとは、よっぽどよっぽどのことやったんやと思います。よくその手で会見を開く芸能人の方々をお見受けしますが、真剣さ深刻さ的になんか次元がちゃうような・・いや、いずれにしても私も良いことではないと重々思っておりますが。

今となっては昔話ちゅうことで、今はとにかくひとつひとつの予定されておられることが無事に終わりますように、みんなの良い思い出になってくれますように・・・と願ってやみません。

投稿: Nasia | 2017年4月 2日 (日) 22時38分

はじめまして

確かに

ジュリーが

エミさんと別れたのは
大ショックでした。

私も

いまだに残念です。


投稿: 真冬 | 2017年4月 7日 (金) 00時07分

真冬さん

Y子さんも素敵やとは思いますが、
それ以上にエミさんは素晴らしい女性だと同性ながら思います。

こればかりは、いろいろ意見するのは難しいですね。
当人しか分からないことだってありますから。

投稿: Nasia | 2017年4月 7日 (金) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小川宏ショー(81年) | トップページ | ふりかえり月間2 »