« マルガリータまで何分? | トップページ | 気になって気になって »

2017年4月 4日 (火)

ふりかえり月間3

今日でcatに出逢ってから10年

すべては2008年に遭った逢ったことからだと思っているから、
ふりかえりもこれで〆にするけど


自分の事故のことを

2008年のツアーもはじまり、9月にSONGSが2週にわたって放送された後の9月26日。
当時車で近くに住むパートさんを迎えに行ったんやけど、
踏切のない線路に列車が来ているのにもかかわらず侵入してしまって、その線路向こうにいたパートさんの目の前で車ごと吹っ飛ばされてもたちゅう・・・
(後で現場検証した結果20m飛ばされていたそうです)

私の脳裏には目の前で慌てているパートさんの姿とすぐ横に列車の正面があった瞬間で記憶がなくなっております。


車内で目が醒めてどうやって外に出たか覚えていないし、
目の横を切って血が出たくらいは不調に感じるところがなく。
頭を打っているかもということで、救急車で病院に搬送されて・・・


とにかく、自分のことより大勢の人々にご迷惑をかけてしまったことが何より申し訳なく。
ベッドに横たわりながら悶々としておりました。


ここでいろんな「奇跡」が起きていて今自分はこうして元気で生きていると思うけれど



・線路と県道が平行して走っていて、飛ばされた先が県道であれば、確実に通っている車と接触していた
おそらく車は最初県道方向に飛ばされたんだけれども、目の前の電柱か柱かにぶつかって線路脇に落下した(現場検証より)



・事故時に飛んだ破片で走行していた車がいて傷がついたけれども、運転手さんに怪我はなし。列車の方にも車体以外、お客さんにはケガ人なし



・車も原型をとどめてないほど潰れ、死んでもおかしくない事故で、CTを撮った結果、「外傷性くも膜下出血」と診断されたが、その後後遺症はなし。ケガも右目横を数針縫った程度だった

・勤務中にパートさんを迎えに行ったということで、治療にかかった費用がすべてが「労災」扱いになった


・保険会社から保険金を受け取ったが、頭など障害が残る可能性のあるケガを負った時には通常以上にもらえる様になっていて、その額が偶然にも自分が新車を購入した費用とほぼ同額だった。


なので、日頃大事にしていた車も命を落としてまで自分を護ってくれたんだと思っている。

もちろん犯してしまったことは大きいけれども、何か大きな力で護られていたのかなあと。そんな出来事

私にとっては人生のターニングポイント・・・
あの時があって、「今はおまけの人生」という気持ちで、ある種達観して生きていられるから。

そして、そういう時にもちゃんとジュリーが支えになってくれたから。。


そして10月16日。
事故後初めてのLIVEで倉敷へ
右目横はもう取ってもいいんだけれどもなんだか不安でガーゼを張り付けた状態で行ったっけ。


その時、7列から観た「君をのせて」が忘れられない
途中、自分を見ながら歌ってくれている???と思う時があって、
本当に生きていて良かったと思ったこと。。





そして、12月3日
こうやって生きて、「ジュリー祭り」に行くことができて。
J友さんに取っていただいた席は端ではあったけれどもアリーナの一番前の席で、
たまにサイドに来て歌うジュリーを目にして感無量・・・




もう何から何まで「奇跡」という言葉で表現しても過言ではない、

2008年は、本当にジュリーにとっても、私にとっても
忘れられない年になりました。




そうやって、もうこの人は恩人や!と思って
ずーっと一日とも想い忘れることなく生きているから、
今があるのかな?




もうすぐ後半の振り込み用紙もくるし、
また明るいモードに戻って、
つらつら書いていけたらと思います。

|

« マルガリータまで何分? | トップページ | 気になって気になって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごい!そんなこととは、つゆ知らず、今まで楽しいブログを拝見していました。良かった。本当に良かったですね。読んでいて興奮してしまいました。奇跡ですよね。私もその年は、鬱になってしまい、メンタルクリニックに行きました。ジュリーに助けられました。元気をもらいました。もう元気です。さあ、ジュリー活動開始です。

投稿: じゅりんこ | 2017年4月 4日 (火) 21時41分

驚きました!
が、それ以上に奇跡としか言いようがなく…。
確かにNasiaさんは護られていたんですね。
何か、目に見えない大きく暖かいものに。

これからもジュリーと一緒に
心豊かな時間をすごしてくださいね。
もちろん、私たちみんなも一緒に!!

投稿: シンシン | 2017年4月 4日 (火) 22時39分

そーでしたね、Nasia さん、
そういう事があって、でも生きていてくれて
こうしてブログを続けてくれて
ほんとにありがとうね。
笑わせてもらい、泣かせてもらい、
ジュリー愛に共感させてもらってます。
これからもよろしくね。m(__)m

投稿: トキメグ | 2017年4月 5日 (水) 08時54分

じゅりんこさん

ずっとファンとして居続けられるのも、
日常からジュリーが支えとなっている証拠ですね(^^)

どうか、日々穏やかに過ごせますように・・・

投稿: Nasia | 2017年4月 5日 (水) 11時14分

シンシンさん

偶然という一言では片づけられない出来事でしたので。
いろいろと書いてしまいました(^^;

生きていられたから、その後のジュリーのひとつひとつのイベントに立ち会うことができたんだと感謝しております。

ホンマ、日々皆様無事でありますように・・

投稿: Nasia | 2017年4月 5日 (水) 11時16分

トキメグさん

かなり前から読んでくださりありがとうございます。
ファンの皆様には、また新しい良い想い出が積み重なるように願っております!

投稿: Nasia | 2017年4月 5日 (水) 11時17分

大変な御経験をされていたのですね。
驚きました。確かに 奇跡と感じてしまいますね。
いつも いつも 楽しく拝見しておりました。
これからも ジュリー愛にあふれたブログを
楽しみにしています。

投稿: 桃子姫 | 2017年4月 6日 (木) 06時16分

桃子姫さん

ありがとうございます。
客観的に考えても奇跡やと思います。
おまけの人生だったけれども、ジュリーにたくさん逢いに行けてよかったと、感慨に浸れるような人生を送れたら最高ですね!

投稿: Nasia | 2017年4月 7日 (金) 00時44分

今さら、のコメントですみませんm(__)m

時々コメントさせていただいてる者として、ほっとけない思いでしたが、衝撃的で…wobblybearingcoldsweats02
言葉が見つかりませんでしたweep

後遺症が無く日常生活を送られている事、人的被害が他になかった事など、ホントに¨良かったsign03¨
まだこれから続く長い時間、どうぞ楽しく積極的な人生をheart01

投稿: NGC224 | 2017年4月11日 (火) 14時23分

NGC224さん

ご心配おかけしてスミマセン(^^;
ただ、あれはある意味ターニングポイントやったので、
あの事があったので、嫌なことでも一度死んだ人生やからと達観できるようになった気がします。

後遺症がまったくなかったのが幸いで、
PTSD的な、(例えばもう自動車に乗りたくないとか)そういうのもないので、、さすがに事故現場に行くのは嫌ですが・・ 本当に恵まれました。


自分のみならずジュリーの人生も知るにつけ、いろいろ勉強させてもろて今日に至っております。

投稿: Nasia | 2017年4月12日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルガリータまで何分? | トップページ | 気になって気になって »