« 歌のゴールデンヒット | トップページ | 本題よりも何よりも萌命 »

2017年2月17日 (金)

その栄光と涙

先日1月1日のおめでとうレコ大映像があったこともあって、
「日本レコード大賞 その栄光と涙」(78.1.5放送)の映像を

この時間やったら、
紅白が終わって、いろいろ人に囲まれてゴチャゴチャした後wすぐに
大賞を取ったら、という話でなぜか有栖川公園に行かれたんやろね

Wmplayer_20170217_111515391

実はワタクシも風情を味わうため、
何かしらのLIVEの前に訪れたことがありますが、どこを歩かれておられたのかさっぱり分からんまま、公園の頂上にたどりついていたというww

「勝手にしやがれ」を公園内を歩きながらフルコーラス歌うcat

Wmplayer_20170217_112650647

こういう雰囲気で歌うにはぴったしの歌やね
ほんとに、なんかひとりで歌うてると、ニターッとしてくるね( ̄ー ̄)

Wmplayer_20170217_112258535

やっぱりウレシイし、
かといってなんか気が抜けてしまうんじゃないかっていう気持ちもあるし
だから、喜んでばっかりじゃイカンっていうか、来年大変やろうなあ・・・


・・来年てもう来年違うて今年やけど

Wmplayer_20170217_112308448_2

今年頑張らんと、何にもなれへんもんね

Wmplayer_20170217_112233729


(持っているのはこの後少し切れているんやけど)



ナレーション

catは歌手生活10年になる。
歌唱賞、大衆賞に輝いたことはあった。
しかし大賞の栄光に輝いたことはない。
その点では同じ世代のI・H、M・S、F・Aに先を越されていた。
彼には
「悲劇の歌手」としてのイメージさえもあった。
(そ、そうなんや・・wobbly



おそらくレコ大本番中、
ステージで歌うジャケットは着てるけれども、
あとはリラックスのためかラフに

Wmplayer_20170217_115554854



て、そこまでラフにせんでも・・・(not社会の窓fuji

Wmplayer_20170217_115653288_2






一昨年のブランクもそうである。
しかしcatは燃えに燃えていたspa
昨年のはじめ、そのきっかけともいえるヒット曲が出た


Wmplayer_20170217_115718628

おそらく「愛のメモリー」が歌われているところかとw




さよならをいう気もない

Wmplayer_20170217_142138295

Wmplayer_20170217_120651752

やっぱこの歌は金キャミでないとw



Wmplayer_20170217_121257030_2



Wmplayer_20170217_121305200


はじまって以来の忙しさっていうか、そういう中で
ここんとこずっと寝てないなっていう感じでね。疲れていたのも確かだし、
でまあ起きてみると雨が降っていて、
でも確か東京音楽祭の時も朝雨が降ってたなあってことも考えて、自分自身にこう気休めっていうか、そんなことを言い聞かせながら、

Wmplayer_20170217_121423569

ファンらしき女性たちの握手要請に、不愛想に応じるcat
てか、なんでここまで入ってこれるんやww



かといってあんまり「ほしいほしい」と自分の心の中で言うとなんか遠ざかっていくような気がして、あんまりそう考えないようにしようとか。
兎に角、後は結果っていうのはおのずと出るんやから、

Wmplayer_20170217_121510800

Wmplayer_20170217_122544026_2



兎に角、平静にっていうか自然にていうか、そういうことだけ考えてましたね。

Wmplayer_20170217_122550454Wmplayer_20170217_122845122

奈落で待機ってこんな感じなんや


どういう結果になっても、もうしょうがないことだし、ダメならダメでまた頑張ればいいし、もしいただけたらもうこちらも嬉しい事なんやしねえ。

Wmplayer_20170217_122603402


珍しくもらい泣きっていうかね、そういう感じだったですねえ。

Wmplayer_20170217_123302880
なんか泣きそう(;_;)


どういう結果であっても穏やかな気分でいられるようにって自分に言い聞かせてたような状態でしたけどねえ

(大賞の瞬間がカットされとってw)

Wmplayer_20170217_123319240_2


有楽町→渋谷dash

Wmplayer_20170217_123645589

Wmplayer_20170217_123753556_2







Wmplayer_20170217_124011597_2




そして渋谷→広尾に行って寒い中冒頭の撮影をしはったんやねcoldsweats01

Wmplayer_20170217_123858825

深夜の祝賀パーティー
晋社長と乾杯wine
何気に横にMさんやハナさんの姿がw

長いのでつづくー

Wmplayer_20170217_132354797


catこんな気分のいい、しかしオソロシイお正月はないにゃ
ホントに、改めて思い出すとにゃ、
ニタニタニタニタしてくるにゃ
いやホントににゃ、
こうポツンとひとりでいるとにゃ


Wmplayer_20170217_132529203

( ̄ー ̄)ニターッ

catニターッとしてくるにゃ



まあ、一応レコード大賞本命と言われたにゃ
でも、あくまでもそれは噂にゃ。


うーん、来るかにゃ来ないかにゃ・・・
来そうだにゃあ
でもそう思うと逃げていくみたいだにゃ


FNSみたいなこともあるしにゃsad



それはもうやはり人間にゃ
いろんな風に考えるにゃ
それはやはり皆さんも同じではなかったと思うにゃ
ただ
「信じてる!信じてる!」とは言うけどにゃ
たい信じたい
このビミョーな心理・・・にゃ



それに、やはりにゃんて言うか
テレビはやっぱり見ているとにゃ、めいいっぱい盛り上げるにゃ




Wmplayer_20170217_133022610


「(司会者ぽく)さあそれではいよいよレコード大賞の発表だにゃ
そのまえにコマーシャルにゃ」




shadowwww

catやはりあそこに座っているとにゃ、コマーシャルの時は唯一の緊張のほぐれる時にゃ僕たちにとってはにゃ

それでボクの隣の方を見るとにゃ
加瀬さん堯之さん、大野さん
みんなのほうが緊張してるにゃ

shadowwww



catボクももちろん緊張してるけどにゃ
加瀬さんとか堯之さんとかハンカチ出して


Wmplayer_20170217_130754858_2



手をぬぐうマネww



shadowwww


catそれ見てまたボクが緊張してるにゃ



そしてその前にコマーシャル
コマーシャルの間に女の人がスタンドマイクを持ってきたにゃ

Wmplayer_20170217_133344416




catちょうどボクがそのへんに座っていて

Wmplayer_20170217_133454967


!!!スタンドマイク・・・

勝手にしやがれはスタンドマイクにゃ・・・


shadowwww



cat・・・にゃ、、にゃ、、、待てにゃ・・・
誰かがあそこへ来て



shadow発表します」


こうなるかもしれないにゃ・・・


でもよく考えてみるとにゃ段取りとしてはそうなってなかったにゃ・・・

審査会場へ行って、そこから小川哲也さんが

「それではコンピューターが始動します」
で、コンピューターが出て・・・ちゅうことはにゃ・・


Wmplayer_20170217_133741345


スタンドマイクにゃ!!!



shadowwww


catいろんなことを考えるにゃtyphoon


これを励みにこれからこそ頑張らにゃいかん
僕自身実感しているにゃ
とにかくみなさんもこれで満足してしまうことなくにゃ
まだまだ僕にもっと大きな期待を抱いていただいたほうが僕は頑張れるんじゃないかと思うにゃ
とにかく改めて本当にありがとうにゃ




Wmplayer_20170217_131840958

いつかはLIVEで聴きたい I belive in music

曲の合間にnote


Wmplayer_20170217_134539638



エンターテナーっていうと何がステキかっていうとね、
いい歳してあんなことをしてると言われるけと、けどステキだって言わせることがエンターテナーとしての最大の魅力なんですよ。
沢田君なんてずーっとアイドルでありたいっていうのはね、これは初めてそういう言葉を言うタレントが出て来たなあということで、とっても嬉しいし心強いですよ。初めてエンターテイメントっていうのはね、そこから存在するだろうというね。

Wmplayer_20170217_135057810

Wmplayer_20170217_135914089


いただいて1時間もたたないうちから次のことを、来年がんばらないかんのやという先のことを考えていたわけやけれども、
兎に角これはもちろんご褒美でもあり、これから頑張れよというもちろん意味のものでもあると思うし、これだけですべてではないと思うし、
やっぱり気持ちとしては何度もグランプリに、レコード大賞というものにチャレンジできるようなそういう環境を自分たちの周りで作っていきたいっていうか、
一回もらえばそれで終わりだって思いたくないし、とにかく何年かたった時にまたこういうチャンスに巡り合えるように心身ともに常にベストな状態であるようにしときたいな。

そういう意味で今年、1978年ていう年をいかにこう乗り切るかっていうことが当面の課題っていうか

Wmplayer_20170217_140140119

Wmplayer_20170217_140331511


阿久さん声

やっぱりもらった瞬間からより・・・・ていうか2年連続ということを選ぶのかそれか違う形での大賞参同ということにテーマをしぼるのか、作家と同じでひとつ男のリアルみたいなのを表現してみたいという方向になるのか、彼だけじゃなくてねブレーンが考えて・・・78年はまとまっていく時期かもしれないですね

Image1

最後は同じコンサートの時なのかしらん?

「勝手にしやがれ」ではじまり「勝手にしやがれ」で終わった
ジュリーの大賞に対しての心境をリアルに表してくれた番組でした



ソロ時代では77年、78年が一番忙しかったと思うけれど、
78年はお母様の死去というつらいことも乗り越えて、疲労で倒れるようなこともなくよく頑張られたと思いますweep

|

« 歌のゴールデンヒット | トップページ | 本題よりも何よりも萌命 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

また、いい画像をありがとうございますsign01

ジュリーの表情と心の機微がいいですね。
大賞の瞬間は、何度でも、あの時の気持ちに戻りますね。同時に前年の事が思い出されて……感無量ですweep

余計な事ですが、社長宅のパーティー…ジュリーの足元、靴下sign02
皆さん立ってカンパイしてるけど、フツーに土足じゃない…coldsweats02
なんてcoldsweats01sweat01   失礼しました

投稿: NGC224 | 2017年2月19日 (日) 00時34分

NGC224さん

多分靴下じゃなくてスリッパ履いてるかもですねえ
どちらにしろド広い御宅なんでしょうけど(´Д`)

休みが常にほしいほしいと思っているワタクシにとりましてw
この後もほぼ休みなく78年を走り切ったことには頭が下がります。マジスゴイわ(+o+)

投稿: Nasia | 2017年2月20日 (月) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌のゴールデンヒット | トップページ | 本題よりも何よりも萌命 »