« フェスティバルホール① | トップページ | フェスティバルホール③ »

2016年1月15日 (金)

フェスティバルホール②

というわけでw

大阪の人には、いきなり出てこられた状態の依知川さんの説明も何もなくはじまりcoldsweats01


ワタクシは2度目のせいやったか、ここだけの話、

ストリッパーをフォーラムで見た衝撃は感じなかったなあ。


ほんでも、ベースが入ることによって、リズムパートがしっかりしたことは確かで、
それが今のジュリーの太い声に合うてるなあと改めて思ったりして。


ホンマは下山さんとかギターがもう一人いれば言うことなしなんやけどw



音以外に気になったというか、ベースはコードレスやないから、
依知川さんが前に出てまた定位置に戻るたんび、袖からスタッフさんがコードをたぐりよせるというしぐさをww

もう相変わらずヴァーッヴァーッみたいな(髪がw)
で、それが最も強調されるシーンがあったね(後ほど)




で、前にも書いたとおり、
カズさんがちょうど正面くらいの席やったもんで、
これはしっかりと、見とかなアカンと思って。



一昨年のインタビューで



自分自身もいろんなハードルをちょっとずつ越えさせてもらって、音楽やってる喜びを持続できてるのも沢田さんのバンドを続けてきたゆえです。とてもありがたいことだと思ってます。



と語っていたカズさん。



ということで、今回もまた難易度の高いというか、
今までで一番大きなハードルなのかもしれなくって、
これもカズさんはインタビューから思うに楽しんでおやりになっているのかな?


全然ね、顔には出さずに飄々と弾いてはりましたけど、
2人いたからこそできていたギターソロプレイも、どうしてもやりにくくなってしまったかもなあ。なんて思ったり、



下山さんがいなくなった影響としてはっきりとしていたのは、


アルシオネ愛は痛いで、

下山さんが以前やってはったけど、
アコギをスダンドに固定して、
交互に弾くちゅうね。


アルシオネはね、
なぜかジュリーの方ばかり見てもうて



catなぜか ってどういう意味にゃannoy


気がついたらもう固定アコギが出てきてて、弾く部分も終わってしもてたという感じやったんやけど、
愛は痛いではしっかり見させてもらいました。

と言いいつつ冒頭はどうやったかな?
忘れたけどcoldsweats01
曲中では固定アコギで、間奏のギターソロで装着ギターっていうパターンね。


下山さんは、装着しているギターの状態のまま固定アコギを弾いてはりましたが、
カズさんはそれやと弾きにくいんやろね。



アコギを弾く前に装着のギターを真後ろに持っていき、
こちらからはギターの柄の部分がカズさんの右ズボン横から下方向へ伸びている感じ


それ以外はどうやろ、
特に下山さんの抜けた影響で苦労しているなあ、、という感じには見受けられませんでしたが。

いやいや、なんらかんらであるんやろね。



カズさんといえば、今回は

彼は眠れない


やね。



腕グルグル状態でリズム取りながら弾いておられるのを
リアルタイムで薄暗い中ババッと走り描きしたけれどもw


ちゃんとした絵を描きたいけど、
時間があればちゅうことでw





あと、コーラスの配分ね。
これがみんな平等になったかなあという感じがします。
下山さんがコーラスをおやりになっていた記憶がほぼなく(あったんやろうけど)
他の3人がやっていたけど、
依知川さんは普通にね。
んで、彼がやっている時には泰輝さんは黙っているとか、
きっとカズさんを長にして、
皆さんで話し合って決められたんやろね。


(ぼちぼち続く)

|

« フェスティバルホール① | トップページ | フェスティバルホール③ »

Live report」カテゴリの記事