« 新潟富山LIVE② | トップページ | 新潟富山LIVE④ »

2015年9月14日 (月)

新潟富山LIVE③

Aszvdro2_2

おいしそうやねえぷにぃ(*´Д`)





今回は絵を描くより、先にレポりたい気分なので、
文章だけ続きます・・・・
(そのうち描いて挟むかもやけど)


新潟MC


あの新曲前の時に、ジュリーに乗せられている感があるからね、
客席も状態はどうであれw エライ揃ったジュリー的にはテンポの速い拍手ww

(ヨロヨロと立ち上がる客席に)
catもう座ったままでエエにゃ。疲れるだけにゃsweat01
みんなトイレ行かなくて大丈夫かにゃ?ボクはもうしてきたにゃ

(はやっww)

みんなそんな拍手なんて大変にゃ。若いアピールしてもにゃ、そんなに若くないにゃ。受け止める方が大変にゃ。 

アレにゃアレ・・・(何言いたいのかw) 拍手のテンポが速いにゃ!
そんなされるとにゃ、「もうぅぅぅ早くシテよ~heart01」と言われている気がするにゃ。
だからズボンがなかなか入らなかったにゃ
annoy
(なんかズボン入らずの真似で右だけ足ドンドンしとりましたしww)

もうちょっとゆっくりしてもらえないかにゃ?パンパン・・・

と、口拍子をしながら、客席を乗せてやねえww
そのちとテンポがゆるくなった手拍子の中で、
ズボン履く真似とか、ボタン留める真似とか、ああ、チャックも忘れずにやねww






今年は加瀬さんが亡くなったから、これもあれも歌っているけど
いつもなら、ヒット曲は小出しに


母親が亡くなった時は、一緒に住んでいたわけではないし、京都と遠かったというせいもあるだろうけれど涙は出なかったけど、加瀬さんの時には泣いた。

加瀬さんがいなくてもワンズをやるのはジブンがいなくてもできるじゃないか!と思うんじゃないかとも思うし、かといってワンズをやらないのもなあと。


cat植田君はドラムもギターもコーラスもできるしガニマタにゃ。ボクは内股heart04
(ソレ関係ないやろww)


加瀬さんは夏はワンズの仕事やって、それ以外は僕のプロデューサーをやってくれていた。
一緒に仕事をやる前からも、ナベプロだったということもあり、家に誘ってくれたり


catあの頃は無口でいたいけな少年だったにゃ。ほっとけないっていうにゃ。
今はほっといてほしいしにゃ、憎たらしい男にゃ






今回の加瀬さんの話の個人的メインは


加瀬さんがついて回ってきてる話shadow

catこうやってツアーをやっているけどにゃ、なんか加瀬さんがついて回っているような気がするにゃ。それで僕が分からないよーにイタズラをしているみたいにゃ。いろんなコトがあるらしいにゃ。それはオソロシイったらオソロシイにゃshock


うらめしや~のフリせんでエエからshockshock


catというわけで、一緒にツアーを回っているというわけでにゃ
(もう一緒にいること決定w)

皆さんも帰りになんかイタズラされたらにゃ、慰めてあげてにゃ。お母さんから‟くんちゃん”と言われたからにゃ、イタズラされたら



くんちゃん ヤメテheart04
(と左を向いて見えない加瀬さんに語りかけるcat


って呼びかけてあげてにゃ



と、まあ半ば会場が涼しくなったところでww



catでは改めまして、鉄人メンバー・・・

ちゃう鉄人バンドのメンバーにゃこれはにゃ加瀬さんのイタズラにゃ

と、さっそく加瀬さんのせいにしとるcatであった。







そんなことまでせいにするちゅうことは
今までの歌詞ぶっ飛びとか替え歌の数々もせいにしとる・・・んやろか、
今に起こったことではないのに・・・



cat生霊時代からにゃ(人のせいにしすぎww)

|

« 新潟富山LIVE② | トップページ | 新潟富山LIVE④ »

Live report」カテゴリの記事