« お嬢さんお手上げだ・明治編@高知県立県民文化ホール② | トップページ | 高知の素敵な想い出 »

2015年6月 4日 (木)

お嬢さんお手上げだ・明治編@高知県立県民文化ホール③

そして話は進み・・・・(コラコラ)


~記念写真シーン~



写真のおじちゃんは、案の定w土佐弁を披露
(地元の人に聞いたら、昔の人が使うようななまり具合だったらしい)

いや、どんなやったかは忘れましたがw

30日は最後に「ほいだら~」と言うて去っていった時に、
あらま先生思わず合わせて写真屋に「ほいだら」と手を軽く上げて挨拶返しw
言葉にはでえへんかったけど、「ほいだらって言うんやね」と思いながら言うてるように見えた。

(その後気に入ったのか2度ほど「ほいだら」を披露したcatw)




~京橋~

あらま先生、ちと小型化したさかい
あの服装の特にオズボンの方がめちゃブカブカしているように見えるんやけど
せやから、あの服装したらメチャデカク見えてしまうんやね
もともと太っているうえからの着太りみたいな|ω・)


30日は帽子人間を披露しとったけど(謎)
31日はボーッと座ってゆっくり立ち上がりから~のさなこ母からの電話やった





~つる吉~

地方千秋楽やし、
土佐やから土佐鶴やろ!と期待しとったけど、
最後までエアお酒で終わりましたな。


あらま先生出てきて、
百年の恋も一変に冷めてww


おかみさんがエアます酒をテーブル上に差し出すんやけど、
おかみさんが見守る中、それを口から迎え入れる図が


Cyu



蛇つかいが笛を吹きながら
蛇がムニャムニャとツボから上がって行く図と重なって  (*^m^)プッ



そして、そのエア酒を
おいしそーに・・・・ちゅうより

Yurayura

頭カラダを左右に揺さぶりながらやねえ

目の下のクマも
テープは飽きたのかw
クマを指摘されて
両日とも


ツバをペロペロつけてクマ消し


んなんで消えるかいっ!!






そして妊婦開帳シーンは
もうはようみんなに見せたいくらいな慣れっ子になっているcat


サザンの初日見に行った時なんか、まだ恥ずかしさ溢れる初々しさやったのに
いつの間にこんな図々しく・・・



まわし(違)をつけられながら、
気分はすっかり力士気分で♪


で、にゃにを思ったのか
30日は

ヘンじゃないっ


やのうて


Kimaru



と後に続いてみんなに「キマッテル」と言わせる始末・・・



で、ルンルンスキップして消えて・・・

こんな恰好でさな母と抱き合っていると思うと( 一一)

想像しようとしてもできない我が脳typhoon






そして、百年の恋も一変に冷めさせた後の


ジュリーとしての「お嬢さんお手上げだ」


さすがに服のダボダボは気になるけどやcoldsweats01


あらま先生との差にカッコエエって思うねheart04


Jump


コレもやりながら歌が途切れることなくキまっとったし、
帽子も漏れなくキャッチ


帽子投げるフリしながら「シャーッ」と言ったり

だからぁ
こういうシーンくらいおふざけやめてくれだすww

共演者のみんな登場してくる時
ステージ中で足バタつかせるジュリー



本当は高知が最後の地ということもあって、
遠征組も含め熱心なジュリーファンが多かったような気がする。
コレ地方?
くらいに熱気がw

スダンディングオベーションの中、両日トリプルアンコールでしたっ!


最後は演奏なく、客席も含めメロディを口づさみ♪


30日はトリプルの最後、ジュリーはア~と言いながら途中でホンダラ~と変えて幕が降りたし

31日はトリプルで緞帳が下がっていく中、
なんとジュリーが率先して緞帳の前に進出!!
止まる緞帳w
あれ前列センターの人ビックリしたやろね。
メチャメチャ近いやんww
横から見ていて、お客さんの伸ばす手が届きそうやったもん。


やがて緞帳の後ろに下がり、ア~~~と終了


ジュリーの声だけ特別に通るから、一番響きましたし




出演者も客席もどちらも楽しかったであろう地方千秋楽



って、書いているうちに、もう明日は渋谷。


はやっcoldsweats02

|

« お嬢さんお手上げだ・明治編@高知県立県民文化ホール② | トップページ | 高知の素敵な想い出 »

stage」カテゴリの記事

コメント

Nasiaちゃん こんばんは

高知編漫説ありがとうだす(ノ∀`)・゚・。
行ってないのに観た気十分。
ケツクラッシュ見たかったbombcrying
回を重ねるごとに進化するアラマーcat
渋谷行きたいなcatface

投稿: みーた | 2015年6月 4日 (木) 19時09分

みーたさん

ケツクラツシュww

そういう表現もありますな。


今度あったら参考にさせてもらいますφ(..)メモメモ

あと3回になってもたお嬢さん

アラマーどこまで進化することやら( *´艸`)

投稿: Nasia | 2015年6月 4日 (木) 20時10分

こんばんは
可愛いイラストが好きで、いつも楽しませていただいております。

先日、地元静岡公演に行きました。ジュリーの音楽劇は、ACTクルトワイル(静岡日本平ホテル公演)以来なので、26年振りとなります。その間はDVD鑑賞でしたが、やはり生の舞台は素晴らしかったです。ツアー終盤となり、チームワーク良く余裕の感じられる話し方、歌声に前のめりになりながら観入ってしまいました。

銀座の写真館での場面では、「静岡弁を話すのは何故かね?」、「(客席に向かって)そのほうが喜ぶとおもいまして…」とジュリーと店主のやりとりは嬉しかったです。

ドリフターズ世代としては、牟田さん役のすわ親治さんが、湯上がり後に皆から「どうだった?」と聞かれ、「アービバノンノンですかね」と答えるところが最高に笑えました。全員集合では、馬の前脚役と奇声のインパクトが強くて、今回どんな声何だろうと楽しみにしていました。温かくて柔らかな声に聞き惚れました。

山崎イサオさんは、大塚博堂さんの追悼カバーCDアルバムを出されていて、その低音の魅力にどっぷりはまっていましたが、年季も加わりとても安心感を感じました。

ジュリーと那海さんのデュエットも良かったですね。声質がいいかんじにハモっていて心地良かったです。

余りにも素晴らしい舞台でしたので、テレビで若山富三郎さんがジュリーにおっしゃっていた「これからも良い歌手、良い俳優になってお客さんを楽しませておくれ。」
の言葉を昨日の事のように思い出しました。

投稿: そら | 2015年6月 4日 (木) 23時52分

そらさん

すわさんや山崎さんの昔の様子が分からないので、教えていただいてありがとうございます。
すわさん、若い時から奇声発し芸?されておられたのですねw

気がついてみればもう明日が千秋楽、
終わらなければ次が始まらないと言いながらも、ジュリーも淋しい気持ちなんじゃないでしょうか?

拍手で温かく見守ろうと思っています。

投稿: Nasia | 2015年6月 6日 (土) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お嬢さんお手上げだ・明治編@高知県立県民文化ホール② | トップページ | 高知の素敵な想い出 »