« 名古屋の様子は | トップページ | ちょっとした嬉しさ »

2015年4月29日 (水)

その後

加瀬さんの通夜・告別式も終わり、

気持ちだけだけど思いは馳せて・・・



ジュリーは地方公演中なので姿を見せず、という文章も目にしたけれど、
ジュリーは通夜に参列しようと思えば可能な日程だったとは思うけれど、
よく考えれば、行ったら仕事に影響を及ぼすかもと思われたかもですね。
座長というのは、みんなを引っ張っていかないといけない役割でもあるし、
一番いい状態でいないといけない。
沢田組のみんなに迷惑はかけたくないと。

きっと彼なりにちゃんとお別れはされたのではないかと思います。




ザ・タイガースのメンバーは、ワンズさんたちと仲が良かったですからね、
ピー・タロー・サリーは参列されておられましたね。

産経デジタルで、島さんらの弔辞を全文、読むことができました。

http://sonae.sankei.co.jp/ending/topics/ending29284-t.html

声も出せるようになってきたし、
50周年に向けて、あれこれ考えられ、散歩もして体力をつけておられたでしょうに、
前向きに生きたいと思う気持ちとは裏腹に、体調がついていかないという現実に、苦悩をひとり抱え込んでおられた結果だったのでしょうか・・・

私確かジュリワンの時だったと思うけれど、
会場で売られていた加瀬さんの本を読み直しています。

Bi

ビートルズ見たさに、バンド辞めて、
一からメンバーを集めて、
ひとりひとりと運命的な出会いを果たし。


加瀬さんがいなければ、メンバーの皆さん、多分、アマチュア止まりだったでしょうし、ここまで表舞台でやってこられてないでしょう。



加瀬さんにとっても、タイトルのとおり、
ビートルズがいなければ、こんな有意義な人生はなかったはずで、

ポールさんの来日公演とも重なり、
ポールさんの素晴らしいステージングをVTRで観ていたら、
いろんな想いがよぎり、




20150429163906

会場で売られていたこの本は、加瀬さんのサイン入り。
確かそれ目当てで買った部分も当時はあったと思うcoldsweats01

加瀬さん、空からワンズさんたちの活動、そしてジュリーをしっかりと見守っていてくださいね。

|

« 名古屋の様子は | トップページ | ちょっとした嬉しさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋の様子は | トップページ | ちょっとした嬉しさ »