« お嬢さん@大阪初日 | トップページ | 加瀬さん »

2015年4月20日 (月)

お嬢さん@大阪楽日

今年は初日と楽を頼んでいたので、
再びドラマシティへ


14列やったから
双眼鏡では見放題やけれど、
にゃんかあった時の細かいセリフが聞こえないちゅうcoldsweats01

前日もたまたまやったであろう

みのフリフリ

がエラくウけたみたいやさかい、またやるんやろうな。なんて思いながらw
さあ開演



最初のアヤシイちゃうsweat01若い絵描きから
演技やセリフまわしが多少大げさになっとり、楽日仕様ww
客席も前のほうはよく笑うお客さんが揃っていたようで、
しょっ中笑い声がw



お腹が腫れたトコロは

今日もパン食べそこねた。なのにお腹がパンパン


みたいなw



他の出演者の方はね、
芝居のラインを崩さないように、調子やセリフもほとんど変わらないの。



変わるのはcatだけ(いつもやし)



見るたびに、おんなじセリフを言うにしても調子がちゃうのね
真相はどうかしらんけど、
レピーターに対して
どこかしらん、「飽きさせんようにしよ」という気持ちもあるんやないやろか?
ジブンも同時に楽しもうというのは勿論ね。



そして節々に笑わせたろと意識しまくっとるのがミエミエやしねw


いやいや、悪口を言うとるんやなくて、
そういう関西人気質がちゃんと残っているのがウレしいんやね。ワタクシとしましては。
しかしやりすぎて、共演者を戸惑わせたらちょっと・・・まあオモロイけど




は~なふだ の歌



これも笑わせたろか精神からなのか



catは~なふだnote


と強調してもたさかい、つる吉や師匠のマジメな顔して客席を見つめる目が笑ってもて客席も笑ってジュリー自身もツボってww「ひとよのうさばらしいいい」を笑いをこらえながらやねえwww



師匠の下駄脱げたのは、ずっとやさかいね
ここでたまにはcatも脱げてしもて、後ろの師匠がつまずいてゴロンやったら言うことないんやけど(コラコラ)




それでも歌のシーンになると
今までのおっちゃんが生まれ変わりw
ジュリーになるちゅうのが、スゴイですね。
声が出ているところが違う気がしますし、
PAのせいもあるかもしれないけれど、歌の語尾のばした時の
質感というのでしょうか。
ラストの「お嬢さんお手上げだ」の歌の最後、
なりそうだあああああ

があまりにもスゴくって、ポカ~ンとなってもて
目から涙が出てくる感覚がweep

そういう観点から考えても
ホンマ凄い人やなあと、
まあここではオモロイ絵とか描いてるけれども
いつも感心しますし。尊敬しているんです。

長くなるので続く

あとはオモロかったトコロを


・後半の若い絵描きの泥酔シーン
 強い緑の液体を飲んで強烈すぎて椅子にのけぞってしまうんやけど
 その時の叫び声というか、なんちゅうか
 思い出したのが「TRUEBLUE」のプロモ。
 あれにそっくりやった。
 決して楽な姿勢やないのに、のけぞりの表情を変えず微動だにせーへんのはスゴイ


・雨のシーンの蓑姿の登場は大ウケ・・・やけれども、客席は空気的に何度か見ている感じ    でそのヘンな格好から微妙なしぐさで笑いを探る的な(あくまでも私感です) 
 眼鏡を拭く仕草→「メガネワイパー」 
 恒例にしてしまうであろう「蓑フリフリ」も2回ほどやねえw

 ワンコがブルブルとジブンについた水気を払う時の仕草を想像してください



・さな子に「どこまでいったんだ」というセリフの直前
 一瞬セリフが飛んだか?というくらい間がありましたが?
 ウウンンとしながらためてぇためてぇ的な(なんちゅう表現w)

・さな子と対面で問い詰めるために机をバンバン叩いたあと
 東京や大阪初日はバンバンして痛いアピールを仕草だけで見せていたが、
 大阪初日では全くウケずwそのせいかその後は「痛い」というセリフをいれた模様w
 楽日でも「痛い」と言うたけど、何故か言い方がマジメっぽかったですしw
 なんちゅーか人に面と向かって「~さん」と言う時のマジメさちゅうか
 (なんちゅう表現w)


・さな子が「本当は先生の娘じゃない」と告白してもた時のあらま先生w

Photo_8


・さな子と別れのシーン
 「そう、嫌ね」と向こうが会いたがってないとわかってガッカリするトコロ
 あれはワタクシ的には前作のDVDに残っている演技が好きなんやけどね
 今は新聞握りしめてあてなく空中で振り回しとるけどw

 kissmarkしただろうwシーンは落ちた帽子を後ずさりしかけた足で踏んでしまい
 転がることはなくw


 さな子が去ってベンチでフーッとするんやけど

Photo


こうやって、顔がまったく見えない状態で手や足をバタバタさせるもんやから
なんかあらま先生逸脱してまったく違うキャラクターに見えましたしw




そしてラスト近くの例のシーン( ̄ー+ ̄)


もうその時まで東京の千秋楽でやっちまったことまったく忘れておりましたから
妊娠中を脱ぐシーン待ち的なトコロがあったんやけどw


誰かのセリフ(誰か忘れたw)
「まあ先生、目の下にクマなんか作っちゃって」のセリフを待ってやねえ

おもむろに

今から考えると袖口に貼ってたんやろか?


クマを取り出して





ペタッ


Photo_2


www



ワタクシが想像していたクマよりも大きく四角かったですしww


いわゆるナイロンテープやと思われwww



で、しばらくこの貼り方でやり過ごすのかと思えば


Photo_3




Photo_4




とかやるもんやからw
つる吉ちゃんも「それなんかわかんねーよ」とか言われとるしww


東京でクマ本来の位置に見慣れていただろう共演者もwwwで


話が進みませんし(o ̄∇ ̄o)



やっと牟田さんが進んでくれて、主題が牟田さんに行ったところで
おもむろに剥がし両手首にペタッ


それでもなんかそのおててが何かやりたがってるんやね


そのおててが( ̄ー ̄)





挙句の果てには
「こんな格好じゃあ会えないよ」と
ビロンと妊娠中を開いたトコロで
左頬にペタッ


Photo_6




気を遣った師匠(だと思う)が
着替えさせながらw黒テープを剥がして
テープ遊びは終了したのであった




そして同時に笑撃を受けたのが

Photo_7

※この笑撃を表現するため、つる吉まわしは省略しとりますw





あのお・・・・エラくお育ちになってませんか・・・・sweat02sweat02





確か前はパツパツやけどもなんとか留めてたよねえ

図ほどやないけれどもやw
「うわあ、これは留められへんわ」というくらいになってもて
ボタンも上だけひとつ。あとは留められへんかったさかい
ヘンな格好が更にヘンな格好の状態で、井上母に会いにいってしまったのであった・・・






cat・・・





ラストの「お嬢さんお手上げだ」の帽子キャッチは
見事全部受け止めてしまったため
笑いを取りたいであろうcat
歌い終わり、その受け止めた帽子をなんと叩きつけ!!

「ごめんね」と言いながら帽子を取り上げよしよしとなでなでしたという・・・

ドSぶり炸裂!!!





異常なw盛り上がりの中

大阪でのお嬢さんも終了

とにかくお客さんの拍手がすごくって

ジュリーの緞帳が降りる際のアアアアア~ッという声もすごくって!



カーテンコールは2回

こちらからのスゴイ拍手に
「そんなことされたら魂が抜き取られます」とかw
帰れ帰れのしぐさをしたりとか
なり止む拍手を指揮者が演奏を止めるように止めたあと
「旅はまだまだ続きま~す」と




大阪公演でちょうど折り返しくらいやもんね。
これからちと長~い旅公演
元気でやってほしいです。



もう今から東京の大千秋楽が楽しみで楽しみで仕方ありませんwww








長々と書いてしまいましたcoldsweats01

|

« お嬢さん@大阪初日 | トップページ | 加瀬さん »

stage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お嬢さん@大阪初日 | トップページ | 加瀬さん »