« いただきもの描いたもの | トップページ | 昭和90年のVOICE∞③ »

2015年1月24日 (土)

昭和90年のVOICE∞②

「僕がせめぎあう」

Youki_2



醸し出す妖気pouch

この歌を歌われるのなら、いっそのことコレ着ればよかったのにいい(*´Д`)



渋谷の初日にこの前奏が流れた時、
「まさか!」って思ったですしwobbly



いつも初日前は、
LIVEで聞いたことない歌を歌ってほしいなあなんてちょっぴり思うんやけど、
こういう雰囲気(正当LOVE&PEACE)で、
まさかこんなエロ曲w持ってきましたとは(*´Д`)(*´Д`)





で、それぞれに印象的なスポットライトが当たるのね。


じゅりは



カズさんはオレンジに近い赤


後ろの鉄人さん二人は



ユーレイさんは

(よーわかっとるww)



で、カズさんやと思うけど、
あのテケテケテケを混ぜあった、なんちゅーかベンチャーズぽいちゅうか
あの雰囲気やね



それにしても、どういう気持ちで、
このエロ曲を持ってこられたんやろね。

考え過ぎかもしれへんけど、
これも11月3日の償いのひとつかなあって。
ちょっと意表をつくことで喜ばせたい☆みたいな。
これこそお年賀ですしw



で、これはこのLIVE中
一番うわあ!と思った
最後の

強い吐息一発heart04やね


原曲ではハアハアと繰り返しながらフェイドアウトみたいな感じやけど。




これを歌ったジュリーを見て
97年当時のジュリーより今の方がエロっぽいてどうよ?
的なコメントがありましたが、
ワタクシも同感ですね。
あの時はちょっと年齢的にもpouch的にも中途な感じでしたし、
いまはある程度熟成されとりますしpouch


イヒヒヒ・・・



catそこpouchかにゃannoy

YOKOHAMA BAY BLUES

「LOVE(抱きしめたい)」「さよならを待たせて」とある
サヨナラ三部作のひとつ(勝手に命名w)

これは生きシア以来でしたね。
当時、これが神奈川県民だけラストに歌われて、
羨ましかったのを覚えていますよ。


で、当時はジュリーと横浜との関係がピンときてなかった頃(だったとおもう)
やから、神奈川県民に行ってみたいとは思わなかったし、
横浜自体も、行こうという興味がなかったしなあ。
どこか神戸LOVE的な部分があるさかい、
ファンになってなければ、確実に行ってませんね。

でもおかげさまで、何度か足を運んで、
この歌の中に広がる情景が自分の頭の中にも思い浮かべることができるというのは、嬉しいなあと思いましたし、行くたんび、「エエ街やな~」って思えますし。
有難いことです。







君が嫁いだ景色


キツネがコンと鳴く歌です。


catannoyちゃうし



作詞がじゅりで作曲が堯之さんなんやねえと、
ちょっとリアルに考える部分もありますがw

これも歌詞をよく見ると、
サヨナラの曲なんやね。
乳ちゃう父目線というより、
かつて恋人だった人が旅立つという目線かな。


まあ、男性というのは(ごにょごにょ)

僕なら 大丈夫 気楽だよ

と表では言えるものの

内心はね(ごにょごにょ)(..)



catannoy詞の世界を壊すにゃ!

Kk



歌のなかで「シャン!」という時に
本当にジュリーがシャン!としていたのがねw




実は今、堯之さんつながりで、
ある動画をアップしかけているのですが、
もう仕事やし時間切れ。
うまくアップできたら公開しようと思います~


ではでは~dash

|

« いただきもの描いたもの | トップページ | 昭和90年のVOICE∞③ »

Live report」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見してます。
テケテケテケはゆうれいさん、もとい下山さんによる音でありました。( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: rei | 2015年1月23日 (金) 20時27分

66歳にしてあの妖しさ!
参りました・・・m(_ _)m

男性なのに、まるで女神のような美貌だった、
「LOVE抱きしめたい」を歌われてた、30歳当時のジュリーも
相当たまらないのですが、

現在のジュリーを知ってからは、
熟成pouchwされた男性の魅力にすっかりはまってしまいました・・・。

覆っていたものを、そっと剥がされていくような感覚というか。
身も心も全て、迷いなく委ねられる安心感というか。
(表現がエロくてすみません・・・汗)

僕がせめぎあう・・・せめぎあってるジュリーを想像すると、
相当たまりませんっ(/ω\)ハズカシーィ

「生きてたらシアワセ」と、「サーモスタットな夏」のDVDを買ってみたくなりました♪

投稿: カサダンでジュリ堕ち | 2015年1月24日 (土) 00時08分

ホントですか?
テケテケテケは、カズさんだったとおもったんですが
見間違いかなあ?

どちらにしろ、せくすぃーで大変結構な演奏でございました。

鉄人さんたちは複雑なこと、しれっとしたお顔で
やってますからね〜

投稿: しょあ | 2015年1月24日 (土) 00時19分

reiさん

おお!そうでしたか。
ワタクシは弾いている感じでカズさんがやっているように見えましたが、
ま、どちらでもエエんですがw
ああいうサウンドは懐かしくて好きです☆
(なんで懐かしいんやw)

投稿: Nasia | 2015年1月24日 (土) 00時45分

しょあさん

今回は演奏的にも覚えることが多くて鉄人さんも大変やったんやないでしょうか(^^;
いつも思うのですが、前に鎮座しますじゅりさんの気分wを察して演奏をはじめるのがいつも苦労されておられるのではと眺めながら思う次第でして。

まあ、それを観る方は興味深いというか面白いのですが(*´ω`*)

投稿: Nasia | 2015年1月24日 (土) 00時52分

カサダンでじゅり堕ちさん

あと、この曲を選んだ所以は、
「僕がせめぎあう」
「漫談をしようかどうしようかせめぎあう」
じゅりさんの心情も表しているのではないかと、
フェス2日目の報告を聞いて特に思いましたw

投稿: Nasia | 2015年1月24日 (土) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いただきもの描いたもの | トップページ | 昭和90年のVOICE∞③ »