« 正月LIVE⑥ | トップページ | 正月LIVE⑧ »

2015年1月31日 (土)

正月LIVE⑦

1月も今日で終わり

なんだかこの1カ月長く感じました。
渋谷に行ったのもちょっと前のような感覚やね。



11月3日以降、
ワタクシの中ではジュリーはひっそりと冬眠しているような状態に陥りsleepy
その上に健さんのご逝去もあり、
一時期ミニ健さんブームが巻き起こったんやけど・・・

いや、これまでにもそういうミニブームがジブンの中で巻き起こったことは
多々あったんやけど、

結局はまた引き戻されるんやね。


その弾き戻しはもちろん渋谷の初日で。
それ以後、あれだけ熱心に見ていた健さんの映画を観るのもパタリと止みw


ホンマ、なんなんやろ?っていつも思うんやけど。



あっ、単に冬眠から目が覚めて襲われたからかheart02



cat・・・






さて


緑色のKISS KISS KISS


この曲は


どれだけブレずに変速手拍子し続けられるか


という、

内容とは別に勝負の曲でww

それゆえに、途中でジュリーがKISS KISS KISScatheart04
とする時に応酬するか、無視して変速手拍子をし続けるか、
そのたんびに、ワタクシは選択に迫られることになり・・・


ブレまくりの応酬したりせんかったり・・・
(人生的に反省(-_-;)



ジュリーはサビ部でしきりにscissors
を掲げていて、


スミマセン、最初はKISSの準備なのか?なんて思ってたの。
それほどしたいのかって|ω・)



でも最後もscissorsで終わって、
そっか、PEACE(ピース)の意味ね。

と。


遅いってsweat01

ROCK'N ROLL MARCH



これはもうおなじみ。

今は時間を見ては、今まで頂いた映像や音楽を編集してるんやけど、
91年のジュリー・イン・紅白を見て、
たとえば73年の危険なふたりの衣装にしても、
当時は白組が赤い衣装を着て歌うというのはご法度だった。
なんで赤着て歌ったらアカンの?
じゃあせめて赤のストール持ってブルンブルンふりまわして投げ捨ててw
それくらい気を遣わないといけなかったと。

常に反骨の精神でやってこられて。
それとあの頃は加瀬さんが引っ張ってくれて、
あそこまで革命的なステージングができたってこともあるけれど。

今も今で、やり方は違えど、
ひとりでも全然、
社会に(いわゆる芸能界的なものに対して)背いても
こうやってできるんだよ。という威厳さえも感じます。







どうやら、関東では明日の昼頃に、フォーラムの件について
取り上げられるみたいですね。
ヘンな編集になってへんかったらエエけど。





先日取り上げた中村様のブログへのコメントがとっても熱いです!
中には、実際ジュリーとお仕事をされた方のコメントも入っています。
年や地域や環境は違えど、
ジュリーをちゃんと理解してくれている人がこれだけいると思うと、
とっても嬉しいですweep

|

« 正月LIVE⑥ | トップページ | 正月LIVE⑧ »

Live report」カテゴリの記事

コメント

先程、「ワイドナ……」を見ました。
某メディアへの直接的な批判は封印しつつも、普通にlive ならあり、でしょう。
武田鉄矢は、泉谷しげる等を例に出しそんなこともlive ならあるし、とし、
他の参加者も基本的には、変な掛け声にはそれを逆手に取って曲を作って対抗したら?等の珍案を話すくらいで、
Rocker Julie へのリスペクトがあり、声掛けしたサイドを擁護してはおりませんでした。
又、多くのJulie ファンが怒ったわけについても、記事内容が事実誤認から生じ、
それが他のメディアでそのまま拡散したことへの危惧と、
当日live 参加者からのそれぞれの体験が書き込まれているという、事実を伝えていたと思いました。

久しぶりに、バラエティ番組ではありますが、出演者の方々が大人の全うな反応をされておられたので、
正直ホッと致しました。

後藤健二さんの報道が早朝あった中でしたので、本当に私達に今出来ることは、足元をしっかり踏み締め、
日々の暮らしを大切に「生きてたらしあわせ」である現実を噛み締め、祈りを忘れずに参りたい、
と思いを深く致しました。

投稿: Lchia | 2015年2月 1日 (日) 13時37分

Lchia様

芸能界もヒマなんでしょう。
女性誌までにも載っておりましたね。
同じ載せるのであれば、ジュリーの国を憂いて、歌にし発言にされ、
そういった祈りの深さを載せてもらいたいものです。

投稿: Nasia | 2015年2月 4日 (水) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月LIVE⑥ | トップページ | 正月LIVE⑧ »