« 紅葉の〆は② | トップページ | 12月3日 »

2014年12月 2日 (火)

次々と

まだまだ健さん追悼が冷めやらぬ中
また昭和の大俳優さんが。


寿命とはいえ、
気骨ある、もっと生きていてほしかった人が亡くなるのはやっぱりつらいです。



日本の未来を憂いて、
最期の最期まで人々に訴えた姿が印象的でした。





ジュリー的にはやっぱり、
「太陽を盗んだ男」でしょう。


これは美しき時代の偶像から、
少しですがミニインタビューです。

|

« 紅葉の〆は② | トップページ | 12月3日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中抜け時期が長く、美しき時代の偶像はYOUTUBEにあるものしか観ることができません。全然知らなかった文太さんのインタビューをアップしてくださって、本当にうれしいです。大感謝です。ありがとうございました!
わたしは農業関係の仕事をしています関係で、今年、文太さんをお見かけする機会が数回ありました。訥々としたお話も、たたずまいも、本当にカッコよくて、ご一緒の奥様もステキで、うっとりしてしまいました。
脱原発、平和、護憲、3・11被災者の方々に心を寄せること…、筋の通った発言と生き方はジュリーと同じ。
健さんに文太さん、一緒に逝ってしまわれ、今年の秋はなおさら寂しさが沁みる秋になりましたね。

投稿: ゆめらじ | 2014年12月 2日 (火) 10時04分

ゆめらじさん

ワタクシもまだまだ健さんを引っ張っております(^^;
文太さんも、もう少し生きてほしかった方々が次々と逝去され、
正直取り残された感じがします。
世間では普通に歩いていても突然襲われるというような世の中なんですもの。

お二人の生き方は到底真似できませんが、
遺していかれた精神の少しでも、自分の中に根付かせ続けられるように努力していきたいです。

投稿: Nasia | 2014年12月 5日 (金) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉の〆は② | トップページ | 12月3日 »