« あさきちとせいじ | トップページ | 悪名(想像という妄想) »

2014年3月24日 (月)

映画「悪名」について

昨日はなんだかずっと頭痛が続き
仕事やったけど、体調が悪かったです。
少し前は平気やったことがだんだんしんどくなる。
ああ、これが年を取るということなんやな(._.)





と、ジブンのことは置いといてw
勝手にTGのこともとりあえず終わらせてもろて、
いよいよ27日(木)から始まる

音楽劇 ‟悪名” ~The Badboys Return!~

Powerdvd10_20140324_091517287




共演者も毎度お馴染みの方々が名を連ねております。

Powerdvd10_20140324_091527881



共演者の方々からこんな感じと漏れては聞こえてきますが、
まずは、ワタクシなりの
この作品について語らせてもらいます。



これが大映で映画化された‟悪名”

Powerdvd10_20140324_092827697


どーでもエエことですが、
やはり‟悪”という表記は、
この旧字?やないと。
というのが、
どーでもエエことですがw


ワタクシも正直、
たとえば、健さんなんかが主役を張られた、
東映の任侠映画のようなものは苦手で、
これも見ることはなかったんですが、
とある縁で、この作品を見たら、オモロイやんけ!
ということで、勝&田宮の全作品見てしまった流れがございます。


なんだろ、
東映のはワタクシのイメージですが、
重た~い‟義理と人情”っていうような、
もうヤクザの世界ど真ん中!!みたいな。


でも、これは確かに
主役の朝吉に流れているのは‟義理と人情”
ではあるけれど、
ヤクザにどっぷりつかっているんやのうて、
あくまで「朝吉一人(いちにん)」
一家は持たないという主義。
それは、最初の2作品で、いつの間にか一家の親分にはなってしまったけれど、
ヤクザの世界の汚さに愛想をつかしそういう世界が嫌になってもた矢先出征したということもあってね。


3作目の戦後以降は、それこそ悪名を売るような行為から足を洗いたいと、何度か努力はしておられますが、結果的に対ヤクザとひと騒動起こしてしまい、「八尾の朝吉」「朝吉親分」と呼ばれて、またやってもた、なかなか足を洗えれへんわ(苦笑)みたいなねcoldsweats01



なので、このシリーズは最初の2作品と3作目以降とは、
戦前(戦中)と戦後ということで随分映画の印象が違いますね。




で、もう一人

「梅に鶯松に鶴。朝吉ときたら清次がつきもんでんがな」
と決めゼリフを吐くw
清次の存在も大きい。


朝吉だけでは、単発だけだと持ったかもしれないけれど、
長くシリーズ化になったのも、
この朝吉とは全然キャラクターが違う清次の存在が大きく、
この二人の絶妙なバランスがこの映画の成功をもたらしたともいえる。



戦前(戦中かな?)を描いた2作品「悪名」「続・悪名」は、
清次やのうて、その兄の(モートルの)貞で、
そもそも二人が飲み屋でお互い因縁つけてどつき合いwした結果、
お互いの強さに納得し、親分子分の盃を交わしたという流れがございます。

しかし、貞は「続・悪名」で因縁をつけられ殺されてしまう。

この兄もちょっと軽い奇抜なトコロがあったけれども、
背後に戦争という空気が流れているせいか、どことなく映画から感じる重たい空気を背負っていたような気がします。

で、本来なら、朝吉も出征してしもて、貞も死んで、この映画も終わるつもりやったんやろうけど、
終わらせられない人気が出てきたんでしょう。

昔(今もかw)よくある、「存命させろ生き返らせろ作戦w」
会社から3作目以降も作れ!という命令の元w


ゾンビのように貞にソックリな弟の清次が登場
この清次がまた、
貞以上に朝吉とは好対照で、
アヤシゲな英語を繰り出し、ノリは軽いし、朝吉にしょっ中ヘソ曲げるし、
でもやっぱり親分好きや~と最後は寄ってくるちゅうw憎めない性格で。
どうしても朝吉だけでは(体型も含めw)重苦しくなる部分を清次の軽さでうまくバランスをとっています。


で、この映画を音楽劇をやるにあたり、再見して、勝手になるほどと好きだなあと思う理由が「あまり人を殺さない」w
あまり、というのは、ヤクザ同士で殺したりヤクザが庶民を殺したりというのはありますが、朝吉と清次はほとんど殺してないcoldsweats01

その作品の一番核にいる‟悪い奴”へは、ひたすらどつき倒してwヘトヘトにさせて、そこで打ち止め。
ラスト近くはドンパチやのうて、ひたすらどつき合いが繰り広げられるちゅうw

それがもう、いつもは重々しい感じの朝吉さんも勝さんに戻って(なんやそらw)どつくスピードが早いし軽々しいし、清次さんは言うことないし、
見ているこっちもスカッとするようなね。

最後まで深刻な心境になることなく娯楽映画として楽しむことができます。


そんな二人のコンビがだいたい7年ぐらいかなあ。続いたわけです。

勝さんも田宮さんも、それまではこれといって代表作には恵まれてなかったけれど、
この映画をきっかけに、それぞれスタートしての地位が確立され、忙しくなって、
結果シリーズも最後の方は1年に1回くらいしかでけへんかったみたいやけどね。



映画もにゃんも見ていない方に、
悪名のあくまでも映画版ですが、こんな感じと
大体イメージをつかむ手助けになってくれたら、ありがたいです。

|

« あさきちとせいじ | トップページ | 悪名(想像という妄想) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あさきちとせいじ | トップページ | 悪名(想像という妄想) »