« レコ室からこんばんは | トップページ | TGLIVE in 東京D⑬ »

2014年3月 4日 (火)

ジュリーの想い自分の想い

Mainiti0303


TGが始まっていた最中にジュリーに取材に行かれた瀬尾さんが、
また記事にしてくださいました。


ネットでも読めますが、その後紙面ビューワーも無料で見れたので、
繋ぎ合わせました。こちらの方が写真がキレイやね。
実際の夕刊紙は白黒写真やったみたい。


まずは、かーねるさんを剃ってはったこと。
ギリギリまで剃らないのかなあと思ってたけど、
後は髪の色を染めて対応するのか、
勝さんが演じられたように思い切って刈り上げてしまうのか、
いやいやカツラかぶるのか
いずれにせよ、髪は短くされてまして、


きっとお顔がああいうふうに見えるのはそのせいかと
見慣れてしまえばcoldsweats01




でもこの堂々たる親分の風情ちゅうか
pouchpouch

いや、もうどうしようもでけへんのやろけど( 一一)


ジュリー朝吉、想像はつくけど、
それはワタクシの抱く朝吉のイメージではないんやね
まあ、それは後日にやねえ・・・




で、CDのことは

内容についてはワタクシがなんとなく予想していたとおりのものでしたし、
東京五輪のことにしても、五輪が東京になってありがとう、という歌というよりも、
あくまでも被災地の復興のために五輪があるんだという位置づけをしなさいという、ジュリーの気持ちなんだろうなあと思ってましたから。


ただ、文章を読んでいてまったく予想していなかったのが、


これから先、震災のことしか歌にしない





ワタクシは2012、13、14と続いて、
黄色い輪っかの最後の文字まで見せて、
一応の区切りをつけたのかと思っていたの。


でも、2011311の惨状を目にして、
これから作る歌は全部東日本大震災の被災者への祈りの歌にしようと。
決心をされてたんやね・・・




う~ん
いろんな人がおると思う。
こうやって直球でよくぞ言ってくれた!って思う人もいるやろうし、

でも、
でもね、
昔からジュリーを知っている被災者の人たちは
それこそ想いが重すぎるんじゃないかと思うんです。

かつて、綺羅星のような容姿であれだけ夢を見させてくれて、
ときめかせてくれた人が、
風貌も変わって、歌う歌も別人のようになり、
失望まではいかなくても、複雑な心境になるんじゃあって。

ジュリー、そこまでしなくてもいいよ。
過去の歌でも今の声で歌ってくれたら十分だよ。って


辛い現実は日々嫌でも見ているわけですよ。
見て生きていかなければならない。

だから、せめて、コンサートや、
出す歌の世界では夢を見させてほしい。
少しの間でも現実逃避させてほしい。
そう思うもんじゃないでしょうか?



ちょうど磯前先生が比叡山を取り上げてくださって、
『花・太陽・雨』や『叫び』の歌の素晴らしさ。
ジュリーの想い
改めて感じさせてもらって、

こういう歌を今歌われたほうが、
球に例えると、直球より変化球の方が、
傷ついた人の心に届くものじゃないのかな?って。


I belive in musicとか
ジュリー自身は自分のことを歌い上げているけれども、
それが見ている人の心の中へ、自分への投影となって、
人によっては歌から伝わるジュリーの生き方に同情して感動するかもしれない。
ジュリーもこうやって生きてきてるんだ、自分たちもちゃんと生きないとね!って思えるだろうし。


普遍的にいろんな立場の人の心が癒されるためには、
変化球、逆もまた真なりの考え方でもありなのではないかと。


直球はキツイ人にはとてつもなくキツいですよ・・・




ジュリーの気持ちは痛いほどわかります。
だってジュリー大好きだもの。



あくまでもワタクシの想い考えです。
ここは日記や。

|

« レコ室からこんばんは | トップページ | TGLIVE in 東京D⑬ »

Julie」カテゴリの記事

コメント

そうです!その通りです!内陸部に住んでいた私には何ら被害はありませんが、あの激震は忘れられず、まだ泣けるし涙が出ます。
忘れてほしくない大震災ではありますが、未だに仮設住宅住まいの被災者の方々の心痛を思うと、何ら進捗なく・が現実だと思います。オリンピック開催については何ら反対はありませんけど、そこで費やされる予算で、被災地の復興がもっと進捗するのでは・と材料高騰、大工さんがいないなどの人材不足など、補えるのではないのか・など、素人の案件ですが、想いは複雑です。忘れてほしくない大震災ではありますが、早く、被災者の方々の心痛を和らげて頂けたらと思いますね。
ジュリーにも、あの華やかだった時代の歌をもっともっと歌ってほしい!癒され度が更にアップすると思いますけど(*^o^)/\(^-^*)
彼が忘れずに更新し続けて下さる想いには感謝しています。
是非皆様には被災地方面へ出向いて頂き、地元の方々が賑わう事で癒され、活発化し、復興に弾みをつけて頂けたらと思います。
毎回ブログを愉しみにしてます。
有り難うね♪

投稿: Suu | 2014年3月 4日 (火) 13時28分

大賛同です! 
>だから、せめて、コンサートや、
出す歌の世界では夢を見させてほしい。
少しの間でも現実逃避させてほしい。

かなり前から私の願ってる事です。
ジュリーの想いは尊重するけど、私達お客側の心も知ってほしいなと思う(伝える方法がないけど)
CD売上げに反映してるとも思うんです。

投稿: nana | 2014年3月 4日 (火) 23時34分

Suuさん

コメントありがとうございます。
例えがヘンかもしれませんが、
先日南さんと話題になった濱○さんは、今までもかなりモテてきたと。
じゃあ、なんで今までの女性は離れていったのかというと、
あまりに濱○さんが一途に愛してしまうがゆえに、
その愛の重さが負担となって、しんどくなって離れていくんだと。

それと、この一件と一緒にしてしまうのは、どうかしているわ、ジブンですが(^^;
俯瞰で捉えると一緒かなあなんて、思ってしまったわけで。
心を常に傾けてくださるお気持ちは大変有難いのですが、
ストレートすぎると、そしてそれが重なると、
その重さがかえって負担となってしまうのではと。


でも、ジュリーは自分の正直な気持ちを尊重したいんですね。
と思うことにしています。
遠慮して、自分の心に偽りをもって歌を作るのは
それはそれで正義じゃないから。

投稿: Nasia | 2014年3月 4日 (火) 23時52分

nanaさん

コメントありがとうございます。
ジュリーだって、これまで人のライブを見に行かれたことが多々あるでしょうから、
お客様側の気持ちは十分ご承知のはず。
でも、先ほどコメントにも書きましたように、
それでも自分の心を偽りたくないんやと。
残された人生、被災者の方々への歌を作り、
祈り続けようと。
震災時決心され、今に至っておられるのだと思います。

ジュリーの覚悟ですね。

投稿: Nasia | 2014年3月 4日 (火) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レコ室からこんばんは | トップページ | TGLIVE in 東京D⑬ »