« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

今年もありがとうございました

こんなむさくるしいトコロへ訪れて来ていただいた皆様

そして、ジュリー様

今年もホンマにありがとうございました☆




2013年という、
ワタクシにとりましては年女ちゅうw記念すべき年に
ジュリーがおそらく我が人生最大の夢shineを実現できた
その場を共有させていただいたことは、
ワタクシの人生におきましても、大きな出来事であったことは
間違いございません。



そしてまた、
行ける時に行っておこうということで、
ジュリーのファンになって以来、
最大に密度の濃い年でもありました。

どこどこに何回、いくら使ったとか、
性格上w
記録しておりませんが、
もう楽しい想い出、衝(笑)撃の思い出だけは、
しっかりと脳裏に焼きつけておこうと思います。



| | コメント (4)

今年も終わり

Cocolog_oekaki_2013_12_31_00_37





ワタクシの中では27日が大みそかみたいなものやったから、
もう気分はすっかり平日ですが

また合間の時間にでも今年の感想を書けたらなあ







さて、寝ようsleepy

| | コメント (0)

2013年12月30日 (月)

ドームその後

Cocolog_oekaki_2013_12_30_13_12


TG千秋楽!ちゅう仕事納めをしてから
大掃除にとりかかろうとは思っていたけれど、
あまりにも虚脱感が大きく、ボーッとして酒ばかり飲んでいるJさん。
代わりにじゅりモンをこきつかって家の中を掃除させとるちゅう

(※あくまでもフィクションですw)






いや、ワタクシだって、ホンマはボーッとしときたいですよ
考えることだらけで、ハア~ッとため息が出るちゅうね
この考えるのは全然苦にならない考えるであって、

ここにも書きたいけど、

明日まとめとして少しだけ書ければいいかなあ。でも時間があるかなあみたいな



今現実にやらなければいけないのは、
別に考えたくない(興味ないw)ことばかりで(言ってもたcoldsweats01

ホンマ、Jさんどうやろね。
昨日はきっと知り合いやらいろいろ連絡があってあんまりやり遂げたことについて向き合うことはできなかったやろけど、
ワタクシは、今頃が一番腑抜け状態になってるんちゃうやろか?って思うんやけどね。


ワタシがJさんなら時間が許せば、家事仕事せずに酒ばっかり飲んどるわw



ジュリーはやっぱりあのステージはいつもの自分ではなかったんだなと。
あの時は場の空気に紛れてか、そんなに思わなかったけれども、
その後の皆様のレポート文章を見ていくうちに。
思い起こせば確かにそうだなと。


だって、この日が来ることがどんだけの念願だったか、


全員揃ってTGをやるために今までやってこれたんだ。


と断言していたジュリー



きっと、こんなことは初めてだ、くらいに
舞い上がっていたのではないか?


なので、基本の挨拶言葉に頼るしかないというか、
いつも見せる、変化球的な言葉が全く頭の内から出なくて。



いや、少しは出たけれど、

例えば、「ピーは某国を行ったりきたりで何もしてくれませんでしたが」
とかいう言い方にしても、
あまりに真面目に言うもんだから、
なんか真面目すぎてジュリー独特の笑の味わいが抜けていたというかw



もしかしたら、自分は何を言ったのか忘れてしもた・・・・くらいのレベルかもしれへんね。。
そんだけ緊張し、普段の自分ではなかったという。


いやいや、あくまでも想像やで




だから、最初に戻れば、
その分寄せ返しがドーンと今頃になってきてるんやないかと



ホンの少しの休憩時間やけども、
こうやってつらつら考えるのもリフレッシュやね~riceball

| | コメント (2)

12月28日の富士山は



東京がとってもいいお天気だったので、
きっと富士山も



ニアトラの翌日の新幹線からも撮ったように、
思わず撮りたくなって



自分のイメージは「廃墟の鳩」だったのと
分数も近かったのでくっつけてみましたhappy01



これも思い出~






さ、寝よcoldsweats01

| | コメント (0)

2013年12月28日 (土)

TGin東京ドーム(とりあえず終)

なんだかこの時点でここだけの話、
シローさんのことすっかり忘れてもてたんやけどw



最後にみんなでTシャツ着て出てこられた時


なんとシローさんが登場してきたので、


ここだけの話忘れてしもてた分w

驚きもひとしおで思わずポカンと開けた口を手でおさえてしもて

あくまで想像やけども、
基本のステージ構成はタローさんなんやろけど、
この部分だけはジュリーが考えてるんやないかなあって思ってね


トポさんのTシャツを少しでも売ろうと、
じゃあみんなで着ようよ。とか、


みんなでおててつないで挨拶しようよ。とか、


そのおててつなぎ順にしてもあえてジュリーとトポさんがつながれるように
ジュリーから仕向けて


いやいや想像やけどもや。

シローさんはさんでもジュリーとトポさんつながれとったしね。



シローさんは白の若T


バランス的には白の老Tのハズなんやけど、


シローさんのことやから、きっと「このTがエエわ」って選んだものなんやろねw



私はこのシーンで一番に印象残っているのは

一瞬映った、トポさんのもんすごい嬉しそうな笑顔☆

もちろん歯を出して笑っているとかそういうのやないんやけど、
最大限の微笑みをされたお顔が。



もうそれ見て、

ああ、よかった、って。



もう、ジュリーに対してはワタクシもはや母親気分やさかいw


virgoジュリーホンマよかったね


virgoジュリーホンマよかったね



ていう繰り返しや




自分が折れてでも彼を振り向かすことができてよかったし、
振り向かされた彼も、きっとありがとうと言葉には出してないかもしれないけど、
心の中できっと思っているはずだし。

めでたしめでたし。



ジュリーは腕まくりして、黄色いわっか見せるようにされてね。



この時点で21時5分頃で、
やっぱり時間切れもあったんでしょう。
シローさんのことも気遣われたんでしょう。
関東一本締めすることもなく、
若干ジュリーがシローさんの車いすで遊んだ程度で(そう見えたw)
個人的にはちょっと物足りない最後。




でも、本当に


無事に終わって良かった。



それだけでも安堵しとります。



ジュリーの夢が叶い切れたって!!






また思い出した部分があったら追加すると思いますが


とりあえずドームレポはここまで。







終了後、ありがたくもTGの赤青が流れまくっているお店を探してくださり、
ミニ打ち上げ



D003_3





そして、23時過ぎに帰ってきた頃には
すでに看板は外されておりました。


あっ、これ書いてるのちょうど24時間後くらいですw


D001_2








そして、翌日は澄み渡るような快晴で!



ホンマホンマ
よかった!!




本当に私の一生にも残る素敵な思い出になりました☆



D002_2





明日からは仕事が続くので、
もう無理矢理つめこんだ感ですが。


明日は朝から晩までずーっと仕事なので、一旦ドロンです~dash

| | コメント (3)

TGin東京ドーム⑥

アンダーマイサムは、前半で一番ワタクシのお気に入りの曲になりましたhappy01


今までは確か下手しかピー先生以外の4人が前に行かなかったような気がするけども、
最後は3方向にちゃんとみんなで行かれてね。
でもドーム規模やと、たとえ最前列の人でもウワーッ前に来たっていう圧力がないかもですねw


で、ジュリーが途中でヘイ!かつみぃ!って声かけるのね

ニアトラ武道館の前半終わりでやったブッシャ~~~~!!
(よーわからんので、とりあえず擬音で表現ww)
があるかもなんて、ちと期待しましたが、
それはおそらく皆様の年齢を考えたんでしょうw
なくって

休憩は30分でしたが、
なんやかんやといううちにあっという間に
いや、トイレは行ってませんがw




仕事の関係上、だんだんはしょり加速していきますがw


後半印象に残っているのは

生命のカンタータを歌った後、
流れとしては、ジュリーのミニMCが入るんやけど



感慨にふけっておられたのか


はたまた次はすぐ歌うんやなくて、ジブンが喋ることを忘れてしもてたのか
(この可能性の方が大やけどw)


無言の状態でしばらくスクリーンにドーンとお顔が映ったままで



Cocolog_oekaki_2013_12_28_21_52



客席からはジュリー!!!という黄色い声がw




そんなこともありました。



N○Kさん、ここ編集せんといてねgawk




音が?というのがちょこちょこはありましたが、
トポさんが銀河の前で地震を起こした以外w
特にハプニングもなく、
タローさんも・・・ギリギリセーフかな
おそらくニアトラのような驚くべき修正はないものとcoldsweats01






で、ノリ曲の時はクレーンカメラも客席の方を撮ったりして

でもイマイチ心配です。

やっぱりドームやから、音が消されてしもて、
君愛は特にみんなキャーキャー言うてるんやけど、イマイチ伝わって来なくって
どんなふうに編集されるかと。




そして、またはしょって、



後半印象に残ったその2


ジュリーのティンバレスが驚くほど上手くなったこと


武道館に比べてね。

おまけにサリーさんの声マネをする所もちゃんと声出されてたし、
動きに余裕が感じられて、


ここは見どころやで!


さすが、夜の幹事だけやっているわけではないわなと( ̄ー+ ̄)(嘘)






そして、蛍の光では


ジュリーよかったね


ジュリーありがとう



と、ワタクシは心の中で繰り返し涙してweep






次のラブラブラブ



1番はLの字を高くあげたままでサビで揺らして
2番はそのLの字を胸元にサビで揺らして

そしてラストサビの激しいところは、
ジュリーがものすごく目いっぱい歌っている
もう悔いのないようにしよう!という気持ちがありありと表れているような歌いっぷりで、
目をグッとつぶってね。大きくLの字を揺らしておられました。


でも、あの解散コンサートのような悲しい最後やなくて、
まだまだ生きていくとりあえずの最後やからね。
悲しみはなく感動でウルウルでweep







そんな感じでとりあえず終わったにしては、ジュリーの去り際、そっけなかったなあcoldsweats01

続きを読む "TGin東京ドーム⑥"

| | コメント (0)

TGin東京ドーム⑤

今思い出したジュリーの“一口思い出”

最後で明かされたw
終わった後の飲み会の場所は一次会だけでなく、二次会までちゃんと決めていたということと

冗談ぽく


これからは沢田幹事と呼んでください


と言うたもんやから


近くから


幹事~という投げキッスheart04ちゃう投げ返し言葉がww

これで東京LSを思い浮かべたのはワタクシだけやろかcoldsweats01






さて気を取り直してw


サリーさんの語りは、弟さんとはまた全然違った語り口で
ぴちっと締まる感じがしますね。
そして、こんな大きな箱でも他メンバーには見えた緊張してしゃべり口調がちとあやふやになっている感じが全くなくて、冷静そのもの。
これもさすがあ!というね☆

兄弟でこのステージに立てるのは奇跡だと思います


と、挨拶の中で。

前の日もシローさんのリハーサルに付き添っておられたみたいやし、
最後の最後まで身内としてとっても心配やったと思うけれど、


この日を迎えるにあたっても、
おそらく弟さんのことやいろんな大変な中で参加されたと思うし。


ジュリーは「サリーは(活動準備は)何もしていない」
ともちろん冗談ぽくは言うてたけども、
私が思うに、

「何もしてない」
じゃなくて

「何もさせないようにした」

というみんなの気持ちだったんやないかなあと。


他の人は音楽をするということに対しては、普段から時間があるけれど、
サリーさんについては、
年中役者というスケジュールが詰まっているわけやし、
そんな中の参加やから、
最低でも会合だけは顔を見せてもらって、
何かをお願いするということはあえてやらなかったんだと思う。


あのベースの音さえちゃんと出すことに集中してくれたら、と。

そして、その期待に応えるかのように、
忙しい最中、
リハーサル日には、すべてマスターして準備を整えてこられたサリーさん。

役者として、本番前にはしっかりとセリフを入れてから臨むという基本、
それをきっちりTGの場でもされたわけです。


もう、それだけでも頭が下がりますね。


ホンマ、サリーさんについては聴いてて


「あっ、音が変やったな」


っていうこと一回もなかったもん。
抜群の安定感というか。




やっぱり裏で随分と努力されたんですよね。
暗闇でももちろんね。
福岡では「暗闇で練習やるフリしてタローにこの場でネタにしてもらうように企んだ」みたいなことを言うてたけど、
暗闇でもちゃんと弾けるようにホンマに練習されてたはずです。

きっとそういう人や。サリーさんは。


演奏だけでなく、

武道館でかなり危なかったTGのテーマの足上げにしても、
ジュリーに続いて2番目に足上がっとったもん

これもきっと人知れず練習されたんやろね。

さすが日本を代表する俳優さんや!




サリーさんに対しては誉めることばかりhappy01










catワシは?

続きを読む "TGin東京ドーム⑤"

| | コメント (0)

TGin東京ドーム④

タローさんの「イエローリバー」が終わって

(ちとはしょっとりますw)


その時ね、サリーさんがいつの間にかいなくなってたの。

で、後で考えたらピー先生もドラム台から降りていなくなられてたはずやけど、
その時は気づかず、

ああ、ここで登場されるんやね、って。



タローさんが、


ちなみにタローさんの髪型ですが、
ワタクシ的には福岡のサラサラストレートがよかったですが、
またパーマを当てられたみたいで、プラス髪も伸びておられる感じやから
お○さん度が増し・・・ゴホッゴホッ



ま、どーでもエエけど(コラコラ)



気を取り直して

タローさんが

また12月27日という記念日ができましたね!

とご挨拶されて
(いえ、このほかにも喋られましたが)


ちょっとタメて

なんときしべしろうが来てくれました!


と。下手の方を向き



しばらくしてピー先生が押されながら
車椅子に乗られたシローさんが登場!!


そしてその後に続く兄サリーさん



多分、足の骨折の影響が長引いてて、
どちらにしろ歩くことができなかったかもですね。



どんな感じだったかは、
もう映像や写真が出ておりますので。






ジュリーが

(来くことができて)よかったと思ってください。
シローもTHE TIGERSのひとりです!


と紹介

そしてシローさんに喋るか歌うか伺い、
シローさんは

歌う


ときっぱりと。


イエスタディを披露されました。



Jファンなのにと怒られるかもしれませんが、
ワタクシ、タイトルは知っていて、ビートルズのナンバーまでは知っているのですが、
この曲がどんな曲かまったく知らず、
若葉の頃と同様、シローさんが歌ってはじめてどんな曲かわかる始末でpig


周囲で歌っている御姉様方が一緒に口ずさんでいるのがちょっとうらやましい・・・

シローさんの左横にはタローさんがギターの音をちゃんと聴かせるかのようにぴったりと横付けする形でギターを弾かれ

車椅子を押していたピー先生はそのままシローさんの真後ろで寄りそうようにして

ジュリーはその横で少しして左手をシローさんの車いすの上に載せながら


トポさんは後で写真を見ると、ちょっと離れた位置におられたんだなあと分かったのですが、
ワタクシの立ち位置からは遠近の関係でタローさんとピー先生のすぐ後ろに顔があって一緒に近くにいるように見えて、
サリーさんもしかりで、もっとみんなの近くにいたように見えて、


つまり、6人がひとかたまりというかクルーッとまとまっているように見えたの


ああ、この見え方は撮ってもないだろうし、記録として残らない見え方だと、
ならば少しでも自分の脳裏に焼きつけておこうと。
スクリーンよりもほぼステージばかりを見ていたように思います。



なんだか夢のようだったなあ



て、今になってね。

ドームはなんだか広すぎて、

後になってドカーンと余韻がきますね。


メンバーさんたちもそうやないやろか。。





シローさん、若葉よりも長い歌やったのに、
よく歌い切りましたね!

シローさんはお痩せになられているのはもちろんでしたが、
喋られている様子を見て思ったのは、

身体的にうまく表には出すことができないけれども、
頭ははっきり回っている

ということ。
喋りづらそうですが、シロー節は健在で。

“一口メモ”

って言われて、魅惑のウイスパー・ボイスの由来を説明。


個人的には、もう少し喋ってほしかったですが。


でも、ドームが思ったよりちっちゃくて
面白いことを言おうとしたけれども言えなかったんですよねw



ともあれ、頭ははっきりされているご様子やったから、
後はお身体を、
是非もっとお肉つけてね。
やっぱり、シローさんはあの歌声としゃべりや。
もっと聞きたいですもん!



ニアトラよりも多分短めにシローさんコーナーが終わって、
ピー先生が車を押して退場されました。

ジュリーがその光景を見て、


父を連れていく息子のようだ


とw


ホンマやねcoldsweats01


ジュリーが6人でTGですと言ってたけど、
ホンマのホンマはそうで、

シローさんだって、ステージに上がったのはトポさんが抜けて以降やけども、
その前から音楽の情報提供をしたり、TGのためにアメリカ行って活動されてたんだもんね。
だから最初からTGのメンバーですよね。



で、まあどうでもエエことですが、

ここでジュリーが


「それでは兄が歌います」





が標準語発音やったのが関西人としてはちと悲しかったですしw

なんか全体的に発音が標準語に近くて




ああ、、やっぱり緊張してたんやなあと。

言いかえればネコかぶってたんやなあと。


母心に思ってしまったわけで・・・virgo





どんな思いこみやww

| | コメント (0)

TGin東京ドーム③

4万5千人もの観衆が見守る中、

10分近く押していよいよはじまり!!

やっぱりジュリーはかーねるさんで、
髪はしばらく切ってない感じでけっこう伸びていて
なんだかますますモフモフした感じにw

Cocolog_oekaki_2013_12_28_19_44


※囚人似顔絵のつもりではございません

最初のほうで印象的やったのが
パッと映った

ピー先生の満面の笑顔でドラムを叩いている姿で

うわ~ホンマ楽しそうや!という



で、その映像が京セラよりクリアなもので、
ちょっと発光きつめですか?みたいな
この画質がテレビで使われるんやね。

おかげで、京セラで見えたものが見えへんかったけども(・ ・)



アリーナもみんな総立ち!!
かと思いきや、ワタクシの周辺では最初の2曲は立っておられたけども、
トポさんの歌くらいかちらほら座られて、
そりゃ、ジュリー祭りとはちゃうもんねと思ったりw

おかげさまで?
もちろんメンバーはちっちゃくしか見えへんけども、
強いて言えばピー先生の顔がまともにシンバルに隠れとるくらいで
他の人たちはちゃんと見えて。


て、ジュリーのドラム叩く時の顔が見えれへんやんshock


と、ちと思ったけどやw






ジュリーの挨拶は、
やはり緊張されておられるのか、ちょっと固かったです。
固すぎて、
ピー先生に対して「某国を行ったり来たりして何もしてない」と言うてしまい、ピー先生立ちあがり否定する始末coldsweats01

いや、その後「インターネットを使って広報活動」、ってつけ加えておられましたがw


ジュリーたらあwww


でも、スタッフさんの報告だけではちょっと物足りないので、
やはりピー先生直々のツアー報告を期待しております!



サリーさんは、
今までちょくちょく言うてきたものをまとめあげたかのように


いっとくけど サリーは さり気なくいてくれるだけでいい 重石のような存在です


みたいなね



サリーさんもツアー中はやけにルンルンやった時があったみたいですが、
今回は終始大人し目


そうそう、
ジュリー、サリーさんを紹介の時に「岸部おさみは」って、旧名をやねえ
その時サリーさん今はちゃうみたいにジュリーに向かって反応してたしw




で、メンバー曲に入り、

この間のどこかでシローさんを入れてくるなと思いはじめ



トポさんの時にはまだその兆候はなく



トポさんは

ホンマツアーの中で上達度が目覚ましく・・・・


いえいえ、その前までの活動がどんなものなのかまったく存じ上げぬので、
あくまでもTGライブ内でね。


ドームが一番声が出てましたよね。
そして演奏も

やっぱり普段から弾いていたとしても、
TGメンバーと息を合わせるというのはすぐにはいかないものやろし、
それがまあ12月に入ってからも???やったんでしょうが、


なんちゅうか、
ちょっと?なトコロも
悠然と弾いてはるんやけど、
昨日なら「銀河のロマンス」でみんなと一緒に出れなくて、
「間違えました」とパッと手を挙げられてね。
素直な方なんやなあと。
これだけのことではなく、このツアーを通じて感じさせていただいて。


あっ、でも「TGのテーマ」だけは、
今まではしんどくても大丈夫な表情してはりましたが、
実はしんどかったのか
最後は思わず「目まいが・・・」という本音がw



後はみんなの中で一番手を振って愛想よかったし

でも、基本ポーカーフェイス崩さずみたいなね。



しかーし!

そんなトポさんが!!!




後々にひっぱります~


続きを読む "TGin東京ドーム③"

| | コメント (0)

TGin東京ドーム②

20131227001


我ながらよー撮れたと自画自賛しているじゅりモンとドームww




そして、初めは行く予定はなかったけれども、意外とすぐに行けると知って向かったプレート場所


Puret



もちろん人だかりができとりましたが、
順番で一番前で撮ってもこれw

ある程度身長と周辺環境が必要ですね




そして時間がたつうちに、このプレート横にはお手洗いに並ぶ長蛇の列が


おかしいなあ、ジュリー祭りの時はこんなに並んでいた記憶ないんやけどcoldsweats01




京セラでは開場直後に着席してしもてまったくもったいない2時間すごしてしもたのでw
逆にあちゃこちゃ行っているうちに、時間があっという間にすぎてしまい
アリーナの椅子、こんなちっちゃかったっけ?と思いながら着席
あっ、京セラの方がエエ椅子でしたw



京セラとは真逆のサリーさん側から

会場も上までいっぱいで、京セラ以上に人スゴイわ。って思ったら
4万5千すか!!



こんな中で歌う皆さんの心境どんなんやろ。


いやいや、もう気持ちは保護者になっとるさかいw
みんなあんじょうやってくれるのかと。


ここまでだだっぴろいと、
ドキドキというより、
口をあんぐりあけているしかないわけです(´ρ`)




| | コメント (0)

TGin東京ドーム①

14時頃の東京ドーム

D002D001





人ごみもまだちらほらやったので、
こうやってちゃんと撮ることができました。




13時半頃に東京駅に降り立ち、
本来なら別ホテルを予約してたんですが、
入金ミスという不手際からw
勢いで東京Dホテルに予約したので、そのまま水道橋に直行
こうやって、ドーム写真を撮って、
14時過ぎにフロントに行きましたらば、
ウワッ長蛇の列sweat01

チェックインするために15分も並ぶてww




そして、都会慣れしていないワタクシは、
エレベーターに乗り間違えたことに、
乗った後に気づき><
おばちゃんたちの流れに逆流することもできず・・

一度めでたく33階まで行ってもてw

再び1階からやり直し。

もっと低層階やsweat01




そして部屋からの景色眺めてビビったすよ


フロントのおねーさん、さては・・・計っただすなww

何の指定もしてないのに、
「ツインの少し広めのお部屋をおとりできました」だけは言われたかなあ


その景色がなんと!!










D003_2


正面ゲート真正面!!!







これは思わずじゅりモン(闇名「ぷに」)と撮るやろcamera
D004 








続きを読む "TGin東京ドーム①"

| | コメント (0)

感謝!!

Image

今は感動と出先とでちゃんと書けないけど

ジュリーありがとう

サリーありがとう

ピーありがとう

トッポありがとう

タローありがとう

そして……

シローさん、ホンマよかったね。

ホンマにホンマ

みんなありがとう!!!!

Image_2

| | コメント (0)

2013年12月27日 (金)

そして楽日!

Cocolog_oekaki_2013_12_27_00_27


Jさんは、ホンマは今日までの付き人ちゅうことで
じゅりモンを解雇予定やったけどもw
絶体絶命の危機を救ってくれたちゅうことで、痛く気に入り、
TGが終わった後も付き人として雇う決心を(嘘)




今日はTHE TIGERSの最終公演でもありますし、

ジュリーの今年の見納めでもあります。



今の心境は
こういうのは初めてかもしれへんけど、

楽しみより淋しい


です。



福岡や京セラで、ホンマに楽しい、ウレシイという5人のおじさんたちを
目の当たりにして、
そのオーラに触れて、
感無量やったし。

もしかして、また、、、あるかもしれない。
いや、現実的に考えると難しい。
となると。。。最後???


なんて考えるとね




シローさんもリハーサルをされたという情報も頂きました。
そんな、シローさんまで出てこられたら、もう涙腺崩壊どころではなくなりますやん

いやいやスゴイうれしいけどweep





ジュリーが最初の挨拶で定番にされている、
こんな不安でさびしくて、先の見えない世の中なのに、みたいな言葉にワタクシはもうひとつつけ加えたくって、

思いどおりにならない世の中なのに


と。


ホンマに、普段の仕事だって、人生だってそう。
なかなか思いどおりの人生なんておくれないですよ。絶対なんかあるもん。



だから、余計と思いどおりになっている5人が集まって、
5人だけで音を出す皆さんがスゴクて、うらやましくて。



でも、ここまでの道は思いどおりにはなってへんかったもんね。
それでもへこたれずに、信念を貫き通したからこそ夢が叶ったんやもんね。



自分の何歩も先を歩んできた先輩方をお手本にして、
生きて行かないと


東京ドームが無事に終了してはじめて、
ジュリーの夢が叶い切りますね。
それを見届けて、今年はチャン!や。

| | コメント (2)

2013年12月26日 (木)

楽日一日前

Cocolog_oekaki_2013_12_26_15_20


じゅりモンはあまりにも重い物を運び過ぎたためおやすみ中

スヤスヤ・・・

エエな~



ワタクシもちと風邪気味なのに夜遅くまで仕事やし><


あ、あと一日・・・

| | コメント (4)

2013年12月25日 (水)

楽日2日前

Cocolog_oekaki_2013_12_25_09_30

煙突から抜けなくなって雪に埋もれかけた絶体絶命のJサンタを、
迎えに来たじゅりモンがなんとかしてひっこぬいてw

(しもた、あかしやサンタみながらやったのでJサンタ衣装が前日と違ってしもたw)


よ、よかったねcoldsweats01



丁度今日くらいが最終確認くらいやろか?


それとシローさんね。
去年のこの頃のブログ見返しとったら、
そうそう、ミヤ○屋に出はって、
今年はやったものをクイズ出されて
全然当たらなかったけどw結局正解扱いで
お肉食べられてたっけ



でも、あれ以上にお痩せになられて?も
生きてきておられたということは、
これも奇跡やし、
やっぱりみんなと一緒にステージに立て!
というある意味神様からの指令やと思うから。


また武道館の奇跡を見せてほしいな。

一気に年末がすすんでいきますが、
一日一日噛みしめていかんとね。

| | コメント (0)

2013年12月24日 (火)

楽日3日前

Cocolog_oekaki_2013_12_24_12_07


なんか去年も同じネタしてへんかww


このままいったら、札幌のじゅりモンのようになってしまいますよshock






今年は例にもれず、
ホワクリを仕事から帰ってきたらリピしまくろうと思いますが


あらためてホワクリのジャケットの
ジュリーのかーねるさんない状態の写真を見ると
もうこの時からかーねるさんやったほうがよかったんちゃうんかい?と
思ったりw




でもプレゼントという観点やと、
ホンマにこの上ないクリスマスプレゼントをもらっておりますね☆

ワタクシはもう元気でドームまで走りぬけていってくれることだけで

もう、もう、、十分でございますweep

あと3日



ワタクシの頭は、27日まではとりあえず
TSモードやcat







仕事に行く前には分かっていたけれども、

ピー先生が、札幌の翌日旭川に行って、『白夜の騎士』の原作詞者さんに対面されていたという記事読ませていただきました!

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/entertainment/511851.html?rss



花の首飾り物語でも、少し取りあげられておられますが、
ネットや表だった情報のみを信用してしまって、作詞者を間違えてしまっていたとか。
あの本で終わりではなくて、なんとかお会いできないかと模索されておられたんですね。

さすがcoldsweats01


すぎやまさんは、この曲に対してはいい出来栄えではないとおっしゃっておられるみたいですが、そんなことはないと思いますが。
ちょうど、この寒い時期に似合う歌ですよね。

有川さんも北海道の冬の夜とジュリーを意識して作られたと。


タイガースの歌は冬の寒い時期をイメージさせる歌が多い気がします。

| | コメント (0)

2013年12月23日 (月)

気疲れ?

Cocolog_oekaki_2013_12_23_08_22


非公式マスコットキャラクターが雪に埋まっている間にw


昨日はきくところによりますと、ジュリーが一番ボロボロやったみたいでorz
青い鳥が終わった直後には滑り込むように土下座となwobbly



この6公演、ジュリーに関しては多少の歌詞?があったくらいで
無難にこなされていたけれど、


この仙台、一日はさんで札幌の間に
かなり気を遣って気疲れしとったんやろか・・・


京都のお母さんは心配しとりますvirgo




心配といえば、
あの開演時間ならいつもなら昨日のうちに帰っていたハズやと思うけど、
おそらく乗られるだろう予定の飛行機は欠航やったさかい、
その後どうやったんやろと。



きっと後日某先生がお知らせしてくれますねcoldsweats01







今日は年末最後の市内おでかけ。


遠いけどうっすらと雪化粧の比叡山

20131223104522


ちなみに
この立ち位置から後ろを振り向いたらミンミンどす

| | コメント (0)

2013年12月22日 (日)

本日は札幌

Cocolog_oekaki_2013_12_22_13_15


じゅりモンは、昨日のあの状態であたふたしとるうちに、
気づいたら雪にうずもれてしもてshock






全国的に荒天と聞いて心配しとったけど、
飛行機も飛んでるようやしよかったcoldsweats01



北海道といえば、
ワタクシも昨日やっとw「花の首飾り物語」を読み終え
あの曲についての思いを深くしたわけですが、
やっぱり感慨深いものがあるでしょうね。
特にピー先生が



あの曲の根底には、白鳥の湖もあったのでしょうが、
あの北海道独特の情景も歌のイメージの中にあるでしょうからね。


実際にホンモノといったらジュリーに悪いかもしれないけれど、
今回かつみさんの歌う「花の首飾り」を聴いて、

さすが、というか
TGで出した曲のベスト1の売り上げだけあるわ。と。




なんでしょう、
この曲には、他の曲よりも突出したオーラを感じるんですよね。

それはあくまでもワタクシの感覚なんですが、
武道館が一番分かる例で、


ジュリーの初日もそうなんやけど、
初日って、どういう展開かさっぱりわからない状態なので、
いつも感情移入できなくって、

武道館もワーッという周囲の歓声に押され、ワーッとはなってたけれど、
曲の中にまで入り込めてない自分がいて、

そんな中、
「花の首飾り」だけが心の中にグッと入ってきて、

とにかく、他の曲とは違う何か突出した物を感じましたね。


その後、福岡、京セラも同じくね。


こういうことは、ニアトラではなかったし、


今回はいろんな物質的な言葉を使うと“化学反応”を見させてもろて驚いていますが、
そのひとつでもあり、


あの楽曲+かつみさんの声+メンバーのコーラスで最大にオーラを発揮するんでしょうね。




とにもかくにも、いいコンサートになりますようにshine

| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

明日は札幌

Cocolog_oekaki_2013_12_21_19_09


じゅりモンも札幌に来て、思わず寒さで防寒したけど
巻きつけすぎやsweat01



明日の最高気温が0度なんて、次元がちゃいますねcoldsweats01





昨日の仙台は今までの中で一番ソツなく無事に終了したそう。

ホンマ、武道館の時はこれから多分・・・もうちとは息が合うんやろなあと
遠慮がちに思っておりましたがw


11月のスタジオで練習していた頃と、やっぱりステージで本番やるのとでは、
同じ楽曲をやるにもずいぶん感覚がちゃうんでしょうね。


で、ステージが終わるごとに夜の宴会wをしながら反省会もかねてるんやないかと思います。少しでも次がエエステージになるために。
その成果が実際現れてますからね。


ひとつひとつがエエ出来のステージになっていって。


だから余計、残りが2回になってしまったことは、
メンバーそれぞれ淋しいことだろうなと。
ここまで息が合ってきたのに。。


なんだかこちらまでしみじみしちゃうやないのweep



でも、
少しでも悔いが残らないように、
やりきった!と肩の荷が降ろせるように
札幌、東京D。精一杯やってくださいませ~

絶対成功するよscissors







あっ、仙台に行かれた方の報告によりますと、
ACでは上着を着ておられたそうですね。


あらわになって大スクリーンに映ったことでにゃにか言われたのかしらんsmileコラコラ

いや、ホンマ美しき愛の掟だけは上着着てほしい

後はぷにぷにしてても見えてもどーでもエエからsweat01こらこらこら

| | コメント (0)

2013年12月20日 (金)

今日からミニツアー

ワタクシやのうてじゅりモンがねw


付き人としてw準備万端・・・

Cocolog_oekaki_2013_12_20_12_57


おにぎり詰め込み過ぎやてsweat01






はてさて。。


おそらくメンバーにとりましては、一番楽しみな3日間になるちゃうやろかsmile
九州シリーズはまだ余裕がなかったやろうし。



ジュリーが言うてましたね。

仙台に行く飛行機だけタローさんと一緒や 

ってw


結局、席順は彼の予定通りになっているのか


はてさて、意外に・・・・smile



ステージもやけれど、それ以外もたくさんたくさん
メンバーの皆さんで楽しい想い出を作ってほしいな☆

| | コメント (0)

2013年12月19日 (木)

TGin京セラドーム(おわり)

後半はTGのオリジナル曲へ

ワタクシは今回で3度目やけれど、

徐々によくなってきたのが分かる音楽面でね。

もちろん、素人の感覚程度のウマクなってきたな~くらいやけど。

サリーさんは、こりゃもう、言うことないです。
そして、「美しき愛の掟」のベースさばきが印象的やったんですが、
それよりもっと前、
後半最初の曲「十年ロマンス」でも、うわ~と思うくらいの激しいベース
なんちゅうか、揺れはないんだけど
ジャカジャカジャカジャカというリズムがずーっと続いて、忙しそう。
そんな発見もして。

そうそう、「命のカンタータ」と「忘れかけた子守唄」は
どちらもタローさんがメインギターなんですね。

福岡でどっちやっけ?と正直はっきり記憶がなかったんやけど、
名古屋に行ったJ友さんに確認して、
今回自分の目でも確認して


なので、基本のリードギターはトポさんなんやろけど、
今回はうまく分けあった感じかなあ。
お互いに見せ場を作ろうと。



で、やっぱりウルウルとくるのは「花の首飾り」なんですねweep

今回は読み切ったわけではないけど、ピー先生の花の首飾り物語を読んでいたせいもあるかもしれないし、


で、今回はサリーさんの低音ボイスもコーラスの中で聴きとることができて、
やっぱりジュリー、タローの中音、サリーの低音があってこそのトッポの高音が光り、この歌がより良いものになるんだと。


ジュリーはコーラスする時は、自らの声量が大きいことを踏まえてか
他の人よりもマイクから口を離して歌っていましたね。



「君だけに愛を」もドーム級になると、やはり威力が・・・
仕方ないですけどねcoldsweats01
なので最後は誤認でもエエwできる限りキャーキャー言いましょう!!


このあたりでは、これまでジュリーの言う「地震」が頻発しておりましたがw
今回は結局最後までそういうことがなく、
ただ、PAのミスなのかわかりませんが、ヘンな音が入ってしまったのが残念でした。








で、まあ書こうかどうか迷ったけど、
自分の日記やし、
少々オブラート気味にw書いとくと、

某トポさん曲で、
ジュリーはスタンドマイクでコーラス。
当然、両腕も下に下げている状態なので、
胸元にさえぎるものがない。

その時、
白のマオカラーに身を包んでいるのにもかかわらず

なんと

(・  ・)が浮き出てもてて!!


多方から照明が当たっているもんやから
さらに立体感が強調されてΣ( ̄ロ ̄lll)


モニターでも双眼鏡でも確認し
(確認しすぎやsweat01
エッ、これ他のメンバーどうなの?と
双眼鏡傾けるも他のメンバーさんにはそんなもんは
浮き出ておりませんで・・・


ジュリーがスゴイのか。。。
上着が意外と薄っぺらいのか。。







ハハハcoldsweats01

続きを読む "TGin京セラドーム(おわり)"

| | コメント (0)

TGin京セラドーム⑥

Cocolog_oekaki_2013_12_19_16_25


ヘンリー8世君で、
ピー先生とジュリーの立ち位置が変わった時、
ジュリーがこうやってドラムに設置されたカメラでデカデカと映されたんやけど、
なんかとーってもニコニコッて感じで
会場からは微笑ましい笑いがw




ワタクシの立ち位置からは、直接はドラム姿が見にくかったから、
モニター見ることの方が多かったなあ。




あくまでもワタクシの印象やけれど、
ジュリーは歌を歌っている時より、
こうやってドラムを叩いている時の方がよっぽどお顔がリラックスしていて、
前にピー先生、後ろにジュリーという構図が映った時の
アレエエですね☆
絶対DVDにも記録として残るんやろけど、

ホンマジュリーの感じが優しいの

前にいるやんちゃwなピー先生をまる~く包み込むようなイメージや。

Cocolog_oekaki_2013_12_19_17_28

イメージ膨らませすぎww






しかし一方のピー先生は、
やはり緊張されておられるのか、
ドラムの時は叩きながら笑顔を見せられたりとか、
ああ、嬉しそうやな~って感じられたけど、
若干表情がコワバっている感じで。


それをちょっとでも解消するべく?
左右めいいっぱい通路を走りきってやねえ


戻ってきてつかんだマイクは
ありゃ、またジュリーのマイク


eye思わず一番近いマイクをつかんでしまいました


とか言うてはりましたがw


ホンマに間違えた武道館とは違い、
演技の差が歴然・・・・


アッ、スンマヘンcoldsweats01





で、アーユーレディ?

と皆さんにイエ~イ!とさせるんやけど、

ドームやさかい音が反射せず途中消えちゃうのね
だから、みんなそれなりにイエ~イ!とは言うんやろけど、
こっちから聴いていても全然声が聴こえなくって、
それはステージ上のピー先生も同じで、
3回ほどやり直しをさせられましたw


短縮されたミニ講釈もイマイチ聴きとれんかったし、
ゴメンね。ピー先生coldsweats01





曲が終わった後、
福岡のようにジュリーは足をふらつかせることなく、次のタ~~~イムのスタンバイをしてたさかい、
ホンマあれはお得やったかもsmile




続きを読む "TGin京セラドーム⑥"

| | コメント (0)

TGin京セラドーム⑤

Cocolog_oekaki_2013_12_19_11_58


パンフが入場者数(3万以上)みんな買ってくれたら、、と計算ちて
ステージ上で思わず笑みがこぼれるジュリーの図w



出版社の人たちにジブンの顔を利かせてw
安く作ることに成功


でもね。



2000円は確かにお買い得やけれど、
想像ができなかったのか、
普通に見ているだけでも早い段階で分解の危機を迎えるちゅう
このパンフcoldsweats01


ホンマ、いつの間にか中央のあたりで

Panfu

パカーッ!


なんやからcoldsweats01



だからせめて
500円アプでもエエから、表紙部分をもっと頑丈なものにしたら
結果として中身もグニャッとかいくことなく長年守られるんやないかなあと


ま、遅いけどw





そして
ジュリーのサリーに対する今回も新たなダジャレが一句
いや、正確に言うと、名古屋にちとつけ加えられた感じかしら?


いっとくけどサリーはさりげなくいるだけでいい





そして、後でタローさんのMCのサリーさんの紹介にて、
「いっとくけど・・・」くらいまでしかジュリーのMCを覚えていなかったタローさん

したらばジュリーがすかさず


catにゃんか文句あるかにゃ??


↑ステージ上ではここまでハッキリとは言わなかったのでワタクシがこの場で代弁させていただきましたw



タローさんもちゃんとピーよりダジャレがうまいとこれ以上怒らせないようにフォローcoldsweats01



で、若い頃のケンカのように、しばらくその様子を見て、パッと割り込んでおさめるのがサリーさんや。



snailじゃあ次ボクいっとく~(行っとく~)



lovelyカワユイwwww




もうこれで、会場の空気全部サリーさんが持っていったねsnailscissors


タローさんが官房長がそんなこと言うたらアカンでしょって言うたけど、
官房長は死にました、とジュリーが言うて
なんかちょっとグタグタになりかけたけどw



やっぱりサリーさんはTGの重しやね。

続きを読む "TGin京セラドーム⑤"

| | コメント (0)

TGin京セラドーム④

ジュリーが登場して嬉しかったのは、
ちゃんと見えるように黄色い輪をしてくれていたことshine


結局黄色い輪っかは、
武道館の時は最後の黒Tになった時に、
下のシャツも脱いではったからわかったけれど、

それ以後は、どうしてもカフスって言うんですか、シャツの下に隠れるさかい、
最後まで見えないということもあって。



でも、後半では見えないようになってたよーなcoldsweats01




ジュリーの歌いっぷりというか、
さすがドームとはいえ、
経験者wやさかい、
臆することなく至って普通。



その安定した歌いっぷり。
最初の3曲は、
5人の改めての奇跡に感慨深くなり、
もう涙がドバーッとやねえcrying


おっちゃんらスゴイわ。







ワタクシの目から一番緊張が表に現れていたのがタローさんやったかなあ
いえ、モニターを通してですがw

なんちゅーか、たとえば青い鳥のギター音階運びがちょっとたどたどしかったなあとか、


そりゃそうやね。
だって、「こんな大きなトコロでやるの初めて」
って言うてはったもの。


タイガース時代、後楽園ではやってはるけど、
多分状況がちゃうでしょう。しかも40年以上たっているわけやから。



それに、ジュリーの言うたダジャレも「ど~だったけ~???」と飛んでしもてる状況やったしね


そんな中でも、モナリザのハーモニカは総崩れになるということはなく、
最初の高音がありゃやったくらいで何とか持ちこたえ!



あと2回、本番の練習ができるさかい、
東京Dではね。
京セラは練習やhappy01

続きを読む "TGin京セラドーム④"

| | コメント (2)

2013年12月18日 (水)

TGin京セラドーム③

スタンドは下段上段と分かれていて、
ジュリー祭りでは入らなかった上段の一番てっぺんまで人が座ってる状態で!

それにしても、ライブ途中にスタンドに照明が当たる時があるんですが、
あれは圧巻でしたね。
もちろん表情までは見えないけれども、
皆さんのお顔がオレンジ系のライトで浮かび上がって、
メンバーさんたちはスタンド含めステージ上から私たちがどのように見えたのでしょうか。


ただし、音に関しては、後ろのほうはズレて聴こえるこだま状態になってしまってましたし、
たとえば君だけに愛をのキャ~~~!!にしても、大きすぎて音が跳ね返らないのか、
みんな絶叫してるハズなんやけどwあまり聴こえなくって、
もう祭りや。ということで納めるしかcoldsweats01



そういう中でも武道館、福岡とワタクシが見させてもろた順に
技術力は進歩していたと思います。

やはりトポさんが一番不安定ではありましたが、その不安定さは主に後半に起こってきたので、やはり体力的な問題なんじゃないかと。
なので、技術的なことについては多くは申し上げれませんw

ただ、彼のある意味スゴイと思うのは、
後の足上げで感想を求められても「全然余裕だよariesみたいなことをしんどいハズなのに顔にだすことなく言えることや、演奏にしても「これが今のジブンの技」という自負があって、堂々と披露できる強さがあることやと。
強い人なんだな~なんて生のトポさんをこれで3回みさせてもろて感じて。

で、ファンまでにはなれれへんけどw
トポさんの好感度がグーンと上がりましたね。
5人の中で一番、(いや、ピー先生とエエ勝負かw)手を振ってくれたり、客席全体を見渡すような感じでサービス精神が旺盛だし、

で、昨日はにゃにより


ariesカッコよかったshine



ここだけの話、ジュリーよりカッコよかったww



catにゃんやてannoy



virgoだからあ、昨日は、やで





ワタクシのように、ジュリーからただひたすら聞いていたトポさんの・・・・・coldsweats01エピソードwがあっただけに


やっぱり人から漏れ聞くよりも、自分で感じる印象が一番や!

ちゅうことを改めて勉強させられた次第で。




catワシは事実をしゃべってたまでにゃ







Cocolog_oekaki_2013_12_18_22_38
そのジュリーとトポさんが
最後なんと隣同士でオテテをつないでいてcatheart02aries
福岡ではなんやろ
なぜか意識できてなくって、
あの最後の順番がどうやったっけ?みたいな。



これがDVDに記録として残るんやね。きっとhappy01




これで終わりやのうて、
生涯のお友達でいてねcatheart02aries






cat・・・・ここでずっとこの状態heart02で放置かにゃ??



そうそうsmile

続きを読む "TGin京セラドーム③"

| | コメント (0)

TGin京セラドーム②

まあもっと開演後もウロウロしとけばよかったんやろけどw
早々に着席してもたさかい、
おなかはへるわへるわww


東京ドームにはにゃにかつまむものを持参しますcoldsweats01



売り子の人が水だけではのうて、
CDやパンフ(たぶん)も持ち歩きながら売っていたのにはオドロキw


せや、ジュリー言うとったわ。

cat2000×3万買うてくれたら・・・・ウヒヒヒヒshadow 


って


一体どれだけ儲ける気なんやろsmile



ワタクシはCブロックで、
ちょうど目線のど真ん中にPセンセイのドラム台がある感じ
なので、はじまれば自然とPセンセイは見えないちゅうことで


virgoしもた、それならドラムたたくジュリーも見えれへんやん


と思いましたが、ま、モニターがあるかなとw



体感的にはコート脱いでもそれほど寒くなかったので、
厚着してこなくてもエエと思います。




んで、やっぱりドーム独特の感覚ちゅうか、
京セラは行けませんでしたがジュリー祭りを思い出しましたね。

せや、あの時の感じや。




セットもね。
たぶんやけど、ほぼジュリー祭りの時と同じで、
真ん中の花道がない状態。
照明機材のみの、鉄枠で覆われているみたいなね。



開演前にさかんにアナウンスで「○西テレビ放送後援の(だったか55周年記念事業だったか)・・・」とか言うてたわりには
まったくもってテレビ機材がないのもある意味オドロキで、
せめてスポット的になんかに使うためにでも撮らへんのかいな?とも思ったり。


ちなみに知る限りでは関西のテレビどこにも取りあげられてへんしgawk




こんな奇跡的なステージやというのにね。



なんかやっぱり、このライブのある意味でのスゴさが、
テレビ制作現場の主で回している人が分かっていないような気がします。


そりゃ、ポールさんとか、RSさんとか年齢が上で素晴らしいステージをこなしている人たちはたくさんいると思いますが、

この5人が歩んできた経緯とか、偶然の再会、決裂、そしてまた仲直りして、
そして何よりも元気で(※ステージに立てるくらいの)この日を迎えられたことを考えると、

このステージを観に来た観客だけにとどめることは非常にもったいない。

そりゃ東京もあるけれど、

大阪はこの5人のファニーズの生地でもあるのです。








だから「昨今のテレビは・・・」って言われるんや。

ちょっとグチw

| | コメント (2)

TGin京セラドーム

ワタクシここ最近ずっと肩がこうでしたのでww

Cocolog_oekaki_2013_12_18_10_32


行きつけの神戸のお店に行ってスッキリさせてからドームに行ってまいりました~







Kyosera


今日は冷たい雨。昨日はずっと曇り空でしたが、雨降らなくてよかったわ~







阪神だと尼崎で乗り換えるだけやから便利いいっす

Guzu

閑散としているwグッズ売り場
ワタクシは開場直後に中に入りましたので、その後どうだったかはわかりませんが

20131217162753

記念のもう一枚


残念ながら、見る限りは看板ちゅうもんがございませんでした。

どこが正面入り口なのかわからないせいか?

いやいや、せっかくなんやから武道館のように作りましょうよsweat01とも思ったり





アリーナ席です


これは帰りにそっとcoldsweats01J友さんが撮ってくれたもの

Reiaut


こうやって、端のブロックでも椅子をステージに向けてくださっているのでありがたい




なので、前の人の関係で決して視界良好とまではいきませんでしたが、
ジュリーとサリーだけは間からバッチリ見えたから満足でした!



capricornusボクは?



virgoスクリーンでw

| | コメント (0)

2013年12月16日 (月)

気になって

Cocolog_oekaki_2013_12_16_13_56


れんじし、の真似をされたちゅうことで。

にゃに描いとんねん!






ここ数日なんか疲れが抜けないなあと思っていましたら、
背中にJさんが・・・ちゃう、ネコを背負っているような重さがありましてw
きっと原因はこのせいやろうと思うとりますcoldsweats01





明日はドーム




ワタクシも観させてもろた回も含め、
やっぱりまたちゃう気持ちやと思いますし、
気持ちにならなと思います。



なんてったって観客は3万人(推定)なんやから、
そう今までのような微笑ましいwミスはできにくいでしょう
音響のこともありますし、全席同価格ちゅうことは、
アリーナ前方だろうが、2階のてっぺんだろうが同じ値段ちゅうことで、
お客様に失礼なことはできないと思いますし。
むしろ後方席のほうが、音楽にシビアな一般ピーポーが多いような気がしますしね


いや、ワタクシが言うまでもなく、
ちゃんと自覚されとると思いますがcoldsweats01



というわけで、
今日のところはこれにて~paper





catannoyケチつけて終わりかにゃ

| | コメント (0)

2013年12月14日 (土)

12月13日京都新聞夕刊

1213



職場から拝借coldsweats01

| | コメント (0)

2013年12月13日 (金)

TGinぷくおか(おわり)

タイガースのテーマ

お決まりになってもた足あげを

サリーさんは武道館では足もたもたしてはったけれど、
振り幅小さいながらももたもたということはなかったですよ

終わったら振りの勢いなのかなんにゃのか
フラフラとステージ後方に下がってしもてw


タローさん: ヤケくそspa


そんな気持ちでないとでけへんわねcoldsweats01


トポさんはキツそうには見えたけれど、
しんどいとは口にせず
ある意味さすがちゅーかw



ジュリーがやっぱり一番上がっとって勢いがありましたわね。
馬に例えると、一番蹴る勢いが強くて土ぼこりが立っている感じや

Cocolog_oekaki_2013_12_13_16_49


cat馬にたとえるにゃ




というわけで

邪念を抱くこともなくw


美しき愛の掟を聞くことができて



やっぱり上着着て歌うの正解やわ。ジュリー
かーねるさんやけれども、横顔観てるとホンマ王子様みたいやものlovely

(・  ・)はまた・・・見える機会があるでしょうしねsmile


でもこの曲の途中やったか、ジャケット開いてシャツにくるまれているpouchがチラッとやねえ


ああ、また煩悩が><




で、ここでのトポさんがカッコよかったの。
今までカッコエエという印象はこれっぽちもwなかったんやけど(コラコラ)
シャツのボタンをひとつかふたつはずして衿を開いている姿がね。
トポさんは武道館では上着着てましたよね~



そして、色つきで



この歌、どこかで物足りなさがあるのは、
やっぱりシローさんの声がないからかなあ。
贅沢言うたらきりないけど。。




ああ、終わってもたcrying





最後Tしゃつ着てみんなで登場
ジュリーはシャツの上からTシャツ着てた
ジャケット着てたのに、
あまり暑くならなかったのかしらw

ピーセンセイだけシャツ脱いでTシャツだけ着てました


で、ジュリーがリードするよーに、みんなでおててつないで左右真ん中とご挨拶
これはジュリーの案のような気がしたなあ





ほんま休憩入れて2時間15分
夢の世界へ連れて行ってくれた時間でした

日常のなんでもないことはさっさと忘れたいけど、
このことだけは絶対忘れたくない。
そう心に決めて。






さて、今日は名古屋


名古屋には最初から申し込みませんでしたし、行きませんが、
それまでにレポ終わらせたかったので、

今日もまたエエステージになりますように!!



チャン!

| | コメント (0)

TGinぷくおか⑨

ACで待つ間、
ワタクシはヒソカに楽しみにしておりました(・  ・)


あん時は遠かったけれど、
今日なら裸眼で見える!!と妄想をしつつやねえlovely



そしてしばらくしてメンバー再登場



みんな上着は脱いでおら・・・・・・・・れれれ?



なんと



なんと




なんとっ!!



ジュリーだけ




Cocolog_oekaki_2013_12_13_12_33



なんでやねんshock

続きを読む "TGinぷくおか⑨"

| | コメント (0)

TGinぷくおか⑧

Syuuen

今回はまじめに。


日本版で言うたら、“蛍の光”が流れて、
うわ~もうすぐこの夢のようなステージが終わってしまう・・・・って
もうウルウルきてもうてweep


それに拍車をかけたのがジュリーの挨拶でした


みんな今日まで生きてきました


今日も生きています


そして明日からも生きていきます


今日の福岡サンパレスを


皆さんの思い出の中のひとつに加えていただけたら嬉しいです


2013年、12月10日
福岡サンパレス

今日のこの一部始終を、皆様のお好きな部分をお持ち帰りください




もうワタクシ完全に涙腺が決壊crying


そして、メンバー紹介を、




本当は
このツアーが始まる前は、
他のメンバーやTG自体には大した思い入れがなくって、
いや、その思い入れは直前になって高まってはきたけれど、
とにかく夢が叶った


ジュリーの喜ぶ顔が見てみたい



という一心やった。


でも、武道館、福岡と、
ジュリーだけやのうて、タロー、トッポ、ピー、サリーのメンバーの皆様から溢れるこうやって再結成できてヨカッタ!!というシアワセを感じて、
それぞれのメンバーさんの今までのたどってきた道のりも併せて思わせててもらい、


本当に、本当によかったとweep




だから、メンバー紹介で、ひとりひとりジュリーが紹介するたびに、
もう恥ずかしがることなくw心からメンバーさんを呼ぶことができた。
感謝の気持ち、よかったね、という気持ちがひとつになって。。





ラブラブラブでは、
ジュリーに合わせてゆっくり左右にLの字を振り、

歌に入ると頭上に止めて歌われておられました。
で、ラ~ブラ~ブのサビでまた左右にゆっくりと



ピーセンセイは、
いやこれも正確なリズムがわかりませんが、
なんか気持ちが高まったそのままが叩きに現れているかのような
乱打になっておられましたcoldsweats01





ホンマ皆さんありがとう!!






そしてステージを去る時、
タローさんは今度は上手にピックを投げられましたが、
投げた先がちょうど椅子の奥深くみたいなトコロで、
しばらく周辺の人探しておられましたがw
見つかったかしらん

| | コメント (0)

TGinぷくおか⑦

シーサイド・バウンド


トポさんのギターに
なぜか同調するピーさんw
(タローさんは見てへんかったけどw)


というのは、ここではごまかしもにゃにもでけへんで、
スタッフさんが後ろからティンバレスを出してくる中の演奏でw
Cocolog_oekaki_2013_12_13_07_28





でもやっぱりジュリーは関西人やcatscissors



cat踊りに行こうよ~noteちょっと待てにゃ!



とちょっと歌ってからストップさせるちゅうww




cat大きな地震があったにゃsweat01
ここはワタシの喋るところにゃ





せや、確か武道館ではここで今まで歌ってきた名曲の数々を
たどたどしくたどるミニMCが入ってましたね




cat今日はいろんなことがあったにゃ。
こんなコトはお得にゃ。滅多にないにゃsweat01
優しいココロで迎えてくれにゃ





もう今までのボロボロさですでに優しいココロやで~


まあこれが若いバンドとかやったら金返せ~っていう気分になるかもしれへんけど、
みーんな、わかっとるんやから。
みんなあーだこーだ言いながらも、この日まで必死に練習してるんやもんね。



catでは気を取り直して参りますにゃ!


と、宣言した後、手にしていたマイクをマイクスタンドにさそうとするんやけど、


Saserehen

実は一番動揺していたのはcatやったちゅうwww





ariesボクは全然動揺してないよ



ジュリーのティンバレス姿はこれで2度目やけれど、


ワタクシにゃにが正しいリズムなのか分かりませんので


うまくごまかしてるんやろなあと思うしかww





catannoy




でも、ニアトラとちゃうのは、
ヘイヘイヘイ!とサリーさんの声を真似て低音を出すということまでは
余裕まではなかったよーな。

ピーセンセイは余裕で声を出してるんやけど。



いえいえ、無理にとは申しません

叩かれている姿を見させてもろてるだけで精一杯どす(;´Д`A ```

| | コメント (0)

2013年12月12日 (木)

TGinぷくおか⑥

15分間の休憩の間、
スポーツの世界なら、反省とか、
後半はこうしようとか少し話し合うと思うんやけど、
後半のぐたぐた感を見る限り、
そういうことはなかった模様


あっ、トポさんタバコ吸いにミニ逃亡しとったんやろねw


catにゃ




そのミニ逃亡していた(コラコラw)トポさんが後半最初に間違えてもて

僕のマリーが終わって、
落葉の物語のはずなんやけど

廃墟の鳩のイントロを弾くトポさん。
みんなついてきてないから、途中で演奏を止めて



cat今地震が起きたにゃ



とオブラートにジュリーが包もうとしたにもかかわらずw

一歩前に出て手をあげながら
「ボク、間違えました」

素直すぎるトポさんw


今までのここに至るまでの経緯を軽く知っている身としては、
トポさん、こんなに素直なのか?とちと疑問に思ったり・・・


嘘ですよおcoldsweats01





ヒューマンルネッサンスの曲たちは、

生命のカンタータはタローさんがリード
忘れかけた子守唄がトポさんがリード

やったと思う。


サリーさんも、生命のカンタータの時の低音コーラスは武道館よりもしっかりと出ていたと思うし。


忘れかけた子守唄は、やっぱりピーセンセイのロールでしょう!
ニアトラの時は、たぶんこういうまともなロールシーンはなかったと思うから。
武道館でへえ~と感心し
いや、ドラマーやったらロールできるのは当たり前やろけどw
福岡でわりかし近くで観させてもろたら、
あくまで素人目やけれど、
全体的に力強く叩く印象があるので、
その力強さのままロールされるんや、という。

ワタクシも中学生の頃遊びでロールやったことがあるさかいw
あんだけ強いとロールならへんちゃうの?なんて思っちゃうんやけど
ちゃんとなってるのね。


トポさんは“廃墟の鳩”とかね。
高音を出される時に若干上半身を左に倒しながら歌う姿が印象的でした。
ハンディを背負われておられるのに、そういう素振りをほとんど感じさせないのはスゴイなあと思うし、元々のトポさんの悠然とした性格所以もあるんでしょうね。

ただ、この曲のイントロと最後は、タローさんと同じリズムを刻まないといけないので、
ちょっと苦心そうな感じがしたなあ。
左が音が聴きとれないだろうから。
なので、若干ズレて聴こえてきました。



そして、この曲が終わり
モナリザの微笑
ワタクシの立ち位置から一番近かったタローさん。
足元から小ぶりのハーモニカを取り出し

で、いきなりかぷっ!やのうてw
一度ちゃんと目で最初にかぷっ!とするトコロを確認されてからかぷっ!としているのが分かるの

にもかかわらず、



ありゃりゃ・・・音階メチャメチャ・・・coldsweats01




武道館の時がわりとキレイに音が出てたので、
相当練習されたんやなwと思いましたが、


その後も若干不安定な音が混ざってる時もあったり、
それでも絶対、今後もキーはそのままですよね。


また裏ボスcatから「(N○Kに頼んで)キー上げたったsmileって言われんよーにw



で、なんとか終わったという安堵なのか?

次の銀河のロマンスでまたまた



ariescapricornus・・・・



catまた地震にゃ





これはもう、スタッフの人にカンペを作ってもろて曲のはじまる直前に見せてもろたほうがエエちゃいますか?


Cocolog_oekaki_2013_12_12_22_31



catワシはエエって!



続きを読む "TGinぷくおか⑥"

| | コメント (0)

TGinぷくおか⑤

そして、ヘンリー8世君のドラマージュリー姿や!!


腰かけて



あっgawk


顔が見えへんっっshock




ニアトラの時、
よくピーセンセイの顔がシンバルに隠れて見えないという
お嘆きのコメントをたまに拝見いたしましたが、
そのお気持、よーくわかりましたgawk



ぐれーすさんなら、そんなこと思わへんのやけどなあ

virgoannoy←ぐれーすさんのつもりw




で、ピーセンセイのようにシンバルを思いっきりジャーン!と叩くこともなかったので、
ドラマーしている時にちゃんと顔が見えたのが2、3回catcatcatくらいやったやろか・・・
武道館の時は表情変えずに叩いてたから、多分あんな感じやったと思うけど、

その代わり口喉元から下くらいは見えたのでドラムさばきはね。
単純なリズムやけれどw
ビューティフルコンの時とあまり変わらないかなあ。



で、このわけわからんw図は
途中でにゃんとスティックを口に咥え
片方でリズムを刻みながら
片方で襟元を開こうとしている図w


Cocolog_oekaki_2013_12_12_20_23


これは死角なしでみたかったわあああ





eyeボクのことは?




あっ、忘れとりましたsweat01




武道館のあのミニ講義が
わかりにくい、聴こえなかったというお声が殺到してかw
長崎で短縮バージョンになったと伺いまして、
福岡でもその短縮バージョンで。
3・3・7拍子×2 と少しだけ講釈を


いや、このほうがエエですわcoldsweats01


eyesweat02



で、この歌の中でメンバーが掛け合いを入れるところがあるんですよね。
“エブリー!””オーサー!”(かな?)
で、一番ジュリーの声が入っているから、
ワタクシの2回しか観てないですがお気に入りのひとつw


いや、実は武道館のリハーサルの音が聴こえていた時も
このエブリーとか聴こえてきて、
ジュリーの声で
わあっ、楽しそうや~って思ってたの(*v.v)。


あと、ちゃんちゃかちゃちゃ ちゃんちゃん


の木魚みたいなのを叩く瞬間ね。
これも観てみたいなあ( ̄▽ ̄)




eyeボクの歌は?





で、(無視かい!eye)終わった後、
ドラム台から降りたジュリー



足元がおぼつかないご様子で・・・



Cocolog_oekaki_2013_12_12_20_53


足つってしもたかしらcoldsweats01





でもだいじょうぶや。
その後、ターアアアイム!!て
一応飛び跳ねておられたさかい







そして前半の最後は


UNDER MY THUMB


ワタクシ的には前半の洋楽のナンバーの中では一番好きな曲だなあ



メンバーさんたちが、舞台前ギリギリまで出てきてくれて、
ワタクシの立ち位置からやと、タローさんが一番近かったかw


この時は下手の方がお得で、
4人が並んで下手側前に寄ってくれるさかい。


まあ、そんなこと言いながら、
サティスファクションで近くに来てくれて、
その時だけ真正面のジュリーを拝めたさかい。
それで十分や!



で、前半終わりで、
ジュリーはあっさりと(終始こういう時はあっさりとしていたよーなw)
タローさんが下手側にピック投げてから袖にひっこまれました。

| | コメント (0)

2013年12月11日 (水)

TGinぷくおか④

Doya

この上から目線のドヤ顔っぽい感じより似てへん?






そしてメンバーそれぞれの持ち歌へと


こっからや


こっからがみんなの調子が狂っていったんやww




あっ、サリーさん以外snail





トポさんのJOKEが終わり、

武道館ではここでトポさんのご挨拶

舞台の上も客席も御歳を召されて~って言うてはったトコロね。


しかし、終わった途端、
さっと黒の帽子をかぶってジブンの歌う準備に突入するピーセンセイww

トポさんも悠然と構えて
見る限りは喋ろうとする感じではなかったんやけど、
後方の気配を察してかw普通にギターを鳴らしはじめ。。

こういうあたりが、ある意味スゴイな~って思うけどねcoldsweats01


ここで性格が出るちゅうか、
多分ココロと表面上にも若干慌てる気持ちが現れていたのがジュリーでw
トポさんの挨拶が入るはずやから、当然タンバリンは置いたまま。
悲しみはぶっとばせがはじまってしもたもんやから
ちょっとコワイ顔(に見えた)してピーセンセイの方にヤメロのような手の上げ方をして、
しかしピーセンセイちっとも気づかないので、
何事もなかったかのようにwタンバリンを取りあげて演奏に加わっておられましたcoldsweats01


ワタクシもジュリーのこの素振りでたぶん間違ったんやろなあと思ってたけど、
わりと全体的に慌てる感じもなかったので、ホリデーもあることやし、もしかして予定どおりだったのかも?なんて思ったり。

でも長崎行かれたジュリ友さんに終わった後確認したらやっぱり間違っていたことが判明。


そうして考えれば、
この時タローさんがトポさんに耳打ちしてたのね。

きっと「ホリデイの後に喋るように」って言うたんやと思うけど。


で、音が鳴っている最中ということもあったんだろうけど、
トポさんタローさんに「聴こえない」っていう言葉を言われたぽい


ああそうかあ。
トポさん左耳が難聴なんやって思って。

で、トポさんが裏向いて、
タローさんがトポさんの右耳に耳打ちして、理解されて



もうピーセンセイは自分の世界に入っておりますしねcoldsweats01



ちなみに、この曲の時のタローさんのハーモニカはちゃんと吹けてましたよ(たぶんw)



曲が終わって
ピーセンセイ


ここでダジャレ。


福岡に来られて幸か不幸か幸福です


とかなんとかw


あのファンの皆様から贈られた帽子はジョン・レノンがヘルプという曲を歌われた時にかぶっている帽子と似ていると。
で、この曲もジョン・レノンの歌だからかぶられたみたいですね。


で、ピーセンセイもジュリーの垂れ目ネタにのっかりw

次はちょっと垂れ目の、いやかなり垂れ目の・・・・てww

でもなぜかジュリーよりウケが悪かった気がしたなあ
言い方かしら


catscissors先どり勝ちにゃ


そして、黄河。イエローリバー



capricornusaries・・・・・




音がwwww



cat今ちょっと脳こうそくが起こったにゃ




今思えば、これが最初の地震でございましたcoldsweats01

続きを読む "TGinぷくおか④"

| | コメント (2)

TGinぷくおか③

最初の2曲が終わり、

ジュリーのご挨拶が。


皆さんこんばんは!THE TIGERSです!



て、THE TIGERSの部分は長崎からみんなで言うようになったんですよね。

で、その時はトポさんだけ言うのを忘れてしもてたようでw

今回は

みんな見事に・・・・ありゃりゃ?



完全に言うタイミングを逃してしもたタローさんww


マイク前に立った時にはすでに言い終わっていたみたいなww


それでもあのニコニコの笑顔で完全にごまかしたみたいなww

いや、バレてますけどおcoldsweats01



一方のトポさんは、「今日はボクはちゃんと言ったよ」みたいな表情をww



ジュリーは長崎も今回もまったくそんなことがあったなんて気づくこともなく
話を進めていきます。


詳しい言葉は忘れましたが、
ありがとうございますとジュリーからの言葉にわあああっと歓声と拍手が起こって、
しばらく鳴りやまなかったんですよね。
これは感動もんで、
ジュリーも拍手を感慨深そうにじっとして受け止めている感じ。



そして、武道館でも言われた、

こんな切なくてツライ時代に
光を当ててくれてありがとう。
力を与えてくれてありがとう。
愛を与えてくれてありがとう。








TGの18番です


NOWHERE MAN



そしてジュリーがそれぞれのメンバーの紹介を



今から思えばこのジュリーのウレシさのためか
ちょっと横道それたっぷりの紹介が、後のメンバー演奏に影響があったのではと|ω・)


catにゃんやて

続きを読む "TGinぷくおか③"

| | コメント (0)

TGinぷくおか②

Akatora


タイトルはあえて「ぷくおか」にしたのは、
ホンマにいろいろありすぎて、ワタクシ自体もう気持ちがぷくぷくやという意味でw

大まかに先に言うてしまえば、

最初は武道館より進化した演奏で、さすが!と思っていたのが、



途中で脳こうそくが起こり



途中で地震が起こり



挙句の果てに大地震発生shock



(ワタクシ的にJさんもうちと他の表現でけへんかったのかしらん?と思うんやけどcoldsweats01




だから、「皆さんのお好きなトコロをお持ち帰りください」
という感動のシーン


のハズなのに。。

笑いが起きてしまうんやorz





さて、最初に戻り、


メンバーの姿を肉眼でちゃんと見える位置で確認



ジュリーは、相変わらずのかーねるさんやけど


マジでかーねるさんを意識しているのか

Images




このおじさんとヒゲの感じがやねえ

Cocolog_oekaki_2013_12_11_16_04

綺麗に切りそろえられていて、口下にかーねる集中みたいなww



これで、クリスマス前後のCMでかーねるさんと共演なんかしてたらビックリやね



catxmasannoy






でも、こういう正面で見れたのは本当に一曲くらいで、
後はほとんど斜めから見ていた感じで。

いえいえ、文句を言うてはいけませんw


でも、全体としてはセンターのあたりを前後ろに行っていたくらいで、
あまり左右に動かれることがなくって。(フツーのライブに比べたらはるかに動きは少ないw)


いえいえ、文句を言うてはいけまへんgawk



トポさんは雰囲気は武道館で感じた印象と変わらず、
ゆるきゃらに例えたら誠に失礼なことは存じておりますがw
ひこにゃんみたいな存在かなあとw

体型とか動きとか


ariesannoy


こういう舞台以外でも愛想がいいみたいでw
舞台上でも、トッポ~!!という声援に照れることなく応えておられましたし。

例えば他のメンバーの音が走っていても、慌てて合わせるということはしなくって、
もうジブンの思っているテンポで押し切るみたいなw


途中、やっぱり難聴なんやなあ、と実感するシーンもありまして、
それは後で書きますが。




タローさんは、
髪型が武道館で見た時と少し変わってた。
いや、少しどころやなくかなりww

髪のCM度に出れるちゃいますか?くらいサラサラ度が半端ないww

昨日のが本来ちゅうかニアトラとかで見たタローさんの髪型ですよね?


武道館では、なんちゅーか、「パーマ当てました?」みたいな
ちょっと不自然やなあと思ったことが、身近なファンの人たちも同じように思ったのかもしれないですねw密告があったりしてw



capricornusannoy




ピーセンセイは

全体的にちょっと見えにくかったんですよね・・・
あのシンバルに顔が隠れるという状態ですか。
シンバルをバーンとした時のシンバルが跳ねあげられた時に顔がちゃんと見えるような
いや、ワタクシはそれでも手元だけはしっかり見れたので十分だったんですが


eyeannoy



で、でもとにかく軽快なリズムを刻んで、
武道館よりも走ってます感が少なくなっていて、
センセイのことやから、またまた練習を積んでたんやろな。という感じがいたしました。
疲れを感じさせない驚異の67歳wobbly






サリーさんは
ワタクシからは一番遠い存在で。
いや、立ち位置がw
でも聴く限りはその後他の3人がミスってしまう中、ベースの音が乱れるということはなくって、
ホンマ安定感があったなあ。
ジュリーも唯一心配してたのが、足上げやった後くらいやったから。


終わった後、ジュリ友さんとミニ打ちあげをやっておりましたが、
その中で、
「サリーて顔小さいよね。頭にちょんと髪がのっかってるだけというのもあるけれど」

snailannoy

いや、ココ誉めてるんですけどお





virgoなんだかみんな怒らせてしもたわ・・・


| | コメント (1)

TGinぷくおか①

Fuku1


福岡から帰ってまいりました。

昨日のライブ、ひとことで申しますと


「夢」でございました。



武道館ももちろん夢やったけれど、
ちと遠すぎましたcoldsweats01


だから、正直実感がわききらないまま終わってしまった感じがあって


その分、福岡ではありがたいことに前方席で見させてもらってweep




はじまって、皆さんがステージに現れ、
トポさんなんて、出てこられてすぐに客席に手を振られて、
少し音を出して音を出しはじめられましたならば、


もう半端ないシアワセオーラsun

目に見えたわけではないけれど、とってもとっても感じられて
最初からウルウルきてもてweep。。。
これは「夢」を見ているようだ。「夢」や。。という感慨が



それぞれがたどって来られた道のりを、多かれ少なかれ大体存じ上げているせいもあるとは思いますが。


このシアワセオーラは、いろんなことを経てきた道のりがあったこそ発せられるものであり、客席かもそのオーラを浴びて、ウワ~~~~という何とも言えない声が会場を包み込んで。。



それから私は、あまり動きがない時には、
ジュリーに向かって心の中で
「ありがとう。ありがとう。よかったね。よかったね」
と繰り返していたように思う。


彼の気持ちが
ピーさんの心を動かし、
トポさんの一度はそっぽ向いた気持ちを呼び戻し、
サリーさんやタローさんにしても正直ニアトラでもういいだろうという気持ちやったと思うけれど、「エッ!?ジュリーホンマにみんなを呼び戻して一緒にできるようにしてくれたの???」というサプライズであったやろし


そして、この“5人だけでやるLIVE”の形式に

間違いはなかったと。



これがTHE TIGERSの音


これがTHE TIGERSの声



なんだと。



彼の選択は間違いなかった、と改めて思い知らされ、


目をつぶってトポさんの声を聴きながらハーモニーしているジュリーは、
きっとそんなことを考えながら歌ってるかもなあと





最初にちと真面目なことを書いてまいましたがcoldsweats01


ライブ自体はもうシアワセオーラの中、楽しくて楽しくて、
ワタクシも涙あり、笑いあり、まるで人情喜劇を見ているようで



この福岡サンプラザのことを、想い出のひとつとして加えて頂ければうれしいです。


と最後のあいさつの中で言われたジュリー


もちろんですよweep


やっぱりかつて日本中の注目を集めた人たちだけあります。

ひとりひとりがとっても輝いていました




本当にありがとう!THE TIGERS!!!








後は、
面白いことのほうが多かったので、
いつもどおりのテンションに戻らせていただきますw

| | コメント (2)

2013年12月10日 (火)

TGin武道館⑩

で、後半は

Photo


教祖サマ~shine



最初はこの表衣装ばかり気にとられていたから、

まさかまさか

あんな展開になるとは思わず!!
(ヤケに引っ張るw)


ワタクシにとりましては、楽しみにしていた

十年ロマンス
、や色つきの女でいてくれよ


見慣れてないのか、聴き慣れてないのか、

姿を通して浮かんできたのはcloud、82年の姿と歌声、

でもなんだか音の一致感が足りなくって、
会場との一体感というのがイマイチ感じられなかったので、
(いや、あくまでもワタクシの受け止め方です)
この2曲はドームではスゴイ伸びるんやないかと。
想像しておりますが。



でもその代わり、

君だけに愛を


はキャーキャーやったねw


こっちの方向には、
完全なる勘違い指差しいただきましてキャー!

ってw


そして、意外なことのひとつやった、


シーサイドバウンドでの


ティンバレス!!

これがステージに運びこまれてきて、

へっ!?叩かれるの??と


またまたワタクシには、
DVDのサヨナラ日劇でのジュリーが不慣れにティンバレスを叩いていた姿が浮かびw



ティンバレス姿は、
やはり不慣れでw
しかも、叩いている圧からなのか、バウンドしている圧からなのかw
マイクスタンドがだんだん下がっていき、
ジュリーもおり見て上にあげようとしてるんやけど
まあそれもあって声があまりマイクに入らない状態でcoldsweats01



あっ、マイクといえば、
ヘンリー8世君の時、元気に走っていたピー先生がセンターに戻ってきて
立った先のマイクが背丈に合ってへん。

あ、ジュリーのマイクkaraokeやった・・・・w

というカワイらしい見せ場もありましたがw




ドラム姿といい、ティンバレス姿といい、
サマにもなっておりますが、

もちろん


カ・ワ・ユ・イ


という御言葉もつけ加えておきましょう。



そしてAC曲


舞台に引っ込んで出てこられたお姿は


にゃんと

マオカラーの上着を脱いだ状態で、

これでまあTGのテーマを歌われたわけですが

(これは時間がないので、福岡が終わってからゆっくりとw)


その後の

美しき愛の掟

ワタクシ、この曲大好きで、いつもウルウルとキてまうんやけど


まったく違うトコロに集中してもてpouch(・ )


pouchは、肩紐(さすぺんだー)は
あれ、サリーさんやタローさんはしているのに
(トポさんは上着は着たままやったからわからず、ピー先生は角度的にわからへんかったけど、あとでやっておられたとわかる)

ジュリーはしてへんやん・・・

と、何かの拍子にカラダがこっち向きになった姿と双眼鏡が合ってもて|ω・)


もうウエストピッチリ!!みたいな



これは必要ないわcoldsweats01



catannoy

続きを読む "TGin武道館⑩"

| | コメント (3)

TGin武道館⑨

アカン、武道館から一週間すぎてもて
もう福岡やのに、まだレポが書けてへんし><


休みの日以外はホンマ余裕がないのですよオホホホホgawk



で、メンバーの感想のあえてトリに置かせていただきました

Photo

神父サマ~~shine



ピー先生や、タロさんはとっても緊張しとったそうやけど、
ジュリーはどうやったんやろ。

南西の天井席からやさかい、
ホンマ雰囲気からでしかわからへんかったけど、
意外と緊張してなかった・・・と思う。

むしろ、周りのメンバーのことを気にかけていたというか、

ドラムが走る走るピー先生とか、
トポさんの機嫌とか、
タロさんのハーモニカチェックとか
サリーさんの腰の具合とか


(※一部想像が含まれております)


ワタクシから見て顔が正面になることがなかった気がするので、
つまり、サリーさん以外をよく見てたような気がするなあ。


で、モニターももちろん大きく映って、
それなりにモニター眺めながら実物見ている状態やったけど、

モニター見て改めて思ったわ。
なんちゅーか


立体感がないのよ。立体感がpouchpouch


双眼鏡のほうがよっぽど立体的に「見てる」ていう感じになりますわね。

武道館の広さレベルやから、双眼鏡使えば表情もわかるしね。



最初のごあいさつで、


皆さんこんばんは。THE TIGERSです!


と。

この言葉は重みを感じたなあ。


catpouchかにゃ?


virgoちゃうって!



ジュリーの言葉に想像でつけ加えますれば、
「やっとやっとこの言葉が言えます」と。
とても感慨を込めた感じね。



ちなみに、このセリフは長崎ではみんなで言うたそう。
あ、忘れとったトポさん以外でw





そして、メンバーのことについてね。
ジブンのことは「パンフレットを作成しました」
程度やね。


でも、それ以外もね・・・
(毎日新聞をご覧ください)



そして、歌声は・・・


抜群の安定感ちゅうか


抜群の安定感があるのね。

続きを読む "TGin武道館⑨"

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

TGへの憧憬

Riha


長崎も無事に終わったそう



今頃はワイワイガヤガヤ楽しい反省会でしょうかw



やっぱりこの5人が笑顔でいる写真をみると、
仕事上で多少ツラいことがあっても解消されてしまいます。
本当に感謝☆


毎日新聞のことは帰ってから、
でも関西で買ったとしても白黒とか完全やないんですよね?


おかげさまで、ネットに載っていると情報を得て、
全文読まさせていただきました。



ジュリーが主の記事になっていて、
今回の再結成への想いがつづられていてweep

エエ文章です。




TGという夢の4年間があって、
その頃に得た気持ちやいろんな宝物のような事が、
その後たとえソロで売れてスーパースターと呼ばれるようになっても得られるものではなく、ずっと満たされない状態で今日までやってこられた。
満たされなかったからこそ、逆に今まで突っ走ってこれたともいえる。
消えなかったTGへの憧憬


そして


気がつけば60も越え、
まだみんな生きてるやん、もう一度みんなでできるやん!
と彼なりの方法で、みんなをひとつにしようと努力され、
その夢がとうとう・・・・叶った、叶い続けているわけですshine




とってもとっても長い道のり・・・・
それは私の想像だにできない長さやけれど、
そのゴール地点を目の当たりにできるのは、
私の人生のうちの一シアワセなことであると。
思っているのですよ。


本当にありがとう。


感謝で終わればすべてよし!

| | コメント (0)

TGin武道館⑧

うわっ、今日が長崎やいうのに
昨日も朝から晩までぶっ通しでしたので、
思うようにレポが進みませんshock


福岡までにはにゃんとかせんと・・・



ということで、お次は


Sarry




若い一般ピーポーには一番御馴染のw
サリーさん。



ジュリーは言いました。


今回、サリーは何も(役割を)やっていません。
でも、いてくれるだけでいいんです。
サリーはタイガースの“重石”です。



と。



まあ、実際の重石pouchは別にいるんじゃないかというのはさておき


catannoy


確かに いるだけで、安定感があるというのは感じますよね。


というか、何もやっていないというよりも、
メンバーの中では一番忙しい人やから、
ジュリーたちも気を遣ってあれやってこれやってとか言えなかったというのが本当やないやろか?



ま、タローさんから


さっきジュリーからなんにもしてないって話がありましたが、
歌も最初は歌わないってw
それはまずいだろ~
ということで、前にやったテルミーは歌うことに


と紹介を受けて、テルミーを歌われたわけですが



サリーさんも緊張されていたのか、
ベース音に関しては目立ってミスされたとか多分なかったんですが、
テルミーでの声が続かない、ちょっとしんどそうだなあという印象は受けました。

後の生命のカンタータも、途中サリーさんの低音が光るところがあるんですが、
もう少し声がなあ・・・と思ったりしたので、
きっとドームまでには。。。期待しております
ニアトラの時だって、だんだん回を重ねるごとによく動かれたり声が出たりするようになられたもんね。



snail老人虐待だ


あとは、ジャズ喫茶の出演回数が???になって、
ジュリーが突っ込んだりw


東京に出る前はよく歌っていたけれど、
上京した途端、少なくなったとかw

その頃はまだメンバーに対して対抗心たるものがあったけれど、
今では全然なくなっているとかw



そして、また書くと思いますが、
サプライズの“TGのテーマ”では
足が途中でもつれたのを見て、
終わった後もゼーゼー状態。
とってもしんどそうでした><


その後もジュリーがいたわるようにしてやねえcoldsweats01




さて、本日は足あげやるんやろか?
それだけが気になるわ

| | コメント (0)

2013年12月 7日 (土)

TGin武道館⑦

Taro

そしてタローさん

ワタクシの席からして、タローさんが一番遠かったんやけど、
いや、みんな遠かったんやけどww


だから、ハーモニカ吹くところとか
細かい部分はほぼモニター見てたなあ。


この間の読売のインタビューではサラサラ髪で
黒髪な印象だったのがさすがに全体的にロマンスグレーになりつつあるな~
なんて思ってたけど、

髪染められて、ちょっと固めた感じが
(あくまで遠目ですw)


かーねるさんで若づくりをこれっぽっちもしようとしない
ジュリーと逆行しとるなあ、なんて思ったりcoldsweats01




タローさんも緊張されていたそう、
いつもは緊張しないのに、ってw
トポさんに緊張してるやろ?と本番前に聞いたら、
「いや、緊張してないよ」と返され、
コノヤロ~みたいなw

それを言われたトポさんは特に反抗することもなく悠々と構えられ、
さすがやねw


ニアトラでは、「いい時代にお母さんが生んでくれて感謝ですね」
と言うてはったタローさんですが、
今回は
皆さんも家に帰りたくないでしょう。帰ったら現実が待っているから
と、
これまた的を得過ぎたご挨拶でcoldsweats01



今回は事前のジュリーの言うていたとおり、キーボードはなし。
その代わり、
タローさんには、ハーモニカはちゃんと吹きなはれ、というお達しをされたのかw
悲しみはぶっとばせモナリザの微笑みでハーモニカを披露
なんと、ちゃんとキーを変えてやねえww
キレイに吹いてはったと思います。

ジュリーにも言われただろうし、
SONGSとか武道館ライブ映像とか、キー修正されたものだとバラされた以上w
きっとものすごく練習されたんやろねw



今回は舞台でいえば音楽監督みたいな役割で、
曲順決められたり、音をもっとこうしようとか、
リハーサルでひっぱる役目だったのかしら?


それにしてはトポさんとの息がもひとつ・・・ゴホッゴホッ


ま、ドームまでしばらく日にちもあるし、
その間に何度か本番があるわけやから
少しでも息のあったプレイを見せていただきたいものです!


エラソでスマソcoldsweats01

| | コメント (4)

2013年12月 6日 (金)

TGin武道館⑥

Cocolog_oekaki_2013_12_06_16_12


やっぱりマウスがないと落ち着かない・・・・

せやflair昔使っていたノートPCに古いのが入れてあるハズやと
ひっぱりだしてきてやねえww




ということで、今度はピー先生


Pee



今回の主役は半ばトポさんに取られてもた部分があるので、
ニアトラに比べたらお帰りという感覚はなく、メンバーの中に入り込んでいた風に受け取れました。


ただ、1曲目とか、その他にも「ドラム走ってるな~」と思った部分がcoldsweats01



P先生は、前夜は1時間くらいしか眠れなくって覚醒してもて、
とっても緊張しておられたそうです。

それもそのはずで、
ニアトラとか、おそらくタローさんとやった時とかは
別にドラムの人がいてくれて支えてくれてたわけやけど、
今回は強いて言えばジュリーのタンバリンのみww





そのジュリーのタンバリン


Cocolog_oekaki_2013_12_06_16_12

しつこいw



これは角度的にライブ前から、ジュリーの持ち物のトコロにタンバリンが置いてあったので、ジュリータンバリン叩くんや。と想像ができました。


それを最初に使用したのがP先生の歌“悲しみはぶっとばせ”

で、
事前情報でこの歌はP先生が歌うということは知っていたので、
ここでドラム交代か?
というとそうやなくて、
P先生はドラムをたたきながら歌っておられました。
激しい歌やないからね。

で、
そのP先生、
いつの間にか学生帽ぽい感じの黒い帽子をかぶっておられて、
学生服か?と思った衣装がより学生ぽい感じとなりww
この曲はなんちゅーか、高校3年生的な曲なのか?
とまたアホアホなことも考えながらww



後で知りましたが、この帽子と
黒の手袋は、ピー先生のファンの方がプレゼントされたんですってね。


あとジュリーが言うてたんやっけ?
ピー先生が衣装にポケットをつけてハンカチーフみたいなのを入れようとしたら
トポさんが怒ったってw



いやいや、あの衣装を見たら、
ピー先生がそうしたくなるのもうなずけますがcoldsweats01



ただ、ワタクシ的には、
まったくの無デザインやなくて、
ワンポイントでも、
たとえばトラの刺繍を入れるとか
されてもよかったのでは?と思うんやけど





で、歌のトコロに戻りますれば、
ピー先生に合わせてジュリーがタンバリンを叩いていて、
この時点では、
ジュリーがドラム叩くのはヘンリー8世君だけなんだろうなあ。




思っておりましたとさ。


(ピー先生編つづく~)

続きを読む "TGin武道館⑥"

| | コメント (0)

2013年12月 5日 (木)

TGin武道館⑤

今日はなんだかふんだりけったりで

東海ツアーズに申し込んでいた気になっていた東京Dの日、
金を振り込むのをすっかり忘れて取り消しされてもたしshock

帰ったら帰ったでマウスが動かへん・・・・ぶっ壊れた・・・・

絵も描けれへんちゅうww



12月はオソロシク出費が・・・・ハハハ・・・・・・downwardright





では、気を取り直して

それぞれメンバーの様子やね。


トポさんは
(なぜかかつみさんよりトポさんと書きたいので、
今ツアーではトポさんと表記しますhappy01


Topo



予想どおりのギターに
そして、メンバーの中ではもちろんこの衣装が一番似合っとりますcoldsweats01


初生トポさんでしたが、
イメージとまったくもって一緒でw
おっとりされておられるというか、
せかせか感がないんですね。

なので、嬉しい気持ちも
即座に表すというわけではなく
ニコニコしまくっておられたわけでもないのですが


もう雰囲気からして
とーってもとーっても
この場に居られることが嬉しいんだろうなあと
感じさせていただきました☆


後ろの席にいた人は、
とぽさんが一番後ろを振り向いて手を振ってくれたと
喜んでおられました。


へえ~そうなんだあ


ワタクシの記憶では
ゆ~っくりゆ~ったり
360度を見つめておられたような気がしたなあ


で、ピー先生やタロさんが緊張しているという中、
緊張はしてなかったようでw

いや、単に顔に出てないだけでドキドキやったんではcoldsweats01



おそらく昨年患われた難聴も
結局治ってないと思うんですよ。
そのせいなのか、関係ないのか、初日なのかわかりませんが、
歌声も周囲と調和がとれていない部分も確かにありましたし、
ギターもタロさんと合ってなかったり、彼がやっぱりリードギターなので、
イントロが???でしばらく何の曲になったのかわからないということも
ありました。


でも、なんかトポさんを見ているとそれを超越しているというか、
少し間違ったからといって慌てて舵を元に戻そうとするわけでもなく、

ほんまゆ~ったりと
なるようになれば。それがまた一種の表現なのだ。
と言わんばかりの。
で味わいというものが出てくるわけです。


確かに芸術肌の方だなあと、
生で見させてもろて、改めて確信。



あっ、誉めてるんですよ。
もちろんcoldsweats01
ジュリーにはあまり持ち合わせてない部分やから。



このステージにいるみんなもそれなりに年をとって
客席の皆さんもそれなりに



と、客席をいじる余裕もありまして

82年のA-LIVEのジュリーから「逃げたらアカン逃げたら」
と言われていた時よりずいぶんと心の恰幅が広がったんやなあとか思ったりw




また後日書くとは思いますが、
ワタクシが唯一ウルウルきてもたのが、
トポさんの「花の首飾り」だったんです。


ごめんね。ジュリーcoldsweats01





あ~マウスが動かないと
落ち着かないっ><

| | コメント (3)

TGin武道館④

あとは順不同でつれづれなるままに~
ということで

G20131203ttt0700437g3000000_2


セトリはパンフにのっておりましたので、
どんな曲が演奏されるかはわかっておりましたつもりでしたが、
せっかくプレイリスト作ってウォークマンに落としたのに、
直前に曲変更をかけてしまう途中で全部消去してしまいorz


なので 曲順もあいまいにしか覚えておらずw


翌日の新聞にも載り、
帰ってきてからそのリストとパンフレットと比べますれば、


Do you love meが1曲目に新たに入っていたことや、、
Time is on my sideがなくなっていると気がつかなったちゅうw


やっぱり舞い上がってたんやわ。ジブン(言い訳w)


まあ、Timeは前半の最後の方に持ってきておられますが。



全くなくなってしもた曲が
ワタクシなんぞ同窓会でユーヤさんの声も入っているものしか聴いたことがないのですが
(きめコンでもやったけど)
Twist and shout



実はどこかしらんの噂で、
リハーサルにおいて難しかった曲があって変更をかけたというのは
聞いておりまして、
どの曲をどうしてるんやろ?とは思いながらだったんですが、

確かに難しいといえば難しい曲かもですね

で、ニアトラでもやっているDo you love meを持ってきたと?



各個人の曲目・曲数は変わらずで、

トポ 2
ピー 2
タロ 1
サリ 1



あ、やっぱりピー先生2曲歌うんやねcoldsweats01


と。


で、外国曲を歌い終わって前半終わりで15分休憩


しかし“お○○レ休憩”ということでしたら、
メンバーはんはエエかもしれませんが、
こっちのほうは時間ないんちゃうかと
ドームどうするんや??


と余計なことを考えてみるcoldsweats01




で、後半はTGのオリジナル曲で
メンバーも衣装を変えて~



という流れやね。



ラブ・ラブ・ラブでいったん引っ込まれて、
AC的な感じで後の2曲・・・


いやいや、これが3曲になっていて!

ま、これがびっくりしたんやけどcoldsweats01


で、歌い終わって引っ込まれて、
通常のソロならこれでおしまいなんやけど、
照明が消えないので、しばらく拍手してたら、
あのTシャツ着て出てこられて。
最終のご挨拶~


メンバーが去った後は、ホワクリが流れ続けるみたいなね。



それでも結局終わったのが、20時45分頃かな?
ソロライブの時と大して変わらなかったので、
今年だけで比較してみると、ジュリソロの方がステージを見ている時間が長いわけで。



ジュリーが喋るのも最初の2曲が終わって
ご挨拶と各メンバーについて少ししゃべる程度。
“このまま喋り続けると止まらなくなる”

と言うてはったっけw


で、I understandの時にビューティフルコンサートの時のようにご挨拶とメンバー紹介。

多分TG当時もこうやってメインMCされておられたんでしょうね。


他のメンバーさんは、それぞれが持ち歌を歌う前に自己紹介を兼ねてご挨拶




なので、今回はジュリーの漫談はないちゅーことでw




cat当たり前にゃannoy

| | コメント (0)

2013年12月 4日 (水)

TGin武道館③

先に衣装やかーねるさんについて書いてしまいましたがcoldsweats01


それ以上に



照明がついて歌い出されて



うわあああ



トポさんいるよおお


って



ジュリーの横にいるよおお



って




その実感がわくのにしばらく時間を要しました・・・



他のメンバーはニアトラで見ているので
すぐにしっくりきたんですが、



トポさんが



最近のお姿は写真でしかまともに見たことがない(スミマセン)トポさんが


ジュリーの横にいるよおおお


って(しつこいですが)


ある意味衝撃まではいかないですが
とにかくうわああああ感ちゅうか。



だってこの完全形って


1969年以来でしょう。


44年ぶりの奇跡を
見ているんですよね。


最近ではDISC5ばかり見ておりますので、
あの映像がリンクはしていたのですが・・・




なんだか信じがたい光景でした






そしてその光景を見た時、
ワタクシの勝手な予想を見事に裏切ってくれました。


勝手な予想とは、

もしかしたらトポさんだけ浮いて見えるかもしれない。
姿も、歌声も


失礼を承知の上ですが、
だからどこかでもうニアトラで十分と思っていたのかもしれない。





それがそれが



もうね。



THE TIGERS


として



それ以下も以上もなく



ピタッとはまってるの。

もうずっと一緒に音楽活動をやってきたかのような




いやあ、あそこまでしっくり見えるとは
失礼ながら思ってもみませんでした。


歌声だって、
後で書くとは思うけれど、トポさんがいてはじめてTHE TIGERSの歌になっているんだ!
という驚き




トポさんがいなければ
THE TIGERSではない。



本当にジュリーの言うとおりでした。





生きてるんやから、
それぞれに多少の不安は抱えながらも活動はできてるんやから、
みんなが集まってTGやることは絶対できるって。

解散後のどこか埋めきれなかった心の隙間を生きているうちに埋められたら


そういういろんなことを承知して、

ジュリーは尽力したんやね。





もうすっかり身内気分になっとりますweep







明日からまたしばらく仕事ですが、
合間に余韻をだらだら書けたらと思います。

あくまでもジブンの日記です。




| | コメント (3)

TGin武道館②

Nansei_2


天井に近い席で、
時間までは双眼鏡でいろいろ見たりして、
やはり目立つのは黄色Tシャツで、
あの顔Tはところどころ???

(いや、実はここだけの話落ち着かなくて見たフリしているだけであまり覚えておりませんのよゴホッゴホッgawk

双眼鏡で南側1階席の前列がなんとか見えたので、見ようとしていたら
突然暗転し





メンバーが上がってくる時って、
西側から「ウワ~」って声が上がってわかるんですよね。

で、出てきたんや。みたいなw


トポさんとかタローさんが出てきてちょっとギターを触っていたのは分かるんやけど、
あれ、ジュリーは???


スクリーンにはジュリーらしきのが映っているのにw
ステージにいない・・・・


あっ、ステージと同化しとったwwみたいな



それもそのはず、


照明がついて見えたそのいでたちは


学ラン



と、思ってしまったのはここだけの話coldsweats01



でも、ちょっと丈が長いので


うま~く隠れとりますpouch
(コラコラ)



で、あ~っ!

と、思ったのは

これってトポさんがステージで普段着ているのに似てる!って、
今見てきましたが、
完全一致やないけど、こんな服着てはることありますよね~

これって“マオカラー”っていう、
背広とはまた違うけれど、男性の正装のひとつやそうです。
はじめて知りました。



だからトポさんが一番似合うちゅうか、しっくりきてるのね。


靴は黒のスエードの靴。
これはジュリーが以前言うてはりましたね。




ということで、全身黒ずくめ。
これなら描きやすい、とは思いましたが、
もうすでにスポーツ紙でバッチリ載っておりますので、
ほぼ控えますw




衣装もですが、
同じくびっくりしたのが、
ジュリーのカーネルさん

Cocolog_oekaki_2013_12_04_20_28

やっぱ描いてもたw




奥さん



まさか!?とは思ってたんですよ
さすがにTGでは剃るやろと。


なんちゅうか、
全体のバランスちゅーか



しかもあまり整えた感じでもなく
髪も裾部とかピンと跳ねた感じで最近散髪した様子がなかったので、
ありゃりゃ・・・と思ってしもたのですが。



でも、帰ってきてからつらつらと
勝手に考えておりましたら、
もしかしたら髪切りに行く暇がなかったのかもしれないなあって。


ソロツアーを見る限りでは、
どうやら髪を切るタイミングとかーねるさんをいったんキレイキレイにするタイミングが一緒だと思ったんですよね。
男やないので、よくわかりませんがw
あそこまでたくわえてしもたら、ジブンで剃るのは大変やないかと思うので。



初日のメンバーさんたちの演奏ぶりや、
曲目もパンフレットと変えていた部分もありますし、
全体の準備も

いろいろと考えることややることが多くて
大変やったんやないやろかとsweat01



それを裏付けるかのように、
今回の各会場の打ち上げ場所を決めるのはジュリーで、
今思案中、みたいな、決めてない感じでしたので。
彼にとっては重大なwそこまで手が回ってないちゅうね。



どんな裏付けやねん!!

| | コメント (0)

改めてTGin武道館①

Fuji


行きの富士山は喉のあたりに雲輪してはったさかい、
撮らなかったけれど、
帰りはキレイな姿を見せてくれたのと、
新大阪行きの旧型新幹線やったということもあり?
自由席でも隣も座ってこなかったので、
こうやってじゅりモンとやねえcamera

(なんだかじゅ○トラモンと書くのが面倒くさくなってまいりましたのでw
「じゅりモン」に統一させていただきますし。


そういえば、ニアトラの時も1月25日の帰り、
いいお天気で、富士山がおんなじようなキレイさで見えたなあ。









ホテルにいったんチェックイン後、
すぐに外出。武道館へ~


まだ15時すぎやったけれど、
やっぱり明るいうちに撮っておきたいやん。
(ホンマはこの後どこかフラフラする予定やったんやけど、
結局これから約3時間半この場に佇むことにw)


赤トラさんも2台揃い踏みで、
右の黒トラさんは規模がデカイだけあって、きっと臨時やね。

Toraku






そして、正面入り口付近に行きますれば

Tora


看板はさすがに今回はあるでしょ。
じゃあ
どんな看板なのかなあ、

と思っておりましたが、

HPから飛び出したようなモードでしたねcoldsweats01


しかしそれ以上に、
うわああと、佇む原因になったのが、
中から聴こえてくるリハーサル音note


けっこうデカく聴こえるのね。


ホンマ、ここで5人だけでコンサートやるんや、って改めて実感して

5人だけが今音を出しているんや~って思って


聴きだしたのがちょうどそれぞれのソロをやっている頃からで。
パンフでセトリ見ていたので、そのとおりやね~と思いながら聴いてて。


トポさんの声も聴こえて、
「うわ~トポさんいるわ~」とかw


ピーセンセは、歌っているだけでなく、途中でなんかゴニョゴニョ言うてて、
ま、それが後で解明されるわけですがw

“アーユーレディ?”って、
ニアトラのジャスティンのノリやんなんて思ったり


んで、この時、よー考えたらジュリーはドラム叩いてるんやな。
ドラムの音聴こえてるわ。やっぱホンマ叩いてるわ。とかw


ジュリーはその後数曲歌っていて、

「生命のカンタータ」とか初めて聴くから新鮮やったなあ
今回はキーボード使わず、メロディラインがギターだから、また違う曲の印象で。



で、リハが16時10分頃までやってはったと思うけれど、

最後ちょい不安やったのが、

十年、と色つきの82年の曲。



それまで聴けた曲は最初から最後まで歌い演奏流してたんやけど、
これだけ、前奏でピタッとやめちゃう。
で、また繰り返し。
十年はそうやったし、
色つきも最初歌いだしたかと思えば
またピタッとやめちゃう。

合わないんやろか?ってcoldsweats01




後で考えてみると、リハの終了時間が迫っていたから、
頭だけやろうということやったのかもしれへんけどね



で、どんどん暗くなってきて、
人も増えてきて。

外もね、寒くなりすぎない程度やったから、
長時間佇むことができたと思うけれど。
ホンマよかったわ。




開演時間になって、人が入りだしたけれど、
2階席の人の列がなかなか途切れなくって、
あの大階段登っていく人の多さ見てると、
今は入る気ないな~とかw

一方で1階席やアリーナ方向は並ぶということなく、
すいすい入っていかれてて、エエな~とかw





席は2階席の南西のもうすぐ天井席ちゅうところで鑑賞
確かに急ではあるけれど、
見やすかったですね。



セットは、ニアトラの時とそっくりそのままで、
できるだけ死角を取り払った簡素な作り。
だから、普段のツアーよりも、照明的な凝りが少なかったような気がします。




ま、いきなり最初から360度の目線をいただくようなステージやから、
緊張せーへんほうがおかしいやろcoldsweats01




ariesボクは緊張しなかったよ






| | コメント (0)

2013年12月 3日 (火)

まずはイチ

Image_2


日本武道館

THE TIGERS 公演初日!


無事に終わりましたhappy01


旅先なので、帰ってきてからじっくり書きたいと思いますが、

ジュリーがね、
ホンマ感謝してた。

これから生きていくのにツラいこんな時代に、TGを観にきてくれてありがとう


TGに光を当ててくれてありがとう


愛をくれてありがとう


そして最後の方のMCでは

今まで生きてきました


これからも生きていきます


と。


生きていれば、夢がかなったり、楽しいことだってある。

昨日、自分の書いた言葉にリンクさせて……


ジュ○トラモン人形作ってくれたジュリ友さん
ありがとう!


Image_3


| | コメント (0)

武道館初日☆

Cocolog_oekaki_2013_12_03_08_47


こうやってじゅ○トラモンもHARA鼓を打って気合いを入れておりますww





本当にこんな日が来るとは


ほんまにほんまに



思っておりませんでした




一体どんな展開になるのか


まったくもって想像できませんが


少しでも思い出に残るよう



この目にしっかり焼きつけてまいります!

| | コメント (0)

2013年12月 2日 (月)

前日の心境

いよいよ明日が武道館なわけで、

一日後にはもう終わっている時間で・・・

今年の正月Lに、ジュリーが「12月にTGやります」と発表した時は遠い話のように聞いてたし、
ツアーが始まって、終わりかけでも全然実感がなかった。

でも、ここ最近・・11月に入ってきてからは、考えることはTGばかり。。

正確に言えば、TGが無事に行われるように願うばかりで。


だから、目の前の仕事の忙しさよりも、
ココロはTGの成功を祈ることに頭がいってたから、
あまり精神的につらくなかったけれど、
以前も書いた、ちゃんと向き合うことができなかったことがつらかった。



世界はボクらを待っていた

新書程度の本であれば、一気に一日で読んでしまう私だけれど、
さすがに仕事の合間なので、少しずつしか無理で、

それでも読み終えて。

TGの音楽もなるべく聴くようにして。




そしたら、日毎に、
ジュリーがなんでここまでTGの再結成にこだわっているのかという、
私なりの理由が読み取れて。

一言で言えば、
彼にとってはかけがえのない恩人なんですよ。
TGが、TGのメンバーが。



そして、そのTGに自分は奉仕しなくちゃいけない。
返しきれないかもしれないけれど、少しでも恩返しをしたい。
そして感謝をしたい。
TGのおかげで、今、自分がこの平原を歩いているような気持ちでいることを。



みんな生きているんだもの、
友達だったんだから、
分かち合えることが絶対できるって。


かつみさんもよかったね。
昔の仲間が、音楽が、
会社の方針で意にそぐわない方向に向けられ、
心がバラバラになっていくのに耐えられなくなって。
脱退後(社会的にはね)、
今までどこかTGに対して後ろめたいというか、
もやもやしていたものがあったと思う。


このTGの再結成の1ヵ月が無事に終われば、
その気持ちが晴れることでしょう。


みんなね、悔いのないように生きないとね。


生きることは楽しいんだから。
気持ちは一生TGのメンバーやで。




スミマセン、
ちょっと今日つらいことがあって、
ずっと目がウルウル状態でおります。


5年前のあの時も、自分自身の事故のことや、
近所の幼なじみのお父さんが亡くなられた直後でもあったし、
そんなことをジュリーの歌を聴きながら思い出して泣いてしまったっけ・・




明日も泣くだろうな。ジブン。。

| | コメント (0)

2013年12月 1日 (日)

あの娘のレター

Cocolog_oekaki_2013_12_01_18_55


じゅ○トラモンは、あと2日とあって、
準備にこきつかわれて大忙しsweat01





今日は作業しながら、
DVDBOXを観ながら。


もう各2回ずつは観とるねw




特に、
もちろん、観たことのない映像ばかりがつまったDISC5


最初に驚いたのが、
たとえばストーンズのメドレーなどでの激しい動きっぷり!!

シーサイドバウンド程度の動きしか知らないワタクシには衝撃でしたwobbly

きっとあの当時はあんなに激しく動きながら演奏したり歌ったりするアーティストっておられんかったんでしょうね。
そういう部分も人気の一因やったんだろうなあと認識させられ。



で、そんなに長くはないけれど、
DISC5の中で一番のお気に入りになった、
この万博の時の“あの娘のレター”を歌う場面


昭和45年といったら、田コロの映像は見たことがあるけれど、
白黒だし、
でもこれはきれいなカラー映像で、
なんだかメチャ新鮮で!!


Reta1


回る舞台の後ろで背を向けてスタンバイしていて、
幕が上がると同時に舞台が回って表に向けられるという





Reta2




Reta3


歌もエエ感じや




Retapee


なんだかこの頃のピー先生の心境考えると複雑なんやけどね




Reta4


やっぱりね。ソロの時の顔やなくって、
TGのジュリーの顔なんやね。
それ以上どう表現してエエのかわからへんけどw




おそらく原曲?もさっきつべで聴いてみましたが、
なんだか曲調がずいぶんちゃうような??


レター・・・もう少し長く演奏してほしかったなあ。




また今夜もTGに浸ろうpenguinsweat01

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »