« 舞鶴と城陽 | トップページ | Pray@文化パルク城陽③ »

2013年10月18日 (金)

Pray@文化パルク城陽②

で、城陽といえば、
にゃんといっても

TOKIO で


Cocolog_oekaki_2013_10_18_08_59


なんだかハヒフヘABC~


とかにゃんとか、見事に歌詞をやねえww



cat一瞬脳梗塞が起きたにゃ


いやいや、65にもなってやねえ
あんな激しく動ききながら歌いまくる自体が、
通常のおなじくらいのおじいさんならなかなかでけへんことやから、
ジュリーもこちらも、お互い様ね、みたいに楽しまんとね。


で、TOKIOで思い出したけど、


咥え煙草で 涙おとした


のトコロ


ほら、今年の探偵さんで、煙草を咥えながら歌うトコロがあったやん
あんな感じで、煙草を咥えている状態で半ばフガフガと歌っているように歌ってはって

これからはココそういうふうに歌うのかな~なんてcoldsweats01




で、もうビシャビショsweat01やったさかい
お着替えで脱ぎ脱ぎするのも大変やったやろけどsmile
catにとっては涼しくなったのにおかしいな~みたいに思ったようね。

(会場も、まさかこんなにみんな熱狂するとは思わず、冷房はほぼつけてなかった模様w暑かったもの)



catライトが全部ジブンに集中して、照明さんがワタシのカラダを絞ろうとたくらんでいるにゃ!


で、みんなそうだそうだ!の拍手をしたさかいw



catにゃんや!その拍手は??


と、珍しく反応に反応ちてww




ジブンが65歳になって、還暦からはや5年。あの時生まれた人は5歳だとか、
デビューが昭和42年やから、昭和42年に生まれた人もいるんやないか、とか
そんなんで休まずずーっとやってきて、
人気があると、「こっちの水は甘いぞ~」とホタル的な誘いもあるけれど、そんな誘いにものらずw
ジブンで言うのもにゃんやけど、ずっと「ジュリー」って言われてね、



catいつまでも素敵なジュリーを演り続けるのに抵抗を覚えるようになったにゃ


ハハハsweat02



で、チョコレートのことで、
テンプターズは森永チョコのCMやっとって、そこではテンプターズが1位
タイガースは明治チョコのCMやっとって、そこではタイガースが1位
と、

まあ地下でいろいろやっとったんでしょうがshadow

それには、当人catも操作されとるちゃうの?って


cat操作されとるってどうさ?



どんなシャレやw




そんなうちに、昔話になり~


TGが解散してからPYGになって終わてソロ最初ぐらいまでのね

メンバーがそれぞれ解散後のことを決めていく中、

ジブンはどうしていいか分からず、ナベプロの事務所でお茶くみみたいなことやってて、


shadowジュリー何してるの?


なんて冷やかされてw

catあのジュリーがこんなところにいるにゃ!


て誰もにゃにもいうてくれへんorz




そのうちスーパーグループを作るんだという話が


その名前がPYG


catにゃんで豚やねん!昔は今のようにこんなんちゃうで!


pouchpouchを猛烈アピールww


LPジャケットなんか豚の鼻押したらブーッ!なんて、にゃに考えとるんや?ってww



それでも渡りに船ちゅーことで


cat藁をもつかむような気持ちで藁をつかんだら、そのまま沈んでしもたにゃ



と、実際ステージにひざまずいてまうcat


掛け算になる予定が割り算になってもて、
TGの4年間が誰もができない良い経験だったとしたら、PYGでは挫折するという経験を味わい。
それを見ていた世間は「ジュリーは人気がないんだ」というレッテルを貼られ、
ソロになりなさいと言われ、「君をのせて」ていう歌を歌わされることになって、なんでこんな歌歌わなアカンの?かなんわ~って


その頃はまだ血気盛んで事件を起こす前やったから、歌の良さが分かってなかったというcat


でも今では、


cat誰も歌えないエエ歌にゃ


って、誇れるようにshine



この言葉って深いな~って思ったのは、
ほら、今回のLIVEって、「溢れる涙」「若者よ」「ACB」「あなたへの愛」とか、
最初に歌っていたキーより下げて歌っている曲がありますよね。
で、ワタクシは音階のことにはてんで知識がありませんが、
レベル的に考えると、「君をのせて」も当然キーを下げて歌ってもおかしくないと思うけれど、
実際、声の調子がお悪い時は、最後の最後で調が変わる(キー上がる)トコロも時によっては上がりきらなかった時もあります。

でも、ジュリーは可能な限りは、「君をのせて」だけは、原曲キーのままで歌いたいというものすごい拘りがあるんやないかって。

ワタクシはこのツアー中、君のせを歌うジュリーを見ながらなんとなく思ってたことなんやけど、「誰も歌えない歌だ」と言われて、やっぱりそうなのかも、って勝手に納得して。


今ツアー曲ならあと「カサダン」とか「サムライ」もね。


全部キーを下げるんやのうて、この曲は原曲キーのまま歌う、ある曲は下げて歌う、楽するわけではないけれど、喉の負担を考えながら、リハーサルの時にバランスをとっていって、今の曲構成なり、キーの上げ下げにされたのかなあなんて。

|

« 舞鶴と城陽 | トップページ | Pray@文化パルク城陽③ »

Live report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舞鶴と城陽 | トップページ | Pray@文化パルク城陽③ »