« 明日は大千秋楽 | トップページ | 探偵2大千秋楽(終) »

2013年5月12日 (日)

探偵大千秋楽☆

20130511131545


ウインクあいち。
とうとう終わってしまいましたね・・・



もう、共演者さんのブログを読むだけで、
とーっても楽しかったんやな。ってわかりますもん。




ま、個人的には
最後やからハメ外す場面もあるのかな、とちょっぴり期待しとりましたが、
新さんの言い回しが見るたんびにちゃうのは日常茶飯事やしw

特に・・・・突出したアドリブもなくcoldsweats01




あくまでも個人的にですが、
最初見た時から、エエ意味で印象が変わった、良くなったな。と思ったのが南野さん、
最初は単に悪い人にしか見えへんかったんやけど、
回を重ねるごとに百合子さんを厚く表現できるようになったというか、
彼女の背負っている哀しみを胸に秘めた上での演技ができてはるというか、
(完全にエラソになってしもとる・・・スミマセン><)


ラストの「うんとドライに」というところでは、
ワタクシが見た中では初めて涙が頬を伝っておられました・・・





カーテンコールは大阪楽同様3回。
名古屋の方はちょっと遠慮がちなのか?
最初では立たず、2回目からチラホラ、ヴァーッ!という感じで


ジュリーが共演者を讃えると、
共演者もジュリーをはじめお互い讃えあって、
ジュリーがなんとこちらを讃えてくれたかと思うと、
その手でシッシッてww


そして3回目、
幕が上がると、
ジュリーの横にはピアノの久保さんが。
当然ピアノの音がないから、
ジュリー中心の「チャラランララ~♪」という口ずさみで、礼をされてw
久保さんはじめ讃えあった後、
ちょっと前に出たジュリーが、口ずさみしつつ、エア緞帳引きをしながら、
緞帳が下がっていって終わってしもたというw





ワタクシの最後の探偵さんは、
ストーリーを頭に入れながら、というより、
双眼鏡でジュリーのアップばかり見てw


だって、64歳最後の姿なんやもの。

次逢う時は65歳。



最後の64歳の姿をしっかりと目にやきつけて。

|

« 明日は大千秋楽 | トップページ | 探偵2大千秋楽(終) »

stage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は大千秋楽 | トップページ | 探偵2大千秋楽(終) »