« がんぼー | トップページ | ウインクでpaper »

2013年4月 8日 (月)

のらりつらり

Cocolog_oekaki_2013_04_08_00_20



そういえば前作も今作も“新さんの尾行シーン”ちゅうのがないやんね。。

思うに

肌が白すぎるからか

隠れようがないからか


いや、隠れんでもエエんや。

ドーンpouchとしとけば逆にアヤシまれへんのや。

という新さんの声が聞こえてきそうやけどcat



なんだか、東京での観劇からなかなか時間がたたないなあ、
と思ったら、

そうか、ほとんど休みがないからか、

と思ったり。

まだ一週間近くあるさかい、こうあの時の舞台を思い出したいんやね。
(ちとじゅ○モンに飽きたちゅうこともあるw)

あん時の印象は、

まずは、前にも書いたダンスでステップピョ~ンのトコロやけれど(なんじゃそら)

国会議員のセンセイのトコロに乗りこんできたシーンで、

ドーンとソファーにかけとる姿ね。

ここだけの話、とても探偵とは思えないよーな重厚感coldsweats01



先日ジュリ友さんトコロで、太陽にほえろを見させてもろたけど、
初期にもかかわらず、すでにドーンとした存在感を示していた裕次郎さん。

それを見ながら、あん時の新さんを思い出してしもて・・・・

cat一緒にするにゃannoy


いやいや

でもね、今のジュリーて演技をするとそんな感じなんやと思うの。

裕次郎さんのような存在感。

いや、裕次郎さんの演技をたくさん見てきたわけやないんやけど、
太陽に・・・にしても、
居られるだけで、見事にその場を〆られ、


やっぱり裕次郎さんや。ちゅーか(うまく表現できれへんわ><)

お互い時代のスーパースターであったことには変わりないけれど、
当時はそれぞれがまったく違う個性で、



やがて、裕次郎さんがお亡くなりになり、
ジュリーが裕次郎さんの歳を越えられて、カラダもそれなりにふくよかには
なったけれど、
その分、居るだけで魅せられる存在感を得てね。
(ま、たまに余計な動きをして笑いを誘う部分もありますがw)

歌声にしたって、なんの小細工を使うわけでもなく、
まっすぐな歌声がものすごい味わいのあるもので、人々の心に届く。

天性の歌声をお持ちであった裕次郎さんのように。

ジュリーの場合は時間をかけてそうなっていって(と私は思っていますが)

なんかうまくできてるわ~って
で、ジュリーは若い時のあの美しさも得て、

御歳を召したならば、召されたなりに、それなりの魅力が。

裕次郎さん的な存在感も今得ているわけやから、
すごい徳な方やな~ とも思ったり。

そういういろんなジュリーを魅させてもらえるジブンは、
仕事がどーやこーやと言わず
やっぱりシアワセやと思わないといけないんやなと。

なんだかとりとめなくなってしもた・・・

寝よ

|

« がんぼー | トップページ | ウインクでpaper »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がんぼー | トップページ | ウインクでpaper »