« 雨だれの挽歌 | トップページ | となりの百貨店では »

2013年3月25日 (月)

感想@サザンシアター

20130321174057_2


ロビーのお花は、
開演から1週間ともなると、さすがに枯れてはったわねcoldsweats01

いつも以上にお花が多かったのは、やっぱり共演女優さんが南野さんやからやろね。
(南野さんの方がワタクシ知っている名前が多かったw)


そういえば、去年あったお嬢さんシャツみたいなのがなかったですね。
その代わり、あの時のニアトラグッズを販売しとりましたが


で、よく考えたら、
印象に残ったことばかり書いて、肝心の筋と感想を書くのを忘れておりましたcoldsweats01

なんだか前回以上にシリアスぽいという感じは漏れ聞いていたので、
笑うトコロなんてないんだろうなあと思ったら、
意外とクスッレベルやけどあって意外でしたw


それが21の昼の部では右ブロックの中か後ろあたりから、エライ爆笑する声が・・・
た、確かにオモロイけど、そこまで笑わんでも・・・みたいな。これ喜劇ちゃうんやからsweat01

新さんは今回は怒るにしてもおどけるにしても、ぼんちから今まで見た中では一番抑えているような感じやったね。(いや、これからそうなるのかもしれへんけど|ω・))


で、クスッと笑わせてくれたのが、やっぱりすわさんかなあ。
嘘ついて、金をせしめるのがバレてみんなに引きずり戻される時、
昼の部では、かけていた眼鏡がうまく縦方向になって頭にのっとったし、
ニセ暴力団幹部で登場の時の、西部警察の渡さんか!というイデタチねw

でもにゃにより、
あの歌があまりうまくない夫婦の歌の最後に“ジャ~~ン”とならす楽器?を鳴らすトコロのあのしぐさと苦みきった表情ww
あれは、ジュリーでもかなわへんと思ったね。

んで、山崎さんもね、
別に笑わそうとはしてないんやけど、
なんか根っからの悪徳政治家には見えないんやねcoldsweats01

普通にゴルフスイング練習したり
ただ座っているだけなんやけど
なんか笑えるんやけどww





で、逆に吾郎さんは前回に比べたら存在感が薄くなってるな~とか

ただし、ワタクシ今くまモンにハマっているという部分もあって、
吾郎さんと言われるたんびに、
くまモンの一番の仲良し(だと思う)
ころう君を想い浮かべてしまいcoldsweats01
Korou

単にゴロが似てるというだけなんやけどw

あっ、吾郎さんは今のところぷくぷく感じはございませんでした。
相変わらず若く見えてスリムでした☆



shadowよかったよかった。誰かにゃんに影響されんで

で、やっぱり重ね合わせというか、
思い入れて見てしまうのがアキラくんかなあ。
小飯塚さんとは年齢が1ヵ月くらいしか変わらへんから。

今回はホンマ大活躍やね☆


手下ひきつれてwソロで歌うトコロも堂々としてはります。

で、そんな彼?を怒ることなく優しく見守っている新さんみたいなねhappy01

尾行に気づかれて、
落ち込んでいるアキラ君を、正確なセリフ忘れたけれど、
ふたり並んでカウンターの右端の壁に背をつけて立ちながら
めげずに続けることが大事やでと励ます新さんとのシーンもよかったです。

この時ね、アキラ君はちゃんとサイダーが入ったのを飲んでるんやけど、
新さんはカラのビールを飲んだフリで、
東京の楽とか、名古屋の大楽とかは、ホンモノ飲むのかなあなんて思ったりw

で、今回の脇の一番は、やっぱり
鉄兄ィさんでしょ。
ホンマ、エエ演技されておられました。
話がひっくり返るトコロは彼がキーポイントやさかい、ここでは書かへんけど。
(てか、うまく書けれへんだけやけど)

で、筋の感想ね。

ライブでもそうなんやけど、
ワタクシはあらかじめ筋は入れておきたい人なんやけど、
今回に限ってはあらかじめ筋は見ないほうがいいと思ったね。


だってまったく展開を知らなかった昼の部と一度観た後の夜の部とでは、
緊迫感が全然ちゃうように見えて。

あっ、もちろん、役者さんたちは同じように演技されておられるのよ。
でも筋を知っている分、例えばジュリーの演技が軽いな~と思ってしまったりするの。


でもエエこともあって、
どさくさの中、新さんと鉄兄ィが目配せしていていたりなんて発見も。

だから、名古屋の大楽以外はw新さんにはシリアスに通してもらえればと、


なんちゃってcoldsweats01

筋は細かい理由とかは、2回以上見ないと入ってこないんやけど(おそらくワタクシだけw)
そんなん飛ばしてもにゃるほど!というわかりやすい展開で。


去年のあらまさんに比べたら登場人物が多い分、展開もテンポ良い印象やったね。
(去年は一シーンがエライ長いな~と感じてしまいましたが)
で、登場人物が多いので、新さんのセリフも若干少な目に感じましたし、
歌もいつもより少ない感じがしました。

でも、その代わり?雨だれの挽歌はフルコーラス歌う設定にしてくださって、
最後でちゃんと帳尻を合わせてくれたような気がしました。

まあでも強いて言わせてもらえば、
劇中に、新さんの百合子さんへのほのかな恋心をもっと表現させていれば、
最後がもっと生きてきたのかなあ?と。

最後の最後にいきなり「俺は待ってるぜ」みたいなね。
ありゃ、恋してたんや。みたいな
ちょっと強引さを感じてしまいましたがcoldsweats01

それでも、この後は新さんはあすこにとりあえず逃亡するんやdashと、
ワタクシ別の妄想にひたることができるさかいw
ま、どーでもエエといっちゃエエゴホッゴホx

最後まじめな話、
夜の部では、二人の別れのシーンで、百合子さんもウルウルされておられましたが、
新さんもウルウル越して涙が頬をつたっておりました。

昨日夜ヒット見ていて、
頬にしみこむように下にいく涙が(サムライのある回)
あっ、21日観た時とまったく同じやん!て思ってね。


で、彼女が出ていって、
彼がカウンターの中に入る時、
何気に白いハンカチ出して流れたものをぬぐって。

・・・・

たぶん、花粉症の影響でないことを信じたいんやけどcoldsweats01

ということで、
ワタクシにとりましては今度は大阪。

それまでには、思いっきり働いてやねえsweat01
そういうクルクルの中で見るからこそ、
ジュリーたちに夢の中へ連れて行ってもらえると思ってるから。
もっともっと感動できると思うしね。

チーム沢田組。
息のあったいいお芝居だと思います☆

収録は終わりましたが、これから回を重ねるにつれて、もっとより良くなります様!

|

« 雨だれの挽歌 | トップページ | となりの百貨店では »

stage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨だれの挽歌 | トップページ | となりの百貨店では »