« 2013正月LIVEまとめ① | トップページ | 2013正月LIVEまとめ③ »

2013年1月24日 (木)

2013正月LIVEまとめ②

静かなまぼろし

この曲は唯一、おそらく歌われた当時以来歌っておられなかった歌で、
初日イントロから分かったワタクシはCDではない生の歌声に触れてウレしかったなあ。
ワタクシ的にはこういう曲をたくさん歌ってほしいと思うお年頃だす(*v.v)。

愛は痛い

一昨年のバラッド・・・で歌っておられた歌再びやったから、よっぽど好きなんやねcoldsweats01

ただ、手拍子となると、アップテンポの割にはちょっとユルすぎて拍子とれないという不思議さねw

いい風よ吹け

何曲かキーを下げて歌っておられた一曲。
あくまでも私見やけれど、今回はいわゆる、マラソン的な構成やから、ちょうど中間地点、静かな曲が続く状態で声を維持するために下げられたのかなあと。

あとは、今年に対するご自分の気持ちかなあ。なんて。

桜舞う

ジュリーが、LIVE中、いつも涙ぐみながら歌っていた曲。
とっても好きな歌でしょうに、意外と2006年以来、歌っておられないんですよね。
で、全セトリ中、一番気持ちよく歌っておられる気がしたの。

イメージ的に高音かな、と思うけれど、よくよく聴いてみたら、今のジュリーの声質に対して歌いやすいメロディラインやから。ヘンに声の出を考えることなく、別のトコロに意識を赴かせることができる、その結果ご自分の中にあふれたいろんな想いがウルウルにつながっておられたんじゃないかと。



あの日は雨

この曲はジュリーの“ファルセット”が秀逸shine
高音はおつらいかなぁ、という部分があった中で、これに関してはキレイに響いておられました。

無事でありますよう

正月LIVEでは、前年の新曲であった曲を歌う傾向があったジュリーやけれど、
今年はそれをしない代わりに、持ってこられたのではないかと思う曲。
これはやっぱりうす明るく客席を照らす中で歌われる風景が印象的でした。

よくジュリーがMCで、「私だけが元気でいてもだめですから、どうか皆さんも健康に気をつけられて私の70越えを見届けてください」と言われてますが、それを歌の中で再現されたといいましょうか。

睡蓮

久しぶりに激しい曲や!けれど、手拍子どうしたらエエの?的な曲ですcoldsweats01

唯一渋谷2日目が周囲が揃って手拍子してくれて気持ちよかったですが、後はマチマチですねw

別にこれが正しい!というものはないっすから。
この曲も無理はせんようにと思われたのか、キーを低くされて歌っておられました。

若者よ

実におまパラ以来、会場が拍手思いっきりできる曲やったもんやから、
盛り上がりが半端なかったですw

で、最初からだったのか、途中からなのか忘れたけれど、

パワーレス パワーレス・・・のトコロを籠ったような声にされておられました。

ただ、個人的にはこの曲だけはキーを下げてほしくなかったなあcoldsweats01

ロックンロールマーチ

これで、スミマセン傑作が千秋楽w

向こう見ずに 今も生きて ありのままの 誇り?コンプレックス?
ツブシ効かぬ 僕らみんな

の部分がまるまる歌詞ぶっとんでしまわれましてorz

なんじゃらかんじゃら 何も・・・かにも・・・何も・・・わからんtyphoon

shadowハハハ

これに関しては御本人も気にしておられたのか、脳出血してたとMCで申しておられましたがwそうなったとしたら、とっくに歌うこともできなくなってしまっているよーなcoldsweats01

A・C・B

歌の最後はちゃんと“2013年も変わってなかった”と変えられて

今年は特に歌い甲斐のある年やから、ソロツアーでも歌われるかもやね。

愛まで待てない

満を持してというか、
前曲もやけれど、何曲かキーを低くして負担を減らしてこの曲に賭けていたのかというくらいね。

ここでこれを持ってきたか!と初日は衝撃的でございましたwobbly

もう、今のジュリーの脚力を精一杯右往左往させている姿。
それだけでもこちらにがんばろう!と思わせてくださいます。
楽の日なんて、しんどいからといって何もしないなんて失礼すぎると思ってこちらも精一杯ありったけの力で応えたもの。

そういうひとつひとつのパワーが集大成して、LIVEが盛り上がっていくものなんですね。

前奏のヘドバンは、初日のみ下手の前端でやってはりましたが、
後は下山さんの傍で。で、下山さんもそれに呼応してピョンピョン飛ばれる、というパターンでした。

渋谷ではこのヘドバンの時にウワ~~ッ!!キャ~ッ!!の声が舞い上がって

ヤマトより愛を込めて

この激しい曲の後に静かな曲を持ってくるという、Jゴールデンラインshineちゅう(勝手に名称)

で、あくまでも私見ですが

声の出し方を変えられました?

これは「静かなまぼろし」でも同じように感じてて。

実はジュリーの声から感じ取ったままに、ジブンで歌ってみたんやけどw
声をお腹の底からだす感じで上のほうから声をだすイメージでやってみると、
あんまり喉に負担がかからないんやね。


いや、これはあくまでも想像やからね。

ただ、いつも以上にキーを低くしている曲が多かったですし、
前ツアーで、最後のストリッパーで声が苦しくなっておられたことを考えると、
これもいつもどおりの曲数をなるべく無理しないで歌うための手段なのかなあと。
無理して喉ダメにするんやのうて、
御本人の望む、「長く歌い続けたい」というための手段ね。

20曲やで、あの御歳で20曲時には激しく休憩なしで歌うて、相当大変なことやで。ホンマに。。

|

« 2013正月LIVEまとめ① | トップページ | 2013正月LIVEまとめ③ »

Live report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013正月LIVEまとめ① | トップページ | 2013正月LIVEまとめ③ »