« 現実逃避したひ | トップページ | プレミアム② »

2012年3月26日 (月)

プレミアム①

今週はいよいよワタクシにとってはお待ちかねのあらまさんの観劇週でございますが、

こちらのほうも、記録ということでちょこちょこ感想を。

冒頭の15分間、
言い変えますならば、
ワタクシの技を駆使しても間に合わずリアルタイムで見れなかったw15分間は、
ホンママニアにはたまらない映像満載でhappy02

逆にピーセンセの劇的な再会エピソードがなければ、
こういう映像を見ることも叶わなかったのかな~と思ったり。

まあ、美しき時代の偶像ばりに力を入れてくだされば別だすがcoldsweats01

ワタクシの自由時間の関係で、どうしてもジュリーばかりになりますがw

「Long Good-by」に歌詞をつけられるにあたり、
その当時のジュリーの心境

1


60を越えると、今までやってきたことを振りかえるっていう部分もあるだろうと思ったし
まあ自分がそうであるようにね

バンドをやろうということよりも
そういえばピーは酒強かったし

また飲めたらいいなっていう正直な気持ちですね

この歌は最後にぴーぴーぴーぴー・・・と呼びかけているという、
まさに直球中の直球的な歌で、
元々はタローさん作曲とサリーさんの歌詞で2番まで作られていたんだけれど、
ジュリーが60になるにあたり、
3番目の歌詞を任され。
そういう際に、きっと今の自分のように、ピーもタイガース時代をふりかえって、あの時の仲間に対しての想いが強くなっているんじゃないかと。
そう想像されたんでしょうね。
もしかしたら、みんなと酒を飲みたいなあなんて思ってくれているかもしれないって。

ピーさんは、曲を聴く前まではたぶん自発的にはまた逢いたいな~とは思っておられなかったかもしれないけれど、
あれだけの3人の“ピー逢いたいよ~”という想いがつまった曲を聴けばね。

グーッときました。とピーさん。

中井元マネジャーの架け橋も手伝って、2008年12月、ピーさんの大学の頃からの行きつけの渋谷の日本料理店で37年ぶりの再会

ジュリー祭りが終わったすぐ後くらいなんでしょうね。
今となっては懐かしいジュリーの金髪姿shine

2

どーでもエエことですが、ジュリーの飲んでいるものと思われるグラスの下には、
折りたたんだおしぼりがw

はい、どーでもエエことですcoldsweats01

あっ、それと上の画像の今のcatと比較せんよーに

catannoy



virgo逃げろっdash

話がそれかけたわcoldsweats01

最初は懐疑的な面持ちを崩さなかったジュリーだったけれど、

この写真は、

以下、ピーセンセの御本からです。

飲み始めてから2時間あまり過ぎた頃には37年ぶりの再会が嘘のように、その歳月を瞬く間に越え、バンド結成前までの友だち同士の気持ちと表情に変わっていた。
結局5時間以上が経過し、みんなで一緒に写真を撮った。長かった一夜が終わった。そのときの写真をあとで見たが、仕事の上でもない、素顔の少年時代に帰った僕らが写っていた。

そうかぁ、
この写真は再会して5時間以上たった頃のなんやね。
ツアーですっかり見慣れたせいもあるけれど、
とても37年ぶりの再会!という時には見えないなあ。

後ろに写っておられるのは、恩人の中井さん、
この時はまだお元気でおられたんだな~って。


そしてこの再会がきっかけで、
ピーセンセは「よし!ドラムをもう一度練習してステージに立つんだ!」という今までにおそらく想像だにしなかった新しい一歩を踏み出され、

アパートの上の階下の階ともに苦情を受けながらもwコツコツと毎日練習をつまれたんですね。
放映されていた自宅でドラムを叩く姿、本気度が伝わってきますよ!

|

« 現実逃避したひ | トップページ | プレミアム② »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現実逃避したひ | トップページ | プレミアム② »