« 今ツアーふりかえり(いいかげんにおわり) | トップページ | まだまだ余韻はあるけれど »

2012年2月 3日 (金)

タイガース祭りだった日

昨日はある意味

「タイガース祭り」やったよーなshine

女性セブン

1月24日、あの日の感動が再び蘇ってきましたがなhappy01

ワタクシの見たことのないタイガースな写真も

一枚めくれば・・・

う~む

ジュリー祭りの時にこれらの写真を使うならともかく、
この記事には合わないよーなgawk

この写真載せるなら、もっとツアー中の写真を載せろ!という気持ちだす。

後の“われらの時代に”の特集ページでは、
どこかの自身とちゃってwよく取材をしたなという感じはいたしました。

て、にゃんでジュリーだけ水兵さんの頃の写真なんやcoldsweats01

41年前のあの時は笑顔も楽しさもなく、
わだかまりをもったまま、
終わってすぐ京都に帰っていったピーさん。

きっとずーっとみんなのココロの片隅にやりきれなさが残っていたと思うけど、

41年後、
41年かかったけれど、
たくさん笑い合ってあの時のやりきれなさを明るい色に塗り直して。
ホンマよかった!って思う。

セブンさん、たくさん取りあげてくれてありがとう。

ミヤネ屋 シローさん

事前の新聞には24日のこととは何も関係ない紹介がされていたよーでorz
雪も雪やったし、あまり期待してなかったけど、
30分近くは取りあげてくださいました。
エエ話ではあるよ、あるけどや。


制作にかかわった人、及び出演者の一人でも24日に行ってたらまだよかったんやけど、
24日のことはチラッと触れられただけでほぼスルー(+_+)

あれじゃあ、世間的には行く前はぐったりしとったシローさんが、大きな誤解があったにせよw名古屋のおばあちゃんたちに会いに行って元気をもらった!さあ今日からがんばるぞ!みたいに映ったんちゃうかと。

皆さん、それちゃうで(キッパリ)

この撮影日はいつか知らんけど、
24日以降や。

シローさんの口調といい、自分でゆっくりながらも歩いている姿といい、
明らかに武道館の時と違って元気になっておられた。

あの時に、みんなのパワーをもろうたんやてshine


まあ、文句言うてもキリがないから、
このヘンでやめとくわ~┐(´-`)┌

でも、きっとジュリーたちも放送を見て、「おっ、シロー元気やん!」と思ったに違いない。

で、これでイベント終了かと思っておりましたが、

ミュージックペンクラブ音楽賞受賞

昨年のジュリワンに引き続き
おめでとうございます!

やっぱり見てくれている人は見てくださっておられるのだと。

去年は授賞式は震災の影響でなかったから、
今年はみんなで出席できたらエエですね☆

ヤマハさんのスタッフさんのブログです

とても興味深い写真の数々です。
残念ながらジュリーは映ってへんけどcoldsweats01


かつみさんのHPも、
4人が談笑している写真もあったし、
1月24日以降確実に何かが変わってきている、エエ方向に。

いい風よ吹けnote

|

« 今ツアーふりかえり(いいかげんにおわり) | トップページ | まだまだ余韻はあるけれど »

Julie」カテゴリの記事

コメント

ミヤネ屋、なんともビミョーでしたgawk
記事の紹介で、キタか?!と思えば「これだけかいっ!」と怒りモードでしたが、
おばあちゃんたちの心からの心配、シローの絶好調な軽口を聞いてると、
なんだか、ほのぼのしてしまいました。
それにしても、なんで誰も武道館についてコメントしないんだ?!!pout
シローを追っかけてた企画として、ものすごいニュースなんじゃないの?
記事を紹介している時の、宮根さん、ゲストの方の顔を見ると、
明らかにそれは知っていた表情でしたね。びっくりしていないもん。
なのになぜ、何もコメントがないんだろう・・・
あかん、グチグチ言ってしまいます・・・

YAMAHAの写真、ジュリーだけはNGなの??あ~んweep

MPC賞、まだHPには載ってませんが、そうなんですね!
うれしい~sign03happy01

投稿: toko | 2012年2月 3日 (金) 00時46分

tokoさん

やはり事前にお知らせをいただいたとおりでしたねcoldsweats01

なので、その時点で、半ば諦めておりましたがw

グチを言えば、キリがないので、ただシローさんがまだまだリハビリ中ながらもお元気そうだなあ~という姿に安堵いたしました。 もう少し体力をつけて、自信を持つようになれば復活は近いですよね。

投稿: Nasia | 2012年2月 3日 (金) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今ツアーふりかえり(いいかげんにおわり) | トップページ | まだまだ余韻はあるけれど »