« 沢田研二ザ・タイガースを歌う① | トップページ | プレ千秋楽 »

2012年1月21日 (土)

沢田研二ザ・タイガースを歌う②

やるなら東京行ってナンバーワン目指そう
とピーさん。

ジュリー「その時から僕らは絶対日本一になるというのをみんな言っていた」

ジュリーはみんなの決意の反面、「え~なれるのかな~??」みたいな感じで後をくっついていただけだったんだよねcoldsweats01

A001

人気者になったのはなったけれど、
ジュリーは自信を持ってやっていたわけではない、と。
興奮状態にならないとできない。
(※全国放送のため「フンコー」という言葉は封印しておりますw)

ピーさんも知らなかったジュリーの興奮状態spa

当時はおとなしかったから、そういうフツフツとわくものが周囲はあまり感じとれなかったようやね。

次はどうしていいかわからない、
たぶん、会社が全部決めてしまっていたから、
一生懸命やることはやるけれど、
次は何しようかとか今みたいに思っていなかった。

というより、忙しすぎて思う時間がなくて思えなかったんやろね。



今思うとあの時楽しくやっていたのかな、とタローさん

A002

スミマセン、幽霊みたいになってしもたcoldsweats01

寝る時間もないし食べる時間もロクにないし、
だからここで幕をおろそうと考えた。
自然のなりゆきやったのかもしれないなあ。

解散て普通は下がっていって・・・やけれど、
タイガースは前向きな解散で。
それはいい方向へ選択したんじゃないかと。サリーさん

A003

タローさんは解散して次なにやろうか持っていたと。
ジュリーはしゃべらなかったけど、何も決めてなかったんだよね。
(で、結果的に数日間事務所のお茶出し係にw)


ピーさんは何も決めてなかった。
決めないまま解散の夜京都へ戻っていった。
でもタイガースをやっていたんやからどんなことでもできると。

A004

この顔なんか好きやから、思わずアップvirgocamera

「否定とかなかったの?」とサリーさん

ザ・タイガースをやっていて、そういう終わり方をしたから。

自分がザ・タイガースの一員だったというのを否定しないと負けてしまう。
だからグーッと抑えた。
ザ・タイガースという力が強すぎて思い切り抑えないとだめだった。
そうしないと本来の自分が出てこられなかったと。

あの時抑えて、なんとか忘れ去ることができて、
ずーっと別世界で生活してきて、
60すぎてまたザ・タイガースに戻ってきて。

だから、
最初にザ・タイガースありきで、最後もザ・タイガースありきで終わるのかなあと。

A005

(※こうやって書き起こしておりますと、
ミナサマ「タイガース」というておられますが、
「ザ・」をつけないと、
どこぞやの球団と勘違いをするかもしれないというNHKさんの配慮で、
もれなくスーパーは「ザ・タイガース」となっておりますcoldsweats01

そしてジュリーの名言

タイガース、なんちゅうのか僕らの体の中に遺伝子みたいなもんで入り込んでいるっていうものであってさあ

さあ、てweep←関西人の涙

歌ってなくても自分の中で育っているというか、

A006

枯れないでずっとちゃんとこう青々といるんだよね

A007 

だって、相当な執念だもの。
ジュリー祭りをやる前だって、今から思えばほとんど構想が決まっていたのに、
ギリギリまで「内緒」って言って言わなかった人が、
つまりものすごく慎重な人が、
もうこのザ・タイガースをやるんや!ということにおいては、
もう自分の性格をやぶってまで、
宣言することで願いがかなうかもしれないという期待もおそらく含めて、
まだ全然決まってないのに、
やりたい!と各地で言ってこられたんだもの。
これはよっぽどのことだと。
よっぽどザ・タイガースを愛しているんだなと。
感じておりましたが。
このSONGSの放送を見て、
この部分で改めて感じ入った次第で。

これは、そりゃジュリーと比較したらアカンし、
そんなん一緒にするにゃ!って怒られそうやけど、
遺伝子の中に入り込んでいる感覚っていうのは、
わかるんだよね。
もちろんタイガースやなくて、そのままジュリーにおきかえてね。
どんなことをしていても、いつもココロの片隅にちゃんと居てはるという感覚。

ちょっと脱線しかけましたがw

かつみだってシローだってケンカするけれども、
根底にはちゃんと光っているものがある、と。

A008


今のライブはファニーズに戻った感じですごく楽しいとタローさん。

気心が知れているから、何考えているかある程度わかるとピーさん。

元々こういう人間だったというのが再発見できる。
自分がぴたっとくる実感みたいなものはやっぱり音楽やるとよく分かる、とサリーさん。

そして、最後にジュリーはこの全国に流れるテレビの電波を通じて

あきらめないでザ・タイガースの再結成をしたいと。
こう直には言うてはれへんけどね。


みんなが望んでいることだと思う。

(かつみもシローも)ホンマはやりたいねんから
(なぜかこの言葉スーパーなしw)

今の時点ではたぶんジュリーが直接かつみさんにコンタクト・・・というのは難しいかもしれないけれど、
なんらかの形で、また二人会う機会があって、話すことができたらね、
ピーさんの時だってそうだけど、人のココロって一定やないんやから、
どんなきっかけでどー動くかわからへんやん。

個人的には正直今のライブ構成で十分だとは思うけれど、
やっぱりジュリーが好きやから、ジュリーの願いが叶ってほしいとも思うし。

いずれにせよ、武道館で終わりやなくて、いい方向に、進んでいってくれればなあと思っております。

|

« 沢田研二ザ・タイガースを歌う① | トップページ | プレ千秋楽 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沢田研二ザ・タイガースを歌う① | トップページ | プレ千秋楽 »