« 沢田研二LIVE2011~2012@京都会館Ⅱ② | トップページ | 騒がしくなる? »

2011年11月22日 (火)

沢田研二LIVE2011~2012@京都会館Ⅱ③

マメなピーセンセは早速おうちに帰り(たぶん)
岡山、京都のツアー報告をされとります。

ほんまありがたや<(_ _)>

しかしここだけの話、
連日のあーやこーやでtyphoon
疲れた身にとっては
パーッと流し読みするのが精いっぱいで

文章途中でご丁寧に表記されておられます「だじゃれ」まで目にいれる気が・・・ゴホッゴホッ

絶対にゃんらかの形で撮ってくれてると思った、タローさんのBD写真。
きっと事前にいうてスタッフにピーセンセのキャメラを渡しておいたのね。
あの吹き消した後、タローさん号泣やったんやcrying

でもその後、タローさんは急いで新幹線乗って京都の仲間と?祝杯をあげたちゅーことは、

あのケーキ食べられたんやろか

とまたまたどーでもエエ疑問を抱くワタクシvirgo

catワシがペロリにゃ

virgoやっぱり

というわけで、タローさんの分まで食べたcatたちはw
その後瀬戸内海のおいちい料理屋さんへ行ったんやね。


つーか、
そーいうことよりも、
ピーさん曰く「散歩がてら」ってあったけど、
散歩がメインやなくて、
明らかに打ち上げをどこでやろうかと街中をさまよっとったcatの食に対する執念に、
ほとほと呆れ・・・いやいや感服しておりますcoldsweats01

京都も一緒にお稲荷さん食べてへんということは、
同じようにリサーチしてたんやろかw

そいで、京都のピーセンセやね。
あのピーセンセのに載っていた一献の写真は、
終了して一旦引っ込まれて、ACまた出てこられて並んだ時の図。
catはここでよく飲むマネをしたり、汽車ポッポしたりしとるけどw
京都ではまず時計を見て、隣にいたピーセンセに酒をつぐ真似をしたら、
ピーセンセが素早く対応してエア盃を飲まれ。
一瞬「ぎ~り~とにんじょぉぉ~」の世界やったちゅうw

まっ、正直ピーセンセより隣のまゆまろに激似の人の方に目がいったけど( 一一)

ちょっと小さめな声でボソボソとしゃべる感じは最初とあまり変わってないけれど、
ドラミング姿に格段の進歩がありますよね!

ありゃホンマスゴイわsweat02

叩かれながら特に笑顔になってるトコロなんて、
表情がもうあの20代の頃と寸分の違いもないよ。
全然変わってない!
ちょうど髪も伸ばし気味やから、余計にそういう感じがして。

岡山~京都間のバス(やく3時間ほどやったらしい)でもずーっとしゃべってはって、
ピーセンセの前に座っていたcatが眠くなりながらもw分厚い本を読みながらピーセンセの話に聞き耳を立てていて、

目的はMCで喋る「ネタさがし」
ちゅうことで。

確か、ピーセンセがTG辞めて京都帰って来て学校に入り直す前に、
「オトナの遊び」をやっとったとか。
(※正当な旅行です。誤解なきようcoldsweats01

そんなん本に書いてあるがな!とツッこみたくなったけど、
そやそや、catは本読んでへんかったな。と思い出しw

やっぱりそういう時にしゃべるコトって、今の世情のことより、昔の話なんだろうなあと。
catの漫談聞いててもそやけど、昔話の方が饒舌やから。

京都のピーセンセのことを書こうとしたけど、
なんだか迷走中typhoon

結局無意識にcatのコトがまじってくるんやね。

しゃーないがな。
ピーセンセよりちゅきなんやから。

また早いので今日はこれにてsleepy

もう一週間以上もたってもーて

今更京都かい!てな話ですが

京都ではピーと大声で叫びましょう!のくだりが
すべて裏声(女性声)やってw

昨年のジュリワン奈良のほっかむり女声「アニタ~!!」といい、
このテの遭遇率が高いんやけどcoldsweats01

どーでもエエ感心ごととして、

catは裏声でも声量がある

ちゅーねw

フツーなら詳しくはよーわからんけど、声帯のどっかがしぼむ感じになる?から
高く細くなると思うんやけど、
そりゃ地声より多少は細くはなっとるけど、

catピーと言ったらピー!!

とか、声高いのに太いちゅうか??

wwwながらもそんなことを考えとったな。

職業柄、鍛えられとるんやろか、とかね。

この曲も全編ジュリーのパートは高音で、
Jマニア的には、メインのピーセンセの歌声よりも注目して
catと一緒にハモってしまうというね・・・・

shadowあっ、言うてもた

ゴメンピーセンセ

|

« 沢田研二LIVE2011~2012@京都会館Ⅱ② | トップページ | 騒がしくなる? »

Live report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沢田研二LIVE2011~2012@京都会館Ⅱ② | トップページ | 騒がしくなる? »