« お詫びの印 | トップページ | 少しは期待したけれど »

2011年11月30日 (水)

おさらい⑤

もうすっかり忘却の彼方になっておりましたが、
うどん県までネタがないためw

66年、オーディションに受かってナンバ一番に出演するようになるところから。

最初の頃は京阪電車で大阪まで通っていた。
週2回1日30分を5回、というスケジュール。

どーでもエエことですが、ワタクシ本日用事で三条から京阪で淀屋橋に行くんやけど、特急で片道54分。
当時は1時間ちょいくらいかかったんやろか・・・たぶん片道90分弱の通勤やね。
だから、だんだん出演も増えるにつれて、こんな時間かかっとったら面倒くさくなりますわなcoldsweats01

それなら大阪でみんなでアパート借りて合宿したろと。

場所は大阪・西成区の岸里にある明月荘というアパート。部屋数わずか10世帯ほどという、けっしてきれいとはいえない建物の、玄関を入って左側の3部屋を借りることに。
当時のひと部屋の家賃は3千円~4千円。

これが今でもあるちゅーからオドロキやね!
たぶん貝塚Lの前に訪れたと思われます。

合宿生活は5月13日からはじまったけど、
その3日前の5月10日、京都会館で“全関西ロックバンド・コンテスト”が開かれ、30バンド近くがこれに出場。ファニーズも抽選で最終スエージに出演することになった。
でも、優勝候補は別のバンドがあがっていたため、期待はしていなかったそう。

ここでシローはんの出番や。

当時、シローはんは近衛中学を出たばかりで印刷会社に勤務していた身ではあったが、中学時代から海外のポップスをラジオやレコードでむさぼり聞いており、よくファニーズの連中に向こうの最新音楽情報を持ちこんでは話していた。

で、このコンテストでは「サティスファクション」を歌ったらどうや?というシローはんのすすめがあり、そのおかげで優勝してしまったというshine

まさに縁の下の力持ちや~~~sun

ワタクシこの文章を読んで、やっぱりシローはんはファニーズ時代からタイガースには欠かせない人や、と思ったっちゃ。
かつみさんが辞めて陽のあたる場所に出るまではそりゃ目立たなかったやろーけど、彼の情報や選曲が、タイガースのレパートリーの幅を広げたちゅうね。
シローはん元気になってね(何度も願う)

そして優勝して得た金額が賞金5万円。

このお金であの「僕のマリー」でも着ていたジャケットをオーダー・メイドしたんやね。

合宿生活は金銭的に決して楽やなかったやろーけど、コンテストに優勝したし、もうルンルンや。
夜遅く帰って、みんなで銭湯へ行く。それが何よりも楽しかったよう(^-^)

ジュリーもどこかで言うてはったけど、上京した後よりも前のファニーズ時代が一番楽しかったと。

今のツアーのビフォアーとかアフターとかみんなでワイワイしながら、当時の気分がよみがえっておられるんやろうね☆

ホンマよかったって、わがことのように思います。

|

« お詫びの印 | トップページ | 少しは期待したけれど »

THE TIGERS」カテゴリの記事

コメント

はじめましてhappy01
楽しく読ませてもらってますnote

ところでサリーは北野中学でシローは近衛中学というのは岸部家は引っ越ししたのでしょうか?

校区が遠いと思うんですけど。何か知ってますか?

投稿: さりっぺ | 2011年11月30日 (水) 20時36分

さりっぺさん

そうなんですよね。近い歳の差兄弟なのに通っていた学校がちゃうかったみたいで。
ゴメンナサイ。ワタクシも全く存じ上げませんbearing

投稿: Nasia | 2011年11月30日 (水) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お詫びの印 | トップページ | 少しは期待したけれど »