« ピーセンセのラジオ出演① | トップページ | もったいないので »

2011年10月23日 (日)

ピーセンセのラジオ出演②

TGが人気が出て、移動する手段に機材車(トラック)にメンバーを乗せて移動したっていう?

DJさんの問いかけに、あんまり覚えていないのか「そんなこともあったかもですね~」とあいまいなピーセンセw

「貨物扱いですね」

東京に出て来た頃はみんな一緒に住んでいて、中井Mがコワクて、
「守るべきもの(時間とか規律とか)を守らないと怒られたし、
関西での放送だから
「大阪やろ」←ここだけ関西弁のイントネーションやった! っていう感じでね、本当は関西弁を使うべきなのかもしれないけれど、中井さんは絶対使うな、と。それを単に今まで守ってるだけで、みんな中井さんの言うこと聞かなくなっちゃってw関西弁まじりの言葉を彼らは使っておりますけれど、僕はいっぺん言われたら「ああそうだ。そういうふう(標準語)に使わないといけないんだ。ということで、ただ守っている、ただそれだけです」

ホンマ、終始標準語でしゃべっていたピーさん。
ある意味、誰かニャンと違って、スゴイな~と思います。
いや、個人的にはピーセンセの関西弁炸裂トークを聞きたい気もしますが
(どっちやねんw)

みんな一緒に住んでいた頃の、役割分担について、ピーさんは意外にも掃除や洗濯やらあまりやらなかったとw朝起きるのも弱いから、タローさが起床係やっててwでもピーさんよりもっとねぼすけやったのがトッポさんやったちゅうw(やっぱり(^^ゞ

芸能界辞めて、元メンバーの活躍は生徒や周囲の人から聞いてああ、やってるな~って見てて、がんばってるな~って思っていて、逆にピーセンセから生徒にカミングアウトしたりしてね(ま、生徒はんたちが授業受けたくないからピーセンセに話をそらさせようとしてた策略に乗っかってしまったということもあるがw)

そしてここで一曲の前のエピソード

「中学3年の時に岸部と修学旅行に行って、その時にすごく彼と親しくなったんですねheart04で、その時に彼が声が低くてすごくいいな~と、僕はその彼の声にホれて彼と友人になったんです」

と、サリーとのラブラブ話を披露!

you never know

ピーさんが中音部をやるとサリーさんは低音部をやる。

(サリーの低音を聴きたいために)友人になったようなもんで

コラコラピーさんcoldsweats01

だから今回のツアーでサリーさんの歌がないのがすごく残念だと

「(サリーさんに)歌って~と言ってくださいよ」とDJさんに言ってましたが、

「皆さんもその声を上げましょう!」とピーさんに代わって言うDJさんw

ピーさん、せっかく公共の電波なんやから、利用して直接呼びかけな!

この曲、まともに聴いたのはおそらく初めてですが、
ホンマこの低音はサリーさんに歌ってほしい!
曲後、ピーさんも言ってましたが、この歌っている人よりもサリーさんの方が声に魅力がありますよ。

脳内変換するだけでもシビレます~~

そして、著書の紹介。

「ロング・グッバイのあとで」は、自分の歴史をいちいち説明するのは面倒だから、いっそのこと本にしてしまえとw名刺代わりちゅーことで

そして、なぜかDJさんは、この本の中でピーセンセのheart01話をとりあげw

TG時代にフランス人の女性と大恋愛したという話ね。
(本に書いてあったのではしょりますがw)
かつみさんが辞めた頃に箱根に監禁なってw彼女も箱根に来てたけれど、中井さんが漏れなく同行してw

で、その彼女の顔は覚えていますか?という問いに

「写真を持ってたんですけど、前妻の家に置いてきたもんですからたぶん焼却されてるんじゃないかとw

赤裸々すぎます、ピーセンセsweat01

「今はひとりです」と断言しましたが、
ぜーったいいはるでしょコノーコノーsmile

で、これは初耳やったんですが、

“ピー”というニックネームがついたのか?

生まれてすぐなのに、髪の毛が上に立っていた。
キューピー人形にそっくりやから、
乳母が「キューピーキューピー」って言って
やがて面倒くさくなってキューがとれて“ピー”になったとw

ピーさんの新曲「道」が流れ、今未来のことに、

1月24日は、ピーさんの解釈は“命日のようなもので、お墓参りしないといけない”そう

そして、かつみさんについては、「まあ、出ればいいなとは思っていますけど(苦笑)。この間、岸部が「それは本人次第だよ」みたいなこと言ってましたけどね」

センセ時代にドラムはやっておられたのですか?という問いに

スティックは握ってましたけどチョークは握っていませんでしたと、真逆に言いかけ訂正w

ドラムを練習しはじめた時は、手が全然動かなくて金縛りにあったようでビックリしたと(・。・;

今でも毎日練習されておられるようです。

ジュリーたちと久々にプレイすることについて。

「サリーとは言ってるんですけど、ボクとサリーはシロウトみたいな感じで、現役をずーっと続けている沢田なんかはプロ。その前でやるのは気恥ずかしい感じがあったんですが、今はやっていると何がプロだ何がアマだとかそういうのはなくなって、昔のような友達の間隔がよみがえってきて、楽しければいいんじゃないの?という感じでやれるのでとても楽しい、本当に楽しい。当時より今の方が全然楽しい。あの頃はノルマ、やらなければいけないという、今はやりたいという能動的な気持ちでやってるから、観ている人ももっと違う感覚で、ま、その分歳もとりましたけどw」

今は感謝心をもって日々を送っておられるご様子でした。

catならワタクシも不真面目になって、エエ加減にレポするんやけどw
きちんとしとるピーさんやから、少々進歩せんとねcoldsweats01

またしばらく休みがありませんが、
実に充実した半日を過ごさせていただきました☆
ピーさん、ありがとうございました。

|

« ピーセンセのラジオ出演① | トップページ | もったいないので »

THE TIGERS」カテゴリの記事

コメント

Naciaさん ピー先生ラジオ出演のレポ 早速ありがとうございます!聞きたかったので 嬉しいです~
ヘェ!まぁ!そうだったの~!というエピソードが満載ですね(*^-^)b ファニーズに入る前の、貴重な(チンピラ風?)ジュリーの写真も ありがとうございます!初めて見た気がします。

投稿: タルト | 2011年10月23日 (日) 09時42分

ピー先生のラジオの様子ありがとうございました。ジュリーさん 硬派な不良だったのかな。(表現がむずかしい?) 上品という言葉も素敵。あのころたくさんのGSがいましたけど、タイガースは、本当にメンバーの皆さん 品がありました。ほかのGSとは 違うという評判でとたよ。(o^-^o)

投稿: パフェ | 2011年10月23日 (日) 14時21分

タルトさん

あの画像はちょうど送られてきたタイガースのBOXのブックレットに載っていた写真をさっそく拝借いたしました。
あの頃はとがった靴をはいていたようなので、下まで撮ってもらいたかったんですがw

パフェさん

「品」は確かに。
京都の町の議員さんの顔写真入りポスター見ても思うんですが、なんか他のトコロより「品」というのが出てるんですよね。京都という土地柄がそうさせたのかもしれません。

投稿: Nasia | 2011年10月23日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピーセンセのラジオ出演① | トップページ | もったいないので »