« おさらい② | トップページ | いよいよ!! »

2011年10月28日 (金)

おさらい③

4人にとって結婚式のステージが初舞台やったわけやけれど、
その前に東京に最新の音楽情報をつかむべく行った時、しみじみと感じたことがあった。

リード・ヴォーカルがいるなあshadow

それまではかつみさんとサリーさんが歌っていたそう。

そして市内にアンテナを張り巡らし探すことに・・・

したらば、行きつけの“田園”で知り合った女性から、田園の専属バンド、サンダースのヴォーカルの澤田研二がグループをやめたがっていると聞きつけた。

これはぜひとも仲間に入ってもらいたいっっfishcat

と、ピーさんはじめ説得に乗り出すプレイボーイズたち。

ちなみにサンダースは1962年10月に結成された伝統あるバンドで、そのバンマスがジュリーの友人の姉の恋人やったちゅーことで、ジュリーが田園に入り浸ることになり、そのままバンドボーイ兼ヴォーカルとなっていた。

もちろん、ジュリーのことやから、はっきり「辞めたい」とは言ってなかったやろけど、考えてみれば一世代上のロカビリー・ナンバーを主やっていて、その中でもビートルズの曲を歌わせてもろてたけれど、同世代の人間もおれへんし肩身は狭いわな。

そんな中、ジュリーにとっても田園に踊りにきている同世代らしいイかした連中は目に止まっていたから、そんなイかした連中に声をかけられて、嬉しかったやろうと思う。

けれどや

まだこの頃のジュリーは「男子一生の仕事」にしようとは夢にも思わず、いちおうまがりなりにもプロのバンドでやっていて将来をさぐっている時に、よーわからんアマチュアバンドに飛び込むのは勇気がいることやん。

結局ピーさんは一時間近く説得したけれど、ジュリーの気持ちははっきりと決められない状態やった。

もちろん諦めない性格のピーさんやから、これ限りで・・・ということはなく、説得は続けていこうと決めたんやけど。

活動を続けていく中、サリーさんもこのバンド名はさすがに恥ずかしくなって(* ̄ー ̄*)(←想像ねw)
特に深い意味もなく「ファニーズ」に改名。
タローさんの友人のリンド&リンダースの高木さんて方がつけたそうな。
と、同時に演奏するものもベンチャーズナンバーからビートルズナンバーを取りあげるようになった。

そして、今となってはドラマチックな話で、
初めて知ったこんな事件があったんやね。

65年12月12日、ファニーズは京都タワーでバックビーツというエレキバンドと共催のクリスマス・ダンス・パーティを計画していたが、数日前ににゃんと売りさばく予定やった2千枚のパーティ券が何者かによってまるごと盗まれてしまった!!

・・・ということは、当日、券を2千枚売らなければ赤字をしょいこむことになってしまう。みんなは手元にあったわずかな券をかきあつめ必死に売りさばき当日を迎えた。。

神様お願い・・・

しかし時代は彼らにとって確実に追い風となっていた。

当日、午後5時開場、駅前京都タワービルの大会場は、あとからあとから押し寄せる若者たちでいっぱいになり、当日券はあっという間になくなったのである!!

あの結婚式でのうれし恥ずかし初演奏よりさらに腕をあげたファーニズの演奏は若者たちをシビレさせて大成功☆

そしてひと段落した頃、説得の甲斐があり、ジュリーはファニーズの元へかけつけてきたのだった。

ウウウ・・・エエ話や(ノ_≦。)

と、
ブログを書きながらふと思ったんやけど、
ジュリーっていつから「澤田」→「沢田」と表記するようになったんやろ?
普通に考えたら、東京上京して、本格的にプロデビューしてからちゃうんやろか?と思うのですが。

ま、どうでもエエ疑問でしたcoldsweats01

|

« おさらい② | トップページ | いよいよ!! »

THE TIGERS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おさらい② | トップページ | いよいよ!! »