« 沢田研二LIVE2011~2012@本多森のホール④ | トップページ | どうなるんや »

2011年9月20日 (火)

変わらない眼差し

Gs
昨日密林さんで頼んだのが思ったより早くきたんやけど、
ホンマは最初出ると知った時、そんなに期待してなくてw頼まなかったんやけど、
ジュリ友さんにパラパラと見せてもうてビックリwobbly

タイガースの宝石箱や~~~~!!(もはや古)

んまあ、よくこんだけのコレクション保管されとるな~って
感心しきりcoldsweats01

ジュリー自身もこんなに持ってないちゃう?

インタビューはピーさんとタローさんのみ。

あれ、先日のどこかの雑誌も一緒やったよーなw

もうっ恥ずかしがり屋なんやから ( ̄ー ̄)(←サリーのつもり)とcat

catせやからこういう雑誌はでーへんて言うたやん

virgo主役なのにもったいない・・・

写真やインタビューに出なくても協力はされておられるのかな?と思ったけど、
ココロの文字はなかったから、
ジュリーはまったくノータッチなんやねcoldsweats01

とりあえずピーさんやタローさんのインタビューはおいといて、

ワタクシが一番興味深く見たのは、昔の雑誌の表紙のコーナー

こういう機会をいただいて、改めて昔のcatを見ますとね

やっぱ他のひととちゃうんだわさ

にゃにをいまさらっていう感じやけどsweat01

やっぱ「目」やね。

ぶっちゃけ他の人の目を中心にした顔立ちというのは、
当時世間にも似たような人達がおったやろーな、なんて想像できるけど、

catの「目」を中心にした顔立ちは、それまでの芸能界にはいない顔立ちやと思うし、
似てるな~と思う人でも、外人さんやったりハーフの人やったり。

確かにそっち系の人の「目」なんやけど、ハーフぽくなく、顔全体で見ると、純日本人に見えるという、
後の「化粧してもオカマっぽくならないw」ということからも、

奇特な人やな~って思うんですよね。

そりゃ、今の世に出ているアイドルは正直GSのアイドルだった人達の顔立ちに比べたら、数段整っていると思う(スマソ)
顔だけでのうて、カラダもねw

でも、そんな今のアイドルたちも当時のcatにはかなわないと思うんだな。

・・・・にゃにがって、うまく説明できひんけど、

にゃんかすいこまれる~~typhoonみたいなのがあるんや

今でもそう思うんだから、
当時なんてcatが世間に出てきてどんだけ衝撃的やったかと思うね。

それでいて、カミサマは面白いことに、
単なる美少年やったら、若いうちで終わってしまう運命を哀しみ、
歌の世界を幅広くさせるだけでなく、

演技を身につけさせ、
コントを身につけさせ、
しゃべりを身につけさせ、
その修行の成果、究極の漫談を身につけさせwww

実際のカラダにも身につけさせpouchsweat02

catannoy

virgoあっ、最後は余計やね

今でも熱い支持を得ているというね、

「守ってもらっているというか、そういうのは感じます」

と、こちらを向いている眼差しも、
確かに歳はとられましたが、
惹きつけるチカラは変わらないなと
思いました。

|

« 沢田研二LIVE2011~2012@本多森のホール④ | トップページ | どうなるんや »

Julie」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
流石、上手いこと言いますね。
表現力、ジュリーといい勝負じゃあないでしょうか。文才もたっぷりあるし、
多分我が家の娘くらいのお歳だと思うけど、いつも、なるほどと、共感して拝読しています。

投稿: 恵 | 2011年9月20日 (火) 11時28分

Nasiaさん、こんばんは。
私も予約で買ってはおりましたが、
箱に入ったままにしており、
ようやく今日eye見ました。
ホントにタイガース一色ですねhappy01
私はレコードジャケットが2パターンあるのには、驚きました。
タイガースを知らない私にはお宝cryingです。

投稿: めるも | 2011年9月20日 (火) 20時49分

恵さん

ありゃ、娘さんと同じくらいの歳ですか・・・coldsweats01
そうですよね、ワタクシの母もジュリーたちよりちと若いくらいなのでw

これは半ば眠たくなりながら書いてるのでなんだかわけわからん感じにダラダラとなってしまいましてwおほめいただくのは??かと

恥ずかしいです(/ー\*)


めるもさん

そうなんです、知らないレコードジャケットがありましたよね!
タイガースリアル世代、そうでない世代みんなにとってこりゃお宝だすな(^◇^)

投稿: Nasia | 2011年9月20日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沢田研二LIVE2011~2012@本多森のホール④ | トップページ | どうなるんや »