« 早く逢いたいオーラがw | トップページ | 新生タイガース »

2011年8月11日 (木)

ヒューマン・ルネッサンス前後

(68年)8月12日、度々新しいものに挑戦してきたタイガースが後楽園球場で“ザ・タイガース・ショー~真夏の夜の祭典”を開催。それぞれ趣向をこらし登場したメンバーは、グランド中央の特設ステージで1万3千人の大観衆を前に新曲「シー・シー・シー」などを演奏する。日本武道館に続いて後楽園球場を制覇する。8月26日から9月2日まで第36回日劇ウエスタン・カーニバルに出演。

9月2日から3枚目のアルバム『ヒューマン・ルネッサンス』のレコーディングが開始される。10月5日、7枚目のシングル「廃墟の鳩」のリリース。「花の首飾り」に続いて加橋がリード・ヴォーカルを取る。

10月6日、地方に住む高校生がプロのバンドになるため上京、数々のエピソードをくりひろげるという内容の2作目の主演映画『華やかなる招待』クランク・イン。

しても、3作品の中でこの作品が一番リアルというか、
“ありえる”話でしたねw
(あの監獄のシーンだけはありえませんがw)
映画を見ての勝手なツッコミはまた追々やっていこうと思いますw
(単なる引き延ばし)

10月12日から文化放送“レッツ・ゴー・タイーガース”が始まる。

11月1日から5日まで毎年恒例となる浅草国際劇場での『ザ・タイガース・ショー』開催。寸劇を演じたり、『ヒューマン・ルネッサンス』の収録曲も演奏された充実したコンサートになった。

11月15日、3枚目のアルバム『ヒューマン・ルネッサンス』がリリースされる。
『ヒューマン・ルネッサンス』は、人類の誕生から滅亡、再出発までを描いたトータル・コンセプト・アルバムで、練り上げられた楽曲と見事なコーラスワークでタイガース・サウンドのピークを記録。森本太郎、加橋かつみのオリジナルが収録されたことでも話題を呼んだ。

12月1日、森本太郎作詞、作曲の「青い鳥」『ヒューマン・ルネッサンス』からシングル・カットされる。メンバーのオリジナルがシングルになったことは、タイガースにとって大きな自信になった。

12月4日から14日までCMの撮影も兼ねてアメリカへ旅行。12月21日、『華やかなる招待』封切り。

’69年1月14日から20日まで第37回日劇ウエスタン・カーニバルに出演。はだしで『ヒューマン・ルネッサンス』の収録曲を中心に演奏する。

はだしで・・・ってなんではだしで出演したんやろcoldsweats01

2月2日からニッポン放送“歌えタイガース”スタート。2月5日、大阪フェスティバル・ホールで“タイガース・ショー”開催。

文字だけ打って行くと順風満帆という感じなんやけど・・・
上京してから2年と少し、
とうとうあの人がこの環境に我慢できなくなって去っていくわけで・・・

|

« 早く逢いたいオーラがw | トップページ | 新生タイガース »

THE TIGERS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早く逢いたいオーラがw | トップページ | 新生タイガース »