« 同級生 | トップページ | サリーモード »

2011年7月22日 (金)

サリーさんを見に

昨日は

1



















を見てまいりました。

いや、映画館に行くのは久しぶりで、
子供もけっこういて、
そうかぁ、世間は夏休みやね。と納得しながらw

しかしこの映画を見に来た人たちはけっこう年配の方々がが多くって、
騒がれることなく落ち着いて鑑賞。

でも、本編はじまる前に約10分間も他の映画の宣伝やCMが入るってどうよgawk

これから行く方々のためにストーリーははぶきますがw

やっぱり目的はサリーさんの裸体(*v.v)。

じゃなくてsweat01

サリーさんと原田さんの遺作ということでね。
ツアー開始まであと1ヵ月半、となったし、
ここでもう一度「俳優としてのサリーさん」を確かめておきたかったんですね。

どちらかというと、クールというか無表情で淡々としている役が多いとは思うのですが、今回の役柄はまったく違って人なつっこくてしょうがない男、という感じやったので、また違う一面のサリーさんを見ることができたような気がして。

きっと原田さんの死に心を痛めておられることでしょうが、
最後の最後でこうやってガチで仕事ができたことは幸せやったのではないかと。

ピーさんとのツーショット写真といい、
こうなるとにゃんだか勝手に親近感が倍増いたしますねw

きっと

catがセトリを書いた紙は配ることはありえないので、ここはしっかりしているピーさんが、ぬかりなく先日の講演会のようにセトリを書いたレジュメを配り、上達されたという歌とドラミちゃんを披露し

なぜだか髪をうっすらと茶色に染めていてすでにライブモードのサリーさんが
ハーフ&ハーフを歌い
(映画の中で高い声で叫んでいたところがあり、これならまだまだあの頃の声は出るやろうとsmile


うれしがり屋さんのcatには決してありえないフレンドリーな客席とのコミュニケーションコーナーとか


これでシローさんが万一登場されたら特別に10分はMC枠が増えるやろうし

ジュリーの他にいろんな楽しみができたな~なんてsun


catannoyワシのライヴにゃ

とにかく、サリーさんの裸体ぬきでも(コラコラ)
大人の喜劇で、笑いあり、そして原田さんを思ってしまうとなんだか切なくなってきますが、みなさん息のあったエエ演技をされておられますので、一見の価値のある映画ですわ!

|

« 同級生 | トップページ | サリーモード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同級生 | トップページ | サリーモード »