« 1966年 | トップページ | 分刻みの »

2011年7月26日 (火)

散りゆく青春

タイトルとは何も関係ありませんw

相変わらず続く・・・

11月15日、フジテレビ“ザ・ヒット・パレード”のビデオ録り前にディレクターのすぎやまこういちから「モンキーズなど動物のバンド名が流行っていた、メンバーに身軽さやしなやかさを感じ、関西出身だった」ことからタイガースと命名される。

11月23日、新宿“ACB”でブルー・コメッツの代役として東京での初ステージを踏む。

ブルコメさんが急にステージに出られなくなり、どさくさまぎれの出演だったそうw
なので、こういうステージを踏む際はユーヤさんが司会とか構成とかやってくれるという話だったのに急やったからユーヤさんはおらず、ジュリーが司会をやることにcoldsweats01
しかし無我夢中のあまり、何をしゃべったのか何を歌ったのかほとんど覚えておらず、(会場が)空いてたことだけは覚えているとw

 この頃、メンバーに芸名、愛称がつきリーダーも岸部修三に決まる。高橋克己は加橋かつみ、人見豊は瞳みのるの芸名になり、岸部修三は以前からそう呼ばれていたが、リトル・リチャードの「のっぽのサリー」から取って“サリー”、沢田研二は、ジュリー・アンドリュースが好きだったことから“ジュリー”、加橋かつみは、トッポジージョに似ているので“トッポ”、瞳みのるは、キューピーに似ているので“ピー”と愛称がつけられた。

“沢ノ井謙”を断ったジュリーw
タローさんは芸名考えへんかったんやろかcoldsweats01

12月1日、「僕のマリー」レコーディング。12月4日、岸部修三のリード・ヴォーカルをフューチャーした「こっちを向いて」をレコーディング。

 この年の7月にブルー・コメッツの「青い瞳」(日本語盤)、9月にスパイダースの「夕陽が泣いている」、11月にはワイルド・ワンズの「想い出の渚」がヒット。若者の趣向は“エレキ・インストもの”から“グループ歌もの”に移っていた。
タイガースは絶妙のタイミングでデビューすることになる。

 '67年1月15日から21日まで第31回日劇ウエスタン・カーニバルに出演。「僕のマリー」のイントロを演奏しながら登場したタイガースは、トリ前で「タイガースのテーマ」を歌う。初日は、観客の拍手もまばらだったが、日を追うごとに拍手が増えていくのが分かった。


 ユーヤさんの根回しによってw尾藤さんとユーヤさんのバックをやるという条件で、トリ前に出演。この時ユーヤさんから挨拶の仕方やらいろんなことを教わったそう。

 2月5日、橋本淳・作詞、すぎやまこういち作・編曲による記念すべきデビュー曲「僕のマリー」をリリース。サリーとプレイボーイズに沢田研二が加わってから僅か1年と1ヵ月後のことである。沢田研二は「他のメンバーは、日本一になるんだと言っていたけれど、これ1枚で終わりになるかもしれないと思った」と後日語っている。

 この発売の前にすでにウエスタン・カーニバルの舞台に立っていて、キャーキャー言われだして普通なら「オレらいけるんちゃうん?」と思うやろうけど、ジュリーだけ悲観というか言いかえれば冷静に事を想っていたというね。
ステージを重ねていくうちに明らかに変わる客席の反応・・・どんな気持ちやったんやろcatface

|

« 1966年 | トップページ | 分刻みの »

THE TIGERS」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

ザ・タイガースを何で知ったか、すでに記憶にない私ですがw
この時すでに中二で、お正月のウエスタンカーニバルは行かないにしろ、中三になってシーサイドバウンドの時に新宿ACBに行くようになりました。

もうそのころは、大人気で、徹夜でチケットを取るようでした。

ウエスタンカーニバルも、あの日劇をぐるりと若い子が囲み、異様な光景でしたが、私も後日経験するとはw

懐かしい思い出が蘇ってきました。
ありがとうございます。

投稿: のりぴー | 2011年7月26日 (火) 07時10分

わ~!私も懐かしい日々が蘇って来ます(*^_^*)シーサイド…がブレークした夏は中一でした。
テレビのジュリーに一目惚れ(☆o☆)友達二人誘い即ファンクラブ入会。少ないお小遣い全てタイガースにつぎ込んでました(^_^;)
私は池袋派で ドラムに時々通ってました。日劇も ぐるぐる並びましたね~
何も背負う物もなく ただひたすらジュリーとタイガースの事だけ考えてた毎日でした。
40年後に再び 彼らの歌う姿が見られるとは!(ノ^^)八(^^ )ノ

投稿: タルト | 2011年7月26日 (火) 11時54分

のりぴーさん
タルトさん

うわぁ~~お二人ともほぼタイガース初期の頃からの筋金入りのファンですやんwobbly

ワタクシなんぞ、ある意味で「歴史の一ページ」をこの目で確かめておこうくらいしかないのですが、あの頃からのファンでしたら感慨の大きさが違いますよね。

多くの同世代の皆様の喜びが無事に全国を駆け巡れますようにhappy01

投稿: Nasia | 2011年7月26日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1966年 | トップページ | 分刻みの »