« 鍛錬の日々 | トップページ | ギャップ大きすぎ »

2011年7月14日 (木)

比叡山

1975年7月20日

比叡山で挙式&フリーコンサートが行われました。

Image

と、いうことで、
ミーハーなワタクシw
ジャストdayやないですが、7月やし行ってみよう
と比叡山に行ってまいりましたsmile

ワタクシは素直にwケーブルカー&ロープウエィで登ったのですが
当時は京都駅とか平安神宮とかからバスが出てたみたいで、
フリーコンサートの映像を帰ってから見ているとバスを待つ長蛇の乙女たちの列というか群れというかがsweat01

27510人(てテロップで出てた)

考えてみたら
スタッフのやら機材やらなんやらプラスファン用のバスの用意やらなんやらで
きっとものすごい経費がかかったやろね。

これでタダにしてはったんやからwobbly

間違いなくジュリーの芸能生活最大の太っ腹事業やとw
※注意事項※やった事が太っ腹ということで、現在のようにご自身に身についているpouchとはまったく関係ございません

ロープウエィで山頂にのぼり、バスで向かった先は西塔
そりゃ、ね。行っとかないと
4
          当時式を挙げられた釈迦堂ですね

中に入ってご焼香することもできたけれど、
ワタクシのような不純なココロを持った人間が入ってしまうと、
なんだかバチがあたるような気がして><

できるだけ近くに行って36年前に勝手にタイムススリップしとりました
て、ジブン生まれてへんしcoldsweats01

で、もちろんメインの東塔にもその後行きました。
今年は遠忌年やから、信徒さんたちはこぞってこの地を訪れるわけやけれど、
今はその期間ではなさそうなので、団体さんも特におらず。


10

そしてまたまた山頂まで戻ってきまして、
ガーデンミュージアム比叡に。
ここは昔先日書いたお化け屋敷があったり遊園地があったりしたところですね。

5

展望台があるのですが、
昔は台が回っていたようで立ち止まったまま360℃眺めることができたそう。

そしてお目当てのスキー場跡地
3_2
画像検索でこの角度からの眺めは見たことがあったんですが、
やはり生で見ると感慨深いものがありますね。

1 2_2

下に降りている人もいるので、どうやってあそこ行くのかな~と思ってまして、
とうとう分からずじまいでしたが。
帰ってきてgoogleで調べてみると、ロープウエィの山頂駅のところから降りられるようになってるみたいですね。

と、いうことはファンのミナサマは山頂でバスを降りてここまで歩いたということか、
たぶん10分くらいかしら。

          睡蓮もまだまだ見頃です
6

帰りはそのまま下に降りずに、
ロープウエィで途中まで降りて、ケーブルカーに乗る前に眺めがいいというので少し山道を歩いて京都市内方面を。

いつも地上から比叡山を見ていたので、初めて逆から見て感激

こうやって雲をメインに撮ると、なんだか人間界がちっぽけに感じますね

8_2 
そしてお気に入りの地域もバッチリcamera

7


山の上も風は吹いているとはいえそこそこ暑かった(30℃弱くらい?)ので、下降りて街中出たら当然もう激暑><

あんまり避暑感ありませんでしたがw
ずっと行ってみたいところだったので行けてよかったです。

9
どんなトコロか分かった分、
今度からまた違う気持ちで比叡山を眺めることでしょう。


帰って来てからフリーコンサートを観て

何度か観させてもろとるけど、現地に行ってからの視聴はまたちゃうねcatface

叫び
感動したのでweepアップいたしました

|

« 鍛錬の日々 | トップページ | ギャップ大きすぎ »

京都歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍛錬の日々 | トップページ | ギャップ大きすぎ »