« スーちゃん | トップページ | ファンへの恩 »

2011年4月23日 (土)

十八歳の少年達

観劇する26日まで、仕事でめいいっぱいなので(※maroサマを愛でるヒマもないsweat01
せめてこの場でジュリーと向き合おうと思います。

「ザ☆スター」
第10章 髪を伸ばす時

話した人 安田 富子(ヘア・デザイナー)

十八歳の少年達

内田裕也さんには、まんまとのせられた。彼が京都からついたばかりの十八歳の少年五人と私を、引きあわせたのは原宿・南国酒家だった。

私の右端にトッポ、ピー、そして研二・・・・。ファニーズと名のった彼らはナベプロに所属、千歳烏山で寮生活を送るのだと話した。私のお店“びようしつ・たぶろう”の目と鼻の先にこの子達がやって来る。とりあえず東京のお母さん役を押しつけられたかっこうになった。

「バンドは最初お金にならないのよ・・・・・。安く手に入るものはまわしてあげるわ」

それより気になったのは商売柄か彼らの髪型だった。耳のあたりからブツッとハサミで切っただけのオカッパ頭。

「その頭どうにかならない?」

私にしても男性の頭をいじるはめになるとは思ってなかった。十年前の話である。もしかしたら、ビートルズのヘアを“サッスン”が担当する前なのだから、世界的にもはしりだったのかも知れない。

何でもすばやく吸収するタイプのトッポが最初にやって来た。パーマをチリチリにかけられると思っていた他のメンバーもきれいに仕上がった彼の頭をみて安心したらしく、次々に私の店を訪れた。最後におそるおそるトビラをたたいたのは沢田研二だった。保守的なこの若者の髪に、私ははじめてパーマを巻いた。

「京都のおしんこは、おいしいわね」

すっかりタイガースの人気者になった研二君を、鏡のむこうにみながら、私は彼の郷里の話をしていた。

「今度帰ったら持ってきます」

何気ない会話のつもりだった。三ヵ月が過ぎた。その夜お店が閉まったのにブザーを押す音が聞こえた。けげんそうにのぞき込むと青白い男の影が見えた。

「いま京都からもどりました。約束した日から今日まで、むこうに行く用事がなかったのです。遅くなりましたけど、おしんこを持って来ました」

おしんこひとつのために羽田から車をとばして来た研二君だった。

裕也さんと樹林さんのCMを是非見たいと思っていますがw
たぶろうのママとの縁は裕也さんの紹介からだったんですね。

控えめで義理がたい
今も全く変わっておられませんよね。
エエ話ですhappy01

|

« スーちゃん | トップページ | ファンへの恩 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

貴重な『ザ☆スター』からの エピソードの数々いつも ありがたく見てます。10年位前(私がジュリーに復活した頃)親切なジュリ友さんにお借りして読んだことがありますが、忘れてることもたくさんありますね~その貴重な本はオークションなどで入手されたのですか?
『二つの愛』を見た時は ジュリーがずっとライブ活動を続けてるという事もしらなくて、『ヘェ~ ジュリーは今 歌は歌ってないのかしら?』なんて思いました。ジュリーが田中好子さんに髪を染めてもらうシーンがありましたね。その場面と 子供の患者に『ダニーボーイ』を歌ってあげる場面が 印象に残ってます。

投稿: ミックスフルーツタルト | 2011年4月23日 (土) 16時47分

ミックスフルーツタルトさん

この本は確かamazonで手に入れた記憶があります(もうあいまいw)
また少しずつ紹介できたらと思いますが、あくまでもその日の気分次第ですので・・・スミマセンcoldsweats01

投稿: Nasia | 2011年4月24日 (日) 10時30分

貴重なお話有難う御座います。
このころからじゅりはやっぱり、義理堅い
男の子やったんですね。性格は変わりませんね。(なんでファンには冷たいのか)
そんなじゅりでも 大好きなんは なんでやろう(笑)

投稿: ケンケンジ | 2011年4月24日 (日) 10時48分

ケンケンジさん

ファンに対しては・・・想像ですけれど、平等にせなアカンという気持ちをずっとお持ちなんでしょうね。
ファンにとってみてもこう冷遇wされることでファン同士しっとすることがないから気持ちが楽ですし。

ようわかってはりますわ(と勝手に理解w)

投稿: Nasia | 2011年4月24日 (日) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーちゃん | トップページ | ファンへの恩 »