« かうんとだうん | トップページ | とりあえず »

2011年2月 5日 (土)

何気に楽しむ

先ほど帰り道、3人で帰ったんですが、
先日話した宿にたむろしとるクロネコがしばらくついてきまして・・・

しかもワタクシの後ろにぴったりとcoldsweats01
噛みつかれるかしらんと、ちと怖かったですが

これってにゃんかワタクシからネコ好きなニオイが漂ってるんでしょうか?

もしかしてもしかしてcatcatcatcat語りまくっとったら、飼ってもないのに、オーラがうつってしもたんでしょうか??

catheart04virgo←※もうそー

にゃんかそんなことを考えているうち考えているうち逆にコワくなってしもて

ヒイイ~~~~ッshock

catアホか

これだけの話で終わると、わけわからんのでw

遊びの章のシメ

ボク、放蕩?

 放蕩息子といった言い方がある。ぼくらが音楽に関心を持ちだしたのはエレキブームのはしり、アンプから電気音を発して喜んでいる少年は、いぶかしい目でみられた。いわんやその音楽で身を立てるなどといったら、放蕩息子呼ばわりされたにちがいない。
 
 若者が自分の夢を追い求める時、その夢の世間のとらえ方ひとつで、さまざまな評価を受ける。だが、もっと心強く飛べ。もしかしたら放蕩息子とは、自分の生き方をみつけたすばらしい男をいうのかもしれない。

 遊びとは余裕、ゆとりでもある。自動車のハンドルのあまりを遊びというのに似ている。スケジュールに追われているといっても結構時間はあるものだ。

 しかしこの時間をぼくはうまく使いこなせていない。きちんとあまりの時間を使いこなせるようになって、はじめてゆとりと呼べるものが出来るのだろうに。ただ無意味な時間が流れているのをゆとりとは感じない。

 金とヒマがなければ遊べないという。僕は不現実なことは考えない主義である。

 遊びのために金をため、ヒマを作ることもない。何かを犠牲にして生みだす遊びは、ぼくにとってムダなことにも思える。ふっと日常の中で空間ができた時に、さらりと楽しんでしまうような、そんな何げない遊びが好きだ。

|

« かうんとだうん | トップページ | とりあえず »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ジュリー、若いときはnote迷ったり転んだりしながらもnoteでした。
1977年「うれしい!!」って言って、サリーに抱きついたジュリー。
それからも、いろんなことあって、今『遠い夜明け』。

「自分の生き方をみつけたすばらしい男」に感謝感謝heart04

投稿: もじもじそわそわ | 2011年2月 5日 (土) 08時51分

これジュリー?

投稿: 樹里☆彡MOE | 2011年2月 5日 (土) 12時07分

もじもじそわそわさん

コメントを読ませてもろうたら、これからどんな「歌」を作らはるんやろかとふと思いました。
60の時一度は「これきり」と自主制作やめかけられたんですが、やっぱり「今何思ってはるんやろか」という気持ちを歌に載せて聴き続けたいものです。

樹里☆彡MOE さん

そうです。考察なくそのまま「ザ☆スター」から転載させていただきましたcoldsweats01

投稿: Nasia | 2011年2月 5日 (土) 15時29分

前回の記事に感激した私は、続きがあったなんてうれしすぎです。
そうですよねジュリー。自分の思考を深める事は、人生の究極の冒険であり、遊びですよね。そういうゆたかな心が、苦しい時にジュリーを助けたのだと思います。
本当に偉大なスターですね。

投稿: すみれ | 2011年2月 5日 (土) 22時58分

すみれさん

昔から常にジブンや世間を一歩ひいたところから見ているジュリーが好きです。
そういう見方は大事ですよね。

投稿: Nasia | 2011年2月 6日 (日) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かうんとだうん | トップページ | とりあえず »