« 時代の流れとともに | トップページ | 同級生が語る澤田君 »

2010年8月23日 (月)

TMCB④

「ALL MY LOVIN'」

1 岡本信さんです。
初めて歌声聴きましたけど(ジャガーズの映画を見たことがあるので聴いたことがあるはずやけど忘れたcoldsweats01)お顔のイメージどおりの甘いエエ声されとります。




「HONKY TONK WOMEN」

2

真木さんはマラカス担当かしらん(笑)







3

やっぱジュリーが出てくるとシマるわんheart04







4


思わず動かんとアカンという血がw




「LET IT BE」

洋楽メドレー最後の曲
かまやつさん、ヒロミツさん、鳥塚さん、岡本さんと歌い継がれ
やはり最後はcrown5








6

そして最後にジュリーはこういうふうに手を組んでおられて、
少し気になって調べてみました。



そもそもこの曲がビートルズの名曲やというところから知らんかったんやけど><

歌詞の大まか流れとして、悩んでいる自分の前に聖母マリアが現れてお告げされるということで、ジュリーは祈りをこめてこうされたのだなあとわかる。

「LET IT BE」の解釈で一番納得がいく解釈をしておられる方のところを参考に、私なりに、

精一杯のことをやってその結果は神が判断するのだ。マリア様の前で祈り、今は結果を静かに待とうということなのかな、と。


珍しく解釈してみましたcoldsweats01

catたまにやなくていつもせい!


それぞれの皆さんの意気込みをsun

ムッシュさん 「GSをやっといてよかったなと思います。以上」

大野さん「え~こんだけ集まるというのはなかなかないんですけど、今日は思い切り最後まで楽しませていただきます」

アイさん「今日は元気いっぱいw元気いっぱい叩いて一生懸命歌いますよろしく。アイです」

真木さん「え~真木ひでとです。日頃は演歌を歌っていますが今日は久しぶりにGSしたいと思います。あなたも青春してください」

岡本さん「岡本です。今日はみんなの迫力に負けないようにがんばります」

今井さん「パープルシャドウの今井です。GSのコンサートのお客様とともにですね老人ホームに行っても一緒に歌っていたいと思いますwよろしく」

ヒロミツさん「今日は久々に昔仲間に会いまして、本当に同窓会気分なんですけどね。もうGSの連中は本当に怪物といいますか、タフでね。昔より歌がうまくなったし、健康的で。あの当時は不節制の連続で結構だらしない奴が多いなと思ってたんですけども、今思うとGSのメンバーというのは本当にすばらしい人間が多かった、そう思っております」

洋楽メドレーが終わり、グループとしてそろってない方々(駅伝でいうたら学校選抜ねw)のメドレーをはしょって送りまするcoldsweats01

「君に会いたい」

1 ザ・ジャガーズのおはこだすね
歌うはもちろん岡本さん

ワタクシ、最初の「若さゆえ~」のフレーズしか知りませんでしたのでありがたいcatface

2

おっ!岡本さんの左側にはこのお二人がっ
(どーしても景気的にタイガースとワンズさんたちには注目のeyeがいってしまうのだす)



「長い髪の少女」

3
あれ?今回カップスのメンバーそろっているのにマモルさんだけお手付きで歌うてはるw

これはね、思うに加部がこの曲キライで、かといって当時のGSを語るに忘れてはならない一曲ということもあり、マモル先に歌ってこい!っていう流れになったんやないかとcoldsweats01

「好きさ好きさ好きさ」

4
こういうダイレクトなタイトルをつけるのが当時らしいですよねsmile
しかも歌詞もほとんど好き好きばっかやしw

アイさんの歌いながらのドラム姿を見れただけでもよかったです。
植田さんもそうやけど、歌いながらドラムたたくってやっぱカッコええわshine


「小さなスナック」

5  さっきご自分で紹介してくださったので、パープルシャドウの今井さんだなと理解w

この歌は知っているので、よっぽど売れたんだろうな・・・(ってワタシ基準かいcoldsweats01




6_22番はシローさんが
やっぱ必要やね。この人

いやいや、別にファンやないけど歌っている姿見てたらなんとなくね

ファイトやで~spa

ここまで書いて・・・・レレ?なかなか出てこない
ジュリー出演の歌まではしょろうかなshadow

catワシはトリや

今日は免許更新で空港のあるところまでぇairplane
あっ、もちろんあんなコトあったから3年ね(涙)

|

« 時代の流れとともに | トップページ | 同級生が語る澤田君 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時代の流れとともに | トップページ | 同級生が語る澤田君 »