« ちっちゃいつぶやき | トップページ | 仕分け作業開始? »

2010年6月 3日 (木)

貴重な体験

気をとりなおして一昨日の続きだす20100601102512

高台寺といえば、清水寺とセットみたいな部分があるので有名かもしれませんが。

やはり不メジャー好きとしてはお向かいにある圓徳院に興味があるわけでw

ねねさんが晩年の19年間過ごされた地ですね。

前の道はそれなりに観光客の方が通られておられるのですが、中に入りますと出会った方はお二人だけcoldsweats01

20100601105915
なのでこんな素晴らしいお庭も独り占め状態だす。




20100601105927ねねさんもこういう角度から毎日風情の違うお庭を愉しんでおられたのでしょうね。

お庭の石は伏見城から。かなりの石の量なのですが、当時ねねさんの人柄を親しんで大勢の大名さんたちが力を貸してくれたとか。

そして、これは驚いた!という。
まさに裏京都好きとしては是非味わっていただきたい(笑)
ここではとっても貴重な経験ができます。

お抹茶がいただけるという案内があったので通りかかった方に聞いてみますと、「この鐘をならすのですよ」とちっちゃい梵鐘を鳴らされまして。中から接待の方が。

ワタクシ、てっきりお庭を眺めながら飲むのかしら、とノーマルに考えておりましたら、「一人おられますけれど、相席でよろしいですか」と。
あっ、ここで飲むんじゃないんですね。
先の方にも了承をいただいたので、案内されたのですが

20100601110056荷物を預け草履を出されお庭の左端にあるこの建物に行ってくださいと。

そして前まで行って

どうやって入るんでしょうcoldsweats01

と迷っとるワタクシにその戸を開けてくぐるようにして入ってください。と。
(写真の草履がうつっている真上の四角い茶色い部分ですね)
草履も同じようにして脱いでくぐるようにして中に入ります。

そしたら横には先の女性が一人座っておられたのですが、明るいところから暗い所に入ってくると当然のことながらかなり暗いと感じてしまいます。

お茶を出す時点で照明がつくのかしら。

と、思いましたが、お茶を出されても薄暗いままでしてcoldsweats01

いえいえ、これが貴重な体験なんですね。

つまり昔の人というのは茶室もこんなにちっちゃいところで(ここで約3畳)
日々微妙に違う光の入り具合やあえての暗さを愉しむ。
視界を遮断することで外の鳥の鳴き声や風の音やせせらぎや・・・

まさに究極の五感で空間を愉しめる処

こういう時間の過ごし方をされておられたのだなあと。

もしお時間がありましたら、是非是非。
さすがに紅葉や桜のトップシーズンではやっておられないようですが、
また訪れたい処ですね。

お気に入りスポット。ひとつ増えました☆

Koma_2

|

« ちっちゃいつぶやき | トップページ | 仕分け作業開始? »

京都歩き」カテゴリの記事

コメント

近場で過ごす…といっても京都東山の近場ですもの。本当に羨ましい休日を過ごされていますねー。
青もみじが清々しいお庭を眺められた後にお茶室で
お茶を頂く。
いいなー!
12日は京都会館ですね。 私も東京から伺います。
観光も兼ねてますので、
Nasiaさんの京都情報を参考にあちこち散策したいと思っていますm(__)m

投稿: くろもん | 2010年6月 3日 (木) 01時14分

くろもんさん

参考になりますでしょうかcoldsweats01
ここまでだと交通費ゼロでウロウロできる範囲でして、勉強も兼ねてといいますかw

京都にお越しなんですね~
今は特に見頃な花は少ないかもですが新緑がキレイな時期なので、お気をつけておこしやす~

投稿: Nasia | 2010年6月 3日 (木) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちっちゃいつぶやき | トップページ | 仕分け作業開始? »