« 午前中は | トップページ | 総務課長① »

2010年6月15日 (火)

あのドラマに

先日、お教えいただいたジュリーの九条の会へのインタビュー
九条に関しての考え方はいろいろあるし、私も個人的に自分の考えというのをはっきりできてない状態なので、それは控えさせていただいて。

ちょうど見ていたドラマ「総務課長戦場へ行く!」のジュリーがやった役とジュリー自身とが重なる部分があったので、取り上げさせていただきましたhappy01

放送は94年なんやけれど、92年に制作されたものでPKOのため放送が延期になったものらしいです。

なのでジュリーは・・・pouchネタは後日w

今日はまじめにcatface

100615国際平和救助隊として現地に行くための訓練中のある夜、
指揮官の小森谷に問い詰められます。





小:今日護身術の訓練の時に、あなたは一度も相手を投げなかった。なぜですか?

山倉:・・ ・わかりましたか。

小:訳を。

山倉:だめなんですよああいうの。
家を出るときに決めたんです。戦地に行っても人を傷つけるのはよそうって。
傷つかず傷つけずっていうのかな・・・

おそらくですけど、ジュリーがこのドラマを引き受けるにあたり、山倉さんのこういう考え方に同調されたから、という部分があると思うんですよね。
逆に最初はいやいやでもこういう過酷な訓練の中精神的に軍人的な頭になってしまう・・・という展開なら絶対引き受けておられないだろうと。

ジュリーは60になってもう人気どうのこうの関係なく言うべきことは言おうと歌に「平和」をはっきりと託されたのだけれど、こうやってひそかにですが主張しておられたんだなあと。

ワタクシ的にちょうどタイムリーだったため。今日は珍しく。

ただ、このドラマ、萌え好きとしてはあまりにも悶え苦しむお姿満載なのでww
また取りあげちゃいますねhappy02

|

« 午前中は | トップページ | 総務課長① »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんな時間にこんばんわ。
Nasiaさんのコレクションは本当にすごいですね。私もこの作品大好きです。三谷幸喜さん大ブレーク前のものですが全編笑いにくるまれて、でも見終わってからぞーーっとする出来あがりです。
2000年代のNHKのドキュメンタリーに、アメリカの州兵に登録していた養鶏業の男性が想定外のイラクに派遣されて帰還するまでを記録したものがあったんですが、それを見ながらこのドラマを思い出していました。
真っ赤なスウェットや「いいよ~、写ルンですは~」が忘れられません。
いつかまたぜひ取り上げて下さいね。
それにしてもこれが20年前というのに驚いてしまいました。ほんの10年前位の感じでした。

投稿: m.u | 2010年6月16日 (水) 01時42分

私も「真っ赤なスウェット」に堕ちました(爆)
勝手にブームのうちにやっときたいたちなので、早速語りますw

投稿: Nasia | 2010年6月16日 (水) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 午前中は | トップページ | 総務課長① »