« それどころじゃなくって | トップページ | 新・センセイの鞄@新神戸オリエンタル劇場③ »

2010年4月 9日 (金)

新・センセイの鞄@新神戸オリエンタル劇場②

私事ですが、明日はそのまま京都に行くため、
もう一泊劇場の上のホテルにお泊まりすることになりましたcoldsweats01
早い展開にジブンの気持ちがついていけないのがねtyphoon

花見のシーンでは合唱がありましたね。
いや、あるんですが。
私の前には石野先生が。

話が脱線しますが、
富田さんには悪いですがこの演じている松永さんの演技力は今回の見どころやと思うてまして、
東京で観た時にはツキコの友人=奥さん=石野センセイ=松永さんってわからなかったんですよ。

以前たまたまドラマで彼女が出ているのを見たことがあったので、
その時は友人のイメージでして、それがひっぱっているという部分もあったのですが、
3人ともまったく別の人間が演じているように見える!というね。
スゴイな~って 関心しました☆

そして、話を戻すと、石野先生には悪いですがcoldsweats01やはり(ワタクシから見たら)右ナナメ上のセンセイの声が気になるわけで。
・・・・フムフムなんとか聞き分けられた。ほとんど低音部のパートですね。
ジュリーは単独で歌うと確かに声量はありますが、コーラスなジブンになると途端に姿をおかくしになられてshadowサッ
それは今回のアルバムでもわかりますね~

個人的には男声の高音部を3番の時でもエエのでやってほしかったな~
なんちゃってsun

今日で合唱も見おさめ。
ひとつのハーモニーとして、しっかりきいてこよう。

思い出した。
それで、またまたどーでもエエことですが、
小○さんかな?花見の席で紙袋を持ってきておられましたが、
それが阪急の紙袋でして、
ワタクシ、東京の時にはセンセイたちが普段どこに住んでいるのか気付かなかったのですが、どうやら東京のようで(岡山の島の人たちの会話からw)
そーすると、あすこにあの紙袋はおかしくないかい?
なんて
どーでもエエことを考えてしまうわけですsmile

このシーンはいろんな人間模様がみれますので、
下手に座って話をすすめているおふたりはちょいとおかせてもろて(オイ)
センセイがパクつく真似をしているw焼き鳥にはちゃんとネギがはさんであって、ねぎまやったんやね~とか。
サトルさんは焼き鳥やのうて三色だんごやったな~とか。
みんなの輪の中からはずれている?○中さんは注目をとるために?黄色いおしぼりをクルクルしてたり(爆)

精神的にだいぶ落ち着きましたが、相変わらず書く順番はメチャクチャですcoldsweats01

25日の東京と違ったところ。

そうですね~それほど大変わりはした点はなかったと思うんですが、
汽車土瓶でジブンがおいてけぼりをくってしまったトコロが奈良だったり?
(東京では違った地名やったよーな)

キノコ狩りでその鞄には何が入っているんですか?と執拗にさわろうとするトオルさんたちのおててを神経質ぽくさわるなっ!というリアクションをしたり(爆)

実家を出て行ってセンセイにばったり出会って「それはよござんした」というセンセイのセリフに妙に気合いが入っていたりw

奥さんとのハイキングの回想シーンで、ワライタケを食べた奥さんを見てあわてふためくリアクションが進化しとったりwobbly

収録の時にはディズニーランドをちがうふーに発音していたようですが、
ちゃんと「デズニ~」って言うてはりました

あすこまで近いとちゃんとジュリーの喉がふるえているのがわかるんですよね。
catあたりまえニャろ!

後半はワタクシもあんなコトがあって、ちょっと動揺しながら見ておりまして、精神状態にも若干波が・・・

あの被服生活のシーンでは、もちろん爆笑だったんですが、
それからはもうワタクシはセンセイをガン見状態。
ツキコさんには悪いですが、あのシーンではまったくツキコさんを見ることはありませんでした。スミマセンッ><
無言でも十分『恋するがゆえの苦しさ』が伝わってきて。
切ないと同時に自分にも感化するものがあって。。

普通に泣くだろうというトコロ(奥さんの気持ちに気がつくトコロ)であまりグッとこなくって、なぜかデズニ~やテーシャツの歌wでワア~~ッと涙がcrying
完全に狂っとりますねtyphoon

いきなり最後にぶっとびますがsweat01
センセイが後ろ向きに歩を進めて止まってそして静かにのぼっていく・・・・
逝かないで。。ってね。
いつかは、、という時を思ってしまったり。

最後の『お花見の歌』からカーテンコールはもう胸がいっぱいになって。
カ~~ッとカラダが熱くなってきてspa
東京でとは全く違う涙を流しました。
何度もお詫びしますが、お話に感動したからではなくて、
今自分がこうして間近にジュリーをみさせてもろうていること、これからめまぐるしく起こる新しい出来事、それに対する期待と不安・・・いろんなことがごっちゃになってしまって、

ホンマ、演者さんたちに申し訳ないです><

カーテンコールね。
危惧していた「花束を持ってくるおばさん」もおらんで一安心catface
歌が終わって幕が閉まった後、
そんなんすぐに立つわけないやんw
拍手してたらほどなくまた幕が開いて。

ジュリーがマイクの通っていない生声で、三方に向かって「ありがとうございます」と。
それが、みんなおじぎするでしょ。
そしたらジュリーが「よし」だったか、よく聞き取れませんでしたが、短い言葉で皆を起き上がらせるんですよ(爆)
横の富田さんは余韻のまま泣いておられたんですけれど、そのジュリーの言葉で泣き笑い状態w

幕が下りる寸前までオチャラけとるし。オッチャンcoldsweats01

とにもかくにも、
またまたワタクシのファン史に残るであろう出来事が脳裏に記録されました。
いやはや、あまりにもできすぎてるので。
これはこれで大切にしていこうと。

あっち行ってもガンバレちゅーことやねsweat02

そしてワタクシにとりましては最終日です!
とりあえずの方向は見えたし、
今日はお芝居に集中したいな。

|

« それどころじゃなくって | トップページ | 新・センセイの鞄@新神戸オリエンタル劇場③ »

stage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それどころじゃなくって | トップページ | 新・センセイの鞄@新神戸オリエンタル劇場③ »