« 歌門来福@大阪厚生年金会館② | トップページ | 感想書く前に »

2010年1月28日 (木)

歌門来福@大阪厚生年金会館③

いよいよ本腰を入れて。
って今までなんだったんやろ(* ̄ー ̄*)

「光線」からはじまり。
おおっ!さっそくガンガン系からはじまりましたか。
大体は予習をしてから臨むので、ジュリーが中央から出てきたらワーッと立って手拍子。

ワタクシの気のせいでしょうか、他所で聞くより音が小さいような気がいたしやした。普通こーいう曲ていうのは若干耳が痛くなるくらいなんすけど、なんだか遠くでやっているような感覚で。

そのせいか、声も最初から出ているな~なんて思ったんやけどhappy01

最後手をグワンとあげててキメるんですけど、
タイミングを間違えられて前にあげちゃってあげてもまだ続いているから急いでおろして(/ー\*)
ありゃ最初からw

「彼は眠れない」
ジュリーが手を上に上げて拍手をリードされとりましたね。
そうか、これはそーいう曲なんや^^;
コアなファンさんたちはソッコー
勉強させていただきやしたcute
この曲はポラロイドに隠れる印象があったから、引っ張り出してくれて聴けてヨカッタッす!

「ハートの青さなら空の青さにさえ負けない」
この曲も音が小さい感じがして、
最初のダーダダダーダダ・・・でジュリーの声の出を判断しよーとしたんやけど、あまりはっきり聴こえず(-_-;)
ワタクシが難聴なのかしらんtyphoon

「SOMEBODY'S CRYIN」
ちゃんと聴こえるようになったのは、この曲くらいからのよーな気が
(いやワタクシの難聴が治っただけなのかw)
同じアルバムなら「太陽のひとりごと」が聴きたいなあ、なんて思ったけど、
原曲よりロック調にアレンジされていたような気がします。
ここでジュリーの御声が。
ありゃ、もうひとつ高音の伸びが・・・

「あんじょうやりや」
大阪やったら、やっぱり聴きたいわね(^^)
と楽しみにしていた曲の一つ。
やっぱちゅーもくの「な、な」と誘うwトコロは、予期せず間奏で一度目が、
それまでは目を細めて歌ってはることが多かったんですが、おめめを見開きCome on~
あっ、そうかこれが裏タイトル曲かw
ただ、な、な  エ~~ッて。
そんなんエ~てあったっけ?
これて、誘いかけとるのに断られたちゅーことやん
catワシの魔力も限界にゃ(+_+)

「胸いっぱいの悲しみ」
前奏で、客席から拍手が!
待ってましたっhappy02
セットリスト知って、聴きたかった歌や。
そんなんやから、見ているうちに涙がweep
シングルの中でもこの曲はちょっと隠れがちやったので、
ジュリーひっぱりだしてくれてアリガト☆

~タイガースの3曲~

「ジンジン・バンバン」
行く直前、ホテルでようつべで予習して。
華麗なる招待ですか、監獄からぬけだして、囚人服で踊っているシーン。
なので、到着するまで頭の中は「ジンジンジジバンバンバンバン~~~」とクルクル(爆)

もう会場から拍手もやけれど、「懐」感がただよっていましたよね~
手拍子しながらすっごくあたたかい空気を感じました。

途中の笑い声は、一度目は高音で笑ったかと思えばすぐに( ̄ー ̄)むひょーじょーにw一度目は低音のフテキな笑いを。
virgoふつーに笑ったらよろしいがな

「落葉の物語」
これはワンズさんとの武道館で歌ってはりましたね。
だから、こちらも口ずさみながら♪

「スマイル・フォーミー」
タイガースの曲ってエエですよね♪
確かに40年くらいたってるんですけど、色あせてなくて。
ま、まああのウワサもたっているようですが、
ジュリーがしっかりしているから(^^)いけるんやないですかとか、思ったり。

ただ最後に「フォ・ミー」とくりかえされるのですが、その御声がかすれておられたのがちょっと残念かな。調子のよい時は高音でものびますから。
来週に期待して(o^-^o)

「LOVE~抱きしめたい~」
一度ぬいでいた上着を手をとおさずにかけて。

ウワア・・・すごいわ。

ワタクシ、スゴイと思うと思わず腕組みしちゃうんですが。
腕組みしながら。
とっても力強い声で聴かせてくれました。
「サムライ」もそうですが、目をつむれば、昔とそう変わっていない、むしろ今のほうがうまいですよね。

「さよなら~」って最後まで決めてくれたんですが、演奏が終わると同時にパッとやめちゃって、スタスタと袖にひっこまれw

ジュリーのぬぎぬぎ、いやお着替えタイムの間の演奏は、
今回はメロディがはっきりしている曲ですね~
もしかしたら、次のアルバム曲のひとつか?なんて思ったり。

さて後半だす。

「神々たちよ護れ」
先日ちょうどSONGS見てたりとか、
歌詞を見て、ジュリーも憂いてるんだなあとか、意識していた曲なので。
身近に感じましたね。
今回もいっしょうけんめい動き回っておられました(^^)
糸まきまき~あの時はどーやって手拍子すりゃよいんでしょw

「BANBINO EXCUSE」
ノリ曲ということでもってこられたんやろか。
最初の「ばんびぃの~」でひとさし指あげるの忘れとったわ(+_+)

「アリフ・ライラ・ウィ・ライラ」
前曲とはうって変わって静まりかえり
去年も歌ってくださいましたね。
やっぱ、こーいう曲は双眼鏡でじっくりと観んと。

次の曲もそうやけれど、
こうやってけっこうココロ時代の曲は各ライブに1曲は歌ってくださって。
歌われるたんびに、ジュリーにとってはもっともモノトーンな地味な時代やったかもしれへんけれど、ご自身にとっては欠かせない時代やったんやなあ。って思いますね。これで、ジュリーの幅がさらにひろがったわけやから。(歌のことっすよ^^;)
そういう時に作られた曲たちを大事にされておられ、出してきてくれはって、こうやって素晴らしい世界を作られながら歌を歌われるのを聴く。
エエですよね。本当に。

サイドやから、キレイな横顔のラインも堪能shine

去年よりもお祈りの文句が少なかったかしらん。

「砂漠のバレリーナ」

「胸いっぱい」とこの曲がワタクシが今回もっとも聴きたかった曲で、
それこそ今のジュリーが「さば~くのバレリ~ナ」とどういうふうに歌っていただきはるやろ、ってとっても楽しみで。

それよりも前奏で赤い照明がバーッと当たるんですよ。
それがサイド向けておいてあるから、ワタクシの場所なんぞまともに赤い照明を受けることになり^^;
でもその中で浮かび上がるジュリーのシルエットにうわあ・・・とため息。

あれから25年くらいでしょうか。
お年を召されたけれども、当時よりも声に深みがまして。
低音の響きなんて最高ですね☆
そして
その楽しみなサビの部分・・・

キタ~~~~~ッ!(。>0<。)

双眼鏡をのぞきこみながら必死にあふれそうになるかんどーの涙と格闘。
ホンマ最高でしたっ!
もうメチャメチャカッコいい!

歌が終わってもう涙がこらえきれなくて、次のプレプレは涙を流しながら手をたたいておった私でありました(ノ_-。)

「Pleasure Pleasure」

それで涙ぐみながら。またまた明るい気持ちにnotes
会場はオソロシク手拍子がそろっておりました。
さすがほとんどファンcoldsweats01

「溢れる涙」

冒頭でも書いたけれど、
この歌がワタクシ的には今回のジュリーのイチバン声の魅力が伝わった歌やったのではないかと。
サビの部分で高音になるんやけど、さすが後半型のジュリーで、この頃はカスレてるな~っていう印象はなかったし、のびるんですよね。
「これやでこれっ」って思いながらhappy01
DVDも残っていない「Hello」の一曲やから、かなりマニアな曲やけれど、これもジュリーのおかげで改めて「エエ曲や」と見直すことができて、好きな歌になりそーです☆

あとふと帰りの電車の中で、震災のことも頭にあったのかな~なんて思ってね。
ちょうど起こった時のツアーでこの歌歌ってはるはずやから。

「忘却の天才」

前奏がオリジナルとは変わっていたよーな。
すぐにはこの曲だとは気づきませんでした。
この曲もファンになってはじめて生で観るなあ。

途中「危険なふたり」バリの横っぱしりをされますが、
見るたんび、「転ばないかあ?」と心配になりやす。
未だにどんなステップでああなるのか、よーわかりまへん(+_+)

あと、ちょっと意味不明な踊りも披露w
やっぱ「忘却の天才」ですから?
(なんのこっちゃ><)

「この空を見てたら」

多分、なんのセトリも見ずに行ったら、この曲のタイトルわからんかっただろな・・・というくらいワタクシほとんど聴いていないよーな(-_-;)

そうそう、この頃に上着をおぬぎになられて、
御開帳タイムlovely
さすがに双眼鏡で見ると、周囲から目的がハッキリしとるやろ目で見られそーなので、恥ずかしくてできんかったわ(^^)

ジュリーもオーケストラピットのあたりまできてくれて、
1列目の人にとっちゃあもう目の前にジュリーがきてくれているというスゴイ図が展開され。
エエな~
けど、心臓に悪いわ。。ちと(2年前の経験者は語るcatface

センターブロックやと、ぐーっと近づいてウワッて思うんやけど、サイドやとあまり変わらんかったわ( ̄ヘ ̄)

あとは、とばしとばしに^^;

「A.C.B」
タイガース時代の話もされたりした後やったから、こっちまでもタイムスリップdash
「2010年もくたばってなかった~」って。

考えてみると計5曲、タイガース時代にまつわる曲ね。
「この空を見てたら」もすぎやまさん作曲でアルバムにはサリーとタローがコーラスで参加しておられるから。

そしてラストはイチバンのレア曲で
「ロータスの子守歌」
にゃんか、不思議な世界にいざなってくれるような。
それでも終わりで。
最後はおしゃべりはやめて・・・(歌詞の中ね)と、シーッのポーズを。

ええ感じに終わったけれど、
最後は相変わらず「ジジイでした~」って、ありゃりゃ(+_+)
特にじーさんポーズすることなく、メンバーをたたえて袖に消えられました。
あら、少しは若返ったのかしらん。

|

« 歌門来福@大阪厚生年金会館② | トップページ | 感想書く前に »

Live report」カテゴリの記事

コメント

いつもながら、詳しい詳しいご報告、今回も堪能させていただきました! ジュリーに寄せる熱い思いは、はたにいる私にも降り注ぎ、ハッピーにさせてくれますわー。これからも、熱くいきましょうねー。

投稿: 大福 | 2010年1月28日 (木) 08時22分

昨日はお会い出来ませんでしたね。
後ろから数えたほうが早いかな?というお席でしたが、段々が幸いしてジュリーのお姿全体が見られ、堪能いたしました。
今まであまり好きでなかった曲が、え~っ!こんなに素敵なかっこいい曲だったんだ~と家に帰り又聴き直してしまいました。
やっぱりライヴは最高ですね。
白シャツは、少しあの辺が目立ってしまいますね。以前よくしていた裾をベロンと出すよりずっといいですが~~

来週はお会い出来るでしょうか~~~

投稿: りんりん | 2010年1月28日 (木) 11時17分

大福さん
ホンマ、ジュリーからはいつもhappyにさせてもろうてますsun

歌ってはるときは、どちらかといえば目を細められておられるんですが、こういうMCの時は素顔なので(ってどーいうたとえ^^;
大きなおめめもバッチリ☆
昨日は客席によー問いかけておられましたが、そのたんび更におめめを大きくされて。
歌も含め懐の深さ、幅の広さを感じさせてくれる御方です。

りんりんさん

おへそのあたりとうかがっていたので、そのへんを探したのですけど^^;
多分ワタクシは来週昨日のりんりんさんのお席ぐらいの席だと思いますよ。

あのヘンがペタッとシャツにくっついているので、一度だけでしたがはっきりとあのヘンがひっこみ「腹式呼吸をしてはるな」ということを実感いたしやした。(って何を今更言うてんねん・・・ですね。スマソ><

投稿: Nasia | 2010年1月28日 (木) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌門来福@大阪厚生年金会館② | トップページ | 感想書く前に »