« きになって | トップページ | ちょっとした小言 »

2009年10月 4日 (日)

推測だらけですが

※以下の文章の中には、あくまでもワタクシの推測の部分があるのであしからずsweat01

大阪のトークショーの時はもうっすぐラッシュやったさかい、ロクに調べてなかったんですが(言い訳)
1975年の末のジュリーの動きを今更ながら調べてみやした(新規用coldsweats01
なんで、今更・・・と思うのですが、
レコ大の続きを見て、あまりにもあっけなく大賞候補から落選しとるので><
あれ~~歌謡大賞では布施さんとやりあったんやないの?それくらいの注目度なのにっ

virgoなぜや?

というどーでもいい疑問が湧いてきやしてgawkBoo

10/18~11/10
渡仏。フランス盤第3弾シングルのプロモーション及び東宝映画『パリの哀愁』撮影

11/3
第6回日本歌謡大賞『時の過ぎゆくままに』で放送音楽受賞
(1日だけ帰国)←このコトをトークショーで言うてはったんやねcoldsweats01

12/14
第8回日本有線大賞『時の過ぎゆくままに』で「優秀スター賞」受賞

12/16
第4回FNS歌謡祭『時の過ぎゆくままに』で「優秀歌謡賞」受賞

「JULIE!×3」の年表から、抜き出させてもろうたんですが、
これで、なんとなくあっけなく(しつこい)落選したのがわかったよーな・・・

後の勝手に、の時もそーやけど、ホンマ大当たりの年なら初めよければ全てよし!で、後の歌謡賞も総ナメするはずやろ。
それが、最初スベってしもたせーで・・・あ~あdownwardright
もうレコ大の頃には候補にもなっていなかったのでは?とそーぞーができやすね(+_+)
(JULIE×3にはレコ大の存在消されとるしorz)
シクラメンやろ~~という言わずもがなの雰囲気やったんやろ、、な

でも、ここで終わるとあまりにもくやちいので、
いちおー(おいっ)ジュリーの登場シーンを紹介しときやしょう

魅力ある役者・沢田研二。世界に紹介したい日本人・ジュリー。
しかし、あなたにふさわしい言葉、それは


歌に魅せられた男・沢田研二これでしょう。

今、会場にのぞむ歌は「時の過ぎゆくままに」

と紹介したものの。。。これも
う~~ん
ワタクシ的にはなんだかな~~
(何が言いたいねんみたいな(-_-;)

ただ、この言葉の最後の「に」とジュリーの最初の発音の「あ」がちょうど重なるというギリギリのアナウンス技術だけは認めやしょう。(何様やねんshadow

0910041この年は大賞候補10組からまず5組選ばれて大賞・・・という方式でやしたが、
五十音順で呼び出され、ルミ子はんからゴローはんに飛んだ時点で、、orz


0910042_2

ジュリーに獲ってほしかったと思いながら、どーもこういうメークは個人
的には好かんな~~とか思っちゃったりgawk




0910043


祈りもむなしく・・・




そんでもマジメな話、
この時獲れなくてよかったな、って思うのね。
某ブログさんの所から先日の黄金伝説の話を読まさせてもろうたけれど、ジュリーはこの歌をドラマの挿入歌として歌うという話が来た時にはあまり乗り気ではなかったらしい。
きっとその後ヒットして歌っていてもイヤやな~という気分が抜けなかったと思うのね。
そんな気分で獲ったとしても、きっと後味悪かったんやないかって。

でも、翌年あーいうことがあって、ジュリーなりにこれからどーしたろかいろいろ考えて、イヤやな~と思っている阿久さんの詞を逆に利用したろ。って思って、真っ向勝負で敵を味方にした結果、「勝手にしやがれ」 オメデトーcrownって、大大感激があったわけで。

そー考えると、人生って、よーできてるわあ。って思いますよね。

|

« きになって | トップページ | ちょっとした小言 »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きになって | トップページ | ちょっとした小言 »