« 再利用 | トップページ | 秋の夜長に »

2009年10月19日 (月)

グチと裏山

関西のジュリーファンの方の投稿があったというので、新聞を拉致してきたらw
その前に、1面の「ポリちゃん問答集」という言葉にビックリw(゚o゚)w
そりゃ、こんな私的なネットの中ならまあ許してもエエか・・・やろーけど、

ホンマできることならアノ会社全部解体して燃やして砂地にして(ーーannoy
ま、「どーせそんなことしたらおまえら(国民)が困るやろーから無理やわな」とはなっから思うとるんやろーな。
呆れると同時に、遺族の悔しさを思うと・・・ホンマいい加減にしろ!と叫びたいわ!

スミマセン・・・またまたグチばかり><

“ジュリーはずっと”

タイガース時代からずっとファンで、今や4人のお孫さんたちに恵まれておられるアラ還の主婦の方の投稿でして。

毎年1回だけだけれども、家庭をご主人に預けて少女に帰る時間がある。
「ずっとファンでよかった」という実感。

ウラヤマシイですweep
はなっから割り切っていたとしても。

投稿の中でも書いてありますが、ジュリーが今回のライブでよく「70歳超えの私を見てください」って言ってはりましたね。

この言葉って、私の受け止め方よりも、ずーっとジュリーのファンであられた方々の方がよっぽど重いと思うんですよ。
だってもう40年以上ずーっと追い続けておられるわけだから、言葉の受け止め方が違って当たり前です。

そういう部分がね、とーってもウラヤマシイ。

スターとファンという関係だったとしても、共に10代、20代、30代、40代、50代を乗り越えてきたわけで。

この人がいるからジブンも頑張れる!って思えることが。
いや、私も思ってはいますが、やっぱり重さが違うっしょ。

ジブンが衰えを感じた時、そーいう存在の人がいてくれるかしらcoldsweats01
あっ、ジュリーは90超えかw

もしかして春さんのチケット来んかったらどーしよ・・って思うとったけれど、
郵便局のおじさんがブーンと来て(監視カメラから見るとホンマそんな感じw)届けてくださった。

7列目やからちょーどエエ感じやね。
なんたっておそらく初生ジュリーであろう母を連れていくにあたって、いきなり1列目とか2列目とか花道すぐ側とか、強烈やん(謎)

(謎)ってどーいう意味やcat

|

« 再利用 | トップページ | 秋の夜長に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Nasiaさん
ジュリーはいつかMCで「長さやない、密度や」(関西弁ではありませんでしたが)とおっしゃいました。
まさにNasiaさんの事だ!って私は思いますねん。(なぜ関西弁?)
私らからすると、お若い新しいファンの方が逆に裏山〜と感じること多い今日この頃……ジュリーのド熱い光線を浴びたNasiaさん、何となく分かって頂けますね??
ハイ、おばはんのしょーもないグチでした(笑)
ご一緒にジュリーの70超えを見届けましょうね♪

投稿: ミュウ | 2009年10月19日 (月) 09時27分

ミュウさん

あっ、「ワイルドボア」のMCですねhappy01
あのシーンを観るたんび、テレビに向かって拍手しとる奴がここに。。
同世代かどうかというのは、もうこれは運命でありどうしもうもないですから、私はただ「密度」を追究していくしかないようです(゚ー゚)

投稿: Nasia | 2009年10月19日 (月) 22時05分

チケット届きましたね♪
生☆春さん観るのは初めてなので楽しみです。。2002年の「藤山寛美十三回忌追善公演」はテレビで放送されましたから、テレビでは観ましたょ(^^)
観劇は今回も一回の予定です。

初生ジュリーのお母さん喜ばはると思いますよ〜(^-^)。私も2005年「夫婦善哉」は母と一緒で、母は初生ジュリー(私は初生ジュリー観劇;)喜んでくれました(^^)v

春さんのチラシの写真も素敵だけど、この「夫婦善哉」のチラシの写真は、(いたずらっ子のような)とびっきりの笑顔でかわいいです♪
直美さんとは、ほんまにゴールデンコンビですね☆

投稿: cherry | 2009年10月21日 (水) 00時35分

cherryさん

ま、ワタクシの母は初生ジュリーというよりも初生直美さん目的なんですがw
ヘンに好きになられたら、また出費が増えるのでファンになってほしいとか思いませんが、ま、ちょっとでも好感を持ってくれたらいいですよね(^^)

「夫婦善哉」のチラシはどこかしらから保存させていただきやしたが、ホンマ「やんちゃ」という感じが出ててエエですね。
本当はこの芝居が観たいんですが~

投稿: Nasia | 2009年10月21日 (水) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再利用 | トップページ | 秋の夜長に »